柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

あるセンテンスの中に
in order to best cope with the fluid international situation.
と言う部分がありました(文の最後の部分です)。
bestの位置なのですが、どうしてtoとcopeの間に入るのですか。
in order to cope best with .....か in order to cope with the fluid internaional sutuation best.
だとだめですか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>in order to cope best with A にしない理由は「A というものを,最高の程度でうまく処理するために」以外に、「BやCではなくA をもっともうまく処理するために」の意味にも取れる場合があり、あいまいになるから、ということですか。


そうです。
ただ,そこまで気を配らずに,cope best with A とすることもあると思います。

日本語だって,どちらにも取れる言い方をすることはあり,語順を入れ替えるだけですむのに,気を配らなかったり,見栄えからあえてそうしないこともあります。

>bestを最後に持ってこない理由は、持ってきてもいいが、後ろに来すぎると、かかる部分があいまいになるからということですか。
それとも文末に持ってくると文法的におかしいからそうしないことになっているのですか。
文法的にはおかしくないのですが,特に A が長くなると,短い best は前に来ます。
A が一語であれば,特に it のような代名詞であれば
cope well with it より,cope with it well の方が普通でしょう。

英語は日本語よりも語順が重要ですが,修飾語に関してはある程度自由さがあります。

どうしても,外国語の場合,こうでないといけない,と思いがちなのですが,ある程度の自由さはあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答、どうもありがとうございました。
とてもよくわかりました。

お礼日時:2008/02/06 03:35

#1 の回答を少し補足(訂正?)しますと,


in order to cope best with A でも,
「(他のものと比べてでなく,とにかく)A というものを,最高の程度でうまく処理するために」
と取ることが可能ですが,
in order to best cope with A とすると確実にその意味合いがでることになります。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
もう一度整理すると、
in order to cope best with A にしない理由は「A というものを,最高の程度でうまく処理するために」以外に、「BやCではなくA をもっともうまく処理するために」の意味にも取れる場合があり、あいまいになるから、ということですか。
それから、bestを最後に持ってこない理由は、持ってきてもいいが、後ろに来すぎると、かかる部分があいまいになるからということですか。
それとも文末に持ってくると文法的におかしいからそうしないことになっているのですか。
理解力が悪い者ですが、どうかよろしくお願いします。

補足日時:2008/02/06 02:32
    • good
    • 0

cope well with A で「A をうまく処理する」という意味です。



in order to cope best with A とすると,
A, B, C, …のうち,「A をもっともうまく処理するために」という感じになりますが,
in order to best cope with A とすることで,
「(他のものと比べてでなく,とにかく)A というものを,最高の程度でうまく処理するために」
のように,cope with A を最高にうまくするという感じになります。

in order to cope with the fluid internaional sutuation best
にしても,同じことが言えますし,
the fluid internaional sutuation が長くなるため,best のかかる部分があいまいになります。

to と原形の後に単語がきてもいいのか,という疑問はあると思います。

この点は日本人以上に,英米で議論されることも多く,
分離不定詞・分割不定詞と呼ばれ,さけるべきという意見もありますが,修飾関係を明確にするために,認める意見も多いです。

思うに,助動詞の後は原形といいながら
I would often go ~のように,副詞が間にくることも普通なので,
不定詞の場合も許されない理由はありません。

歴史的には to +原形というのは to +動詞の名詞形であり,
ネイティブでないわれわれが冷静に考えると,
その名詞の前に修飾語がきても何ら問題はありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング