柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

KATOのカプラーをトミックスのMカプラーに交換できませんか?KATOの蒸気機関車をトミックスのレールで走らせています。今度、ターンテーブルを購入して機関車と客車を頻繁に切り離しできればと思います。どなたか実践されている方はいませんか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私が知っているサイトで、いろいろな方法を紹介している所がありますので、見てみてください。


http://www5a.biglobe.ne.jp/~toyoyasu/adc_1.htm
上から2番目のがやりやすくてお勧めです。でも、見た目のことを考えると、KATOから発売されている、マグネマティックカプラーを使うことをお勧めします。(動作はこんな感じ↓)
http://homepage1.nifty.com/horibe/jpn/kddu-anima …
これは取り付けるのに少々手間が居るのと、客車、貨車側にも取り付けなければならないのが面倒ですが、かなりリアルです。模型点でも売っている(袋に入っている)ので探してみてください。ただしトミックス製の客車、貨車への取り付けは困難なので、KATO製の客車、貨車に取り付けてください。片側をアーノルド式にすればトミックスせいの客車、貨車にも連結可能です。また、トミックスのアンカプラー線路では反応しないので、KATO製のアンカプラー線路を使うか、(KATOのレールとトミックスのレールをつなぐには、KATO製のジョイントせんろというのを使えばよい)改造して、磁石をトミックスの線路に取り付けてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
丁寧に紹介してくれているサイトですね。参考になります。今度挑戦してみたいと思います。

お礼日時:2008/02/26 17:17

「KATOのカプラーをアーノルドカプラーに変更したい」と模型点で相談したところ、「昔のタイプに逆戻りするようなことは、しない」と軽くいなされました。

いつも親切にしてくれる店員さんなので、諦めました。
 M車をイジルト壊れそうなので、初心者の私には無理でした。M車をバラバラにして、分解掃除ができるくらいのウデになったら挑戦しますが。

 それより、アーノルドカプラー車を購入される方が良いのでは。私は、諦めて、買いましたが。

 ターンテーブルは、「欲しい」というと、現在品切れで、予約も春まで順番待ちとか。あまり売りたがらなさそうだったので、「どうして」と訊くと、ハッキリは言わなかったのですが、「故障が。メンテナンスが大変」とのこと。私は、中古を買っては修理、机の上から落としては修理と、何度も何度も迷惑をかけているので、『私には、無理』と判断されたのかも分かりません。
 『欲しい』『金も無い』『故障は』の3つの言葉がクルクル回っており、まだ予約しません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ターンテーブルってなかなか売ってませんよね。先日、旧タイプのターンテーブルを店頭で見かけました。もちろん新品で在庫2でした。でも、緑のコントローラなのでやめました。トミックスに電話して聞いたところ、4月に再生産されるそうで、また店頭で買えるようになるそうです。でも、故障やメンテナンスが多いのは知りませんでした。
また、情報があれば教えてください。ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/05 21:37

できないことはないと思いますが、純正部品ではないものを取り付けるわけですから、それなりの大規模な改造になることは避けられないでしょう。

人に聞かなくても自力で構造を研究して改造方法を見つけだせるくらいのベテランモデラーでないと、ちょっと難しいかと思います。

自動解放したいだけなら、車輌にマグネマティックカプラーをつけて、KATOのアンカプラーレールの磁石をトミックスのレールに移植するほうが簡単かもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
正直、手先が器用のつもりでいましたが最近目が見えにくくて、細かい作業に自信がなくなりつつあります。はずかしい話、ナンバープレートですらニガテになってきましたので、なるべく複雑な改造は避けたいと考えています。

>自動解放したいだけなら、車輌にマグネマティックカプラーをつけて、KATOのアンカプラーレールの磁石をトミックスのレールに移植するほうが簡単かもしれません。
この方法で考えてみます。ありがとうございます。

お礼日時:2008/02/05 21:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNゲージ アーノルトカプラーの交換

