Gファンタジーコミックス/鎌谷悠希著『隠の王』という漫画について知りたいです。

最近本屋で見かけ、とても自分好みで綺麗な絵なので気になり、買おうか悩んでいます。
アニメ化されるようですが、現在7巻まで出ているようで、内容も自分好みで無いと手を出しにくいもので…。

忍者モノということしか分からないのですが、どんな感じの内容ですか?
時代は現代なのでしょうか?
あと、恋愛要素は結構ありますか?恋愛モノは苦手なので、あまり無い方が良いので。


ちなみに私の好きな漫画は…
 『REBORN!』、『絶望先生』、『tactics』、『おお振り』、『蟲師』、『あまつき』、『拝み屋横丁顛末記』、CLAMP作品、渡辺祥智作品、高尾滋作品などです。
「Gファンタジー」作品は読んだことが無いので、買うのを躊躇ってしまうことが多いのです。

ネタバレしていても構いませんので、ご存知の方教えてください。
簡単な説明で結構です。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

隠の王ですが、ストーリーとしてはあまり高い評価をつけれるものではありませんし、絵も特別上手いというわけではありません。


ただ、ひとりひとりのキャラクターにとても好感の持てる作品で、私は大好きです。
春にはアニメ化も決定していますし、買って損はないと思いますよ。

ストーリーは、NARUTOに近いと思います(主人公の中にはある特殊な力が備わっていて、それを目当てで主人公を襲ってくる人達が居る、という辺りが)
恋愛要素は殆どありませんので、恋愛モノが苦手な人でも大丈夫だと思います(ただ、見る人によっては所謂ボーイズラブを連想させるかもしれません)
時代は現代です。世界観も忍者の世界等という変わったものではありません。
また、テーマがテーマなのであまり明るい作品ではありませんが、ちょっとしたギャグなら結構出てきますし、最後にはギャグ風味の4コマもあるので、そこまで重い気持ちで読む必要はないと思います。

【以下、ネタバレになりますので注意して下さい】
ストーリーですが、
ある日、主人公は自分の中に森羅万象というある特殊な能力がある事を知らされます。その力は、国や世界さえも滅ぼしてしまえるほど大きいもので、主人公の仲間達はその力を消滅させる術を探そうと主人公に持ちかけます。主人公もその話に乗るのですが、ただその力を消滅させる術を得るには、全ての忍者の組(忍者には、それぞれの組があり【REBORNでいえばファミリーのようなものです】敵対している組同士もあります)の秘術書が必要になります。
しかも、灰狼衆という忍者達が主人公の森羅万象を奪う術を得ようと、秘術書を集め出そうとしています。
主人公達の組「萬天」と、敵の「灰狼衆」、どちらが先に全ての秘術書を集めるかで、隠の世(忍者達の世)の運命は決まってしまいます。
そんな中、主人公は「灰狼衆」の中の一人、宵風とあるきっかけで知り合いになります。宵風は主人公に、「二人で内緒で秘術書を集め、森羅万象を僕のために使ってくれ」と持ち掛けます。主人公は当然拒否しますが、「約束しないとお前達の仲間を殺す」という宵風の脅しに、その約束を承諾してしまいます。
話を聞くと、宵風は「森羅万象を使って自分の存在そのものを消したい」と言います。それは、【死ぬ事】ではなく、【自分は最初から存在していなかった、生まれていなかった】という事でなければならないらしく、その願いを叶えるには森羅万象が必要とのことでした。しかも、宵風はある事情により、寿命があと2ヶ月しかなく、もう時間がないとのことで秘術書を集めることは急を要することでした。
最初は嫌々、宵風に協力していた主人公ですが、だんだん宵風と親密になり、「宵風を助けたい」とまで思うようになってきました。
そして、そんな中主人公は「秘術を使うことは許されない、許さない」という自分達の仲間(正確にはその仲間の内の一人)に不満を抱くようになり、自分達の組である「萬天」を離れ、宵風達の組である、敵の「灰狼衆」に仲間入りしようと考えます。

―といった感じで話は進行していきます。今現在出ている、一番新しい巻でやっと面白くなってくるので(それまでの巻は、キャラクターの紹介といった感じです)集めるのには中々辛抱がいるかもしれません。

また、隠の王を買った際には宵風は私の嫁なので惚れないで下さいネ☆…とも言えませんが(笑)
4月のアニメを見て、気に入れば買うという手もあります。
万人受けする内容ではないですし、かなり好き嫌いが分かれる漫画なので選択を間違わないようお気をつけて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しい回答と、動画も貼っていただいき、ありがとうございます。
観てみました。世界が分かりやすかったです。(ちょっと苦手な血が多いかな?とは思いましたが…。)
なるほど…まだまだ話は進んでいない感じということでしょうか。
NARUTOは読んだことが無いのですが…恋愛要素が少ないのは嬉しいです。
腐女子なので、BLっぽいのは全然大丈夫です(爆)
最近古本屋で1巻だけ見つけたので読めたのですが、割と好みの内容でした。
仰るとおり、ギャグっぽい4コマもあったので、こういうものが巻末にあるのは大好きです。
表紙のみの感想ですが、キャラクターがみんな素敵ですね。彼らの内面についてはもちろん読まないと分からないでしょうね。
rienxx000様は宵風がお好きなんですね☆私は壬晴が可愛くてかなり気になってます。
アニメが始まる前に少しずつ集めてみようかと思っています!
とても参考になりました。

