漠然としてますが、これからの農業について考えがあれば色々な意見がききたいです。自分の得意な分野における未来でもいいです。さまざまな答えを待ってます。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2の方に大方で賛成です。


今の日本において、補助金でもださなければ、日本の農家は外国産の安い野菜などに太刀打ちできずあっというまになくなってしまうでしょう。
補助金をもらってきる今でさえ、食料自給率40%だよ。
逆に言えば、60%の食べ物は外国からやってきている。

外国からの安い野菜たちは、例えばアメリカからで、アメリカは遺伝子組み換えをして作って、その上政府からがっちり補助金もらってる。だからあんなに安く作れるんだ。
他には、例えばマクドナルドの牛肉なんかはアマゾンの森林を食いつぶしての肉なんだ。
知らない間に、安い食べ物を食べることによって、環境破壊にも加担している・・

日本の農業をもっと活性化させないと、このままの自給率では将来不安でたまらない。
例えばアメリカと戦争して今まで輸入していた大豆が入ってこなくなってしまったら?? 
などなど、様々な問題が生じてくるよ。
    • good
    • 0

 先の意見とまったく逆です。


 補助金についていえば、日本に限らず、ほとんどの国でやっています。農業先進国のEUなど、補助金で支えられているといって言いすぎでないぐらいです。

 ただし、日本の補助金とEUの補助金の性格がちがいます。EUの場合、補助金の大半は、価格補償につかわれ、農産物価格の暴落で豊作貧乏がおこって農家の生活が脅かされることを防ぐことになります。昔のECの時代で、EC予算の5割が価格補償だという話でした。

 日本の場合は、極端に言えば利権者への補助です。1億でできるような事業を(ゼネコンの談合などで)3億にも5億にもして、国と自治体と農家で費用負担するので、みんなが借金をふやすことになる。
 補助金を受けるためには、そのための規格が必要で、牛を何頭飼うためには、どこのセメントを何トン、どこの鉄骨を何本、どこの飼料を何トンと、指定される。

 小規模分散畜舎であれば、畑のクズ野菜などを食わせ、フンを畑にもどすような循環型の農業ができるのですが、指定飼料を大量につかうから、こんどは家畜のし尿処理装置もひつようになって、それも指定業者からかわなくてはいけない。

 大規模化というのは、どこまでも大平原が続くようなアメリカ(それも、もともと先住民がいたのを追い出してタダ同然で手に入れた)だからできることですが、いま、アメリカは、大規模農地のツケで、土壌流失が深刻な問題になっています。
 荒れたらよそでやればいい、という前提があってこその大規模農業といえます。

 日本で問題になっている、諫早湾の干拓ですが、予算は「農業」から出て、名目は大規模農業をするんだといって始まりました。これが本当に農業の振興に役立っていると思っている人はいますかね。

 かつて、瀬戸内海の笠岡湾で、天然記念物のカブトガニ生息地をつぶして干拓地ができたのですが、ここで農業をしようと思えば、最低1億円出して農地を取得しないといけないというので、人が来ずに、草ぼうぼう。さびれた博覧会をやっていたのを思い出します。

 輸入農産物の価格について言えば、「先進国」は輸出補助金までつけています。「途上国」は、低賃金で子供を学校にもいかせずに働かせてコストを下げています。子どもの権利条約で禁止されているはずなのですが、それを承知で買いあさっている国は共犯者だといえます。

 お年寄ががんばっているからこそ、いまの高齢化社会が存在できているわけで、いま、お百姓のお年寄がみんな、やーめた、といって、消費者になったら、どうするんだ? 農業に限らず、製造業でも、がんばっているのは町工場のおっちゃんや、大工場の機械で、若者はオシャレなカタカナ仕事ばっかりしてるんじゃないか? モノを作らないで社会がまわるか?という疑問が大いにあります。

 ついでにいうと、補助金をもらっているのは農業だけじゃありません。先端産業といわれる分野もいっぱい補助金もらっています。なんとか開発費という名目はいっぱいあります。
 新製品が安く出たときなど、古い製品を買ったユーザーになんとかしろよ、といいたくなります。古いユーザーは新製品の開発補助をしているわけでから、いくらかもらってもいいようなものだと思います。

 補助金というものが、末端のところに届いていないシステムが問題なのではないでしょうか。
    • good
    • 0

 農業に関与したことがないので、間違っているかもしれませんが、普段思っていることを。



 日本の農業は補助金づけです。まず、これを変えるべきでしょう。全面廃止してもやっていけるようにすべきです。そうするためには、大規模な農業が必要です。お年寄りだけでぼちぼちやっていてはだめです。特に、米。消費者を馬鹿にしているかのごとき政策はやめて、輸入自由化、価格引き下げをすべきでしょう。それについてこれないなら廃業やむなしです、お年寄りの趣味の園芸に税金を使われてはかないません。だいたいお年寄りに補助金を出しているくらいなら、大規模経営への転換を援助しないとだめです。