Nゲージ初心者です。
TOMIXのNゲージディーゼル機関車(DF50、83年くらいに購入)のカプラー交換についてお尋ねいたします。
DF50のアーノルトカプラーが割れてしまいました。これは、素人でも交換可能なのでしょうか。
TOMIXのページを見ると、カプラーは部品としてありましたので、これを入手したいと思っております(当方、東京多摩地区在住ですが、近くの模型店にはありませんでしたので、専門店を探しているところでもあります)。

Aベストアンサー

参考になるかどうか分かりませんがお答えします。

※TOMIXのNゲージ(DF50、83年くらいに購入)のカプラー交換
結果は素人でも交換可能です。

TOMIXのDF50初期製品は1979年から1984年まで製造されてました。
お持ちのDF50は83年頃購入との事ですから、おそらく初期製品と思われます。
動力台車の裏側を見てください。台車1個につき3個のギヤが見えると思います。
中央ギヤの上下にネジが2本見えると思います。
このネジを外してください。
すると台車カバーが外れます。もちろんギヤや動力台車の車輪が丸見え状態になります。
問題のアーノルトカプラーはプラの丸い爪2本で止まっています。
この2本の爪を開くように外してください。
外す時、アーノルトカプラーに付属する磁石に2mm角くらいの磁石がくっついてしまいます。
この2mm角の磁石は必要ですからなくさないでください。
新しいアーノルトカプラー(TOMIX品番JC04磁石付き10個入り¥315)を購入してください。
この新しいアーノルトカプラーの爪をカプラー受けの穴に入れます。
固定後に2mm角の磁石をアーノルトカプラーの3mmほど後ろ側に固定する場所があるので、そこへ入れます。
後は台車カバーをしてネジ2本を固定してください。
交換完了後に磁石つきレールの上に載せてください。
アーノルトカプラーが斜め45℃くらい上に上がれば問題ありません。
上がらない場合、2mm角の磁石が固定位置に固定されておりません。
最初からやり直してください。

参考になるかどうか分かりませんがお答えします。

※TOMIXのNゲージ(DF50、83年くらいに購入)のカプラー交換
結果は素人でも交換可能です。

TOMIXのDF50初期製品は1979年から1984年まで製造されてました。
お持ちのDF50は83年頃購入との事ですから、おそらく初期製品と思われます。
動力台車の裏側を見てください。台車1個につき3個のギヤが見えると思います。
中央ギヤの上下にネジが2本見えると思います。
このネジを外してください。
すると台車カバーが外れます。もちろんギヤや動力台...続きを読む

QTomixとKatoのレールを選択する際の注意点を教えてください(Nゲージ:Bトレイン)

コンパクトなレイアウトまたはモジュールを作成する際の,TomixとKatoのNゲージのレールの注意点を教えていただけないでしょうか(長所・短所でもOKです).購入の検討にさせていただきたいと思っています.

バンダイのBトレインショーティをNゲージのレイアウトで走らせたいと思っています.しかしNゲージの経験はまったく無いので0からのスタートとなります.
販売店で相談したところ,レールではTomixとKatoが日本の2大メーカだが,互換性は乏しくどちらを取るかが大きな分かれ道だと言われました.
調べるにつれなかなか奥が深そうで,明確にこちらとは決められないと思われますので,それぞれの長所・短所などをお伺いして,どちらを選択するか検討したいと思った次第です.
Bトレインのレイアウトなので,コンパクトなレイアウトまたはモジュールを目指していますので,その時に関わりそうな点を中心にコメントいただけるとうれしいです.類似の質問も過去にされていますが,よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

質問者様こんにちは
TomixとKATOの特徴などですが、
形状は
KATO 道床がひろい 
→ 道床付き線路としてはTomixと比べて後発で、TOMIXにくらべて床に設置したときの安定性を狙った様です。
道床が広い分、枕木も長く表現できるので、模型としては多少実感的に見えます。
TOMIX
→ Nゲージ鉄道模型のシステム化をはじめたメーカーです。先発した分、道床などいまから考えると「狭いかな?」と思いますが、確か複線間隔37mmを作るときに、間に直線線路を挟むと、ちょうど線路中心間隔37mmが簡単につくれることが出来たと思います。
(この辺はさすがにシステム化のさきがけ的なすばらしい発想だなと思います。)
 ただし、見た目は実感見が少々わるいかな・・・と
(個人的な意見ですので気にしないでください。)

基本になる複線レール間隔について
KATO→線路中心間隔 33mm
TOMIX→線路中心間隔 37mm
実物の複線区間で車両が並んだ状態から比較すると、KATOの中心間隔33mmでも、広い感じです。NゲージですとKATOの33mmが
実物に近いかな と思いますが、Nゲージは脱線の復旧やレール磨きなどの保守をしなければならないので、TOMIXの37mm間隔の方が保守しやすいでしょう。

レールの種類
KATO→ポイントなどのバリエーションが少ない。
TOMIX→カーブポイントなどいろいろなバリエーションがある。
いろいろな線路プランを考えると、TOMIXの方が面白い線路配置が出来そうです。また、信号機も2灯~5灯信号機など点灯のギミックなども面白いです。
(KATOもそろそろカーブポイント位は発売して欲しいものです。)

制御機器(パワーパック)について
鉄道模型は線路に流す電流のプラスマイナスを切替えて前後進を変更するのと、走行電圧DC12Vは基本的にどちらも同じです。
しかしながら、メーカーによって線路へのコネクタの形状が違いますので、必然的にレールと同じメーカーとなってしまいます。
ただ、リード線を切ってハンダ付けする知識くらいあれば、他社の制御機器を使うことは可能です。

Bトレインショーティーを楽しむのであれば、TOMIXの線路で面白いものがあります。
トミックスの線路は「ファイントラック」という呼び方をしていますが、最近発売された製品で、曲線半径を通常よりも小さくした「ファイントラック・ミニ」また、更に極小半径の「ファイントラック・スーパーミニ」というレールがあります。特にスーパーミニの方は半径103mmですので、走行できる車両は限定されますが、テーブルの上にも乗るくらいのレイアウトを作ることが出来ます。Bトレインショーティーくらいですと、余裕で走らせられますので、お勧めです。

いずれにしても、模型屋さんで、両メーカーのパンフレット、カタログ等を入手して検討されることをお勧めします。
KATO
http://www.katomodels.com/
TOMIX
http://www.tomytec.co.jp/

質問者様こんにちは
TomixとKATOの特徴などですが、
形状は
KATO 道床がひろい 
→ 道床付き線路としてはTomixと比べて後発で、TOMIXにくらべて床に設置したときの安定性を狙った様です。
道床が広い分、枕木も長く表現できるので、模型としては多少実感的に見えます。
TOMIX
→ Nゲージ鉄道模型のシステム化をはじめたメーカーです。先発した分、道床などいまから考えると「狭いかな?」と思いますが、確か複線間隔37mmを作るときに、間に直線線路を挟むと、ちょうど...続きを読む

QNゲージの線路の固定の仕方は?スパイクで固定とは?

 初心者です。講談社の「昭和の鉄道模型をつくる」を定期購読しています。自分で作った60×45cmの木製のレイアウトボードにNゲージの線路(TOMIXのファイントラック)を固定したいのですが、本に「スパイクを使って」とか「スパイクする」と出ていました。僕は細い釘で固定しようと思っていたのですが、レール固定用のスパイクという商品があるのでしょうか?もしあるとしたらTOMIXのファイントラック用の商品名など教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

初めまして。経験を元にお答えさせて頂きます。
線路の固定方法ですが色々な手段があります。
・釘で固定する(レイアウトボードに固定)
・瞬間接着剤で固定する(カントを付ける時に固定)
・両面テープで固定する(高架駅線路を固定する)
・ビスで固定する(高架線路を固定する)  などなど

