旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

医療費控除について初めてでわからないので教えてください。
子供二人の4人家族です。
夫婦共働きです。
夫年収約500万円(会社員) 妻手取り160万円(パート)
夫は国保・妻は社保です。子供は夫の扶養になっています。

お聞きしたいの家族生計なら一緒に医療費を出せるということですが
夫婦共働きでも医療費を一つにまとめて申告しても良いのでしょうか。
医療費は子供で20万・夫で8万・妻で3万程度です。
この場合医療費は31万で申告してよいのかそれとも夫・妻が別々の健康保険な為それぞれ申告(妻は10万以下なので出来ない)するのでしょうか。

もし家族全体31万で申告できる場合、夫・妻どちらの方で申告したほうが多く戻ってくるのでしょうか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

医療費控除とは税務上の制度であり、「本人又は生計を一にする家族のために、本年中に診療及び治療のための医療費を支払った」ということがポイントです。


そして、これにあたっては、保険の加入団体ごとに区別するとか、保険対象の治療行為のみが医療費控除の対象となるといったことは全く関係ございません。
ですので、ご夫婦が共働きであり、各々が加入されておられる保険が異なっていても医療費控除を受けるに当たっては考慮すべきことではありません。

ただ、それぞれでお受けになる場合には、共に足切り額が切り捨てられることになりますので、どちらかで一括して受けられた方が控除額は大きくなります。
では、どちらで受けるか?ということになりますと、医療費控除は税率を適用する際の課税所得を下げるための所得控除ですので、夫婦のうち税率の高い方、というか課税所得が高い方で控除を受けられた方が宜しいですね。

>夫婦共働きでも医療費を一つにまとめて申告しても良いのでしょうか。
結論が前後してしまいましたが、まとめても大丈夫です。
ところで、この制度は実際にお金を払った方が受けられる制度ですので、私のお財布から出してなくても大丈夫なの?って思われるかもしれません。
そこは、本当はダメですが申告するにあたって領収書に現実の支払者のお名前を明記するわけではございませんし、何と言っても家計上夫婦の財布は一つなんですから。
何かあったら自己責任の世界ですが、そんなことはまずありえません。
一応、原則のみご理解していれば宜しいですよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

申告できると聞き早速してみたいと思います。
昨日の時点で妻のはだめだねっと話していたのですが。

いくらもどってくるかわかりませんがちょっとしたおこずかいでもなればとおもいます。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/06 14:03

>家族生計なら一緒に医療費を出せるということですが…



ちょっと解釈があいまいなようです。
そもそも、医療費控除に限らずどんな所得控除も、実際に支払った人が控除を受ける権利を持っています。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm
妻が払ったものを夫が申告することは、原則としてできません。

>夫婦共働きでも医療費を一つにまとめて申告しても良いのでしょうか…

全部を夫が払ったのなら夫が申告、妻が全部払ったのなら妻が申告、
夫と妻とで分けて払ったのならそれぞれ払った分だけ申告、ということです。

ただ、現金で払っている場合は、お札に名前が書いてあるわけではありませんから、「生計を一」にする家族が代わりに払ったと主張することもできます。
妻の預金から振り替えられているような場合は、夫にはまったく関係ありません。
まあ、医療費を口座振り替えすることなどはあまりなく、ほとんどは現金で払ってくるでしょうから、どちらでも都合のよいようにできるのが現実ですけど。

>夫・妻が別々の健康保険な為それぞれ申告…

健保は関係ありません。
誰が払ったかだけです。

>もし家族全体31万で申告できる場合、夫・妻どちらの方で申告したほうが…

「課税される所得金額」の多い方に含めるのがセオリーです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

この回答への補足

>夫・妻が別々の健康保険な為それぞれ申告…

>健保は関係ありません。
>誰が払ったかだけです

1番の方と内容が違うよう気がするのですが???
どうなのでしょうか。

補足日時:2008/02/06 11:18
    • good
    • 1
この回答へのお礼

保険を使っての治療な為夫・妻とも別々の健保を利用しているのですが
妻の医療費自体は夫の現金から払っているとしてあれば妻の医療費も夫と一緒に申告できるのでしょうか。

