よろしくお願いします。
参考にさせてください。

施工場所は間仕切り壁LGS65ミリ予定
455ピッチです。

ロックウールの裸・・・(やった事無いのです。。やりたくない・・
24kで50ミリ予定
皆様でしたらm2単価で
込み込みいくらで見積しますか? 200m2位です。

ちなみに
50ミリのグラスウール24kマグの袋入りフルパックでしたら
m2いくらで見積もりますか?

材料手間込み込みです
回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

回答がないので全然参考にならないでしょうが・・・建築コスト情報2007秋版・・・壁が無い!・・天井敷き込みですが25厚、24k、施工規模500m2で全国600円/m2前後です。

(材工)

実際間仕切りで使った見積りは探せなかったのですが鉄骨外壁100、10kですと2.3見てみましたが400~800円(規模700m2~100m2)。

めったに間仕切り24k50って使わないんです、セレモニーのホールの遮音壁で使った記憶がありますが・・・見つからず。
ご了承の程を・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
高めに出して断りました。
裸なんて施工したくない・・・

お礼日時:2008/02/13 21:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄骨建築の場合の断熱材(グラスウール)の固定方法は?

重量鉄骨(2階建て店舗、総床面積1,000m2弱)で新築予定です。何度かこのカテゴリでお世話になってます。

「断熱材(グラスウール)の固定方法で素朴な疑問がでました。」

【質問】木造住宅の場合はグラスウールをタッカーや釘等で木部に固定すればいいのでしょうが、重量鉄骨の場合、グラスウールは具体的にどうやって固定するのでしょう?

断熱材の結露対策として、下記構成が理想的というアドバイスをいただきました。

ガルバリウム(外壁材)
+「通気層」
+「透湿防水シート」
+グラスウール(断熱材)
+「防湿シート」
+石膏ボード(クロスの下地)

グラスウールを固定するには上記に加えて、やはり「合板」等を加える必要があるのでしょうか?

もし、加えるとしたらどの部分でしょうか?

結露対策を考慮すると多重構造となり、かなりコスト高になるのでは?と心配しております。

また、外壁材にALCを使用した場合のグラスウールの固定方法は一般的にどのようにしてるのでしょうか?

現在、施工業者と打ち合わせが中断しており、話が見えない部分が多々あります。

申し訳ございませんが教えて下さい。

重量鉄骨(2階建て店舗、総床面積1,000m2弱)で新築予定です。何度かこのカテゴリでお世話になってます。

「断熱材(グラスウール)の固定方法で素朴な疑問がでました。」

【質問】木造住宅の場合はグラスウールをタッカーや釘等で木部に固定すればいいのでしょうが、重量鉄骨の場合、グラスウールは具体的にどうやって固定するのでしょう?

断熱材の結露対策として、下記構成が理想的というアドバイスをいただきました。

ガルバリウム(外壁材)
+「通気層」
+「透湿防水シート」
+グラスウー...続きを読む

Aベストアンサー

 コストと施工性の問題を一緒には出来ませんが、グラスウールを空隙に挟み込むだけですと、長期間の間には下方へずれてくる可能性はあります。
 最近やった住宅で、当初の計画ではグラスウールだった断熱材を、フォームポリスチレンのボードに変更し、200m2ほどの外壁面積に対し、施工費が18万のアップでした。
 
 施工業者と直接打ち合わせをしていらっしゃるようですが、設計監理はどうなっていますか?
 グラスウールの施工レベルについて、設計監理担当に心配だという事を伝えては如何でしょう。
 少なくとも、グラスウールを使用する場合、それがへたってこないように施工せよというのは当然主張してOKです。

Qグラスウールとロックウール

どちらが断熱性能がよいのでしょうか?いいところ、わるいところを教えてください。

Aベストアンサー

断熱性のことはわからないのですが
断熱材の粉塵はロックウールの方が塵肺の率が高いようです。
初期の防塵マスクのフィルターにはロックウールのフィルターが使われていたそうですがロックウールが害が大きいことがわかりグラスウールに変わったそうです。
施工以外で断熱材の粉塵が舞うことは少ないと思うのですが健康上の知識として知っておくとよいかもしれません。

Q断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。

断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。

グラスウール λ 0.036-0.052 W/mk
空気 λ 0.02 W/mk

なぜ空気より熱を伝えやすいグラスウールの方が部屋が温くなるのでしょう?

