人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

確定申告をする予定ですが、平日以外で、日曜に手続きができると聞きました。
手続きできる税務署が三つあるのですが、『管轄地域』に私の住まいの住所がありませんでした。
管轄地域以外の人は手続きを平日にしなければならないのでしょうか。
ご教授宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

自分で書いて提出するだけなら、郵送でもいいですし、日曜日に税務署の郵便受けへ入れてきても良いです。


相談する必要があるなら、管轄外の税務署でも相談には応じてくれます。提出は管轄の税務署へ郵送または持参してください。

この回答への補足

その提出する用紙をネットで見つけたのですが、それを印刷して郵送すればよろしいのでしょうか。

補足日時:2008/02/02 15:07
    • good
    • 3

用紙を貰って来て記入してもよし、国税庁のHPで入力して印刷してもよし、いずれにしても押印して管轄の税務署へ郵送するだけです。


また、分からないことがあっても確定申告期間中は税務署のみならず、駅や市町村役場でも対応してくれる所がありますよ。管轄地の税務署にTELすれば確定申告相談コーナーを行っている場所を教えてくれます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告をする際の税務署

確定申告をする際の税務署は必ず自分の住所管轄区域の税務署でなければならないのでしょうか?
何故このような質問をさせていただいているかと言うと、私は仙台市青葉区大町に住んでいるのですが、仙台北税務署の場合は歩いて15分の場所にあるのですが、管轄の仙台中税務署だと電車に乗らなければいく事ができない遠い地域にあるからです。釈然としないですよね・・・・。
あと税務署というのは何時からなんじまで受け付けているものなんでしょうか?あわせて回答願います

Aベストアンサー

書類が完備していれば、郵送でOKです。
インターネットで書類は作成できます、ちょっとわかりにくくて何度もやり直す事もあるかもしれませんが私も株売買の申告分離課税は毎年インターネットで入力して印刷して書類を作ります。しかし何度やってもわかりにくくて時間はかかってます。でも書類ができれば郵送ですみます。

わかりにくい部分はその歩いていける税務署で相談してチェックだけしてもらう事はできると思います。そしてチェックが済んだら郵送したらどうでしょう。ただ最初から何も作らずに相談するのは相手も忙しいし熟知した人とも限りませんのである程度自分で書類作成してから行くのが早く済む方法だと思います。

Q居所と住所が異なる場合の確定申告の実施場所は、どこ?

現在、居住している場所は、住民票上の住所ではありません。この場合、確定申告は、どちらを管轄する税務署で行えばいいのでしょうか? 仮に、住民票上の住所で申告するとした場合、当然、提出書類等のあて先は、現在居住している住所となっていますので、申告の際に、税務署が受理してくれないなんてことは、ないのでしょうか?

Aベストアンサー

所得税法における納税地は、原則としては住所地となりますので、住民票上の住所となりますが、届出をすれば居所地を納税地とすることもできます。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2029.htm

納税地の変更に関する届出書については下記サイトでダウンロードできます。
http://www.nta.go.jp/category/yousiki/syotoku/annai/05.htm

申告書の提出自体は、#3の方が書かれているように、基本的に所轄税務署でしか受け付けません。
僭越ながら#1の方の回答の訂正になりますが、国税通則法においてきちんと規定してありますし、税務署員が明言しているのを聞いた事もあります。