お礼日時:2008/02/12 23:39

すみません、下の者です。


一応、参考URLを載せさせて頂きますね(とは言っても、動画サイトから取ってきたものを貼り付けただけですが、笑)
此方の動画、隠の王の世界観をよく表していると思うので、この動画を見て好感を覚えれば買っても大丈夫だと思います。

参考URL:http://web1.basso.to/Ala/no2.html/nabari.html
    • good
    • 1

 舞台は現代。

中学生の男の子が主人公です。
一つの「禁術」と呼ばれる術をめぐって、各地に散らばる忍者の血を
ひく者達が争う話です。恋愛要素はほとんどナシ。どちらかといえば
自分の中にあるいろんな葛藤やトラウマと向かい合っているような・・
 あんまり明るいものではないと思います。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど…現代で、恋愛要素はほとんど無いとのことで、ちょっと興味が出ました。
でもあまり明るい話ではないのですね…。
ということは、笑えるところも一切無いのでしょうか?

お礼日時:2008/02/04 23:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q渡辺祥智さんの作品、「坂本係」?

渡辺祥智さんの漫画は、絵もストーリーも大好きです!! そこで、質問なのですが、過去に「坂本係」という漫画を連載?スタートされたという記事を何かの雑誌で読んだ気がするのです。その話は今どうなっているのですか? コミックスなどにはならないのでしょうか… どなたか、ご存知の方おられたら、教えてください。

Aベストアンサー

坂本係、ちょっと前にLaLaで連載してたやつですよね。(確か・・・)
調べてみましたが、3回だけの連載だったみたいです。
3回しかないということは、渡辺先生がなにかの読みきりでコミックになるだけ描くか、3回くらいのショート連載を書かなければコミックかは難しいと思います^^;
話の顛末は読んでいないので判らないです、ごめんなさい。

Q『GANTZ』や『寄生獣』に似たテイストの作品を紹介して下さい。

『GANTZ』や『寄生獣』に似たテイストの作品を紹介して下さい。

20年程まともに週刊誌やコミックを読んでいませんでしたが、
最近幾つかの作品を読んで、面白いと感じるものに出会えました。

GANTZや寄生獣にそれぞれ似たテイストの作品が他にも有るのではないか、とも
思うのですが、空白期間が長すぎたもので…。

紹介して下さるとありがたいです。

Aベストアンサー

既にご存知かもしれませんが、一応。

・14歳/楳図 かずお
・わたしは真悟/楳図 かずお
上記は世界で二度と出ない日本マンガの金字塔です。

伏線とその解決では下記。
・鋼の錬金術師
・DEATH NOTE
・うしおととら

QCLAMPの『ツバサ』って

CLAMPのツバサっておもしろいですか?(☆×5で評価するといくらぐらいですか) ストーリーはどんなんですか?

Aベストアンサー

私はCLAMPさんの作品が好きで,ほぼすべて読んでおりますので,お力になれればと思い書き込みします。
アニメではなく,漫画のほうです。

CLAMPさんは現在は4人で構成されてるクリエイター集団です。
そのうち,作画を担当されてる方はお二人いて,猫井椿さん(元 猫井みっく)ともこなさん(元 もこなあぱぱ)です。
最初はもこなさんだけでメイン作画をされてたんですが,最近の作品では猫井さんもメイン作画をされてます。
作品によって絵柄が全然違うのはそのせいです。
ちなみに,もこなさんの絵は緻密で美麗,トーンもたくさんでそれゆえ時間もかかります(新刊が何年も出ない…など)。
猫井さんの絵は無駄な線のない,トーンもほとんどないので週間連載などに向いてます。
「ツバサ」は現在,週間少年マガジンで連載されており,作画の猫井さんのほうでされています。

ちなみに…
もこなさん作画作品は,「聖伝」「X」「カードキャプターさくら」「魔法騎士レイアース」などなど。
猫井さん作画作品は,「ツバサ」「xxxHOLiC」「エンジェリックレイヤー」「ちょびっツ」などなど。