申告は夫の方でします。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/06 11:23

基本的には同一生計対して1つの医療費控除となります。


但し共稼ぎで健康保険が分離してる場合、各々の健康保険での支払いに対しての控除となります。
従ってご主人の国民健康保険をメインで医療費控除を行った方が無難ですね。
しかし奥様の健康保険で支払った病院費は含めませんのでご注意を!
詳細は医療費控除を行う際に税務署で確認されながら申請用紙に記載された方が無難ではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり妻の健康保険で払った分は夫の方で申告することが出来ないのですね。
なんか生計を一緒にと書いてあったのでひょっとしたらと思ったのですが。
夫のほうで子供と一緒にします。ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/06 11:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療費控除 夫婦双方で控除できるのかなど

2006年の医療費が大変高額になりました。私の医療費だけで300万円近くになります。夫にも10万円を超える医療費の支払いがありました。
私も夫も共働きであり、私は勤続10年超の給与所得者です。
どこかのサイトで、夫婦双方ともに別々に医療費控除ができると書かれているのを見たのですが、これは正しい情報なのでしょうか?
それとも医療費控除は世帯単位で控除されるものなのでしょうか?
できるとした場合、私が約300万円の一箇所の医療機関で260万円ぐらいの医療費を支払ったのですが、まず私が自身で確定申告をし、約260万円分の医療費を控除し、残りの30万円程度の支払い分を夫の確定申告で夫の支払った医療費と一緒に医療費控除するということはできるのでしょうか?

どなたたか教えていただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

医療費控除は、世帯単位で控除される物ではなく、あくまでも「その医療費の財政源になった人、個人」が控除申告します。
ただ、実際問題として、本当にその医療費を、患者本人の財政源から(給与、貯金を崩す、などして)出したことを、証明することも否定することもできないため、生計を一にする家族の分を合算して申告できるだけです。

ただ、一人の人が申告できる医療費控除の控除額は、上限が200万円までです。所得の5%または10万円の安い金額を、差し引いた金額が、200万円までです。
だから、質問者さんが260万円分、残り(30万円くらい)+ご主人の医療費をご主人、という分け方の場合でも、質問者さんは200万円しか医療費控除の対象にできません。
1回の支払いで260万円という高額を支払ったのなら、2人分に分けるのは困難かもしれませんが、別に「同じ医療機関に何十万円かずつ支払っていて、途中からご主人が出してくれることになった」というのは、ありえる話ですし、「1箇所の医療機関」とこだわらず、同じ医療機関でも、この時はご主人が出してくれたという時は、ご主人で申告できます。

医療費控除は、世帯単位で控除される物ではなく、あくまでも「その医療費の財政源になった人、個人」が控除申告します。
ただ、実際問題として、本当にその医療費を、患者本人の財政源から(給与、貯金を崩す、などして)出したことを、証明することも否定することもできないため、生計を一にする家族の分を合算して申告できるだけです。

ただ、一人の人が申告できる医療費控除の控除額は、上限が200万円までです。所得の5%または10万円の安い金額を、差し引いた金額が、200万円までです。
だから...続きを読む

Q妻の医療費控除・夫のほうで確定申告するには

私(妻)は今年4月までフルで働いていました。
(5月から専業主婦)

私自身が10万円を超える医療費を払いました。
12月も少し医者にかかりそうです。

夫はサラリーマンで会社で年末調整してもらえます。
年末調整の書類の提出期限が、今月いっぱいです。

収入の多い夫のほうで、私の医療費控除をする場合、
夫の会社の年末調整は受けないほうがいいのでしょうか。
年末調整をしない源泉徴収票を持って確定申告するか
それとも、年末調整をしてもらい、年末調整後の
源泉徴収票を持って、確定申告に行った方がいいでしょうか。

また、その場合夫の確定確定申告は、妻が代わりに税務署に行ってもいいのでしょうか。
本人でなければダメなのでしょうか。

Aベストアンサー

要するに、どうせ医療費控除のために確定申告するんだから、年末調整は、してもらっても、してもらわなくても、関係ないんじゃないか?って事ですよね。

まず、医療費控除など「確定申告でしか出来ないこと」があるっていうのは、年末調整を「受けない方がいい」「受けてはいけない」という理由にはなりません。
年末調整をしてもらって良いのです。

