『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

近所で礼和流という流派の空手を教えているところがあるのを知り、興味を覚えています。
しかし、恥ずかしながらこの流派の名前をはじめて聞きました。
いわゆる伝統派空手で言うと、どの流派が源流(?)となるのでしょうか?
(その様なものがあるのかも分からないのですが。。。)
なにか特徴というようなものがあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

礼和流柳心舘は、少林寺流錬心館から分かれた流派です。

上野照索(しょうさく)宗家は元々は鹿児島で少林寺流の空手を修行されたそうで、その後本州に渡られてから錬心館に属し、さらにその後分かれて礼和流柳心館を創設されたようです。それが30年くらい前らしいです。礼和流についてWeb検索してもなかなか情報がありませんが、少林寺流、錬心館で検索すれば多くの情報が得られます。当然ですが伝えている型や練習体系、防具組み手の形式など多くの共通点が見られます。また少林寺流というのも分派の多い流派で、錬心館の他にも少林寺流の名を冠する流派がたくさんありますが、相互の交流などはほとんど無いようです。柳心館がなぜ少林寺流を名乗らずに敢えて「礼和流」と名乗ったのかは分かりませんが(おそらく大人の事情があるのでしょう)、個人的には少林寺流よりも良いネーミングだと思います。

参考まで、少林寺流の系譜は以下の通りです。
・喜屋武 朝徳(きゃんちょうとく)先生
 松村宗根など首里手、泊手の名手・大家から七つの型と、棒術では「徳嶺の棍」を伝授された。30歳にして、空手の大家として有名となる。
・仲里 常延 先生  (少林寺流)
 喜屋武朝徳先生のもとで修行を積んだ。師の意思を汲み、“すべては源流に立ち返れ”と言う理念のもとに、中国拳法の始源といわれ、さらに沖縄の「手」の発達に大きな影響を与えたと考えられる中国の少林寺拳法に因んだ少林寺流と命名する。
・島袋 善良 先生  (少林流)
 喜屋武朝徳先生に師事。少林流聖武館と命名した道場を開設する。
・保 勇(たもつ いさむ)先生 (少林寺流錬心館)
 喜屋武朝徳先生の直流高弟である島袋善良先生、また仲里常延先生にも併せて師事し空手を修得。喜屋武朝徳が伝えた型の継承・保存に努める。他に方円流体術,兼相流柔術,八光流柔術に棒、釵、杖、中国剣等古武術、諸武術を総合整理し自己独自の見地を定め、鹿児島に錬心舘少林寺流空手道を創始。

少林寺流の型
1.アーナンクー/南光(喜屋武親雲上)
2.ワンシュウ/汪輯(真栄田親雲上)
3.セーサン/十三(松村宗棍)
4.チントウ/鎮東(松茂良興作)
5.バッサイ/抜塞(親泊親雲上)
6.ウーセーシ/五十四歩(松村宗棍)
7.クーシャンクー/公相君(北谷屋良親方)
    • good
    • 6

・正式名称は、礼和流空手道「柳心舘」。

黒帯までは普通の道着。黒帯を取ると道着が新しくなり、胸には「柳心舘」と書かれ、黒帯には「礼和流柳心舘・氏名」というように書かれる。

・創始者(宗家)は上野照索(しょうさく)氏。まだ現役で指導され、年齢は65歳ぐらい(?)。黒い道着を着用される。

・流派で言えば、四大流派(松濤館、剛柔流、糸東流、和道流)には属さない。四大流派は基本的には「寸止め」空手であるが、礼和流はフルコンタクト(直接打撃制)空手なので。
 ただ、構え方、型、正拳突きの「引き手」の位置などを見ると、松濤館、あるいは少林寺流が源流であると思われる。

・組み手について。完全なフルコンタクト(直接打撃制)空手。ただし、顔面ガード、胴体ガード、足のすねガード、パンチング・グローブ(マーシャルワールド製で統一)を必ず着用することになっている。

・ただし、金的ガード(=ファウル・カップ)の着用は義務づけていない。(宗家杯などの大会では、金的に当たって、審判が選手の背中をたたいている場面を時々見かける。)

・顔面ガード、胴体ガード、足のすねガードに関しては、どこのメーカーでも構わない。(一応はマーシャルワールド製で指定されているが、どの選手も自分の好みのメーカー製を使っている。)多くの選手は指定のマーシャル・ワールド製か、ボディメーカー製を使っている。

・組み手では「技あり2本」で勝ち。場外3回で技あり1本となる。

 以下は、個人的見解です。
・大会などの「自由組手」では、「これってフルコンの組み手なのかな?」と感じさせる。肉弾戦の様相を示している。とにかく相手をボコボコにしてやろう、という様相を示していて、個人的には他流派の「極真」の試合に見られるような「美しさ・華麗さ」がないと思う。

・審判に問題があると思う。型の試合については、自分が所属する支部の師範が審判員に入ってくるので、若干の「えこひいき」が見られる気がする。ただし、上位の決勝戦などでは、みんなが集まって試合を観戦するので、審判もちゃんと審議している。

・組み手の試合については、一回戦などの下位の試合では、一本当たっているのに、審判がなかなか試合を止めない気がする。これは大きな問題だと思う。「えー、今の一本当たっただろ?」と試合中に思っても、審判が試合を止めないから、一瞬の油断が生じて、形勢逆転となってしまう。

・肉弾戦の様相を示すので、当てられた時の痛さはハンパではない。普段の稽古で移動稽古をしないため、練習不足で相手が的確な位置に当ててくれない、という問題点もあるような気がする。

・確かに顔面ガード、胴体ガードを着用しているが、顔面パンチの威力がハンパではないから、スーパーセーフなどの強度プラスチックを使っていない場合は、いつかは顔面ガードが割れるような事態が生じると思われる。

・組み手においては、下段蹴りが禁止。金的攻撃、頭突きも禁止。また、パンチング・グローブなので、当てられた時のダメージがより大きくなるような気がする。(拳サポーターならば、もう少しダメージが減ると思われる。)大会などでは、本気で打ってくるので、脳しんとうを起こす危険性がある。
    • good
    • 3

