只今、車のローンを組んでいます。
この度、車両売却を考えています。
借り入れ額は2360000円でプラス金利(年率5.5)が344716円で
合計2704716円となります。
60回払いで、今月で18回目の支払いになります。
初回を49716円払って毎月の返済額は45000円です。
残金が1890000円ですが
これを一括で払うとしたらいくらになるんでしょうか?
一括返済でいくら金利が得になりますか?

A 回答 (4件)

マイカーローンなどの個人融資経験者です。



借入額:236万円 返済回数:60回 適用金利:年利5.50% 元利均等返済 ボーナス返済なし
…という条件で車のローンを借りたとします。
端数調整せず、毎回同一金額を返済していくパターンですと、
毎月の返済額が45,079円になり、総利息予定額は344,725円になります。

ご質問者さまの場合は、毎月の返済額を45,000円ちょうどにするために、初回に端数分を払われたのですね。
そのパターンですと、私の計算方法では総利息予定額は343,963円になります。
まあ、ローン会社によって利息の計算方法は異なるので、私の計算結果とご質問者さまがご利用のローンとで違っていても仕方ないです。

でも、そのパターンですと、18回の返済を終わった時点での債務残高(=残元金)は1,715,036円になるんです。
ご質問者さまが「残金」とおっしゃっているのは、『債務残高』ではなく、この先払っていく利息も含めた額なんですよ。
1,890,000円÷45,000円=42 になります。
60回中の18回返済が終わったから、残り42回、45,000円ずつ払っていく…ということですね。

そして、18回の返済を完了した後、19回目の返済をする時に残りの額を
一括で返済してしまう…というのでしたら、その時に必要な額は1,715,036円とその時の利息額(私の計算では)7,861円を足した額、1,722,897円になります。

19回目に一括繰上返済をした場合の利息総額は177,612円になります。
ご質問者さまが60回払いで返済した場合の総利息額が344,716円とのことですから、19回目に一括繰上返済をすると利息の「167,104円お得」という計算になりますね。
一括返済をしてしまえば、この先はお金を借りていないのですから、その分の利息を払わなくていい分、利息が減るんです。

仮に中古車買取業者で250万円で買ってもらえたら、ローン会社に一括返済で172万円程度払ってしまえば、残った差額は全てご質問者さまのものです。

ただし、ローン会社によっては、「ローンが残っている車をローン会社に無断で売ってはいけない」、「売却の前に事前に相談をしないとペナルティがかかる」というところもあるようですので、注意してください。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

すごく分かりやすい解説ありがとうございました♪
やっと理解できました
これで安心して車を売却できそうです
今夜あたりに買取業者に電話してみます
本当に助かりました!!
ありがとうございました

お礼日時:2008/02/04 17:13

今月が18回目の支払いとすると、今までに支払った金額は、


49,716+45,000×16=769,716円
金利5.5%とすると、一括で支払わなくてはならない現在の残高は176万円程度です。残金189万円と今月の支払分4.5万円から176万円を引いた17.5万円ほどがお得になります。

ローン精算の場合、今後支払う金利は関係ありません。売却価格とローン一括支払金額との関係だけです。ローン中の車の売却は手続きが面倒ですので、専門の業者に依頼したらどうでしょうか。

参考URL:http://www.auto5.jp/satei/loan.html

この回答への補足

丁寧なご解答ありがとうございます。
18回目の支払いはすでに済んでいますので今月で19回目の支払いになります(毎月17日が引き落とし)

金利分の13万の差額はどこにいくのですか?
255万円で売却した場合、車両255万-残高176万=79万にはならないのでしょうか?

補足日時:2008/02/03 14:39
    • good
    • 4

単純に計算すると


18回目までの支払額合計は49716+45000*18=859716円でこれに残金を
加えた額が総支払額です。
残金ですが、18回払えばおよそ1715000円のはずですので、
総額2574716円となり、2704716円より13万円ほど安くなります。
ローンを組んだときに償還表を貰ったと思いますので、確認を。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。
本当に助かりました♪
償還表とは支払い金一覧表(ハガキ)のことでしょうか?
ローンを完済すれば金利分13万円安くなるのですね

仮にもしガ○バー等の買取店に売却を依頼した場合は下取り価格が残債価格を上回った場合には金利分の13万は上乗せされるのでしょうか?
下取り査定額が2550000円として残債が1890000円の場合はどうなるのでしょうか?