また、私は、年末調整をしてもらうことを、お勧めします。
理由は思いついただけでも2つあります。
1つは、年末調整をしてもらい、あとは医療費控除だけの状態にしてもらえば、確定申告でも数字を転記するだけで済む部分も多いし、この数字(金額)の根拠を「源泉徴収票の通り」で済みます。

また、年末調整をしてもらわない状態の場合、もしかしたら、源泉徴収していた税金が足りなくて、追加で税金を払うことになるかもしれません。
これだと、2月16日~3月15日の期間に提出しなければいけません。
ところが、年末調整してもらったうえで医療費控除だけだと、還付(税金を返してもらえる)になります。これだと、2月16日より前、3月15日より後でも、提出できます。

確定申告の書類記入は、本人または税理士しかできません。(税理士の資格を持たない赤の他人が、確定申告の書類を作成すると、税理士法違反になるらしいです)
しかし、提出は、代理人でOKです。って言うか、郵送でもいいし。私も、夫の確定申告(医療費控除)を、私が提出しに行ってます。

要するに、どうせ医療費控除のために確定申告するんだから、年末調整は、してもらっても、してもらわなくても、関係ないんじゃないか?って事ですよね。

まず、医療費控除など「確定申告でしか出来ないこと」があるっていうのは、年末調整を「受けない方がいい」「受けてはいけない」という理由にはなりません。
年末調整をしてもらって良いのです。

また、私は、年末調整をしてもらうことを、お勧めします。
理由は思いついただけでも2つあります。
1つは、年末調整をしてもらい、あとは医療費控除だ...続きを読む

Q医療費控除する場合の源泉徴収表は夫婦で必要ですか?

不妊治療を受けているので医療費控除の申請に行くのですが、私の分の源泉徴収表は手元にありますが、夫の源泉徴収表をなくしてしまいました。自営で義母が経理をしているので(不妊治療に理解がないため)再発行をお願いしずらいです。夫の精液検査等もあったので一緒に申告するつもりですが、夫婦ふたりの源泉徴収表がなければ申告できませんか?もしくは、夫の医療費を申告しなければ夫の源泉徴収表は必要ありませんか?教えてください。

Aベストアンサー

>自営で義母が経理をしているので…

ご主人は「専従者給与」ですか、それとも姑さんらとは生計が別で、ふつうの従業員と同じ「給与」ですか。

専従者給与なら、事業の代表者 (舅さん?) が、今月16日以降にする確定申告の際、家族が支払った医療費をすべてまとめて書き込めばよいだけです。

ふつうの給与なら、ご夫婦どちらの名前で申告するにしても、申告する人本人の源泉徴収票だけでよいです。
一般に、夫婦は「生計が一」と解釈されますから、配偶者の支払った入り用碑文も含めて申告することができます。

まあ、専従者給与というものは、もらった人に税金がかからないような額に配慮していることが多いので、ご主人名での申告、あるいはあなた名での申告で、本当に還付されるのかどうか、試算しておく必要があるでしょう。

なお、源泉徴収表ではなく「源泉徴収票」ですよ。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

Qサラリーマン世帯の医療費控除の申請について。

医療費控除に関して調べてみたのですが、ややこしくてよく分からなかったので、
詳しい方がいらっしゃったら、教えていただきたいです。

我が家はサラリーマン世帯です。
会社で年末調整があるので確定申告はしておらず、
医療費控除の申請をすっかり忘れていました。

申請は過去5年まで遡って可能なんですよね?
24年度の医療費控除の申請をしたいのですが、どうすれば良いのでしょうか?

とりあえず、手元に24年の源泉徴収票と医療機関の領収書はあります。

 ◎ 申請は、確定申告の期間以外でもできるのでしょうか?
 ◎ 給与所得者本人でなくても(家族など代理人でも)申請は可能でしょうか?
 ◎ その他、申請に必要な物はどんな物がありますか?
 ◎ 調剤薬局での領収書も控除の対象になるのでしょうか?