 自分は剛柔流の経験者です。

また空手がやりたくなって、近所の道場を探していたら、縁あって「礼和流」とめぐり合いました。礼和流では、まだ白帯です。以下、自分が感じたことを簡単に述べます。

 1.一番の特徴は「防具付き空手」だと思います。師範が「ケガをしないように」と良く言われます。安全第一の流派だと思います。顔面ガード、拳サポーター、胸ガードなど、プロテクターをきちっと装着しています。そのため、回し蹴りをくらって、歯を折ったりすることはあり得ないと思います。
 2.アト・ホーム的な雰囲気です。とにかく子供が多い。稽古は前半、後半と分かれていて、それぞれ1時間です。前半は全体練習で、いわゆる「基本稽古+型」です。そこでいったん挨拶し、子供達や、用事がある人達は帰ります。その後、後半稽古では、大人が中心という感じで、「型+組み手」などを中心としています。子供が師範を慕っている感じが強く、とてもほほえましく感じたりします。

 3.「押忍」とは言いません。返事は「はい」です。自分は剛柔流だったので、つい「押忍」と言ってしまう癖が出てしまいます。
 4.東京都・千葉県を中心とした流派のようです。月謝は、3千円でした。(子供が納めれば、親は無料となる方針のようです。)

 5.突きについて。剛柔流は「引き手は胸に」でした。しかし、礼和流は「引き手は腰の部分」です。これは、後ろから襲われたことを想定し、後ろを警戒するため、と指導されました。突く速度で言えば、引き手を胸に置いたほうが早いでしょうが、後ろを警戒するという引き手の位置も、自分としては「なるほどな」と納得しています。

 6.型について。剛柔流の経験者から見ても、ものすごくきちっとした型だと思います。
 7.護身術には最適の流派だと思います。K-1選手を目指す、空手で飯を食う、その場合には礼和流よりは「極真」空手のほうが良いと考えます。
 仕事をしながら運動のために。あるいは女性が護身術のため。子供に空手をやらせたいがケガは困る。この点において礼和流は最適だと思います。
    • good
    • 8

礼和流道場に体験入門し支部長とお話をしました。

基本には泊手派に首里派が少しミックスされているとのことです。練習は基本練習と型が中心で組み手は最後に希望者のみ行われていました。手による上段攻撃有りの下段蹴り(ローキック)無しのルールです。構えは半身の四股立ち又は前屈立ちが基本で間合いは遠目です。組み手ではフェイスガード、胴当て、拳サポ、脛宛当てを使い寸止めはしていませんでした。私は遠い昔に伝統空手とフルコン両方行いましたが良し悪しの基準は互いのルールに依りますので一概に言えません。確かなことはフルコン系は痣が絶えず我慢大会の様相です(^^;)その分組み手に限れば早い時間で強くはなれるでしょう。ただ型も無きに等しく体の姿勢は伝統派が優美です。目的がわかりませんのでどれがお勧めとはいえませんが私が体験した礼和流は厳しさの中にも子供と大人が和気アイアイといった雰囲気がありました。。。。フルコンにはありません(^^;)以上ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます!

>泊手派に首里派が少しミックスされている

そうだったのですね。
今でも気になっていたので、大変有難いです。
ありがとうございます。

伝統空手を考えているのですが、失礼ながらいわゆる有名な流派ではない様なので
どこの流れなのか分からず、躊躇している次第でした。

大変参考になりました。
ありがとうございました!

お礼日時:2008/10/13 00:39

空手は柔道と違い200ほどの団体があるますからね。


どっかで繋がってはいると思うのですが。

一応、泊手となると四大流派からの枝ではないようですね。
ただ、和道流の開祖が泊手の本部朝基に師事していたことが
ありますので少し和道流に近いのかも知れませんね。
(あくまで推測ですが)

私は極真会館(松井派)で空手をしているのですが
個人的にはある程度大きな団体に所属するのがお勧めですが
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。


>個人的にはある程度大きな団体に所属するのがお勧めですが

そうなんです、私もその点が気になっています。
今回、伝統空手で考えていますが、できれば四大流派のどれかを習うのが、いいと思ってはいるのですが、通いやすさでは一番都合がいいものですから・・・。

何に妥協点を見つけるか、ですよね。

参考になりました。
ありがとうございます!

お礼日時:2008/02/12 12:54

一応、インターネットで検索していたらいくつかホームページがありました。

その中には泊手系統といった記述が見受けられました。泊手は四大メジャー流派である松とう館(首里手)、糸東流(首里手、那覇手)、剛柔流(那覇手)、和道流(首里手、柔術)といった流れとは別系統になりそうです。泊手自体は参考をご覧になってください。あとは直接聞いていただくんですね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%8A%E6%89%8B
    • good
    • 0
この回答へのお礼

4大流派とは別なのですね。
参考になりました。
ありがとうございました!

お礼日時:2008/02/07 16:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空手の4大流派とは何ですか?

空手を始めようと思っています。

有名なのは極真かと思います。
空手には流派がたくさんあり、
有名な4大流派があると聞きました。
質問1
4大流派とは何でしょうか?

また、人によっても3大だとか、
5大だとかあると思いますが、
質問2
一般的には何大でしょうか?


質問3
それぞれで、寸止めなのか、それとも
当てるのか、教えてください。

寸止めでなく、実際に当てるのをフルコンタクトというの
ですか?

質問数が多くなりましたが、
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。補足します。
#2の流派はいわゆる伝統派と呼ばれるもので,昔からある流派です。
極真などはこれからの派生です。大山館長は剛柔流と松涛館の経験者です。
極真会館からの派生で正道会館,芦原会館,大道塾,佐藤塾,US大山空手などが有り,極真会館自体も4団体くらいに分裂しています。
ちなみにフルコンタクトとは言っても,防具などを着けないもの(極真会など)や防具を着けるもの(大道塾)など様々です。

Q子供の空手教室、流派が多すぎて選べません

幼児の子供を空手教室に通わせたいと思い、近隣の教室を探しましたが、通える範囲にあまりにも、多くの流派があり困ってしまいます。戦い方面ではなく(K1など)伝統的で海外でも通用するようなものを希望しています。
自分でも調べてみましたが、未知の分野でよくわかりません。実際に空手をしている方に教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#4&5です。5は失礼な表現だったかな?とか思ったんですが甘い気持ちで子供を道場に通わせる親御さんが多いので正直な気持ちを書かせていただきました。