基本的には釘で固定します。スパイクするとは釘で固定する事です。
TOMIXのファイントラックでしたら直線線路・曲線線路にかかわらず線路と線路の間に小さな穴があります。
そこに釘(画鋲と同じ長さくらいの釘)を差し込んで固定します。
固定する際、かなづちで叩いて釘を差し込むと最終、線路に傷・破損をさせてしまう恐れがありますので、ポンチ(ホームセンターで売っています)という工具を使う事をお勧めします。
木製のレイアウトボードにより異なりますが、ペンチなどで押し込む方法もあります。
次に釘に関してですが、ホームセンターで売られている釘には色々な種類があります。しかしほとんどが銀色をしています。
線路を固定する場合、必ず釘の頭(かなづちで叩く部分)が線路と線路の間に見えてしまいます。
目立たなくするために釘の頭を黒・茶色の塗料で塗装して目立たなくする事をお勧めします。
KATOから8mmの黒色の釘(品番21-18)が販売されています。
この釘は固定式線路やフレキシブル線路(自由に曲げられる線路)を固定する時に使用するものですがTOMIXのファイントラックにも使用可能です。
余談ですが、バラスト(砂利を表現)を撒く場合、ボンド水(ボンドを薄めた水)を使います。
通常の線路では問題ありませんがポイント(枝分かれ線路)や自動踏み切り、自動信号機の部分にバラストを撒く場合は注意が必要です。
ボンド水がポイントなど機械構造の中に進入すると稼動しなくなります。防水対策をお願いします。

初めまして。経験を元にお答えさせて頂きます。
線路の固定方法ですが色々な手段があります。
・釘で固定する(レイアウトボードに固定)
・瞬間接着剤で固定する(カントを付ける時に固定)
・両面テープで固定する(高架駅線路を固定する)
・ビスで固定する(高架線路を固定する)  などなど

基本的には釘で固定します。スパイクするとは釘で固定する事です。
TOMIXのファイントラックでしたら直線線路・曲線線路にかかわらず線路と線路の間に小さな穴があります。
そこに釘(画鋲と同じ長さ...続きを読む

QTomixの新集電システムについて

鉄道模型(Tomix)の新集電システムとは何ですか。Nゲージに20年ぶりに出戻りした(する)者なので、よくわかりません。モーター車ではない車両にも新集電システムがあるのでしょうか。「新集電システムのために車輪の転がりが悪く、たくさんの車両を牽引できない」などのコメントをよく見かけるのですが、具体的にはどういうことなのでしょうか。グぐったりしたのですが、解説が見つかりませんでした。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、’ピボット軸受’の正確な工学用語としては「車軸の先端を円錐形とする方式」なので、’旧来の集電方式’でも車軸端は円錐形つまりピボット軸受方式だったので、その点について誤解なきようお願いします。
鉄道模型で’ピボット軸受’と言うと、TOMIXの新方式の集電システム様の事を指すようです。

新集電方式の「車軸受けに集電シューを位置させる」のは、精度良く製作されていれば転がり抵抗が小さくかつ良好な集電が期待できる、というもので、KATO製のNゲージは古くから採用していました。

TOMIXの’旧方式’では室内灯に集電シューを付属させて、室内灯を点けない場合は集電シューの装着そのものが不要、という考えの設計だと思います。
最近は、灯火に消費電力の少ないLEDの使用・ハイパワーのパワーパックの発売、などにより室内灯の使用に対して垣根が低くなっています。室内灯の使用頻度が増えたならば、’ピボット軸受’を採用して良好な集電と小さい転がり抵抗を期待するのは自然な流れかと。
しかし、先に書いたように’精度良く製作されていれば’という条件が付くので、参考URLの過去問のように模型の状態により非常に転がりが悪いものがあるようです。

参考URL:http://okwave.jp/qa2925321.html

まず、’ピボット軸受’の正確な工学用語としては「車軸の先端を円錐形とする方式」なので、’旧来の集電方式’でも車軸端は円錐形つまりピボット軸受方式だったので、その点について誤解なきようお願いします。
鉄道模型で’ピボット軸受’と言うと、TOMIXの新方式の集電システム様の事を指すようです。