所得の多い人が申請するほうが還付率が高いと書かれていたように思いますが、
仕事の都合上、税務署まで出向けるのは所得の少ない私(妻)のほうです。
夫の名前で妻が申請することはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。
(※不明な点はお知らせください。)

>申請は過去5年まで遡って可能なんですよね?…確定申告の期間以外でもできるのでしょうか?

はい、「申告義務のない給与所得者」などが、還付のための「確定申告(還付申告)」をする場合は、「翌年の1月1日から5年間」が申告期間で、いつ申告するかは「任意」です。(簡単に言えば、「時効にかかるまでに申告すれば良い」ということです。)

『確定申告書を提出する義務のない給与所得者が還付申告できる期間』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2035_qa.htm#q1

>24年度の医療費控除の申請をしたいのですが、どうすれば良いのでしょうか?

「確定申告書の作成自体が初めて」ということであれば、「ちょっとしたこと」が分からずつまずくものですから、「最寄りの税務署」に出かけて相談されることをお勧めします。

「税務署」は「お役所」ですから、民間のサービス業のような対応は期待できませんが、(脱税者を除いては)怖いところではありません。

『国税局・税務署を調べる』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeikyoku/chizu/chizu.htm
『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm

>…本人でなくても(家族など代理人でも)申請は可能でしょうか?

はい、「申告書を提出する」「本人に変わって相談する」だけならまったく問題ありません。
なお、「申告書を作成する」ということになると、「本人」と「有資格者の代理人(税理士)」以外は、作成してはいけないことになっています。

しかし、「納税者の申告を妨げる」ことになっては本末転倒ですから、「本人に代わって家族が医療費控除の還付申告をする」くらいのことは、たいてい大目に見てもらえます。

とはいえ、「本人以外が申告書を作成してもいいですか?」とストレートに聞いて、税務署員さんを困らせないようにしてください。

>その他、申請に必要な物…

印鑑と「還付金を振り込んでもらう口座」くらいですが、何が必要になるか分かりませんから、「事前に確認しておく」ことをお勧めします。(いざとなるとさらに必要な物が出てくる可能性がありますが、あとは持ち帰って郵送すればよいでしょう。)

『確定申告期に多いお問い合わせ事項Q&A>【税金の還付】』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/11.htm

>調剤薬局での領収書も控除の対象になるのでしょうか?

これは、「ケース・バイ・ケース」です。

詳しくは以下の資料にある通りですが、分かりにくい説明ですから、やはり税務署の署員さんに聞くのが手っ取り早いでしょう。

『医療費控除の対象となる医療費』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm

>所得の多い人が申請するほうが還付率が高い…

はい、正確には「所得金額」ではなく、「所得税率が高い人」です。

※さら細かいことを言いますと、「所得税率」は、【所得金額ではなく】「課税される所得金額」で決まるのですが、ざっくり言えば「所得税率が高い人」ということになります。

ということで、同じ金額だけ「課税される所得金額(課税所得)」が減った場合でも、「税率」が違えば税額への影響は異なるわけです。

・「課税所得」が10万円減る→税率10%で税額1万円減少(1万円の還付)
・「課税所得」が10万円減る→税率20%で税額2万円減少(2万円の還付)

『所得税の税率』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm
※「速算表」を使うときには「控除額」を忘れずに

「目安」でよければ、こちらが便利です。

『所得税・住民税簡易計算機』
http://www.zeikin5.com/calc/

※なお、「個人住民税」の「所得割の税率」は、どの住民も同じです。

>夫の名前で妻が申請することはできるのでしょうか?

「夫の名前で妻が申請する」=「夫の確定申告を妻が代理で行なう」ということであれば前述のとおりです。

---
ただし、「妻の医療費」を「夫の医療費控除として合算して申告する」ということであれば、別途説明が必要になります。

よく「家族の医療費は(無条件で)合算して申告して良い」というような説明がなされることがありますが、より正確には、

・家族の医療費を(特に精査することなく)合算して申告しても、税務署がそれを精査してダメ出しするようなことはまずない

となります。

「国税庁」のサイトには以下のように説明されています。

『共働き夫婦の夫が妻の医療費を負担した場合』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/05/25.htm