補足日時:2008/02/03 10:57
    • good
    • 1

直接購入されたディーラーへ問合せを。

そんなことを簡単に回答することや人はいません。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q厳しいマイカーローン返済シミュレーションについて、皆さんの辛口な意見を

厳しいマイカーローン返済シミュレーションについて、皆さんの辛口な意見をお願いします!

今どうしても欲しい新車があります。実際に計算してみると、全部で330万円くらいのローンを組むことになりそうです。 私の年収は税込みで350万円くらいです。来年には子供も産まれるし、大きなファミリーカーが欲しいなぁ、と思っていたのですが、妻の軽自動車と合わせて維持費のことなど、実際問題かなり難しいだろうと思い、あきらめています。 しかし、今、地元銀行では10年までローンが組め、固定金利3、5%というのを見つけ心揺らいでいます。 今現在、他に借金はなく、妻の収入が月8万くらい。 私は月18万で、ボーナスは年2回合わせて40万くらいです。 妻の実家で暮らしています。 これからの子供の養育費などや車の維持費も踏まえて、ローンについて色々な意見をお願いします!

Aベストアンサー

ローンではないですが「いまのりくん」は?

http://www.imanorikun.jp/

オニキスやディーラーの残価設定型リースではないので、リース終了時の査定トラブルのリスクが無いです。また、2年経てばノーペナルティーで解約も可能(もちろんクルマをボコボコにすれば別)ですので

・生活が苦しくなったので手放したい
・いいと思って手に入れたが、やはり気に入らない
・別の新車に乗りたくなった
・家族形態が変わった(子供が増えた、親の介護など)ので大きいクルマに変えたい

などの場合にも対応可能です。

先々どうなるかわからないような場合には使えるかもです。
車検費用、エンジンオイル代、税金も込ですので月々フラットな支払いになります。

回し者ではないです(^^;

Q住宅ローンの支払い残高表の金額は一括返済した場合の金額なのでしょうか?

住宅ローンを一括返済使用とする場合、年末残高の金額のお金が必要になるのでしょうか?
それとも金利分安い金額ですむのでしょうか?

一般的なローンの場合は、一括返済すると残りの金利分の返金があるとおもうのですが・・・。

銀行に聞けば良いのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

年末残高+月々の額を年末までの回数分払うことができれば、若干戻ってきますが、つなぎ融資という形をとると、もっと取られるかも。(普通は先の方がおっしゃるとおりで、その月の額が借金の全額です。後は日割り計算で調整します。単純そのものです。
返済手数料が無料の契約なら、保障料が期間分戻ってきます。これは返済期間によりますが、たとえば借りた直後ならほぼ全額戻ってきます。

Q住宅ローンのシミュレーション(変動金利)

住宅ローンの返済額を試算したく思っています。
いろいろなサイトでシミュレーションツールがあるようですが、たとえば5年固定とか、途中で金利が変わるローンの月々返済額を計算できるものが見当たりません。

そういうツールをご存知の方いらしたら教えてください。
またエクセルの関数などでもかまいません。
「5年金利、25年返還、金利は最初の5年が1.6%、次の5年が2.5%・・・・」といったときの月額返済額、がわかるような計算方法またはツールを教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

pmt関数及び一定年数での元金返済額を計算するcumprincを組み合わせて可能です。
参考URLの回答を参考にして下さい。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1746154
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1468741

参考URL:http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1746154

Qローンを組んだ後の返済で繰り上げて返済した場合、返済残高表より少しは、安くなるのでしょうか? 例えば

ローンを組んだ後の返済で繰り上げて返済した場合、返済残高表より少しは、安くなるのでしょうか?
例えば84回払いでくんでて、50回ぐらいの時に残りを全額払った場合

Aベストアンサー

安くはなりません。
若干の誤差を許してもらえるなら
84-50=34
返済表のその場所そのものです。というより
35で見ておけば、おつりがくるでしょう。

Q住宅ローンシミュレーション

以下の様な想定の住宅ローンの月々返済額を計算する方法ありますか?又は計算できるサイトなど・・

3000万円借入 内ボーナス分500万円
返済期間 35年(420回)