新集電方式の「車軸受けに集電シューを位置させる」のは、精度良く製作されていれば転がり抵抗が小さくかつ良好な集電が期待できる、というもので、KATO製のNゲージは古くから採用していました。

TOMIXの’旧...続きを読む

Q両渡り線の設置(配線)

 TOMIXの複線レールを持っています。両渡り線を付けたいのですが、電動ポイントN-PX280(F)が手に入りません。そこで、N-PR541-15(F)とN-PL541-15(F)を各2本づつ計4本で両渡り線を完成させたいのですがその場合の配線方法をどなたかご教授ください。
 NR541とNL541は手配済みです。パワーボックスは2台あります。
 あとコントロールボックスの種類と数量を含めての配線の仕方を知りたいのです。
 以上よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

要領が悪くて、何度も書き込みますが、

 私なら、片渡り線で経験する。この場合、電動ポイント2つと、コントロールボックスの-Wを1つが便利。同じ向きの電動ポイントを180度ひっくり返して、分岐どうしを接続すれば、完了です。
 パワーパックからの電源用端子は、電動ポイントが分岐する前(線路が1本の部分)に挿入して下さい。電動ポイントのレールに、差し込み口はなかったように思うので、1本の部分に接続しているレールに挿入してください。
 動かす時は、当然、2つのパワーパックの方向を同じにして下さい。

 これで、慣れたら、反対側の片渡り線。中央でクロスするので、クロスレールを入れて、No3の書き込みのように接続。
 ただ、両渡りは、電動ポイント N-PX280(F) 品番1247を待ちますが。もっとも、まず組立、そして改造というのも大好きです。私は、家内と場所を交渉して、単線、分岐、複線化、引き込み線、高架、と何度も拡張してきて、ほぼ限界ですが。今は、列車内の照明に凝っています。

 電動ポイントの動きが悪い時は、裏側のねじを少し緩めると、まともになったことがあります。
 レールの直線部に、リレーラーレールを組み込むと便利です。少々の脱線は、通過時に復旧します。
 走らせているうちに、車輪とレール間のスパークで、絶縁状態がおき、走りがぎくしゃくしてきます。クリーニング液を綿棒につけこすって掃除をしますが、そのあとLocoという液体を少しつけると、生き返ります。3000円近くで高いのですが、価値はあります。
 机の上をぎりぎりで走らせて、脱線、転覆、落下と大惨事。机の上の外周は、高架用のレールを組み込んでいます。机の上にしたのは、片付けるのがいやなので、敷きっぱなしにするためと、ネコ対策です。
 車内灯を6両つけると、パワーパック限界の500mAをこすハズなのですが、支障なく動いてくれます。室内の電気を消して走らせると、夜行の雰囲気で、ご機嫌です。
 ジオラマ風で、建物内の照明は、TOMIXの製品は、うっとおしいので、「光るだけ」シリーズをお勧めします。
以上、老婆心まで(ジジイです。孫は残念ながら、未だ)。

要領が悪くて、何度も書き込みますが、

 私なら、片渡り線で経験する。この場合、電動ポイント2つと、コントロールボックスの-Wを1つが便利。同じ向きの電動ポイントを180度ひっくり返して、分岐どうしを接続すれば、完了です。
 パワーパックからの電源用端子は、電動ポイントが分岐する前(線路が1本の部分)に挿入して下さい。電動ポイントのレールに、差し込み口はなかったように思うので、1本の部分に接続しているレールに挿入してください。
 動かす時は、当然、2つのパワーパックの方向を同じに...続きを読む

Q鉄道模型(Nゲージ)の連結器について

初歩的な質問で申し訳ありません。

Nゲージ好きな初心者です。

早速ですが我が家にはKATOとTOMIXの車両は半々混在しています。基本的にアーノルドのままですが、最近では初めから各メーカーごとに連結器も様々でKATOの場合はカトーカプラーやナックル、TOMIXの場合にはTNなど複雑になっています。