簡単に言えば、「夫が代わりに支払った」のならば、「妻がいくら稼いでいても、夫の医療費控除として申告してよい」ということです。

裏を返せば、「妻が自分の蓄えで(自分で)支払った」のであれば「妻が無収入でも、夫の医療費控除にはなりません」ということになります。

とはいえ、「夫婦」や「親子」は、民法上「扶養義務」がある関係ですし、社会通念上も「同居している家族同士が完全にお金の管理を別にする」というのは不自然で、現実に難しいですから、税務署も、調査するなら(そんな不毛な案件ではなく)もっと「費用対効果」がよい案件を選ぶと言うことです。

『扶養の義務とは? - 民法の取扱説明書』
http://minnpou.blog81.fc2.com/blog-entry-49.html

ただし、「小さい脱税ならおとがめなし」ということになってしまうと、「国税庁」の存在意義が問われる(納税者になめられる)事になりますので、当然ながら「少額の案件なら全部スルー」というわけではありません。

『税務署はいくらから来る?』(2010/12/06)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-760.html
『確定申告後に税務署から来署案内?』(2011/01/18)
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-594e.html

*****
(備考)

「所得税の確定申告」をすれば、「個人住民税の申告」は不要です。

『【確定申告・還付申告】>Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08
(多摩市の案内)『個人住民税(市民税・都民税)の申告について』
http://www.city.tama.lg.jp/16853/11/14703/003807.html

*****
(その他参考URL)

『医療費を支払ったとき(医療費控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm
『[PDF]医療費控除を受けられる方へ』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2012/pdf/04.pdf
---
『確定申告』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
『確定申告と年末調整はどう違うの?』(更新日:2013年01月21日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/376430/
---
『給与所得者で確定申告が必要な人』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm
『確定申告を要しない場合の意義』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900_qa.htm
---
『一宮市|所得金額とは』
http://www.city.ichinomiya.aichi.jp/division/shiminzei/guide/shiminzei/syotoku.html
『所得税の「基礎控除」とは』(更新日:2010年09月06日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/252921/
---
『住民税とは?住民税の基本を知ろう』(更新日:2013年05月13日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。
(※不明な点はお知らせください。)

>申請は過去5年まで遡って可能なんですよね?…確定申告の期間以外でもできるのでしょうか?

はい、「申告義務のない給与所得者」などが、還付のための「確定申告(還付申告)」をする場合は、「翌年の1月1日から5年間」が申告期間で、いつ申告するかは「任意」です。(簡単に言えば、「時効にかかるまでに申告すれば良い」ということです。)

『確定申告書を提出する義務のない給与所得者が還付申告できる期間』
http://www.nta.go....続きを読む

Q確定申告を書き間違えた時の訂正方法

生まれて初めての確定申告をしています。
2箇所ほど書き間違えてしまいました。
訂正は 2本線を引いてその個所に 捺印すれば良いのでしょうか? 御指導くださいませ。

Aベストアンサー

以前申告書の内容が間違っているという理由で、税務署から呼び出しを受けた経験があります。その時は署員の人に言われて2本の訂正線で消して、捺印させられました。あなたのおっしゃっている方法で正解です。訂正印は申告書の上の欄に捺印するものと同じ印鑑を押してください。

Q医療費控除はどちらで申請した方が得ですか

年収700万の夫と年収180万の妻(私)です

夫は住宅ローン控除を受ける予定です。
今年は書類を出し忘れたそうで、年が明けてから確定申告をする予定です。

医療費は22万ほどです。
医療費控除は税額控除ではなく所得控除になるということはわかりましたが、収入が少ない方が医療費控除を受けた方が控除額が多いケースもある・・・と知り、夫と私のどちらで手続きしようか迷っています。

簡単な説明で情報不足かもしれませんが、どうぞご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

税率が同じで、どちらで控除しても全額控除できるのであれば、どちらで控除しても同じことになります。
22万から10万を引いた10%が還付される額なら2万2千円、仮にご夫君の税額が20万、質問者さまが10万だとしたら、どちらからでも全額返ってくるでしょう?
税率が違うなら、高い方で申告したほうがお得です。だって高い率で返ってくるわけですから。

ただし、住宅ローンによっては、最終的に納税額が0円になる人も珍しくはありません。
そんな場合は医療費控除をしても無意味ですから、質問者さまの方で受けるべきです。
余談になりますが、扶養控除も同じです。
税金の控除にともなって会社からの家族手当があるといったケースは別ですが、住宅ローンで税額が0円になるケースなら、扶養控除もつけていても無意味というケースもあります。

質問者さまの場合、ご夫君が住宅ローンの控除を受けた後で、税率がいくらになるのか、税額がいくらなのか、それを確認なさってから決めた方がいいと思います。

Q胚移植後、生理はいつ始まるのでしょうか?