金利 1~3年目固定1%
   4~6年目固定2.5%
   7~10年目固定3.5%
   11年目以降 変動金利

とても複雑な想定ですが、何か良い方法ご存知の方教えて下さい。
金融電卓持っていますが、私が持っている機種では対応できませんでした・・

Aベストアンサー

私もすごいマニアックなシミュレーションやりましたが・・・
これが一番使いやすかったです。
上記の計算をするには
多少の改造(?)が必要ですが、エクセルの知識がちょこっとあれば大丈夫でしょう。

参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se358326.html

Q住宅ローン返済中でも、新たにリフォームローンを組むことは可能?

昨年に築古年の2LDKマンションを購入し、リフォームをしてそこに住んでいます。
その際に、600万円の住宅ローンを組み現在も返済中です(三井住友銀行から借りています)。
子供ができて手狭になったら、同じマンションの4LDKに住む両親と部屋を交換してもらう予定です。
だいぶ先のつもりだったのですが、事情があって交換の時期を早めようかと検討中です(2年後くらい)。
その際、300万円くらいでリフォームを済ませてから入居したいのですが、現在の住宅ローンが済んでいない状態でも重ねてローンを組めるものなのでしょうか?
また、車もそろそろ買い替えの時期が近づいてきているのですが、カーローンも問題なく組めるでしょうか?

どなたかこういった件をご存知の方がいらっしゃいましたら、アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1さんがご指摘の通り、質問者様の年収からの返済比率、
場合によっては担保状況から、銀行は判断します。
目安としましては、返済比率は通常は25%(30%程度が上限)とお考え下さい。この辺りは、金融機関により判断基準が若干異なります。
場合によりましては、ご職業や所有資産も加味します。
※返済比率は以下サイトで、簡単なシミレーションが可能です。
http://house.www.infoseek.co.jp/House/hz_roan_hensai/
返済比率が条件を超えそうであれば、期間を延長し毎月返済額を
少なくしたり、可能であれば奥さま等収入合算等の調整をしてみると
宜しいかと思います。

あと、上記条件が厳しい場合、
現在お持ちのマンション、そして新たなマンションに対して、
どれだけの担保価値があり、それらを担保に入れられるか否かも、
判断基準に入ります。

つまり、銀行側はこれら条件に入るか否かで与信判断をしますので、
その条件内であれば、ローンを組むことは可能です。

また銀行に行かれる際も、予めある程度のシミュレーション
をされてから相談される方が、効率的に話が進むかと思います。
あと、源泉徴収書か所得証明を2、3年分持っていかれると良いですよ。
必ず見せてくれと言われますから。

ご質問者様の夢が実現されることを祈念いたしております。

参考URL:http://allabout.co.jp/house/mansionbeginner/closeup/CU20050112A/index.htm

No.1さんがご指摘の通り、質問者様の年収からの返済比率、
場合によっては担保状況から、銀行は判断します。
目安としましては、返済比率は通常は25%(30%程度が上限)とお考え下さい。この辺りは、金融機関により判断基準が若干異なります。
場合によりましては、ご職業や所有資産も加味します。
※返済比率は以下サイトで、簡単なシミレーションが可能です。
http://house.www.infoseek.co.jp/House/hz_roan_hensai/
返済比率が条件を超えそうであれば、期間を延長し毎月返済額を
少なくしたり、可能で...続きを読む

Q新住宅ローン減税

新住宅ローン減税のシミュレーションを探しています。便利なものがあったら教えてください。

Aベストアンサー

下記のものですね。

住宅ローン控除シミュレーション

平成12年分の確定申告で住宅借入金等特別控除を申告される方もご利用いただけます。
http://www.jutaku-s.com/cgi-jutaku/tax/index.cgi

平成13年度税制改正により、平成13年7月~平成15年12月末までの期間に 入居された場合に適用される新方式で試算します。
http://www.82bank.co.jp/sumai/simulation/genzei.html