該当の国税通則法を掲げてみます。

(納税申告書の提出先等)
第二十一条  納税申告書は、その提出の際におけるその国税の納税地(以下この条において「現在の納税地」という。)を所轄する税務署長に提出しなければならない。
2  所得税、法人税、相続税、贈与税、地価税、課税資産の譲渡等に係る消費税又は電源開発促進税に係る納税申告書については、当該申告書に係る課税期間が開始した時(課税期間のない国税については、その納税義務の成立の時)以後にその納税地に異動があつた場合において、納税者が当該異動に係る納税地を所轄する税務署長で現在の納税地を所轄する税務署長以外のものに対し当該申告書を提出したときは、その提出を受けた税務署長は、当該申告書を受理することができる。この場合においては、当該申告書は、現在の納税地を所轄する税務署長に提出されたものとみなす。
3  前項の納税申告書を受理した税務署長は、当該申告書を現在の納税地を所轄する税務署長に送付し、かつ、その旨をその提出をした者に通知しなければならない。
4  保税地域からの引取りに係る消費税等で申告納税方式によるもの(以下「輸入品に係る申告消費税等」という。)についての納税申告書は、第一項の規定にかかわらず、当該消費税等の納税地を所轄する税関長に提出しなければならない。この場合においては、第十七条から第十九条まで(納税申告)の規定の適用については、これらの規定中「税務署長」とあるのは、「税関長」とする。

ですからどこでも提出して良いというのは誤りで、但し上記第2項に該当すれば、要するに所得税で言えば、平成16年1月1日に納税地であった所に提出されたものについては、その後異動があった場合も、そこで提出されても受け付ける、というものです。

但し、還付申告センターに限っては、全国どこの税務署のものでも受け付けてくれます。
下記サイトを参考にされて下さい。
http://www.nta.go.jp/category/kakutei/qa/06.htm

所得税法における納税地は、原則としては住所地となりますので、住民票上の住所となりますが、届出をすれば居所地を納税地とすることもできます。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2029.htm

納税地の変更に関する届出書については下記サイトでダウンロードできます。
http://www.nta.go.jp/category/yousiki/syotoku/annai/05.htm

申告書の提出自体は、#3の方が書かれているように、基本的に所轄税務署でしか受け付けません。
僭越ながら#1の方の回答の訂正になりますが、国税通則法においてきちんと...続きを読む

Q確定申告をしないとどうなりますか?

こんばんわ。いつもお世話になっていますm(__)m
とても初歩的な質問でごめんなさい。私は今22歳で既婚者です。保険は国保で自分ひとりだけ加入してるので、扶養にはなっていません。バイトをしてるのですが、結婚したこともあり、毎年無視していた確定申告を今年はしようと思っています。
でも、私の周りの友人はみんな口をそろえて「確定申告はしなーい」といいます。友人の中でも、結婚して扶養に入っている子や、独身でバイト生活…生活環境はみんな違いますが、みんな「しない」といいます。
■確定申告はどんな人が行うのか?
■しないとどうなるのか?(法律的・デメリットなど)
■するとどんな事があるのか?
これが全く分からないので、回りの子の意見もあり、本当にしなくてもいいのか?などが気になります。
何せよ初心者なので、分かりやすいように教えていただけるとうれしいですm(__)m

Aベストアンサー

#7の追加です。

給与が1769400ならば、所得税が54500円程度です。
配偶者控除38万円が適用されたり、社会保険料(国保と国民年金)などを控除すればもっと少なくなりますから、源泉税との差額が還付になります。

ちなみに、国保と国民年金の保険料の支払額の8%だけ所得税が少なくなり、還付額が増えます。

Q確定申告は本人が行かないとだめなのでしょうか?

嫁名義の株式の譲渡損失との損益通算のため、確定申告に行かなければならないのですが、
嫁本人が行かなければならないのでしょうか?
夫が代理人で行っても問題ないのでしょうか?
その場合は委任状が必要となるのでしょうか?