剣道をすすめたいわけではなく良い指導者につけば空手でも何の武道でもいいのです。ただ平均的に見て空手の指導者は人間的にどうか?と思える人が少なくありません(空手人としては残念なことですが)。これは空手が他の武道に比べ以上にケンカの強弱にこだわる体質があるからでしょう。例えば大会なら当然競技ですからルールがあります(反則になる部分を殴ってはいけない、とか)。ところが少なからぬ空手のセンセイは反則負けになった弟子に「真剣勝負ならお前が勝っていた」とか「こんな大会はまやかしだ」とか人格を歪めかねない励まし方をします。空手は柔道や剣道と違って統一されたルールがありません、また統一された基本もありません。
剣道が比較的子供に習わせるのが無難かな、とか思うのは
1)統一された基本、ルールがある
2)大きい声を日常的に出す(元気が出る子供になる)
3)柔道、空手のように直接的な身体のぶつかりあいを重視しないので僅かながら暴力肯定的な武道とは距離を置ける
4)平均的にみて柔道、空手よりは質の高い指導者が多い(最近は道場でだらしない態度をとることに抵抗のない空手家、柔道家が少なくない。剣道家でもいるかも知れませんが礼法(「面とれ」など)が統一されているせいかいくらかマシ)
5)モノを大切にする心が養われる(もっとも最近は剣道家でも防具をまたいだりするケースを見聞するのでこの点ではあまり期待できないかも)

といったところですね。回答#4でレスリングを推薦したのは

1)統一された基本、ルールがある
2)運動量が他の武道、格闘技に比べて激しいので体力づくりにはベスト
3)他の武道、格闘技に比べ左右の偏りがなく身体を鍛えられる
4)積極性が特に重視される
といったところです。
上述したようにどの道場でも最終的には流派や武道の種類より指導者の指導力と人格です。大流派だからすぐれているということはまったくありません。

#4&5です。5は失礼な表現だったかな?とか思ったんですが甘い気持ちで子供を道場に通わせる親御さんが多いので正直な気持ちを書かせていただきました。

剣道をすすめたいわけではなく良い指導者につけば空手でも何の武道でもいいのです。ただ平均的に見て空手の指導者は人間的にどうか?と思える人が少なくありません(空手人としては残念なことですが)。これは空手が他の武道に比べ以上にケンカの強弱にこだわる体質があるからでしょう。例えば大会なら当然競技ですからルールがあります(反則になる部...続きを読む

Q伝統空手 と フルコン空手 

友達が伝統空手をやっています。僕も空手を習おうと思っているのですが、伝統 と フルコン 一体どちらがよいのでしょうか?

空手をやっている人にとってはある意味究極の質問だと思います。伝統空手とフルコン空手(極真等)は一体実戦においてどちらが有利なのでしょうか? 「人の技量による」というのは十分承知の上です。一体どちらが実戦において有利なのかお聞かせ下さい。
 伝統をやっているひとから見れば、フルコンのローキック等の蹴りは脅威でしょうし、一発もらったらたてないかもしれないそうです。(友達談)けれどフルコンの間合いは伝統と比べると非常に狭いので、顔面への突きは「簡単にあたりそうな気がする・・。」そうです。どんなにがんばっても顔面を鍛えることはむずかしいですよね?フルコンの方は伝統空手をどう思われますか?実際に防具なしで伝統空手の人とやるとしたら、顔面への攻撃には簡単に対処できると思われますか?また伝統空手の顔面等への突きは脅威になりますか?どちらの空手を習えばいいか迷っています。フルコンの方、伝統の方、またどちらも経験のある方、ご意見をお聞かせ下さい。 よろしくお願いします。

友達が伝統空手をやっています。僕も空手を習おうと思っているのですが、伝統 と フルコン 一体どちらがよいのでしょうか?

空手をやっている人にとってはある意味究極の質問だと思います。伝統空手とフルコン空手(極真等)は一体実戦においてどちらが有利なのでしょうか? 「人の技量による」というのは十分承知の上です。一体どちらが実戦において有利なのかお聞かせ下さい。
 伝統をやっているひとから見れば、フルコンのローキック等の蹴りは脅威でしょうし、一発もらったらたてないかもしれないそ...続きを読む

Aベストアンサー

伝統派松涛館11年(3段)、フルコン極真4年(弐段)です。
はっきり言います。
本当の実戦(生死を賭ける)をすれば伝統派が圧倒的に怖いです。
ル-ル無用の試合をするとおそらくフルコン側は伝統派に当てる事すら
難しいでしょう。何故なら、伝統派は間合いを最も重視し、一瞬の油断が
命取りになるからです。極真の接近戦の殴り合いは逆に墓穴を掘ります。
ロ-キックなどかすりもしないですよ。
逆に伝統派の追突きや飛び込み突きの驚異的なスピ-ドは
接近戦に慣れている極真側は絶対にかわす事は不可能です。
一撃に渾身の力を込めますから体を鍛え込んでいるフルコンと言えども
まともに食らったら一瞬で勝負が決まります。
それと、伝統派は体で受ける事はしません。
伝統派は直接的な攻撃が多いという人がいましたがそれはただのレベルの低い試合を観ているに過ぎません。
伝統派にはすべて相手の力を無効化する技が沢山あります。
体重100キロの相手を簡単に転ばす技もありますから。

ま、大道塾の北斗旗やK1のようにパワ-を重視したようなグロ-ブル-ルになりますと、本来のスピ-ドが出せませんので極真が有利でしょうけどね。
歴史の背景から本来の空手(唐手)というのは
琉球(沖縄)から始まり、それが本土へと伝わって色んな流派が生まれたんです。

では何故極真が最強と言われるようになったのか。
それはまず極真空手創始者大山倍達氏の伝説が凄まじかったのが一つ、そして
寸止めは実戦的でないと、直接打撃制とかケンカ空手という謳い文句が雑誌や素人にうけたに過ぎません。