Q 繰上返済を考えているのですが、ローンを3本立てで組んでおり、どのよう

 繰上返済を考えているのですが、ローンを3本立てで組んでおり、どのようにシミュレーションしてよいのかわかりません・・・。借入金額、返済期間がばらばらなので、単純に「金利の高いものから・・・」と考えてはいけないと思ったりもしまして。どなたか、詳しい方、教えてください。

1本め  旧住宅金融公庫 融資金額1400万(毎月850万・ボーナス550万)返済期間21年          平成16年から26年まで 金利2.0%(月41,335円・ボーナス161,015円)      平成26年から37年まで 金利3.5%(月44,724円・ボーナス174,605円)
    元金残高10,970,590円(毎月6,696,854円・ボーナス4,273,736円)  
    残弁済回数(毎月189回・ボーナス31回)  

2本め  元金残高 6,031,145円 金利2.66% 残弁済回数292回
3本め  元金残高 2,569,665円 金利2.4%  残弁済回数292回

以上のような情報で試算できますでしょうか。繰上金額800万を、どのように分配したらよいか、教えてください。よろしくお願いします。

 繰上返済を考えているのですが、ローンを3本立てで組んでおり、どのようにシミュレーションしてよいのかわかりません・・・。借入金額、返済期間がばらばらなので、単純に「金利の高いものから・・・」と考えてはいけないと思ったりもしまして。どなたか、詳しい方、教えてください。

1本め  旧住宅金融公庫 融資金額1400万(毎月850万・ボーナス550万)返済期間21年          平成16年から26年まで 金利2.0%(月41,335円・ボーナス161,015円)      ...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと前に他の質問にも似たようなことを回答しましたが、
繰上返済は利息の割合が高い期間(返済まもない期間)を対象にした方が効果があります。
また返済期間が残り少ないローンを繰上返済しても利息軽減の効果は薄いです。

以下に3パターンを試算しました。
(正確には金融機関もしくは共済組合で算出してもらってください)

<パターン1>
旧住宅金融公庫(1400万円,H16~10年間は2.0%,以降3.5%)に返済開始6年後に800万円を繰上返済した場合…
⇒返済期間は11年11ヶ月短縮・利息軽減額は約230万円
(10年以内に返済できるので金利は上がらずに済みます)

<パターン2>
1本目に500万円を繰上返済 ⇒返済期間は7年9ヶ月短縮 利息軽減額は約190万円
2本目に200万円を繰上返済 ⇒返済期間は10年短縮   利息軽減額は約130万円
3本目に100万円を繰上返済 ⇒返済期間は11年4ヶ月短縮 利息軽減額は約54万円
⇒利息軽減額の合計は約374万円

# 2本目、3本目は初期融資額が判らないので
# 現在の残金を初期融資額に見立てて1年後に繰上返済する想定をしました。
# 292回の弁済回数から25年返済で計算しています
# 2本目は初期融資700万円(30年返済)、3本目は初期融資300万円(30年返済)くらいカナと推測しますが…

個人的には複数のローンを繰上返済するときは、残高を元に(返済期間を加味して)
按分するのがちょうど良いかなと個人的には思います。

<パターン3>
1本目に400万円を繰上返済 ⇒返済期間は6年3ヶ月短縮 利息軽減額は約165万円
2本目に250万円を繰上返済 ⇒返済期間は12年2ヶ月短縮 利息軽減額は約150万円
3本目に150万円を繰上返済 ⇒返済期間は16年短縮    利息軽減額は約68万円
⇒利息軽減額の合計は約383万円


旧住宅金融公庫の金利が10年後に上がるのを考えると、そちらを先に返したい
気持ちになりますが(私もそう思います)292回に分割している共済の方が期間が
長いため利息を多く払うことになります。

3本あるとどれかを優先して一括繰上返済して、その余力で次回の繰上返済資金
を準備するという考えもあるかと思います。質問者様のライフプランと併せて
考えていただければよいかと思います。


返済シミュレーションができるサイトは多いですので
ご自分でご確認いただくほうがよいかと思います。
(私は推測値を使っているのであまり精確に算出できていません)
お試しください。
http://www.hownes.com/loan/sim/repayment_advance.asp

参考URL:http://allabout.co.jp/finance/gc/10618/

ちょっと前に他の質問にも似たようなことを回答しましたが、
繰上返済は利息の割合が高い期間(返済まもない期間)を対象にした方が効果があります。
また返済期間が残り少ないローンを繰上返済しても利息軽減の効果は薄いです。