4月24日に4分割の受精卵を胚移植しましたが、
5月6日の判定日(13日目)で尿検査&採血で陰性と判断されました。

胚移植前の2日間は座薬を使い、移植後の翌日から黄体ホルモンの注射を毎日打ち、
2日に1度エストラーナを張替えしていました。
注射とエストラーナは8日(6日の採血の結果を聞けた日)の朝から中止しましたが今朝も体温は36.8度台です。

生理のようなお腹の痛みを感じるのでそろそろ来るのかなと思うのですが、
自然周期での移植ではない為、通常の生理周期(26~27日)ではないと思うのですが、
注射やエストラーナを中止してから何日位で次回の生理が来るのかわかりません。
陰性を受けても高温層が継続する場合、子宮外妊娠の疑いもあると聞き不安もあります。

今回始めての体外受精でした。
陰性だったというよりも、戻した受精卵をお腹で育てて上げられなかった事に悲しみを感じています。

体外受精をされた方の経験をお聞きできたらと思います。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。
私も3度体外受精をしています。

1回目、2回目と質問者様と同じようにホルモンを補充をしましたが、
陰性、薬を中止して3日目に生理が来ました。
先生にもそのように言われましたが、個人差もあるようで1週間位
来ない方もいるようですよ。
私は1回目の結果が陰性で絶望的な気持ちになり、自暴自棄にもなりました。でも、夫や母の支えもあり、時間の経過と共にふっきれるように
なり、2回目の移植の際は期待もせず、判定日も気づいたらって
感じで迎えました。結果は陰性。特に動じず、3回目の準備を
進めました。でも、前の2回と同じ方法で移植するのはヤダと言い、
先生と考えながら、違う方法で移植。成功して現在11週になろうと
しています。
私の経験から1回目の体外受精が心身ともにクタクタでした。
気落ちすることなく、頑張って下さい。

Q医療費控除は家族の中でそれぞれの所得に分ける事はできますか?

こんにちは、みなさん。

 医療費控除についてお聞きしたいのですが、この制度が10万以上使った場合に、所得控除として生活を共にしている家族の誰の所得につかってもいいということを知りました。

 そこで、ご質問なのですが、例えば、医療費をたくさん使い、控除額がたくさんあるときに、1人の所得控除では税額がゼロになってしまう。

 したがって、父にはいくらぶん、の控除をして、母にはいくらぶんの控除というように、控除を分ける事はできますでしょうか?

 具体的には医療費の明細書を5枚は母に10枚は父にというように、分ける事はできますでしょうか?

以上、ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

生計を一にする者の医療費を、誰が払ったかは、なかなか特定できません。
ですから、「10万円」「所得の5%」の安い方を超える金額に分けられるなら、分けても大丈夫かと思います。
もちろん、「1枚の領収書で、30万円の支払いになっている中の、15万円ずつ分ける」のではなく、「領収書5枚・合計15万円を父、領収書10枚・合計20万円を母」というケースです。

ただ、住宅ローン控除のために所得税額が0円になる場合は、医療費控除をしても所得税に関しては意味がありませんが、住民税には意味があります(住宅ローン控除は、住民税の減額にはならないので)。
所得税だけでなく、住民税まで含めて、どう分けるのが得か、計算してみるといいかも。