原作はすべて大川緋芭さん(元 大川七瀬)が行ってるので,作品全体に流れる雰囲気などは作品によってそれほど違うということはないと思います。
「ツバサ」はファンタジー特有の何でもありな世界観が好きな方にはおすすめです。
子供向けの純粋なファンタジーといいますか,あまり深みを求めない方向けかな?
CLAMPの過去作品に出てくるキャラすべてが出てきますが(CLAMPの自己パロディと言われています),そういった予備知識なくとも問題なく楽しめると思います。出てくるすべてのキャラが分かるという人もそう多くないと思いますし(笑)。

ちなみに私の評価は
★☆☆☆☆
私はもこな絵信者ですので;
「聖伝」「X」などの作品としての完成度に比べたら劣るかなぁと思います(Xはまだ未完ですが)

私はCLAMPさんの作品が好きで,ほぼすべて読んでおりますので,お力になれればと思い書き込みします。
アニメではなく,漫画のほうです。

CLAMPさんは現在は4人で構成されてるクリエイター集団です。
そのうち,作画を担当されてる方はお二人いて,猫井椿さん(元 猫井みっく)ともこなさん(元 もこなあぱぱ)です。
最初はもこなさんだけでメイン作画をされてたんですが,最近の作品では猫井さんもメイン作画をされてます。
作品によって絵柄が全然違うのはそのせいです。
ちなみに,もこなさんの絵は緻...続きを読む

Q「蟲師」6巻の収録作品を教えてください!!

「蟲師」6巻の収録作品の題名と簡単なあらすじを教えてください。
なにが入っていたか気になってしまって。。。
(自分でも買ったのですが、今友達に全巻貸し出し中なのです。)
昨日から検索かけてるのですが、作品名まではひっかからないようなのです。
6巻は買ってすぐに貸してしまったもので;;
どうぞよろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんばんは。。

 6巻は
「天辺の糸」
 空から垂れている糸をつかみ、空に引き上げられてしまった女性の話。

「囀る貝」
 海の異変を察したギンコと漁師町の人々を描いた話。

「夜を撫でる手」
 手のひらに眼玉状のあざがあり、意のままに素手で獲物を狩る男の話。

「雪の下」
 蟲に憑かれ、常にその周囲だけ雪が降っているように見える男の話。

「野末の宴」
 酒造りをしている男は、上手くできた酒を父に飲ませようと帰路を急ぐが、蟲師の講に迷い込んでしまう。

 この5本です。私事ですが・・・「囀る貝」は、刊行されている全作品の中でも好きな一本ですね。では。

QGファンタジー 思い出せない作品タイトル

いつもお世話になります。
また読んでみたい漫画作品のタイトルが思い出せずに、
どなたかご存じないかと思いまして質問します。
少ない情報量ですが、かすかに覚えてるのは以下の感じです。

エニックス出版の月刊Gファンタジーで10年ほど前に連載されていた。
主人公は魔法が使える女性、どこかの国のお姫様らしい。
ロングで蒼い色の髪、色白で華奢な感じのタッチ。
魔力はものすごいが、腕力は非力なイメージ。

もう一人、主人公の親友であるような女性が登場する。
小麦肌で勝気なイメージ、魔法は使えなかったか・・?
いつも主人公を気遣い、主人公を守りながら旅をしている。

☆断片的な記憶☆
あるとき主人公が生まれ故郷の国の城へ帰り、母親である女王と再会。
何かの儀式?あるいは能力開花?のために大きな魔法力を得るが、
そのかわりに髪の色が白髪(銀髪?)になるシーンがあった。

☆断片的な記憶2☆
マグマが流れる地底のようなダンジョンでの戦闘シーン。
その場所のガーディアン(ゴーレムのような・・)と戦い、
その敵の腕を切り落とすことに成功するが、
敵は切り取られた腕の傷口ををマグマの川へ付けて焼き、
出血を止めてさらに戦おうという姿勢を見せる。
この間、この敵は無言で迫ってくる感じ。

なんとも少ない情報ですが、タイトルが浮かびましたら
ヨロシク教えてください。以下のウィキも見てみたのですが
どうにも思い出せません(--;

月刊Gファンタジー ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E5%88%8AG%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC

いつもお世話になります。
また読んでみたい漫画作品のタイトルが思い出せずに、
どなたかご存じないかと思いまして質問します。
少ない情報量ですが、かすかに覚えてるのは以下の感じです。

エニックス出版の月刊Gファンタジーで10年ほど前に連載されていた。
主人公は魔法が使える女性、どこかの国のお姫様らしい。
ロングで蒼い色の髪、色白で華奢な感じのタッチ。
魔力はものすごいが、腕力は非力なイメージ。

もう一人、主人公の親友であるような女性が登場する。
小麦肌で勝気なイメージ、魔...続きを読む

Aベストアンサー

ほぼ間違いなく斉藤カズサの『白のテンペスト』
だと思います
少々ねたバレ気味ですがあらすじが書いてあります。
全4巻で、今は絶版です。
好きな作品なので復刊して欲しいんですがねー。

参考URL:http://www008.upp.so-net.ne.jp/minerva/shiro.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報