Aベストアンサー

税務署にて行ってる「納税相談」は文字通り相談です
相談ですので、確定申告書を作成する際の書き方を教えてくれたり、税法的な指導をしてくれるわけです。
つまり「確定申告書を作成」するわけではないので、本人以外の者でも構いません。
納税申告書の作成についての指導を受けるのに、委任状などいらないです。

確定申告時期における税務署や市の相談窓口にて、確定申告書を作成してもらえるというのは,
実は大きな勘違いでして、「申告書の内容を記載する手伝いをしてもらってる」だけです。
その証拠に、課税所得額、納税額、氏名などは本人が記載させられます(※)。

相談ついでに電子申告をする際には「電子申告を利用して申告書を提出することへの承諾書」(というような感じ)の書面への署名押印を求められます。
つまり「申告書の作成は本人がして、その提出も本人がしてる」ということです。

妻の代わりに夫が来てることが確実であると判断されるときは、相談だけでなく申告書の作成指導とともに、申告書の受領までするでしょう。

しかし「妻が勝手に申告書を出した。おれには納税義務はない」と夫が訴訟してる事例があり、それを考えると、申告書の署名押印を本人がした上で、改めて提出してくれと指導される可能性があります。

ただし相談会場に派遣されてる税理士は本人の代理人として申告書の作成提出ができますので、この場合には、妻の代わりに旦那が言っても「妻から委任された」として、申告書の作成、提出をしてくださると思います。

要は
1、相談会場は「相談、指導の場所」なので、誰が行ってもお叱りを受けることはない。
2、本人に代わっての申告書作成、提出について「本人の署名押印の上、別途提出してくれ」と言われたら、それに従うしかない。
 よほど怪しく思われない限りは、大丈夫。
3、相談相手が(運良く)税理士だったら、申告書の作成、提出までやってもらえる。
です。



試しに税務相談の相手が税務署員であったら「全部代わりに書いてください」と言ってみましょう。
「私たち職員が代筆することはできません」と断られます。
しかし、ここで、押し問答をしてると、順番を待ってる方の迷惑ですので、サササッと申告書に数字を埋めてくれて、所得額と税額、氏名欄だけを「ここだけは、ご自分で記入してください」として、時間短縮をします。
「ここにこの数字を入れてください」といちいち口に出して、記入して貰って、書き間違えて訂正して、などとしてるよりも署員が書いてしまったほうが能率が良いからでしょう。
だからといって「税務署員が作成してくれる」わけではない、ということです。

税務署にて行ってる「納税相談」は文字通り相談です
相談ですので、確定申告書を作成する際の書き方を教えてくれたり、税法的な指導をしてくれるわけです。
つまり「確定申告書を作成」するわけではないので、本人以外の者でも構いません。
納税申告書の作成についての指導を受けるのに、委任状などいらないです。

確定申告時期における税務署や市の相談窓口にて、確定申告書を作成してもらえるというのは,
実は大きな勘違いでして、「申告書の内容を記載する手伝いをしてもらってる」だけです。
その証拠に、課...続きを読む

Q住民票は実家、現住所は別、確定申告はどこで?

住民票は実家のままです。(A県)
去年4月より転職の為、B県に引越ししました。
しかし当初は短期の予定だったので、住民票はそのままにしました。
予想外に長くB県にいることになり、もうすぐで1年になってしまいます。
しかし、また4月、5月頃、実家に戻るかもしれないので、なかなか住民票を移せずにいます。

そして確定申告の時期です。
複数のアルバイトの確定申告をしないといけないのですが、はたしてどこですべきでしょうか?
実家のあるA県?それとも今住んでいる(就労している)B県?

ちなみにこのアルバイトの内訳は、A県・B県両方の就労先が含まれています。

どうか、教えてください!

Aベストアンサー

1原則的納税地(所得税法15条)
2選択的納税地(所得税法16条)

現在の住所・実家の住所・勤務地の住所のどこの税務署でもできます。

Q確定申告書と確認書類の住所が異なるのですが、大丈夫でしょうか?