KATO車両の場合、簡単&安価でアーノルド→カトーカプラーへの交換は自身でも比較的簡単に交換出来て満足しております。

ここから本題ですがTOMIX車両の場合、アーノルドからカトーカプラーへそのまま交換する事は可能でしょうか?先日チャレンジしてみましたが、TOMIXの台車に直結している連結器には金属製のカバーが装着されていて、マイナスドライバーでこじ開けようとしましたが上手く外れず、破損しそうなので断念してしまいました(24系25型や50系の客車、コキ104などの貨車)

コツや上手く使える工具などご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂きたいと思います。また、シンキョー製のカプラーの有効利用なども教えて頂けたら光栄です。因みに今後は全ての客車や貨車はカトーカプラーに統一したいと望んでいます。そうなるとTOMIXのELやDLの連結器をどうするか・・・悩みの種です。

それでは宜しくお願いいたします。

初歩的な質問で申し訳ありません。

Nゲージ好きな初心者です。

早速ですが我が家にはKATOとTOMIXの車両は半々混在しています。基本的にアーノルドのままですが、最近では初めから各メーカーごとに連結器も様々でKATOの場合はカトーカプラーやナックル、TOMIXの場合にはTNなど複雑になっています。

KATO車両の場合、簡単&安価でアーノルド→カトーカプラーへの交換は自身でも比較的簡単に交換出来て満足しております。

ここから本題ですがTOMIX車両の場合、アーノルドか...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さま こんにちは

> TOMIX車両の場合、アーノルドからカトーカプラーへそのまま
> 交換する事は可能でしょうか?

可能です。
> TOMIXの台車に直結している連結器には金属製のカバーが装着
> されていて、マイナスドライバーでこじ開けようとしましたが上手
> く外れず

私も時計ドライバーのマイナスを使用してこじ開けました。
ただし、いきなり裏側にドライバーを差し込むのではなく、
(1) 車体から台車を外す(プラスの時計ドライバーで)。
(2) カプラーをとめている金属片の爪の部分の片側を内側に時計ドライバーのマイナスで押し込みます。(気持ち下方へ)
(3) 爪が台車の内側に引っかかり、戻らないところまできたら、金属片の下側が下部に膨らんでいると思いますので、こんどはその隙間にマイナスドライバーを入れてカバーを開きます。(このとき、中のスプリングが飛ばないように慎重に)
(4) 金属片が外れれば、アーノルドカプラーを取り出すことが出来ます。
(5) KATOカプラー(自連形)を組み立てたらアーノルドカプラーがあった位置に取り付けます。私の場合、スプリングも交換したKATOカプラーの背面に仕込んでいます。(そのままだと空間がありすぎてカプラーが下向きになったりすることがあるため)
なお、カプラーが飛び出る部分が狭すぎる場合、デザインナイフ等で少しずつ切り取ることもあります。
(6) 金属片を元に戻します。なお、外す際に曲がってしまった場合は取り付ける前に修正しておきます。

分解して手を加えるような場合、実作業に入る前に最小単位まで分解をおこないます。また実作業に入る前によく構造を見てどこを外し分解すればよいのかシミュレーションするのがコツです。

> 因みに今後は全ての客車や貨車はカトーカプラーに統一したいと望ん> でいます。そうなるとTOMIXのELやDLの連結器をどうする
> か・・・悩みの種です。

私の場合、基本的には貨車や旧型、軽量客車は自由に編成を組めるため、アーノルドのままかKATOカプラー、ケーディー(マグネマティック)カプラー。固定編成などは他車と混結する機会はまず無いので、メーカー独自のカプラーのままとしています。

> そうなるとTOMIXのELやDLの連結器をどうするか・・・悩み> の種です。

80年代前半より以前は貨物列車には車掌車や緩急車が編成に連結されていました。車掌車や緩急車は機関車の次位に連結されることもありましたので、これを応用するのです。車掌車や緩急車の前と後ろのカプラーの種類を変えて控車として流用すれば、連結器のことなる車輌も編成とすることが出来ます。
外観的に特徴がある車掌車、緩急車を控車としてみましたが、自分で遠くから判別できるのであれば普通の貨車の前後の連結器を変えることでもかまわないと思います。

質問者さま こんにちは

> TOMIX車両の場合、アーノルドからカトーカプラーへそのまま
> 交換する事は可能でしょうか?

可能です。
> TOMIXの台車に直結している連結器には金属製のカバーが装着
> されていて、マイナスドライバーでこじ開けようとしましたが上手
> く外れず

私も時計ドライバーのマイナスを使用してこじ開けました。
ただし、いきなり裏側にドライバーを差し込むのではなく、
(1) 車体から台車を外す(プラスの時計ドライバーで)。
(2) カプラーをとめている金属片...続きを読む

QNゲージ ホームをカーブさせる

Nゲージの大きなレイアウトには、時々ホームがカーブしているものがありますが、あれは既存品を加工しているのでしょうか?それとも何か最初から形を作る作業があるのでしょうか?
手段もあわせて教えて頂けるとありがたいです。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

英国 PECO社や 日本のグリーンマックスの ホーム組立部品として ホーム側面(石垣等がある面)の 内側にホーム上面を支える 断面が┣型になっている部品があり ┝の太線部分を 上から見ると 細長い板状の部分に <型の切込が連続して入っています。この切込部分を曲げて 曲線の側面を作り ホーム上面の 部品を曲線に合わせて カットして 切込部分に乗せ接着します。ホーム前面も 幅に合わせて カットし 接着します。以上で ホーム部分が 組立完成となります。

Q鉄道コレクションに室内灯は付けられますか?

 Nゲージ初心者です。鉄道コレクションや「昭和の鉄道模型をつくる」の車両に室内灯は付けられますか?もし可能でしたら室内灯の種類(商品名)や付け方を教えて下さい。

Aベストアンサー

質問者さまこんにちは

鉄道コレクションには別売で簡単に取り付けられる「室内灯ユニット」の製品というのはありません。

鉄道コレクションは安価に商品を提供し「飾り」を目的とした商品で、なおかつ鉄道模型にしたければ別売オプショナルパーツで「鉄道模型」に発展できるというコンセプトをもった商品です。
このため、鉄道コレクションの車輌の構成部品はなるべく部品点数を少なくしているため、たとえばNゲージ鉄道模型のようにウエイト(重り)を2ピース構造にして、室内灯ユニットを組み込むときは2枚のそれぞれの重り板が電気(+)(-)のそれぞれの通電路も兼ねるということが出来なくなっています。というわけで、そのまま各社の室内灯ユニットを無改造で「仕込む」ということは出来ません。

ただ決して改造は難しいことではありませんので、場数を踏んでいただいた上で各社の「室内灯ユニット」の部品を用いて(改造)により組み込むことは可能です。

QNゲージのモーターについて

Nゲージのモーターについて質問です。

今とある車両のモーターが以下の様な症状に見舞われています。

①発車が滑らかではなく、時々指で押さなければ動き出さない
②走行中モーターの音がうるさい
③低速走行でガクガクする

こんな症状です。
まだそこまでは年期の入ったものではありませんし、モーターが焦げるくらいハイスピードで走らせた記憶もありません。
車輪に誇りもからまってません。
ですがそれ以上の解体は怖いんでまだしていません。


この症状の原因と直し方に関してみなさんのお力を貸していただきたいです。
それとモーターに関してもし何か役に立つようなサイトがあったら掲載していただけると幸いです。

Aベストアンサー

(1)と(3)については、車両に原因がある場合は
1) 集電不良
 初期には、何度も同様の症状を経験しました。車輪をクリーナーで綺麗にすると治る場合もあります。特効薬は、ロコ。少量なのに(1滴で十十分)3000円近くしますが、信じられないくらい回復します。
http://mm05.fc2web.com/art/begin/maintenance.html
 油の差し過ぎで、集電シューを洗浄して回復、も経験しました。
 車体側の金属板の集電シューが接触する部分を、クリーナー液を含ませた綿棒で綺麗にしたことも。
2) ホコリ巻き込み
 レールをこまめに清掃しないと、ホコリが溜まります。TOMIXのクリーニング車を走らせると、ビックリするほど取り除けます。カバーをせずに、1か月も走らせば、いつでもホコリ巻き込みに遭遇します。
 台車の歯車の巻き込みは、ピンセットで取り除けます。
 モーターは手に余るので、模型を購入した店に持っていけば、修理扱いでやってくれます。今では、カバーをし、クリーニング車を走らせて、掃除をしています。それでもアウトの車両は、鉄道カフェにいき、店員の人にやってもらっています。

(3)は、台車の歯車などに油をさすと治る場合があります。ただ、台車から電気を取っているので、集電シューに油がつくと除去するのが一苦労です。
 台車が車体にキチンと入っていなくて(たぶん落下の影響)、販売店で店員さんがパチンといれたら直り、恥ずかしい思いをした経験もあります。
 TOMIXの古い車両やCタイプは、音が大きいです。はじめは夢中なので、気にならなかったのですが、慣れてくると、耳障りです。中古の製品がかなりあるので、今では音は、『元気で走ってくれる証拠』と気にならなくなりました。

(1)と(3)については、車両に原因がある場合は
1) 集電不良
 初期には、何度も同様の症状を経験しました。車輪をクリーナーで綺麗にすると治る場合もあります。特効薬は、ロコ。少量なのに(1滴で十十分)3000円近くしますが、信じられないくらい回復します。
http://mm05.fc2web.com/art/begin/maintenance.html
 油の差し過ぎで、集電シューを洗浄して回復、も経験しました。
 車体側の金属板の集電シューが接触する部分を、クリーナー液を含ませた綿棒で綺麗にしたことも。
2) ホコリ巻き込み
 レ...続きを読む

Qトミックスのレールの電動ポイントについて

トミックスのレールを使っており、ひとつだけ動きの悪い電動ポイントがあります。スイッチを動かしてもピクッとは動くものの正常に切り替わらず、中途半端になり脱線してしまいます。
そこで質問なのですが、どこをメンテナンス(修理)すればよいでしょうか。また、メンテナンスが不可能の場合、電動ポイントごと買い替えるのか、駆動ユニットだけでいいかのかご意見お願いします。

Aベストアンサー

>スイッチを動かしてもピクッとは動くものの正常に切り替わらず、中途半端になり脱線してしまいます。
私も、同様の症状になった経験があります。
1) レイアウトの中で、水平になっていなかった。これは、レールの下に、薄い発砲スチロールをかまして、水平にすることによって解決。
2) 手動だと正常なので、キツク締めすぎていると判断し、裏のネジを少し緩めた。ネジは、どれを緩めれば分からないので、素人の悲しさ、全部緩めた。ネジを全部ハズしたこともありますが、なんとかなりました。

 もちろん、駆動部の可能性があるので、替りがあれば、それをつけて正常に動けば原因はハッキリしますが。
 レイアウトで、直線状に4つ連結している部分は、順番を変えると、なぜか解決、なんぞの経験もあります。この場合は、一つでテストされているようなので、当てはまらないと想いますが。
 トラブルを経験することによって、この世界も深くなりました。今では、クビまでドップリ浸かっていますが、困ると懇意の模型店、あるいは鉄道カフェに持っていくと、店員さんか、常連さんがなんとかしてくれることも多く、助かっています。

>スイッチを動かしてもピクッとは動くものの正常に切り替わらず、中途半端になり脱線してしまいます。
私も、同様の症状になった経験があります。
1) レイアウトの中で、水平になっていなかった。これは、レールの下に、薄い発砲スチロールをかまして、水平にすることによって解決。
2) 手動だと正常なので、キツク締めすぎていると判断し、裏のネジを少し緩めた。ネジは、どれを緩めれば分からないので、素人の悲しさ、全部緩めた。ネジを全部ハズしたこともありますが、なんとかなりました。

 もちろん、駆動...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報