明治以降に誕生した「華族」を描いた小説(それが主題でなくても作中に登場すれば可です)を探しています。

時代は、明治・大正・昭和、いずれでも結構です。

ちなみに、山田風太郎シリーズと、林真理子の「ミカドの淑女」は既読しております。

宜しくお願い致します。

A 回答 (3件)

明治なら徳富蘆花の「不帰如(ほととぎす)」「黒潮」などです


子爵家の次男坊だった武者小路実篤にも幾つかの自伝小説があります、「一人の男」「或る男」など
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。早速探してみます。

お礼日時:2008/02/07 05:05

 平成はどうですか?


『マリア様がみてる』の小笠原祥子の人物設定に「華族」の記述があります。

参考URL:http://www.gokigenyou.com/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。平成は、求めているものとはちょっと違いますが、参考までに一読してみます。

お礼日時:2008/02/07 05:16

三島由紀夫の『豊饒の海』『鹿鳴館』


太宰治の『斜陽』 が有名です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。早速探してみます。

お礼日時:2008/02/07 05:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q華族令について

華族令について

ズバリなのですがなぜ華族令で持って軍人を〔華族〕にしたのでしょうか。
有力な政治家を華族にしたのはこの人たちを貴族院の議員にして政府の意見を反映させようとしたのでしょうけれど・・・
ご存知の方が居たら教えてください

Aベストアンサー

華族は、旧公家・旧将軍家・旧大名家・旧大藩家臣家・神職・僧侶などの伝統華族と、明治維新以降軍事・政治・経済・科学などで功績を立てて取立てられた新華族があります。華族創設の第一の目的は、皇室の藩屏として、皇室を支える事でした。新人物往来社の歴史読本「華族近代日本の新名家」(1993年1月号)に華族1000家の全一覧が掲載されています。貴族院の事も解説されています。同じ出版社の「明治大正昭和 華族事件録」(千田稔)も、華族が起こした色々な事件が解説されていて、面白い本です。

Q小説家が登場する小説を探しています

小説家、或いは小説家を目指す人が登場する小説・マンガ作品を探しています。ジャンル、国産外国産かは問いません。例えば、

●村上春樹「スプートニクの恋人」「風の歌を聴け」
●高橋源一郎「官能小説家」
●クリストファー・ディヴィス「ジョーとその恋人」
●山田詠美「4U」

などです。
出きるだけ多く知りたいので、たくさんの回答をお待ちしています。
書籍名、作者、簡単な内容紹介、文庫の有無、出版社、価格を明記していただきたいと思います。短編小説の場合は、その中の小説の題名を明記してください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

思い出しました。

ホラーですが、
「ダーク・ハーフ」:スティーブン・キング 文春文庫 上下とも590円
「ミザリー」   :同上                  648円
「骨の袋」    :同上         新潮社  上下合計5500円

それと、No.2の方の筒井康隆から1つ、
「文学部唯野教授」:岩波現代文庫  800円
大学に内緒で作家活動をしている教授が繰り広げるどたばたですが、小説中現代文学理論の講義をしており、とても面白いです。
日本の大学教授のレベルが本当にこれほどまでに低いのか、と驚き呆れますけど。

Q華族の生活について、お勧め本を紹介してください

私はマカオ人で、今は日本語を勉強しているが
ゲームの関係で日本の華族に興味を持ち始めたです
明治と大正時代の華族の生活をもっと詳しく知りたいです
その時代の華族の女性や子供の生活を詳しく書かれた本を読みたいです。


アマゾンでちょっと調べましたが、華族関係の本はたくさんありすぎて
どれがいいかさっぱりわかりません。

私は華族についてはただ基本的な概念しか持っていませんので
できれば、初心者でもわかりやすい本を紹介していただけたいです

Aベストアンサー

現代の日本人の大半も、華族のことはほとんど知らないと思いますよ。

アマゾンをご覧になったのでしたら、その中でわかりやすそう、読みやすそうな本を選ぶと
この2冊でしょうか。
女性や子供の生活についてでしたら、2冊目の本の方が詳しいのではないかと思います。

「明治・大正・昭和 華族のすべてがわかる本」 新人物往来社
「華族令嬢たちの大正・昭和」 華族史料研究会

ゲームの関係? どんなゲームなのか謎です。

Q米軍基地が登場する小説

米軍基地が登場する小説を教えてください。架空(フィクション)の基地でも構いませんし、小説で見当たらない場合は漫画でも構いません。

Aベストアンサー

米軍基地を部隊にした作品というと思いだすのは『キャッチ=22』です。

ジョゼフ・ヘラーの『キャッチ=22』(ハヤカワ文庫)はフィクションで、架空の基地ですが、アメリカの空軍部隊の基地を舞台に繰り広げられる物語です。

イタリアのピアノーサ島にある空軍部隊では、“キャッチ=22”という軍規が部隊を支配していています。
ここでは戦闘任務を免除されるには、まず狂気であることが証明されなければならない。ところが、戦闘任務の免除を希望することは、正気の証しであるから、いずれにしても戦闘任務を免れることはできない。

この小説から広まって、一般的な英語にもなった "catch-22" は「どうあがいてもそこから逃げることのできないジレンマの状態」を指します。
その言葉の通り、まさに不条理の世界で、イデオロギーとは無関係に戦闘に縛りつけられた人々の状況が、頭がねじれそうなユーモアとともに語られます。

Q華族と

戦前、華族が事業の失敗などで破産する事はあったのでしょうか?
そういった場合、爵位は剥奪されたりしたのでしょうか?

華族が犯罪を犯し、有罪が確定した場合は爵位の剥奪などはあったのでしょうか?


今でも旧華族同士、霞会館などで親交があるみたいですが、旧華族の方は英国貴族の様に働かなくても資産が潤沢で、趣味で仕事をしているような方が多いのでしょうか。

Aベストアンサー

破産しなくても華族の体面が保てない場合は自ら爵位を返上したというたくさんあります。(公家出身の興福寺の院家が還俗して男爵位をもらった南都貴族と呼ばれる華族にはもともと財産が無かったために体面が保てず爵位を返上したという何件かの例があります。また清水徳川家も確か爵位を返上しています。)
また、もともと公家や大名だった家では、爵位は家の伝統に与えられているので犯罪を犯した場合でも後継者に爵位を譲って隠居してしまえば家の爵位は残るという例もありますが、明治維新その他の功績で爵位をもらったいわゆる新華族の場合は爵位を剥奪されたという例もあります。
華族といってももとも資産が潤沢ではなかったという例も多いですし、戦後のいろいろなことから没落した家もたくさんあります。ただ一部の大名家はうまく資産を残していまも裕福という場合もありますが。

Q小説の登場人物の名前の設定について

文学賞の応募のため、とある歴史上の人物をモデルとした「小説」を書いています。

事実と創作と混在します。
この場合、登場人物の名前(主人公とその他登場人物)を実際の氏名を使用したほうがよいのか、虚構の氏名にすべきか迷っています。

史実が6割というところです。
個人的には、実際の名前を使いたいのですが、識る人には事実と違う場面も多い。

創作(小説)なので、どちらでもいいと言えば、それまでなのですが……

Aベストアンサー

例えばゲームの「戦国BASARA」や「信長の野望」をどう考えるか、と
同じような問題だと思いますよ。

これらは確実に歴史上とは違った結果になりますが、登場人物の名前は
史実そのものですよね。でも、プレーヤーは全く違和感なくプレイして
いるわけです。

要は「ゲーム内でその人物がきっちりとリスペクトされているか」で
判断すればいい話ではないんでしょうか。

Q知り合いに元華族の人いますか?

どのカテにしようか迷ったのですが、やはり多くの人の回答を欲しいことと、調査による資料というより、実際に知ってる人に現状を教えて欲しいことでこのカテにしました

皆さんのまわりで、元華族の家柄の方はいらっしゃいませんか?