でも柔道に置き換えれば、伝統派が柔術で、フルコンが近代柔道と言えます。
昔の武道ほど恐ろしいものはないんです。

私は伝統派に勝てるかも知れないフルコン空手をあえて言うなら
大道塾だと思います。
スピ-ドまでは行かずとも伝統派に似たスタイルで極真のパワ-があり、
なおかつ寝技や関節技まであるという流派らしいですから。
どこまで本当か分かりませんが・・。
私個人の意見として総合的な怖さでは大道塾、驚異的破壊力の怖さで言えば
中村日出夫総帥(10段)率いる拳道会でしょうね。

本来、空手は4代流派に分かれていました。糸東流・和道流・剛柔流・松涛館です。故大山倍達館長は剛柔流の5段でした。そこから独立して極真会館を創始したんです。つまり4代流派は極真のル-ツといっても過言ではないのです。

それでも寸止めだから実戦に弱いとか、直接打撃だから強いとかいう
馬鹿げた妄想を抱いている輩が沢山いるから困ったものです。
パンチ力がいくらあってもそれをさばかれたら役立たずです。

本来の伝統派というのは恐ろしかったんです。
伝統派は昔から「一撃必殺」というように一撃に渾身の力を込めて
相手の急所に叩き込むという技を極めてきたんです。その修練も半端じゃありませんでした。だからこそそれを直接打撃にするとあまりにも危険過ぎるので寸止めにする必要があったんです。実戦では寸止めしなければいい事ですしね。
でも、伝統派もやはり時代の流れに沿って昔のようにル-ルが無かった血だらけの試合をしていた頃が失われつつあります。
そしてこれまでの血を流す空手ではなくこれからは汗を流し老若男女誰でもやれるスポ-ツ空手として、オリンピックを目指そうという事になったのです。昔の空手はもはや時代が必要としないのです。
ですから、今の伝統派は素人目から見れば府抜けていると思うかも知れません。
しかし、本来の武道というのは空手道・柔道・剣道というように「道」という
言葉の本質が分からねば強い・弱いと判断する資格はありません。
そういう人間は武道の本質を何も分かってないんですから。

現在の空手は喧嘩に勝つためにあるのではありません。テレビで芸能人化している空手家や今の極真のような見せ物の為にある訳でもありません。
人格完成・誠の道(社会的貢献)・努力の精神・礼儀・血気の勇を戒める心を養う為にあるのです。だからこそ社団法人や日本空手協会に所属しているのです。
これからの空手はどちらか強いかではないのです。以上。

長くなってすいませんでした。
空手を習うなら社会的貢献を目指し、驚異的なスピ-ドを得たいなら伝統派。
格闘技として単純に強くなり、観客を興奮させたいならフルコンをお薦めします。

伝統派松涛館11年(3段)、フルコン極真4年(弐段)です。
はっきり言います。
本当の実戦(生死を賭ける)をすれば伝統派が圧倒的に怖いです。
ル-ル無用の試合をするとおそらくフルコン側は伝統派に当てる事すら
難しいでしょう。何故なら、伝統派は間合いを最も重視し、一瞬の油断が
命取りになるからです。極真の接近戦の殴り合いは逆に墓穴を掘ります。
ロ-キックなどかすりもしないですよ。
逆に伝統派の追突きや飛び込み突きの驚異的なスピ-ドは
接近戦に慣れている極真側は絶対にかわす事は...続きを読む

Q伝統派空手:四大流派の特徴

 最近真面目に武術・格闘技について考えてみて、色々調べているのですが、調べている過程で再び疑問が出てきました。
 それは伝統派空手のことなのですが、四大流派(剛柔流、松濤館流、和道流、糸東流)の違いがよく分かりません。フルコン空手に関しては、色々比較されていて特徴が掴みやすいのですが、伝統派空手の四大流派に関してはあまり比較されてなくて、それぞれの特徴が掴みづらいです。

 そこで質問なのですが、それぞれの流派の特徴を教えていただけませんか。特に他の流派との比較で教えてもらえるとありがたいです。

Aベストアンサー

Gです。 こんにちは!!

この四つの流派(つけざるを得なくつけた名前)は流祖の時代1920-30年代でははっきりと違いました。 今ではいろいろに分かれた会派というものが出来上がってしまい同じ流派でも変わってしまってきています。

流派を語る前に空手と言うものの歴史や特徴を出すには沖縄での(つまり1920年以前)での「スタイル」を知ることで特徴を見出すことが出来ます。 それが、首里手、那覇手、泊手の三つの大きく分けることが出来ます。 本土でのこの4つの流派を雑に分けると、那覇手を受け継いだ剛柔流、首里手を受け継いだ松涛館、同じ首里手を元に本土の神道揚心流柔術をより使えるものにしたものが和道流、そして首里手と那覇手の両方をミックスしないで全てを取り入れた糸東流と言う事になります。

よって、首里手を使ったほかの3流派と剛柔流の違いははっきりでてきます。 また、剛柔流と糸東流の「半分」がよく似ているのも見ることが出来ます。

和道流が時として和道流柔術拳法と自称するのはこれが理由なわけです。 

松涛館を起こした船越義珍師は糸東流を起こした摩文仁賢和師と同じ師である糸洲安恒師(50を過ぎてから弟子を取る)から多くの首里手を習い二人ともそれを基礎としています。 和道流は船越義珍師から首里手を学び免許皆伝をして4世として教えていた柔術を加えたわけです。 よって、スピードを重要視し糸東流も大切にした、先(せん)、後(ご)の先、先先の先の実力をつけるものであるわけです。

剛柔流の流祖である宮城長順師は那覇手の東恩納寛量師(ひがおんな)から那覇手を習うわけですが、摩文仁賢和師も糸洲師の後継を断りながらも許しを得て東恩納寛量師から那覇手を受け継ぐことになるわけです。 ずっしりとした立ち方や打たれても倒れない体力の強さ等がはっきりでるのが那覇手なわけです。

よって、糸東流は両師(もっと多いのですが)を受け継いでいるために当然のごとく型の数が非常に多く、オールラウンドな特徴を引き出しているわけです。 さて、気が付きましたでしょうか、糸東流と言う名前に関して。 糸洲師の糸と東恩納師の東をとって付けられた「決して二人からの教えをミックスせずにひとつのものとする」という考えが流派の名前にも出てきているわけです。

よって、首里手の松涛館・和道流に似た面も見えますし、那覇手の剛柔流に似た面もはっきり見ることが出来るわけです。

一応これらのキーワードを使ってもっと詳しく調べみてもらった方が私からの長ったらしい回答よりも調べがいがあると思います。 しかし、どこかで矛盾していることを書いているサイトがあるのも気が付くことと思います。 そうしたらまた新しい質問を立ち上げてみてください。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

Gです。 こんにちは!!

この四つの流派(つけざるを得なくつけた名前)は流祖の時代1920-30年代でははっきりと違いました。 今ではいろいろに分かれた会派というものが出来上がってしまい同じ流派でも変わってしまってきています。

流派を語る前に空手と言うものの歴史や特徴を出すには沖縄での(つまり1920年以前)での「スタイル」を知ることで特徴を見出すことが出来ます。 それが、首里手、那覇手、泊手の三つの大きく分けることが出来ます。 本土でのこの4つの流派を雑に分けると、那覇手を受け継い...続きを読む

Q空手の道着のお洗濯について

おはようございます。最近子供が空手を始めたのですが、道着は毎回洗濯するものでしょうか?
空手の先生から「何度か洗うと柔らかくなりますよ」と教えていただいたので毎回洗濯していますが、3ヶ月経ってもなかなかいい具合に柔らかくなりません。
空手を習っている方はどのくらいの頻度でお洗濯をしていらっしゃるのでしょうか?
洗濯後に硬い道着をうまく伸ばせなくて、しわくちゃになるのでアイロンをかけたところ更に硬い感じになってしまいました(~_~;)。
もしかして夏用の柔らかめの道着というものもあるのでしょうか?
どなたか道着のいいお洗濯方法のアドバイスを頂ければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
40代前半♂です。
空手を始めて10年近くなりますが、稽古後、道着は必ず洗濯します。
それと、道着を柔らかくするには、通常の洗濯をする前に(袖を通す前に)お湯につけることです。
私はどのようにしたかというと、まず、お風呂で熱いお湯に漬けてそのまま冷めるまで放置し、冷めてからもう一度熱いお湯に漬けて放置したら最初からかなり柔らかくなりました。
何回か洗濯しても柔らかくはなりますが、水で洗うと糊が固まってしまうようですよ。
今からでも熱いお湯に漬けて試してみてください。
柔らかい生地の道着も売っていますが、少々お高いです。

Q習い事 剣道・空手について

剣道や空手の習い事について教えてください。
娘(小3・早生まれで小柄)が、剣道か空手を習いたいと言っています。
習い始めるからには、私としては少なくとも小学校卒業までは続けさせたいと思っています。(本人が希望するなら、その後も…)
また、習う事によって、礼儀が身に付き、姿勢が良くなるといいな、と思っています。

ただ、私には全く知識がなく、娘の友達(女の子)では、習っている子がいないため、
詳しい方に色々と教えていただきたいのです。
本当に知識が無いので、言葉等が間違っていたら、ご指摘ください。

○剣道について…
道具一式(面や竹刀など)は、名前が刺繍されていますよね?
あれは、通常個人で購入するのが一般的ですか?
高いと聞いた事があるのですが、どの程度の金額が必要なのでしょうか?
また、どのくらいの期間で買い替えなどが必要になってくるのでしょうか?

○空手について…
流派というものが、よくわかりません。
一般的…というか、有名な流派は、なんという流派でしょうか?
見学を申し込もうか検討している近所の空手道場は『剛柔流』とかかれていました。
また、極真空手とかも聞いた事がありますが、どのような違いがあるのでしょうか?

その他、剣道や空手を習った方に、それぞれメリットやデメリットなどあれば
教えていただけると助かります。

質問ばかりで申し訳ありませんが、よろしくおねがいしますm(_ _)m

剣道や空手の習い事について教えてください。
娘(小3・早生まれで小柄)が、剣道か空手を習いたいと言っています。
習い始めるからには、私としては少なくとも小学校卒業までは続けさせたいと思っています。(本人が希望するなら、その後も…)
また、習う事によって、礼儀が身に付き、姿勢が良くなるといいな、と思っています。

ただ、私には全く知識がなく、娘の友達(女の子)では、習っている子がいないため、
詳しい方に色々と教えていただきたいのです。
本当に知識が無いので、言葉等が間違っていたら、...続きを読む

Aベストアンサー

ポケモン博士です。
まず礼儀は家で教えるものです。
形(作法)だけで良いなら形(作法)だけは身につきますが、
礼儀というのは人に教わるものではありません。
(本人が自覚しているのなら別ですが)

剣道に関して。
防具一式は通常個人で買うのが普通です。
(貸してくれる道場もありますが人の汗が付いているので嫌がりますね)
高いと言っても小学生用のであれば4万円ほどで全部揃います。
それでも4万はしますけどね。

最初から防具一式を買う必要は無く、
最初の一ヶ月はジャージで、
一ヶ月目から3ヶ月目位までは胴着と袴でOKです。(場所によって個人差あり)
竹刀は大体貸してくれます。
この時点で嫌ならやめればいいだけです。
剣道はまともに竹刀が振れるようになるまで最低1年は見てください。
買い替えは中学生の成長期に入ると部分部分で買い替えが必要ですね。
胴着とか袴とか小手とか。
できれば初段を取得するまで着させて、初段合格のお祝いに
新しいものを一式買うのが良いと思います。
その時は10万位(最低でも)は覚悟しましょう。(それでも安いですが)
小三なら中学校2年前後で初段が取れると思います。

空手に関して。
流派は他の回答者も書かれているので多少省かせてもらいます。
現在の空手には大きく分けると二種類あり、
フルコンタクト空手と伝統空手になります。
フルコンタクトというのは実際に当てます。空手型もやります。
伝統空手は寸止めと空手型です。
どちらが良いというのはありません。
ちなみに近所に剛柔流があるのですね。
伝統空手の中でも四大伝統空手に属する空手の一派です。
古くからあり空手連盟の中でもメジャーです。
同じく初段は中学校2年位で取れるかと思います。

メリットデメリットに関して。
剣道を見ていると大体小学校卒業と共に、
若しくは中学校卒業と共にやめて行きます。
なぜなら思春期の女の子にとっては「クサイ・ダサイ」からです。(他にも理由あり)
大体親にやらされた子は辞めていきます。
中学校や高校に入ればバスケやバレーなどをみんなでやりたくなるんですかね。
剣道の面白さを知っている女の子は続けていますね。
メリットとしては力と集中力がつきます。
剣道をやっていて頭が悪い子って少ないです。(いや実際にはいますが)
それだけ集中力がつくと思います。
体力もつきますのでテスト前なんかは何時間でも勉強を頑張れます。
「小学校卒業までは」ではなく「初段までは」と言って下さい。

一方空手では、
勇気がつく、身を守る方法が身に付く、
自信がつくなどですね。場所によっては結構厳しい体力を使いますが、
剣道から比べたら体力の消耗は1/3から1/4位です。
あとは身体の使い方が学べますね。
やはりこちらも中学校卒業と共にやめていく人が多いですね。
デメリットとしては流派が多い分、
中体連や高体連での活躍ではなく流派での大会になることです。
剣道は全日本剣道連盟が仕切っているので中体連や高体連もあり、
その他いろんな大会があります。
空手で黒帯を一本持ってるとうれしいものです。
恐らく現在は空手をやっている人は少ないのではないでしょうか。
格闘技ブームも終わったし、試合で勝てない子はやめていくし、
別のスポーツに走る人も多いのでそんなには多くないと思いますがどうでしょうか。
それでも剛柔流の看板しょってるから多いかな。

色々と羅列して書いてしまいましたが、
空手が剛柔流であれば、剣道も空手もどちらもオススメです。
本人がやらせたいほうをやらせて上げましょう。
自分からやりたがっているのなら高校に行っても続けてくれると思いますよ。

参考までに。

ポケモン博士です。
まず礼儀は家で教えるものです。
形(作法)だけで良いなら形(作法)だけは身につきますが、
礼儀というのは人に教わるものではありません。
(本人が自覚しているのなら別ですが)

剣道に関して。
防具一式は通常個人で買うのが普通です。
(貸してくれる道場もありますが人の汗が付いているので嫌がりますね)
高いと言っても小学生用のであれば4万円ほどで全部揃います。
それでも4万はしますけどね。

最初から防具一式を買う必要は無く、
最初の一ヶ月はジャージで、
一ヶ月目から3ヶ月...続きを読む

Q子供の空手上達法について

伝統空手を1年習っている8才の息子のことでお尋ねします。
今まで審査には2回合格していますが、
同じ道場の子供達の中で上達が
目立って遅れています。

試合でも最近、組み手でやっと1つ有効がとれたくらいで、形も見ていて重心が安定してません。

教えてくださる先生も、上達の早い子にどうしても
目が行きがちで、ちょっと肩身が狭いです。
伝統のある道場らしいのですが、
最近は思うように結果がでないということで、
先生も焦り気味で、試合前は練習もかなり増えるのですが、ついていけずに止めてしまう子もいます。

空手は嫌いではないようですが、練習が多いことで
息子もちょっと嫌気がさしているようです。

言われたことがすぐには身につかないというか
見て覚えるのは得意ではないようです。
センスがないのかな?

このまま続けていいのか、また続けるのであれば
親はどのように接すればいいのか困っています。

よい上達法、考え方、書籍などなんでもかまいませんので
ぜひアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

tikaさん、こんにちは! mikemike77さん、tikaさん、いい事いっていますよ.

>他の子と比べるのは、可愛そうですよ。空手は、一生できる武道。長い目で見てあげてください。

武道は他の人と比べる物じゃないんですね. 自分だけを磨く、と言う事なんですね. 自分の弱点を直し、自分を向上する事が武道なんですね. 自分を磨けば、必然と、強くなる. それだけなんです. 自分より強い人は必ず出てきます. 他の人と自分を比べていては、訓練する暇がなくなります. 指導員は、それを弟子のレベルによって、教え方を変えなくては、量産工場と同じ事になります. 

貴方のお子さんはただ単に、昨日のお子さんよりよくなればいいだけのことです. そして、明日は必ず今日よりよくなると自信を植え付けなくてはならないわけです. わざとか型とか言うんじゃありません. 自分、すべてです. だからこそ、武道は一生できるというのです.

でも、多くの日本の武道家は今ではそれを分かってくれていないように思われます. アメフトは若い時だけ、でもゴルフとかテニスは一生できる、言うレベルなんですね. (これ、tikaさんのことじゃないですよ)

自分を向上させるのが武道であるから、自分を向上させると言う事になるんですね. だから、一生、自分を向上しつづけられると言う事なのです.

tikaさんのように子供の時にはじめて、また始めたとの事. 2級ではあるけど、子供の時の経験を生かして、一生、自分を向上させようとなさっておられる. 帯をただつけるもの. 茶帯もつけるもの. 体が、頭なが風呂帯なら、つける帯は関係ないです. 残念ながら、空手には昇級テスト、昇段テストと言う物があり、それに受かるには、動き(わざと型)と知らないといけないと言う、矛盾があるんですね. tikaさんもいつか初段のテストを受けるわけですが、この回答から見て、テストとは、黒帯をつける「許可」をもらうための物に過ぎないと言う事は、充分、おわかりのようなので、安心しています.

mikemike77さんのお子さんも、テストに受かるための練習はなく、誰でも自分を向上することができ、自分を一生向上させるものだと言う事を、教えてやってください.

頑張る事によって、結果を産む事が出来、それに満足でき、又、駆動力として、工場を続ける精神を作る事なんですね.

武道とは、生まれてきた以上、最大限の生き方(人それぞれです)、つまり私たちがmeaningful life意味のある人生を置くための訓練方法に過ぎないわけです.

苦しくても頑張る、意味のある頑張りをする. また、意味のある人生を置く時に、たまには暴漢に襲われる事も無きにしも非ずです、意味のある人生を脅かす物はすべて取り除かなくてはなりません. だから、「名前のついた技や型から」受けを習い、突きを習い、蹴りを習うんですね. 人生の中で、いつこのような「技」が必要となることでしょう. でも、「精神的な暴漢」には毎日遭っています. 宿題が大変だ、テストがある、先生が嫌い、友達と喧嘩した、そして大人になって、上司とうまく出来ない、恋人と問題がある、などなどなど、数えたら、無限にこの「専制的暴漢」が私たちを襲ってきます.