確定申告書と確認書類の住所が異なるのですが、大丈夫でしょうか?
どなたかご教示願えたら幸いです。

今年はじめて確定申告をします。


確定申告には、

①マイナンバー通知カード/住民票の写しなど
②運転免許書などの身元確認書類

以上2点の書類提出が必要とのことですが、


昨年末に住所変更をして、
住民票および開業届けは「新しい住所」ですが、
マイナンバー通知カードは旧住所(実家)の記載のままです。
(もらったのが引っ越す前だったので・・・)

同じ地区内での引越しのため、確定申告の提出先(管轄)は同じなのですが、

・確定申告書の住所は新住所を記載
・確認書類(マイナンバーや免許証など)の住所は旧住所のまま

といったように確定申告書と確認書類の住所に相違があった場合、
確定申告に問題がありますでしょうか・・・。


恐れ入ります、どなたかご教示いただけないでしょうか。

Aベストアンサー

https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2016/pdf/02.pdf

↑確定申告書Bの書き方。
この表紙にマイナンバーを申告書に記載して、本人確認資料の提示または写しの添付をしてねと記載されてますから、本人確認資料として運転免許証のコピーを添付することもあります。
本来、確定申告書に運転免許証の写しを添付するなんて制度はない(No3様のいうとおり)ですが、平成28年分からは、免許証の写しを添付せんとアカンときもあるわけです。

住所の違いは、無視できる程度ですから、そのまま添付しておきましょう。
「住所が違ってる。あかん。けしからん。だめだ」と税務署から連絡がくることなどありません。
「マイナンバーの通知が来た後で、転居したんだろう」と思うだけですし、仮に「これではアカン」という場合には、税務署員がマイナンバーを消して(あるいは記載がないものとして)処理すると思います。

理由
マイナンバーを記載した申告書を提出するさいに、マイナンバーの通知は所持していたが、免許証も保険証も持っていない方が「それでは、申告書のマイナンバーを消しましょう」と指示されていました。
 記載がなくても受理してくれることになってますので、法が求める資料で「この番号が申告者のマイナンバーである」と証明されない場合には「いっそ記載がない申告書にしてしまえ」ということだと思います。

https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2016/pdf/02.pdf

↑確定申告書Bの書き方。
この表紙にマイナンバーを申告書に記載して、本人確認資料の提示または写しの添付をしてねと記載されてますから、本人確認資料として運転免許証のコピーを添付することもあります。
本来、確定申告書に運転免許証の写しを添付するなんて制度はない(No3様のいうとおり)ですが、平成28年分からは、免許証の写しを添付せんとアカンときもあるわけです。

住所の違いは、無視できる程度ですから、そのまま添付し...続きを読む

Q源泉徴収票は、税務署に行けば再発行してもらえるのですか?

母の会社で、私の、過去3年分の源泉徴収票が必要になりました。
(しかも、1週間以内に提出しなければならないそうです。)
しかし、私はこの3年間で、2回転職しています。
それぞれの会社へ連絡したのですが、取り寄せるのに時間がかかったり、1~3月分までしか送られてこなかったり、と、らちがあきません。この際、自分で役所にとりに行って発行してもらおうと思うのですが、源泉徴収票とは、個人でとりに行っても、発行してもらえるものなのでしょうか?
また、とりに行くとしたら、税務署、市役所、区役所などの、どこへ行けばいいのでしょうか?勤務地の近くの役所へ行けばいいのか、自宅近くの役所へ行けばいいのかもわからないので、教えて欲しいです。
どうぞよろしくお願いします…!

Aベストアンサー

源泉徴収票は、各々の勤務先で発行するものです。
そして、会社が市役所に報告するのは、給与の支払額で、源泉徴収票は提出していませんから、市役所に行っても源泉徴収票のコピーは取れません。
また、税務署には、全員の源泉徴収票が提出されず、会社の役員や年収が500万円以上の人だけの源泉徴収票が提出されますから、該当しない場合は税務署で源泉徴収票のコピーは手に入りません。

別の方法として、市役所では会社からの報告を元に住民税を計算した時の、市・県民税の課税通知書があります。
これは、事情を説明すれば再発行してもらえますから、その源泉徴収票の提出先に、その市・県民税の課税通知書でも良いか聞いてください。

通常、源泉徴収票の代わりに、これを用いることが多いです。
市役所は、お住まいの市です。

Q販促とは?どういう意味?