以下に3パターンを試算しました。
(正確には金融機関もしくは共済組合で算出してもらってください)

<パターン1>
旧住宅金融公庫(1400万円,H16~10年間は2.0%,以降3.5%)に返済開始6年後に800万円を繰上返済した場合…
⇒返済期間は11年11ヶ月短縮・利息軽減額は約2...続きを読む

Q不動産屋が出したローンの金額が間違えていた

不動産屋に頭金の金額と返済期間を伝えて、毎月の返済額と諸費用のシミュレーションを提示してもらいました。
フラット35の金利が0.77%で毎月の支払いが82000円ほどだったので、その金額なら返済可能な金額だと思い契約を結ぶために手付金を支払いました。
その後、ローンを組む金融機関を探していると、変動金利ですが0.77%より低い金利の金融機関を見つかったので、その金利でローンのシミュレーションをしてみたところ、毎月の返済額が92000円となりました。
不動産屋が提示した金額とでは10000円以上の差があり、その差が何なのか不動産屋に問い合わせたところ、シミュレーションの計算が間違えていたとの事でした。
ローンのシミュレーション金額が購入の決断となったのですが、月々の返済額が一万も増えるとなると、当初考えていた返済プランを考え直さざるを得ません。
できれば家は購入する方向で進めたいのですが、ローンの返済額という最も重要な部分をプロである不動産屋が間違えたということに憤りを感じます。契約させるための詐欺ではないかと疑ってしまうほどです。
本契約はまだなのですが、例えば購入金額を負けてもらうなり少しでもこちらに有利な契約に持っていくことは可能でしょうか?

不動産屋に頭金の金額と返済期間を伝えて、毎月の返済額と諸費用のシミュレーションを提示してもらいました。
フラット35の金利が0.77%で毎月の支払いが82000円ほどだったので、その金額なら返済可能な金額だと思い契約を結ぶために手付金を支払いました。
その後、ローンを組む金融機関を探していると、変動金利ですが0.77%より低い金利の金融機関を見つかったので、その金利でローンのシミュレーションをしてみたところ、毎月の返済額が92000円となりました。
不動産屋が提示した金額とでは10000円以上の差があ...続きを読む

Aベストアンサー

業者です。
フラット35で0.77%固定金利はありませんが・・・・・・・そこからして間違いなのでは??

今時、ローンの計算を金利電卓たたいて、手書きや入力するなどという形式を利用しているとは思えませんが・・・・・業界の市販なり、何なり自動計算のソフトを利用していると思います。
そう考えると、営業マンが余程経験不足なのか?故意的なのか?ということのような気がしますね。

当方で利用しているシュミレーションソフトは、土地の公示価格や面積、建物の面積や築年数など、物件情報を入力し、あらかじめ設定した借入れ金融機関や返済年数、金利など入力すれば、借入れ費用や登記費用、仲介手数料、火災保険などの諸費用や返済金額などすべて、明細が出ます。
自己資金を入力すれば、諸費用を含めた総額から不足分を借り入れるものとして自動で計算されます。
取得後の不動産取得税や固定資産税の予想税額なども算出されます。
このようなソフトで間違うというのは、物件価額を間違うか?返済年数や金利を間違って入力しない限り、間違いようがないのが、現実です。
プリントしたもには、当然に借入れ金額や返済期間、金利など載っていますから、間違いがあればわかると思います。
現場で計算したとしても今時ならノートPC持ち歩くでしょうから、その場は手書きで写したとしても間違いようはないような気がします。
どんなシュミレーションを渡されたのでしょう・・・・?