それを受け、自分に勝てる自分を作る事が武道なんですね.

何か、取り留めのないことを書いてしまったようですが、空手をやるなら、空手で自分を壊さないようにお子さんを育ててください. 空手は心身ともに強くする物です. 意味のある頑張りをして下さい. そして、お子さんを大事に思う貴方の気持ちを尊敬しています.

tikaさん、こんにちは! mikemike77さん、tikaさん、いい事いっていますよ.

>他の子と比べるのは、可愛そうですよ。空手は、一生できる武道。長い目で見てあげてください。

武道は他の人と比べる物じゃないんですね. 自分だけを磨く、と言う事なんですね. 自分の弱点を直し、自分を向上する事が武道なんですね. 自分を磨けば、必然と、強くなる. それだけなんです. 自分より強い人は必ず出てきます. 他の人と自分を比べていては、訓練する暇がなくなります. 指導員は、それを弟子のレベルによって...続きを読む

Q空手の段位と呼称について

今所属している空手の流派では、3段を先輩、4段を先生、5段を教士、6段を師範と呼んでいます。これって練士、教士、範士という剣道など他の武道にある呼称と普段使う呼び名を混同していますよね。他の流派を見ると指導員のある一定ランク以上の人を師範って呼んでいるみたいですが、となると師範は範士でなくてもいい訳ですか?それから師範代と言うのは、どういう人に使われるのでしょうか?この段位にはこの呼称、と決まっている流派ってご存じですか?剣道なんかでは段位と呼称は別々にとるみたいですね。つまらないことと思いますが、すごく気になっています。どなたかすっきりさせていただけませんか?

Aベストアンサー

数年前まで全国規模の大きな道場に通っていた者です。

少なくともうちには、段位ごとの呼称はありませんでしたね。その支部のトップが「師範」。No.2が「師範代」。その他の黒帯で、子供や、初心者相手に基本動作を教えるのが「指導員」。って感じでしたね。でも、普段は師範、師範代は「先生」。黒帯は「○○さん」で呼び方統一でしたね。師範とかの呼称とかも、会報みたいのを出す時に、「肩書きに雰囲気を出すだけ」と言っていたのを覚えています。

元々空手の発生は琉球の王家の直系男子か、親衛隊に秘技として子々孫々代々伝わってきたものが明治頃?に流出して今日の空手の礎になったのだというのを聞いたことがあります。なのに、各段位の呼称が剣道と同じというのは、いまいち腑に落ちないですね。元々源流のもの自体に段位や、呼び方はあったのか。仮にあったとして、沖縄の方言を意訳のような形に置き換えたものなのか。はたまた、誰かが便宜上剣道から流用したものなのか。んー、後半は回答になっていですね、失礼しましたm(_ _)m(苦笑)

Q空手の型は重要?

大道塾に入門したのですが師範は型ができていないと強い打撃ができない、ということで型は大切だと言います。しかし型はあまり意味がないので教えないという所もあると聞きます。
どっちが正しいのでしょうか?
キックボクシングに型はありませんが打撃が弱いという事などありませんよね?うーん、分かりません…
ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。

型の理解が今ではほとんど言ってなくなってしまいましたね、日本では。 型の試合があると言うこと自体がおかしいのです。 ダンス競技じゃなるまいし。

少し良くなっても「一つ一つの動きには意味がある。 どんな攻撃にどうやって対応するかを型は示している」と自称師範が言っているわけです。 「まさか!」ですね。

型の動きのどこが実戦に使える動きがあると言うのだろう。 立ち方、打ち方、防ぎ方すべてまったく実用にならないものばかりです。 自由組み手を見れば明らかなことですね。 誰も空気を殴るより動く、それも、攻撃してくる相手がいるところに、腰の低いナイハンチ立ち、前屈立ちをしたら一発でやられてしまいますね。

そんなに意味のない型をなぜGは教えるの?と言うことになりますね。

何故って重要だからなんです。 自分を自由に動かすための必須項目(私たちは275,000項目があるといっています)を型の一つ一つの動きの中で教えているのです。 俗に「隠された型の秘密」なんていって紹介しているようですが、決して秘密でも何でもありません。 教えられなかった人にとって「知らなかった」事であり「偶然にも気が付いた」と言うことに過ぎないのです。

師範であればこのことを知っていなくては教えることはできません。 どう一挙一挙を「正しく」やらなくてはならない、と言うことは幼稚園生が1から100まで「正しく」言えて読めて書けるようにならなくてはいけない、と言っているだけのことなんですね。 英語であればABCを言えるかどうか、なんです。 流派としての一貫した「読み方・言い方・書き方」が型の決まりきった動きを習うことなのです。

型のひとつの動きから200-300の事を教えることができるのです。 自分を自由に物理的に、そして精神的に動かし、同時に相手も「触らずして動かす」「技」を習い自分に身につけていくわけです。

名前の付いた「技」と呼ばれているものはすべてこれらを身につけるように教えてもらえるための「土台作り」に過ぎません。 1から10までの基本的数字の理解を教えるためにはいち、に、さんと正しく発音し、順序を知り、数と言うものの理解を無意識に教える作業とまったく同じなのです。

三戦立ちが「回り方を教える」教材であったり、型の逆周り225度の回転がもたらす相手への影響、残像の利用、回転力を使った直進力などここではとても書けきれない自分の実力を磨く技を教えてくれるように作られているのです。

気合をすることでパワーを出す、なんていう解釈は本の初心者用の知識に過ぎません。 気合をして打ったパンチの腕をそのまま伸ばしたままにしておく理由はなんなのか、気合を長くすることは何のためなのか(まさか、パワーの為じゃないでしょう)、残心とはいったいなんなのか(まさか、複数の相手と戦う「戦場で」残心という隙を奨励するのでしょうか)、これらすべて+274,980項目を型から習うのです。

型ができない、ということは100まで数えられないということであり、あいうえおが言えない、ABCの26文字をすらすら言えない、大文字小文字の区別ができない、ということに過ぎないわけですね。

誰が最初の数字は「いち」と発音して横ボーを引いた文字を使うと決めたのでしょうか。 知る必要のないことです。 いちと発音できることで算数の先生が次のことを教えられるように有無を言わせないで教え込んでいるのです。