Aベストアンサー

グラスウール自体に保温性が有る訳じゃありません。
グラスウールの中に抱え込まれて、対流できないようにされた空気の層で、保温しているんです。
発泡スチロール(スチロール樹脂を発泡させて閉じ込めた空気)、プチプチシート、ダウンベスト(水鳥の綿毛が抱え込んだ空気)などみな同じ原理です。

Qグラスウールとロックウール

現在、家の建築を検討中です。

もともと断熱材は、グラスウールの予定でしたが、あるハウスメーカの方にロックウールへの変更を薦めてもらいました。

■理由
・断熱性能が良い
・結露しにくい
・グラスウールに比べて、水分を含まないため、カビが生えにくい
・長期的にみるとグラスウールは下に落ちてきて、上のほうが空洞になったりする
・そんなにグラスウールから比べてコストも上がらない。

(もともとその人には、既に違うハウスメーカで建てると言っていたので、自社のアピールではなく、純粋にて薦めて頂いたと思っています。)

ところが、あるグラスウールを薦めている本を読んだところ、ロックウールも水分を含むなど、グラスウールとロックウールは大して変わらないとの結論でした。それをうけ少し迷ったのですが、それはグラスウール党の人の意見で、データも良い点だけをとってきたようにみえたため、少し信用していません。

という背景あって、いまいちロックウールのほうが良い点がはっきりしていません。
皆さんがご存知のグラスウールに比べてロックウールの良い点をお教えていただけると有難いです。上記が事実かどうかという点だけでも結構です。

現在、家の建築を検討中です。

もともと断熱材は、グラスウールの予定でしたが、あるハウスメーカの方にロックウールへの変更を薦めてもらいました。

■理由
・断熱性能が良い
・結露しにくい
・グラスウールに比べて、水分を含まないため、カビが生えにくい
・長期的にみるとグラスウールは下に落ちてきて、上のほうが空洞になったりする
・そんなにグラスウールから比べてコストも上がらない。

(もともとその人には、既に違うハウスメーカで建てると言っていたので、自社のアピールではなく、純粋...続きを読む

Aベストアンサー

No.4です。

>もし、上記の水を含みにくい等の反論御座いましたらお教えいただけませんか?(事実を知りたいためです。)

既にご覧になっているかもしれませんが、グラスウール・メーカー10社が運営する硝子繊維協会の広報資料に、この点についての詳しい解説がありますので、↓をご覧下さい。
http://www.glass-fiber.net/dannetutaiketu/2.html

>また両方とも同じ条件で、
>(1)高いレベルで施工がされた場合、(2)低いレベルで施工された場合
>どちらが良いのか等もわかればお教えいただけませんか?

単純に施工のしやすさだけを考えると。。。
断熱材の厚み・・・・薄い>厚い  ※ロックウールに有利
断熱材の柔軟性・・・・柔らかい>堅い  ※グラスウールに有利
となりますので、一概にどちらとは云いきれないと思います。
丁寧に仕上げた場合、配線や配管周りの収まりが良いのはグラスウールの方です。
ロックウールは切り欠き部分が崩れやすいので配管と壁の間の狭い隙間を埋めるような作業は難しいだろう思います。(自身で扱った事がないので、あくまでも見た目での判断です)

No.4です。

>もし、上記の水を含みにくい等の反論御座いましたらお教えいただけませんか?(事実を知りたいためです。)

既にご覧になっているかもしれませんが、グラスウール・メーカー10社が運営する硝子繊維協会の広報資料に、この点についての詳しい解説がありますので、↓をご覧下さい。
http://www.glass-fiber.net/dannetutaiketu/2.html

>また両方とも同じ条件で、
>(1)高いレベルで施工がされた場合、(2)低いレベルで施工された場合
>どちらが良いのか等もわかればお教えいただけませんか?

...続きを読む

Q断熱材。カネライトフォームかグラスウールで迷ってい

断熱材。カネライトフォームかグラスウールで迷っています。

床、壁、天井に隙間なく断熱材を入れたいと考えています。

カネライトフォームか、グラスウールかで迷っています。

カネライトフォームにした場合、防音シートを貼ったほうがいいですか? もしくはカネライトフォームだけでいいですか?

断熱材施行方法の教科書があればURLなども教えてください。

また工務店に依頼したほうがいいですか?僕は素人で断熱材の施行方法は無知です。

URLに写真、画像ありますので、よろしくお願いします

http://brabra-star.lolipop.jp/

Aベストアンサー

(1)残念ですが「国土交通省」から提示されている「施工用マニュアル」で
実際に使える様な内容の書籍は皆無ですから、探しても無駄だと思いますよ。

(2)これも残念な話なのですが、いくら「断熱材」だけを施工しても「気密層」や
「防湿層」に「通気層」まで、その全てが揃って初めて機能し始めますから
全体の理解が出来ていないと「壁体内結露」の恐れまでがありますよ。

(3)もっと残念な内容なのですが、日本の多くの建築会社では
「正しい断熱材の施工方法」が知られてはいませんから、
どこに依頼しても「正しい施工」にはなりませんね。

(4)一番被害が少ない方法は「外貼り工法」で施工する事ですね。
問題なのは「断熱材が高い事」と、一度全ての外壁を剥がす必要性がありますので、
大掛かりな工事になるのが「欠点」ですね。

(5)正しい施工が出来るのであれば「グラスウール」の方が楽なのですが、
室内側には必ず「防湿シート」が必要なので、この辺りは「知識」が無いと
厳しいので(欠陥住宅になりますから)どうやって適切な業者を探すのか?
そこが一番難しい点ですね。

「補足」があれば「追記」が可能です。

(1)残念ですが「国土交通省」から提示されている「施工用マニュアル」で
実際に使える様な内容の書籍は皆無ですから、探しても無駄だと思いますよ。

(2)これも残念な話なのですが、いくら「断熱材」だけを施工しても「気密層」や
「防湿層」に「通気層」まで、その全てが揃って初めて機能し始めますから
全体の理解が出来ていないと「壁体内結露」の恐れまでがありますよ。

(3)もっと残念な内容なのですが、日本の多くの建築会社では
「正しい断熱材の施工方法」が知られてはいませんから、
どこに依頼しても「...続きを読む

Qグラスウールとロックウール

素人です。 よろしくお願いします。

グラスウールと、ロックウールの違いを教えて下さい。
それぞれのよい面、悪い面などありましたらお願いします。


また、現在新築予定なのですが現在頼んでいる工務店さんが勾配天井の断熱にロックウールを使うといっていました。
しかし工務店さんもほとんど勾配天井の断熱はしたことが無いらしく
こちらでも勉強することを余儀なくされております。

専門家の方、おられましたらロックウールでの勾配天井の断熱法を教えて下さい。
また、それ以外でも安価で出来る方法などあればご教授いただけると助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

グラスウールとロックウールの比較のサイトがあったので貼っときます。

工務店さんがロックウールと言ってるのにグラスウールにするのも難しいでしょうが、素材が違うだけで工法的には同じような気がします。

参考URL:http://www.glass-fiber.net/dannetutaiketu/2.html#

Qグラスウールの断熱材を入れてから外壁の防水シートを貼るべきか、外壁の防水シートを貼ってからグラスウー

グラスウールの断熱材を入れてから外壁の防水シートを貼るべきか、外壁の防水シートを貼ってからグラスウールの断熱材を入れるのかどちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

内断熱か外断熱の違いですね。一般的に内断熱の方が断熱効果はあります。デメリットは費用が外断熱より高いことと工期が長くなることです。

Qロックウールとグラスウール

現在、家を新築予定です。
まず、どこに建築設計依頼をするのか。というところから検討中です。
まずは手っ取り早く大手メーカーをあたってみました。
ようやく今、無垢材の木造建築にするところまで決定しました。が.....無垢材を扱っているメーカーでも断熱材が違ったりということで、悩んでいます。
ロックウールとグラスウール。この他にも断熱材があるのは聞いているのですが、とりあえずは、この二つに絞りました。
簡単な特徴と違いは理解しましたが、どっちがいいか。となれば迷います。どちらも一長一短な気がしています。
どういった事を前提に決めればよいのでしょうか?
アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>グラスウールは燃えない。というので正解ですよね?
はい。法律で不燃材として認定されています。
所定の厚さと重量のグラスウールは準耐火構造としても認められており(たとえば平成12年の例示告示番号1358など)、ロックウールとグラスウールでは特にその性能に差はありません。これらは国により決められた基準に従った耐火試験を実施した結果ですから信用してよいですよ。