販促とはどういう意味ですか?
言葉の意味がわからないので、教えて下さい。

Aベストアンサー

販促=販売促進

企業で言うなら、商品を売るのは営業だけれどそのためのサポートをしてくれる部署。
たとえば、プレゼンテーションやデモンストレーションをしてくれたり、商品の認知度を上げるために広告を打ち出したりセミナー/説明会を開いたり、競合製品があればその比較データを収集したり、営業への売るポイントを勉強会で伝えたり、メーカーとの交渉したり(市場報告やトラブルレポート等々)
とにかく、外回りばかりしていて情報を集めていられない営業さんの縁の下の力持ちです。

こんな説明でよかったですか?

Q源泉徴収票の住所について。

他の質問も探してみましたが、同じケースが見つからなかったので質問させていただきます。

確定申告に行こうと思ってますが、バイト先からもらった源泉徴収票に記載されている住所と、現住所とが違っています。
というのも、住民票が実家の住所のままになっているからです。
会社に、現住所に直してもらうように依頼したら、住民票を移していないなら出来ない、と言われました。
このまま、住所が違う源泉徴収票を持って、「これは実家の住所なので、、、でも現在は、ここの住所に住んでいます、、、」というような説明で、現在居住しているM市で確定申告をすることは出来るのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

確定申告書に記入する住所は、平成16年1月1日現在の住所ですから、その住居地を管轄する税務署に提出することになります。
住民税についても、平成16年1月1日の住居地の市区町村から課税されることになっています。

納税地とは一般的には住所地になります。つまり国内に住所を持っている人はその住所が納税地になります。
住所とは、生活の本拠のことです。生活の本拠かどうかは客観的事実によって判定されます。

税務署に確定申告をすると、確定申告書で届け出た住居地の市区町村に資料が送付され、住民税の課税が行なわれます。

住民登録をしている実家の所在地の市から、住民税の申告をするように通知が来たら、現在の住居地に申告をしていると云えば大丈夫です。

いずれにしても、住民登録の変更をして、会社にも届けましょう。

Q確定申告って住んでいる区の税務署でないとだめなのですか?

去年居住用のマンションを売却したので、確定申告に行くのですが、今住んでいる所の管轄の税務署は小1時間かかります。
横浜なのですが近くに他の区の税務署があるのですが、
そこでは受け付けてくれないのでしょうか?

Aベストアンサー

サラリーマンや年金所得者等の還付申告であれば、下記サイトにある還付申告センターであれば、管轄を問わず、全ての地区の分を受け付けますが、そこ以外ですと基本的に受け付けないと思いますし、譲渡所得であれば、還付申告センターでは申告できませんので、無理ですよね。

それと、もし平日が厳しいのでしたら、今年から初めての試みですが、2月22日と29日に限っては日曜日も税務署が開いていますので、その日に利用される手もあると思います。
(神奈川県は対象になっていますので、大丈夫です。)
ただ、かなり混み合う可能性はありますが、今年初めてなので、意外と知らない方も多いので、できれば22日の方が良いかもしれませんね。
(22日にニュースになって初めて知って、29日の方に殺到するかもしれませんからね)
下記2番目のサイトをご覧下さい。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/press/press/kaku14/03.htm,http://www.nta.go.jp/category/press/press/2114/01.htm

サラリーマンや年金所得者等の還付申告であれば、下記サイトにある還付申告センターであれば、管轄を問わず、全ての地区の分を受け付けますが、そこ以外ですと基本的に受け付けないと思いますし、譲渡所得であれば、還付申告センターでは申告できませんので、無理ですよね。

それと、もし平日が厳しいのでしたら、今年から初めての試みですが、2月22日と29日に限っては日曜日も税務署が開いていますので、その日に利用される手もあると思います。
(神奈川県は対象になっていますので、大丈夫です。)
...続きを読む


人気Q&Aランキング