型を習うことで次なる事を死ぬまで習い続けることができるわけです。 それだけ大切な土台作りだのです。

しかし、このことを知らない、教えられたことがない、昇級・昇段テストや試合の為に型の動きを教える・習うでは武道が泣きます。 私からしてみれば、日本の武道界は一年中涙の梅雨です。

表面から見ると、型はまったく意味を成さないものと見えます。 しかし、上のことをちゃんと教えられていれば、型という「教材」なしでは武道を教えることができないことを身につけることができるわけです。 有無を言わせない実力はここから来るのです。

宮本武蔵の五輪の書や中国の武備志がどうにでも解釈できるように書かれているのは、武道を教えられる師だけがちゃんと理解できるように書かれているのですね。 つまり、土台ができていない、基礎ができていなければとても理解できないようにできた書物であるということでもあります。

型から教えるという方法をとった日本の武道が決して唯一正しいというわけではありません。 しかし、これだけ体系付けられた武道教本としての「口伝」はそれなりにすばらしいものであるのです。

なんでもアリで教える私の道場は日本の四大伝統空手のひとつとして充分実戦に使えまた他の人間との戦いではなく自分との戦いにも使える武道として私は誇りを持って私たちの流派は「人を生かす」ために作られた昔からの流派である、といえる自信を持っています。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。

型の理解が今ではほとんど言ってなくなってしまいましたね、日本では。 型の試合があると言うこと自体がおかしいのです。 ダンス競技じゃなるまいし。

少し良くなっても「一つ一つの動きには意味がある。 どんな攻撃にどうやって対応するかを型は示している」と自称師範が言っているわけです。 「まさか!」ですね。

型の動きのどこが実戦に使える動きがあると言うのだろう。 立ち方、打ち方、防ぎ方すべてまったく実用にならないものばかり...続きを読む

Q教師の苦情はどこに言えばいいのでしょうか

カテゴリが違ってましたらすみません。
教師の苦情はどこに言えばいいのか分からず、困っております。

状況なのですが、妹が部活動顧問の教師に苛められ続けています。
事の発端は、部活動準備室に置いていた書類が何かなっていた事から始まりました。(何故かここを教師は詳しく教えてくれませんでした。書類の順番が変わってただけとも聞きましたが。)
その日に妹が準備室に部品を置くため出入りをしていたことから妹は犯人扱いされ、その日は泣きながら帰ってきました。
妹が言うには他に先輩が入るのを見たが先輩は何も言ってくれず先生に何を言っても聞いてくれなかったそうです。
その後暴言を言われ続けたそうで6時の帰宅がその日は8時過ぎでした。

親が学校に電話をし顧問の先生と話したのですが、学校に出向いて来いと言われたため校長先生を含め三人で話をし、校長先生が「(教師を)指導しておきます」と言って下さったのでそこで帰ってきたそうです。

あれから1ヶ月以上経ち、また妹が泣きながら帰ってきたので話を聞くと、部活中は正座させられ、妹と口を利いたらいけないと先生が命令しているためシカト状態だったそうです。部活外でも苛められ始めたそうです。

長くなりましたがこういう状況なので苦情を言いたいと思ったのですが、ドラマでよくあるように教育委員会に言えばいいのでしょうか。
また、苦情を伝える方法は手紙でしょうか。
ご存知の方どうか宜しくお願いします。
苦情の体験談もありましたら是非お願いします。

ちなみに、その先生には校長先生も何も言えなかったそうです。恐い方なので言いにくいとの事でした。
確かに性格はきつい方だという印象を持ちましたがこういう学校体制にも問題はありますよね。
それともこれはよくある話でしょうか。

カテゴリが違ってましたらすみません。
教師の苦情はどこに言えばいいのか分からず、困っております。

状況なのですが、妹が部活動顧問の教師に苛められ続けています。
事の発端は、部活動準備室に置いていた書類が何かなっていた事から始まりました。(何故かここを教師は詳しく教えてくれませんでした。書類の順番が変わってただけとも聞きましたが。)
その日に妹が準備室に部品を置くため出入りをしていたことから妹は犯人扱いされ、その日は泣きながら帰ってきました。
妹が言うには他に先輩が入るの...続きを読む

Aベストアンサー

うちの姉(小学校教諭・担任)の場合ですと、生徒の親が校長に文句を言うと、教頭に指示が出て、教頭・学年主任・担任が3者会談で善後策を話し合って、学年主任と担任がご父兄のお宅にお詫びに行きます。
ご父兄が納得し、問題解決すれば教頭に報告し、教頭が校長に伝えます。
教育委員会に持ち込まれた苦情も、大体この経路でいきます。
問題をはっきりさせるため、校長に再度強く改善を求め、前回の話し合いはどうしたか聞いてみたらいかがでしょうか。
先回は

>「(教師を)指導しておきます」

と明言した訳ですから、その後校長は顧問にどう伝え、顧問はそれに関してどういう改善を行ったか。
校長が問題があるのに顧問を指導しないのは、管理責任を負う者として失格ですから、ここで初めて教育委員会に実情を訴え、教育委員会から報告をしてもらうというのがよいでしょう。
クレームの為のクレームではないのですから、第三者がなるほどと思うような流れを示すことが肝心で、それでも改善がなければ、場合によっては、地域選出の地方議員に相談してもよいかも知れません。
地域に依っては日教組の力が強く、校長と現場教師が対立してる県もあるとは聞きますが、それとこれとは別問題ですから、校長も具体策を示すべきです。

うちの姉(小学校教諭・担任)の場合ですと、生徒の親が校長に文句を言うと、教頭に指示が出て、教頭・学年主任・担任が3者会談で善後策を話し合って、学年主任と担任がご父兄のお宅にお詫びに行きます。
ご父兄が納得し、問題解決すれば教頭に報告し、教頭が校長に伝えます。
教育委員会に持ち込まれた苦情も、大体この経路でいきます。
問題をはっきりさせるため、校長に再度強く改善を求め、前回の話し合いはどうしたか聞いてみたらいかがでしょうか。
先回は

>「(教師を)指導しておきます」

と明...続きを読む


人気Q&Aランキング