 もちろん、消費者の中には、大規模経営での食品に不安を感じる人もいるでしょう。(農薬など)そんな消費者の趣向に合わせた、安心な農業も生き残るでしょう。価格は、補助金がないこともあって、それなりのものになるでしょう。が、需要はあるはずですので、やるきのある農家ががんばればやっていけるはずです。。

 農林族の先生方は、食料自給、食料自給とお題目をとなえていますが、今でも輸入が停止したら大変なことになります。このまま、後ろ向きの政策を取りつづければ、さらに状況は悪化するだけです。いまこそ、農業政策の大転換をすべきときだと考えています。

 こんなところで、いかがでしょうか。
  
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の農業の未来は?

消費者意識の変化・環境問題への対応などにより有機農法による農作物がもてはやされてきています。自分は農業に関しては全くの素人なのでお聞きしたいのですが、今後日本の農業はすべて有機農法に変わり、従来の化学肥料を使った農業は廃れていくのでしょうか?それとも、有機農法はあくまでほんの一部の存在に過ぎないのでしょうか?もしくは化学肥料メーカーが時代の趨勢にあわせて化学肥料ではなく、農作物の安全性・地球環境に配慮した肥料を開発し自然とすべての農業が有機農法といった風になって行くのでしょうか?日本の農業の未来はどういったものになるのでしょうか?加えて日本政府は日本の農業に対してどういった戦略を持っているのでしょうか?質問ばかりですいません。よろしくお願いします

Aベストアンサー

百姓です。 その立場から一言。

「農」とか「食」というのは国が存在していくための根幹です。
そんな重要な内容に対して、この質問の回答者数でもわかるとおり興味や関心が少ない国民が多い、、と言うことが一番の問題なのでは?

多くの人が気にするのは、「安全」とか「無農薬」の成果だけで、その「安全」がどのような手間をかけられて作られているのか、「無農薬」がどれだけ、、どれほど生産者に時間や手間、コスト、労力に負担を与えるのか考えもしない。
家庭菜園やプランター程度でさえ、無農薬でやれば手間がかかるのを知っているくせに。



有機農法に真っ向から真剣に取り組み、そして成果をあげている方を見るたびに心から尊敬いたします。
そういった方々が増えているのも事実です
 しかし、それは全体から見ればほんの一握りでしかなく、相当数の農家の働き手の年代の人は不安定な現金収入より安定した収入を求め会社勤めに、、
当然限られた時間の中では有機的な栽培を実現するには困難が多く、結局化学肥料や農薬に頼ってしまう。
老人世代が担えば、というが出きる事は限られてしまう。

消費者は、「安全」とか「安心」というものがけして安いものでは無い、けして簡単に手に入るものでは無い
ということに気付くべきです。

一方
農業の明るい発展を阻害しているのは、実は身内にあったりするのも現実
「知る」事を許されなかった農家は農協の技術員の言葉を盲目的に信用しそれに倣う。
「この肥料を使いなさい」、「この時期にはこの薬を使用しなさい。」
「つくれ」、「増やせ」と言われ続けていたのに、、今度は余っているから「作るな」「減らせ」
減らした割には肥料代は値上がりで、結局収入は激減。
それでも、そこにしがみつかなければならない人が殆どだというのが現実。

なめてませんか?

農協、農系の族議員、、そういった本来農家を支えなければいけない人たちが根本的に考えを変えない限り全体的な農家の発展はありえません。

他力本願な事ばかり言いましたが、農業はボランティアではありません。
家族を食わせねばならぬのです。
子供も良い学校へ入れてあげたい
金がいるのです。「夢」や「希望」では飯は食えません。

>すべて有機農法に変わり、従来の化学肥料を使った農業は廃れていくのでしょうか

今のままではありえませんね・・

農家も馬鹿ではありません。
有機の必要性は誰よりも知っています。しかしその難しさも身にしみて知っています。
一部ではなく、全体の消費者が先の部分に気付き、皆がその重要性を認識し、それにみあう代価を払う意思があるのであれば変えていけるのかもしれません。
安さを求めるのであれば農薬まみれの輸入野菜でも食べていてください、、

そんな事を考えながら、今日も会社に出勤してきました。

すみません、半分愚痴になってしまいました、、

百姓です。 その立場から一言。

「農」とか「食」というのは国が存在していくための根幹です。
そんな重要な内容に対して、この質問の回答者数でもわかるとおり興味や関心が少ない国民が多い、、と言うことが一番の問題なのでは?

多くの人が気にするのは、「安全」とか「無農薬」の成果だけで、その「安全」がどのような手間をかけられて作られているのか、「無農薬」がどれだけ、、どれほど生産者に時間や手間、コスト、労力に負担を与えるのか考えもしない。
家庭菜園やプランター程度でさえ、無農薬...続きを読む

Q昔の農業は、労働がきつかったと思います 色々と教えてください

釣りキチ三平というマンガがあり 作者の 矢口高雄が
僕の学校は山と川 という文庫で マンガと文章で説明していますが

昭和初期のころの秋田の田舎は貧しく、一日中 重労働だったし
雪が深いとこなので、冬も忙しく、重労働だったみたいですが
どう思いますか?

電気、水道、ガスもない生活 娯楽もなし
低賃金 貧しい・・・

昔はフェンシングのマスクのようなものをかぶって
目を保護して雑草を刈ったとか
ガソリンなどを使用した機械がなかったとか

トイレットペーパーは、新聞紙や学校の紙、もしくは植物を乾燥させたものだったとか

朝から晩まで働き、たくさんの子供の世話をした女性たち


昭和10、20、ころとかでしょうか?
母親の母は、農家に産まれ その大変さに
絶対に母を農家にしたくなかったそうですが・・・

Aベストアンサー

重労働をどう解釈するかです。

単に一日の或は一年の労働カロリーが昔はこうで、今はこうだから昔は重労働だったと言うか、それとも重労働で死んでしまう確率で言うかです。
確率なら、今のほうがはるかに高いはずです。
手作業時代は、鍬で足を傷つけ医者に行けなくて破傷風になるとか、鎌で手を切って破傷風になるとか、が上げられますが、
今は機械からの転落とか、ハウスのビニール掛け作業中の転落とか、薬剤散布中の原液を吸っての死亡とか、今のほうがはるかに労働災害としては高いはずです。

>>電気、水道、ガスもない生活 娯楽もなし低賃金 貧しい・・・

これは生活水準の問題なので、重労働とは別ですので、一応省きます。
私、電気が無くても水道でなくて井戸でも(ピロリになっちゃいましたが)ガスと言うより、昔は石油コンロでした。
娯楽は、なんと行っても夜這いが有りました。夜這い、これ以上の娯楽が今でも無いかと思います。

>>昔はフェンシングのマスクのようなものをかぶって目を保護して雑草を刈ったとか

そこまで行かなくても、秋田のはんこたんなのような頭、顔を保護する手ぬぐいの巻き方が有って、それで紫外線、男の目を逃れていたようです。
でも、刈った草は自分の物になりますので、一杯刈れば刈っただけ家畜を飼えます。
草は、自分の畑、田んぼの畦だけでなく、他の家の畦でも早い者勝ちでした。それが村の掟。
同時に(対をなして)山の枯れ木、枯れ枝、落ち葉は同様に早い者勝ちでした。
それで燃料を確保していました。
石油コンロが出てから、山の下刈り、間伐、炭焼きなどが無くなり、里山は荒れてしまいました。

>>トイレットペーパーは、新聞紙や学校の紙、もしくは植物を乾燥させたものだったとか

我が家は新聞紙でした。
高校2年で痔になり、未だに治りません。ウオッシュレットの水圧を一寸高くすると、お尻が痛いです。出血します。
今年初めにピロリの陽性が出て、除菌しましたが、その時のカメラで、噴門、幽門が固くなって荒れていますね、胃酸の逆流はそのせいですといわれましたが、肛門も同様に荒れています。

>>朝から晩まで働き、たくさんの子供の世話をした女性たち

朝から晩までしか働かなかったのです。今のようにハウス農家のようにほぼ24時間労働では無かったです。
今の農家に「あそこの家、何時寝てるんだ?」と言うのが有ります。それと比べたら重労働とはいえないように思います。
子供が沢山なのは、大きくなるかどうか判らなかったからです。
15位まで何人育つか判らないので、とりあえず10人ぐらい作るか、です。
同時にそれが当時の最高の娯楽です。
朝起きたら、昼、飯を食いに家に戻ったら、夜は農繁期は余り夜なべ仕事が無かったので、体力の続く限り、今、そんな事やったら、変人扱いでしょう。

おまけ。
こう言うのが高度経済成長が始まるまで続きました。
高度経済成長になって、出稼ぎが始まり、その金でエンジン付きの農機具を買って(実際は春に買って一年使って、金が有れば年末に、無ければ出稼ぎから帰ってくる春に支払う)農村が変貌していきました。
出稼ぎで現金収入が入るようになり、更には次三男が金の卵として集団就職で、もらった給料を母親に渡して、それで水回りがきれいになっていきました。
最初は台所かな。それから風呂、トイレは簡易水洗になるまでしばらくかかりましたので、遅いです。
そして、親父の出稼ぎで得た金で、息子の乗用車。
昔、女の好む車を持っていないと嫁に不自由した。
コンパーノスパイダー、パブリカコンパーチブル、ヨタ8辺りの屋根の外れる車最高。スピードが出なくても、時々壊れても、普通免許のスポーツタイプで、嫁ゲット。
軽自動車は2サイクルエンジンだったので、隣の県に行くのに峠越えをするとピストンに穴が開きました。峠沿いにそれを修理してくれる修理屋も有りましたね。(女から見たら2軍扱いでしたが)

なんて言う話を周りの大人から聞かされていました。

なお、私らの村は、冬は結構忙しかったです。
家の中に敷くムシロ(畳敷きの部屋なんて珍しかったです)、色々農作業に使う縄、そして米を供出するための俵、等を編んで、雪が降るところなので、萱で家をぐるりと回す家用の雪囲い、等など、小屋に火鉢を持ち込んで、そこで藁仕事、良く火事にならなかったわ。

農業で言うと、その村その村に特産物があって、それらはほとんど農繁期と農閑期が有ったので、休みと言うより、村の若い衆上げての女狩りが結構有りました。
何処からとも無く情報が来て、○○村は何日から温泉に行くとか、そうするとそれに合わせてうちの村も温泉になんていう行事が農閑期ごとに有ったそうです。

重労働をどう解釈するかです。

単に一日の或は一年の労働カロリーが昔はこうで、今はこうだから昔は重労働だったと言うか、それとも重労働で死んでしまう確率で言うかです。
確率なら、今のほうがはるかに高いはずです。
手作業時代は、鍬で足を傷つけ医者に行けなくて破傷風になるとか、鎌で手を切って破傷風になるとか、が上げられますが、
今は機械からの転落とか、ハウスのビニール掛け作業中の転落とか、薬剤散布中の原液を吸っての死亡とか、今のほうがはるかに労働災害としては高いはずです。

>>電気、...続きを読む

Q農業用ビニールハウスの周りに掘る溝の呼び方を知りたいです。 よろしくお願いいたします。

農業用ビニールハウスの周りに掘る溝の呼び方を知りたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

やはり排水溝です。
やりかたは鍬やスコップで掘る。
耕運機や管理機にアタッチメントを付けて土を寄せる。
http://www.truetools.jp/html/engei/tiller/f220_at.html
トレンチャーや小型ショベルを使って掘るなどです。

Q環境保全型農業と循環型農業って

環境保全型農業と循環型農業って同じものなんですか?

Aベストアンサー

以前に同じ質問した人がいました。現在でも状況は同じだと思いますので参考にしてください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa411602.html

Q日本の農業と農業基本法

こんにちは、日本の農業について調べているのですが、どうしてもよい資料が見つからず困っております。いくつか質問させてください。
(1)農業基本法はいつ改正されたのでしょうか?(無知ですみません・・)
(2)農業基本法が改正されて、農協が今まで米を売っていたけれど、これからは農家の人自身が売らなければならないと聞きました。そこで、農家の人々にとっての農業基本法改正に伴う問題点とは何でしょうか?また、減反政策はこれとどう関わるのでしょうか。
(3)農家の人々がこういった問題を抱えたとき、私たち消費者に起こり得る問題はなんでしょうか。
(4)現在日本の農業には、自給率や農業人口低下などさまざまな問題がのしかかっています。これを解決する方法には、何があるのでしょう・・・。現在グリーンツーリズムという企画で都市部の人と農家の交流をはかる運動があると聞いたのですが、これ以外にも何か策はあるのでしょうか?
どうぞどうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは、
(1)農業基本法(旧法)は、平成11年7月16日付けで廃止されております。
この法律に変わり、食料・農業・農村基本法(新法)が平成11年7月16日付けで制定されております。
この法律の最終改正日は平成15年6月11日です。
新法については、農林水産省のホームページに背景とあらましがまとめられていましたのでアドレスを載せておきます。
旧法
http://www.houko.com/00/01/S36/127.HTM
新法(農林水産省HP)
http://www.maff.go.jp/soshiki/kambou/kikaku/NewBLaw/panf.html
http://www.maff.go.jp/soshiki/kambou/kikaku/NewBLaw/newkihon.html
(2)農家による米の販売については、おそらく食糧管理法(旧法)と主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律(新法)のことだと思いますが、旧法では米の販売が国により管理されていましたが、新法では質問のとおり法律の範囲内で販売ができるようになっているようです。

こんばんは、
(1)農業基本法(旧法)は、平成11年7月16日付けで廃止されております。
この法律に変わり、食料・農業・農村基本法(新法)が平成11年7月16日付けで制定されております。
この法律の最終改正日は平成15年6月11日です。
新法については、農林水産省のホームページに背景とあらましがまとめられていましたのでアドレスを載せておきます。
旧法
http://www.houko.com/00/01/S36/127.HTM
新法(農林水産省HP)
http://www.maff.go.jp/soshiki/kambou/kikaku/NewBLaw/panf.html...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報