Q<妊娠もあり得る?>体温低下で生理が来ると思ったら翌日上昇

7月~妊娠を希望しています。
基礎体温は2層に分かれていて「全くの理想とは言えないまでもほぼ良いグラフ」と婦人科医に言われ、もっと36.7度を越えて欲しいと言われました。
私はそんなに気にしていませんが一応、黄体機能検査を先週受け、結果は週末に。
生理周期は27-30日です。
昨日、生理周期28日目に36.24度に下がったので生理が来るな…と思っていたら来ず、昨日の夜の温度(舌舌測定)は37.43度と今まで出た事のない高い温度でした。
(夜の温度は高温期で大体36.9-37.2度位なので。)
周期29日目の今朝、36.46度迄上がっていました。
これ迄生理前の体温は、必ず徐々に、又は急激に下がる一方で、決して直前に一旦又上がってから生理がくる事はありませんでした。

■生理かと思う位体温が下がったのに妊娠していた、という事がある方、聞いた事がある方のお話をお聞かせ下さい。
これで生理が来ても参考にさせて頂いて、今後、ドンと構えていられるようにしたいなと思っています。

生活が不規則のため、計る時間がマチマチです。
(10/16迄の周期平均…低温期36.18度、高温期が36.63度)
10/13 周期24日 高温 11日目 36.77 (毛のう炎(湿疹みたいの)が腹/太股/二の腕に沢山)
10/14 周期25日 高温 12日目 36.81 ↓
10/15 周期26日 高温 13日目 36.55 ↓
10/16 周期27日 高温 14日目 36.65 ↓ (断続的に胃~喉がムカムカ)
10/17 周期28日 高温 15日目 36.24 (右耳に膜が張ったような感じで聞えにくくなる事も)
10/18 周期29日 高温 16日目 36.46 (ダメ元の検査薬…陰性)
-------------------------------
9/15 周期23日 高温9日目 36.68
9/16 周期24日 高温10日目 36.87
9/17 周期25日 高温11日目 36.48
9/18 周期26日 高温12日目 36.45 (体温調節困難/手足のしびれ)
9/19 周期27日 高温13日目 36.37 (膣?周辺が縦にチクチク痛)
9/20 周期1日 低温1日目 36.25 (生理)

7月~妊娠を希望しています。
基礎体温は2層に分かれていて「全くの理想とは言えないまでもほぼ良いグラフ」と婦人科医に言われ、もっと36.7度を越えて欲しいと言われました。
私はそんなに気にしていませんが一応、黄体機能検査を先週受け、結果は週末に。
生理周期は27-30日です。
昨日、生理周期28日目に36.24度に下がったので生理が来るな…と思っていたら来ず、昨日の夜の温度(舌舌測定)は37.43度と今まで出た事のない高い温度でした。
(夜の温度は高温期で大体36.9-37.2度位なので。)
周期29日目の今朝...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。
このグラフ妊娠した時に病院へ持参しました。
その後数回持参しましたが、
先生何も言わなかったですよ。
しいていえば、「このあたりが排卵かな?」と
34日~35日あたりを指差しておっしゃったくらいです。

のんびり構えていると案外妊娠したりするので(私は2回の妊娠がそうでしたから)のんびり赤ちゃんが来るのを待っていてくださいね。

Q還付金はいつ振り込まれますか?

本日、ちょっと早いですが、医療費控除を受けるために税務署で申告をしてきました。
1~2ヶ月で還付金が振り込まれると説明を受けましたが、この空いている時期に申告しても、その程度は日数がかかるものなのでしょうか?
15日締めなので、15日までにすると早いなどと言う話も聞いたことがあるのですが、どうなのでしょう?
ケースによりけりだと思いますので、明確な答えはないと思いますが、「私はいつ頃申告して、このくらいで振り込まれたよ」という経験談がありましたら、教えてください。
なかなか大きな額になりそうなので、早く振り込まれないかなと待ちわびています(笑)

Aベストアンサー

所轄の税務署や、提出時期等によって違いますので、本当にケースバイケースとは思います。

ただ、15日締めという事はないです、随時申告を受け付けて、順次、還付のための処理をしていく事となります。
申告書提出の際は、税務署の方は基本的に長めに言われますので、1~2ヶ月と言われたものと思います。

早い方では2週間ほどで振り込まれた、という話も聞いたことがありますし、この時期であれば、おそらく1ヶ月はかからないものとは思います。
(もちろん保証はできませんが)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報