さて本題ですが、契約形態が仲介で売主が第三者の場合は、売主には一切の責任はありません。
ですから値引きなどの売主に対する主張は的外れです。しかし、契約書や重要事項にローン条項が付帯され、借入先や借入れ金額や返済年数、金利など記載されているはずです。フラット35で0.77%35年などと記載されていれば、その条件で借入れすることは不可能なわけですから、ローン条項による白紙解除を主張するしかないでしょう。もしくは、そのまま購入するしかありません。

売主がその計算した業者本人ならば、故意であれば虚偽のローンシュミレーションをして契約を誘導したという違反行為に該当するでしょう。1万円強違うということは、借入金で300万円以上違うという事ですから、間違いましたでは済みません。
しかし、これを以って値引き出来るかどうか?は別問題です。上記の様に白紙解除は主張できますが、違約解除や値引きは、相手方が承諾しない限りむずかしいでしょう。

相手方が売主なら、契約を白紙解除にする旨の主張をして、相手方の出方を見ながら(相手方がそのまま承諾すれば白紙解除は仕方ないと踏ん切りをつけて)価額の交渉をするぐらいでしょう。

不動産は手付金を支払い、売買契約をしたらそれがすべてです。仮契約や本契約という概念はありません。既に契約しているのですから「有利な契約」に変更しようがありません。相手方の過失を以って、値引きの交渉材料として、うまく立ち回るしかありません。

しつこいですが、購入をやめるならペナルティーなしに契約解除可能です。購入するなら値引きなどはあまり期待しないほうが良いでしょう・・・・・・幾らでも下がれば儲けものぐらいの意識で・・・

業者です。
フラット35で0.77%固定金利はありませんが・・・・・・・そこからして間違いなのでは??

今時、ローンの計算を金利電卓たたいて、手書きや入力するなどという形式を利用しているとは思えませんが・・・・・業界の市販なり、何なり自動計算のソフトを利用していると思います。
そう考えると、営業マンが余程経験不足なのか?故意的なのか?ということのような気がしますね。

当方で利用しているシュミレーションソフトは、土地の公示価格や面積、建物の面積や築年数など、物件情報を入力し、あらか...続きを読む

Q住宅の購入を考えています。ローンを組むことになりますが、住宅ローンと今

住宅の購入を考えています。ローンを組むことになりますが、住宅ローンと今後の生活とを考えて購入が妥当かどうか相談に乗ってください。急ぎで回答いただけると助かります。年収700万 年齢39歳 35年ローン 頭金なし 諸経費に300万かかると試算されたので、それは現金で支払う予定です。購入を考えている物件は中古の輸入住宅で3900万です。3900万を2000万分は固定金利で、1900万分は変動で組む予定です。ボーナス払いはなしです。この年収ならローンは組めると不動産会社に言われましたが、心配です。何が心配かというと、ローンは組めても、この年収で現在、4歳と2歳の子どもを大学まで進学させると考えて、生活がやっていけるかということです。もちろん贅沢な生活ができるとは考えていませんが、学費や習い事、生活費、老後の生活費などいろいろ加味して検討すると、きびしいのでなないかなと思っています。反面、ずっと賃貸で暮らしていくことも大変なので、いつかは家を買うことになると思います。10年後は50歳ですから、今買っておくべきなのか、とも思います。それぞれの家庭の考え方はあると思いますが、家を購入した経験や、この方面に詳しい方などからいろいろとご意見を伺って、判断の材料にしたいと思います。親からの援助は考えていません。アドバイスどうぞよろしくお願いします。

住宅の購入を考えています。ローンを組むことになりますが、住宅ローンと今後の生活とを考えて購入が妥当かどうか相談に乗ってください。急ぎで回答いただけると助かります。年収700万 年齢39歳 35年ローン 頭金なし 諸経費に300万かかると試算されたので、それは現金で支払う予定です。購入を考えている物件は中古の輸入住宅で3900万です。3900万を2000万分は固定金利で、1900万分は変動で組む予定です。ボーナス払いはなしです。この年収ならローンは組めると不動産会社に言われました...続きを読む

Aベストアンサー

年齢39歳 35年ローン>
やみくもに35年ローンというのは考えもので、74才完済というのは非現実的でしょう。定年後の返済はどうされるのでしょうか?返済の他にも老後の貯蓄も定年の10年前には始めないといけないですし、定年よりは前に完済する必要があると思います。

頭金なし>
出来れば頭金は物件価格の20~30%以上は欲しいところです。多くの頭金を払うことによってローン残高>家の時価になり難く、いざという時に売却して清算することが出来ます。住宅ローンは多額になりますので、何かあった時のリスクヘッジは必要でしょう。この他に、生活費の半年から1年分は常に現金で置いておきましょう。
年収700万円もあってその年齢ですから、もっと頭金を用意出来る貯蓄はないのでしょうか?もし無いのなら、その家計状態の方が心配です。今までと同じ家計では返済出来ないような気がします。