プラスチック系断熱材は準耐火構造として認められたものはほとんどありません。(ネオマフォームのように認められたものもあります)

あと他の人へのご質問ですが、
>グラスウール=湿気を含むので耐久性には優れていない。
>ロックウール=発ガン性物質を含むので怖い。
両方間違いです。

湿気は初めから含んでいるものではなく、入り込むのです。その意味では入り込む余地のないプラスチックに軍配が上がりますが、しかしそれは施工時に防湿層を設けることで解決します。
これはグラスウールでもロックウールでも同様です。
下手な施工をすれば確かに湿気が進入してカビ、木材の腐食といった原因になります。昔そのことに気がつかずに防湿層を設けなかったため、そういう事例が多発して賠償問題に発展したことがあります。(ナミダタケ事件と呼ばれています)

ロックウールの発ガン性とかかれていますが、発ガン性の議論に関して言えばマイクロ繊維による発ガン性の話になりますのでグラスウールでも同様です。
ただ繊維の大きさが大きいので、WHOにより安全な部類に認定されています。発ガン性のランクはコーヒーよりも低いランクです。なによりそこに住む人は壁の中にありますのでそもそも関係ないのですが。(施工時に関係する話ですから)

なんにしても一番大事なことは、断熱材の種類よりも、家を作る人がどれだけよく物を知っているのか、知識があるのか、誠実にきちんとした施工をするのかです。それが出来れば断熱材の種類は何でもよいです。
適所適材で使えばよいだけなのです。

最近言われている環境に易しいという意味ではグラスウールやロックウールは再生、再利用可能な環境にやさしい断熱材といえるでしょう。

では。

>グラスウールは燃えない。というので正解ですよね?
はい。法律で不燃材として認定されています。
所定の厚さと重量のグラスウールは準耐火構造としても認められており(たとえば平成12年の例示告示番号1358など)、ロックウールとグラスウールでは特にその性能に差はありません。これらは国により決められた基準に従った耐火試験を実施した結果ですから信用してよいですよ。

プラスチック系断熱材は準耐火構造として認められたものはほとんどありません。(ネオマフォームのように認められたものも...続きを読む

Qグラスウールとロックウール、断熱材としてはどちらが優れてる?

現在、断熱材としては、広くグラスウールとロックウールが用いられていますが、どちらの方が優れているのでしょう?、断熱性能だけでなく、経年劣化とか(グラスウールは湿気を吸ってへたるとか聞きますが)差があれば教えてほしいです。

Aベストアンサー

硝子繊維協会
http://www.glass-fiber.net/index.html
「断熱対策 VSロックウール」を見てください。

ロックウール工業会
http://www.rwa.gr.jp/index.html

住宅用の断熱材はグラスウール(黄色いもの)ばかり見かけますね。
鉄骨の耐火被覆は吹付けロックウールが多いです。
両者は特徴別に使い分けられていると思います。

Q床下のグラスウールの施工について

床下のグラスウールが、袋に入っていない状態で施工していたため、根太に沿ってグラスウール(16k品厚80mm)が露出していました。
グラスウールをカットしているものを使っているようだったので、根太方向のグラスウール同士が接する部分は、全く透湿防水シートがない状態ですが、これで、問題ないのでしょうか?(逆に、根太方向ではない部分は、カットされていないため、透湿防水シートがある状態です。)

ハウスメーカーは、防湿シート+防湿土間コンクリートを打ってあり、さらに、床下換気もされているので、湿気がこもる可能性などないと断言していましたが、正直不安です。

Aベストアンサー

設備設計してます。以前は工務店にいました。

グラスウールの袋は施工しやすい&中身が飛び散らない(飛び散って服に刺さると痒いので)ためのもので、性能とは無関係です。
むしろ、袋がない方が根太や間柱の間をキレイに埋めやすいので、大工ではない断熱施工の専門業者などが施工したときには、袋を破ってしまってる場合もあります。

床の断熱は最近ですと発泡系かスタイロフォームの類を使うのが多いですが、グラスウールでもキチンと隙間なく埋まっていれば性能はあんまり変わらないので、施工が問題ないようなら平気でしょう。

防水シートは最近の高気密住宅では必須になってますが、本来はサイディングがまとも、かつ直張りなら、施工時の養生くらいの役目のもので、通気工法なら別に使わなくても平気じゃないかな?というところですのでそれほど気にされなくとも大丈夫でしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング