利用規約の変更について

父親が元会社の役員でこの度長男の私が譲り受けることになりました。
会社は同族会社で上場しているわけではありませんが
一応価値のあるものを譲られるわけですので税金や申告はどのように
しておけばよいのでしょうか?
一応父親に対して株の価値を入金をしている方が税金としては安いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こう言っては何ですが、税理士に相談されることをオススメします。


話がかなり込み入ったことになるので。

まずその時の株価によって、また、財産、所得その他の評価額など、
贈与税や相続税はプロが計算しても大体これくらいからこの辺りの額くらいとしか出せません。
そしてやっかいなのは、株価によっては多額の税金が発生し、
手持ちの現金で払いきれないような税金が発生するケースです。

贈与税ということで相続対策を検討されているのでしたら、税理士に相談されることが無難です。
とにかく具体的な数字がないと、ここで具体的に説明するには限界がありますから。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株の譲渡による贈与税の額

亡くなった祖父が、現在1株約1200円位のある会社の株を4000株ほど持っていました。父は贈与税がかかるから・・・といってほったらかしです。
祖父から私に譲り受けるといくら位贈与税がかかるものなんでしょうか?

祖父から私に直接贈与できるものか、もしくわ祖父→父→私という形でなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

#2の者です。
贈与税と相続税を混同されていますね。

・贈与税・・・生きている人から生きている人への財産の移転に対して掛かります。
・相続税・・・亡くなった人の財産を残された人へ移転するときに掛かります。

>100万以下?のものはすんなり名義変更できたと
↑贈与税の基礎控除額は110万(1年あたり)です。昔は90万でした。要するにそれ以下であれば税金が掛からず贈与できるわけです。

>総額が大きいものは何らかの税金がいると
↑贈与の場合は上述の通り。相続の場合は#1で書いた通り。贈与税の税率の方が、相続税より圧倒的に高くなっています。

>前に祖父から孫へは贈与税がかかると
↑これは贈与であろうが、相続であろうが、基礎控除額を超えていれば掛かります。また、祖父→孫であろうが、祖父→父であろうが基礎控除額を超えていれば掛かります。誰から誰なら掛かるとか掛からないという考え方ではありません。

>実は祖父が亡くなってもう7年くらいなります
↑いくらのんきであるとは言え、これはさすがにあまり聞きませんね。きちんとしましょう。
ほっといて問題が解決するならともかく、悪化するだけで好転することはありません。
税金はきちんとした根拠があり掛かるのです。やるべきことはやり、払うべきものは払ってマトモにやっておかないと税金以上の苦労をしますよ。
税金が掛かるから放っておく・・・。何の解決にもならないし余計な問題が発生します。きちんとしましょう。

#2の者です。
贈与税と相続税を混同されていますね。

・贈与税・・・生きている人から生きている人への財産の移転に対して掛かります。
・相続税・・・亡くなった人の財産を残された人へ移転するときに掛かります。

>100万以下?のものはすんなり名義変更できたと
↑贈与税の基礎控除額は110万(1年あたり)です。昔は90万でした。要するにそれ以下であれば税金が掛からず贈与できるわけです。

>総額が大きいものは何らかの税金がいると
↑贈与の場合は上述の通り。相続の場合は#1で書いた通り...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報