この年収ならローンは組めると不動産会社に言われましたが、心配です。>
ローンを組むのは不動産会社ではないので、銀行に相談しましょう。不動産会社は不動産物件を売るのが仕事で、契約を取るには何としてもローン審査を通そうとするでしょう。ローンが組めれば、あとは払えなくなって破綻しようが知ったこっちゃないのです。なので、不動産会社ではなく、出来れば複数の銀行で比較検討することをお勧めします。
無理なく払えるであろう試算をしてみるので参考にしてください。収入の25%を返済に充て(月14.6万円)、年3%程度の全期間固定金利で定年まで20年のローンを組むと2630万円借りられます。これに頭金を足し、諸費用(物件価格の5~10%程度)を引けば購入可能物件価格が出ます。この程度が一応の目安になり、変動金利を選択するとしても固定金利との差額は貯蓄しておくとかして将来の金利上昇にそなえるくらいでないと安心出来ないでしょう。また、上記の返済額は現在の家賃よりは数万円は少なくないと今と同じ家計にはなりません。これは、今まで掛からなかった固定資産税(年10万円~)や修繕費用(10~20年毎に100万円単位)が掛かるようになるからです(毎月掛からない費用は、毎月積み立てるようにすると安心です)。現在多くの貯蓄が出来ているならそれを少し減らすことで賄えますが、そうでないなら赤字になるでしょう。
http://www.eloan.co.jp/simulation/index.html

何が心配かというと、ローンは組めても、この年収で現在、4歳と2歳の子どもを大学まで進学させると考えて、生活がやっていけるかということです。もちろん贅沢な生活ができるとは考えていませんが、学費や習い>
子供については1人当たり1000万円以上のローンを組んだと思えば良いでしょうか。学校によってはその数倍になることもあります。

反面、ずっと賃貸で暮らしていくことも大変なので、いつかは家を買うことになると思います。>
通常、賃貸より家を買う方が遥かに費用は必要です。賃貸の方が、将来多くの現金が手元に残るでしょう。

10年後は50歳ですから、今買っておくべきなのか、とも思います。>
購入年齢は、頭金が少なくても30才で買う(長いローンが組めるので借入金が多く出来る)、多くの頭金を用意して40才で買う、殆ど現金で用意して50才で買う(長いローンが組めないので借入金を多く出来ない)というのが一般的なパターンでしょうか。どれを選択するかは必要性の問題だと思います(いつ家が必要になるか)。購入年齢を遅らせれば遅らせるほど頭金は多く必要ですし、貯蓄期間も長いので必然的に多くの貯蓄が出来ているはずです。高齢になってから貯蓄が少ないようであれば、住宅購入には致命的です。そもそも、住宅購入には多くの費用が必要ですので、10年先20年先のことを考えて行動しないといけないのです。
なお、高齢になってから買うのであれば、中古住宅でも問題ないでしょう。年齢が若いのに築年数が経っていると将来建て替えの可能性がありますので。家を買うのが一度しか出来ない経済状態であれば、自分が生きているであろう年齢まで家が持つことが必要です。

最後に…住居は生活の質を高める道具の一つにしか過ぎません。無理なローンによって生活を切り詰めたり、払えなくなって破綻して借金だけが残るようでは本末転倒にもなりかねません。くれぐれも無理の無いローンで外食や旅行もして子供との思い出も作りましょう。
いい家に住めると良いですね♪

年齢39歳 35年ローン>
やみくもに35年ローンというのは考えもので、74才完済というのは非現実的でしょう。定年後の返済はどうされるのでしょうか?返済の他にも老後の貯蓄も定年の10年前には始めないといけないですし、定年よりは前に完済する必要があると思います。

頭金なし>
出来れば頭金は物件価格の20~30%以上は欲しいところです。多くの頭金を払うことによってローン残高>家の時価になり難く、いざという時に売却して清算することが出来ます。住宅ローンは多額になりますので、何かあった時のリス...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報