新憲法発足時に華族(爵位を持った人)は889人だったそうです。
華族制度存続時にも経済的に窮乏し、爵位を返上する家庭もあったそうですし、また戦後は没落華族なんて言葉もあったと聞きました

しかしもちろん多くの華族家では、その潜在的資産や人脈をもって一般庶民とは異なる環境であった家も多いと思います

有名なところでは細川元首相や県知事のような家もありますね。

皆さんのご存知の、元華族の末裔の方はどのようにしていますか?

細川さんや政治家のように公的立場の方なら、出来れば今の稼業や経済状態、元はどこのどのような家系の方かもお教えください(差しさわり無い範囲で)

私人と見られる方なら、もちろん個人のプライバシーに関わらない範囲でお願いします

もちろんご本人が子孫って方のお話も大歓迎です

Aベストアンサー

知り合い、と言えるかな?
大学の先生にもと華族の方がいました。
正確にいうと「もと華族のお嬢様と結婚なさった」方ですが、日本史の先生をなさっていました。
華族生まれの奥様は京都で、家宝を守ったり礼法を教えたりして暮らしておられたと思います。

あと、有名かもしれませんが、女優の久我美子さんって旧華族ですよね。デビューするとき「家名を汚す」と大反対されたそうです。

今気がつきましたが、華族の方のことはなんとなく敬語で書いてしまいますね(笑

Q信仰と恋愛を主題としている小説・映画について、

先日アンドレ・ジッドの『狭き門』を読んで深く感動したのですが、この本のように信仰と恋愛を主題としている小説・映画でお薦めはありませんか。深く考えさせられるものであれば、古典でも現代でも何でも良いです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

・自叙伝でもあり小説にもなると思いますが、故人三浦綾子の「道ありき」を推薦します。
この小説は、電車の中で読んでいたのですが、思わず涙が止まらなくなり、震える位に
若い頃に感動しました。

Q華族の娘との結婚で平民の男性が華族となるのは可能?

明治初期~中期において、平民の男性が華族の娘との結婚で華族となること(爵位相続等)は可能ですか?
普通の結婚だと無理そうだとは分かったのですが、一人娘の婿養子に入るとか何か方法はあったのでしょうか?
調べたのですがどうしても分かりません。
ご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

華族は原則として男系相続ですから娘と結婚しても家族にはなれませんが、婿養子になれば可能でした。
ただ、家族の家の当主は婿養子でも原則として華族出身者がふつうでしたから、まったくの平民から(もともと華族の家系だが分家して平民になったような場合は別です。)華族になるのはかなり難しい道でした。

Q悲惨な人生を主題にした小説を教えてください

太宰治の人間失格、三島由紀夫の金閣寺、吉村昭の破獄など、悲劇的な環境におかれた人生を描いている小説を教えてください。

Aベストアンサー

【鬼子 新堂冬樹著 幻冬舎文庫】
息子の家庭内暴力で、家庭が崩壊してしまう寸前なので、
何とか解決すべく翻弄する恋愛小説家の話です。
長編で大部分が、かなり悲惨な状況が延々と書き続られます。
追い込まれてブチ切れた小説家が最後に打った手とは・・・。
最初は入りにくいですが、途中からは一気に読めます。

【無間地獄 新堂冬樹 幻冬舎文庫】
ヤクザの取立て屋の話ですが、
主人公が生きている現在も地獄、過去も地獄、未来も地獄という悲惨な状況が描写されています。
この小説も延々と悲惨な、恐怖の状況が続きますので、
読み出した途中から気分が悪くなりました。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9976055242

【守宮薄緑 花村萬月 新潮文庫】
短編小説ですが、希望の全くない裏街道を歩く人々が描かれています。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9975030602

【笑う山崎 花村萬月 祥伝社】
この本も裏街道を歩くヤクザの話ですが、
主人公は、山崎というヤクザですが、かなり悲惨な状況の中で生きていますね。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9940117930

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=997683862X

【鬼子 新堂冬樹著 幻冬舎文庫】
息子の家庭内暴力で、家庭が崩壊してしまう寸前なので、
何とか解決すべく翻弄する恋愛小説家の話です。
長編で大部分が、かなり悲惨な状況が延々と書き続られます。
追い込まれてブチ切れた小説家が最後に打った手とは・・・。
最初は入りにくいですが、途中からは一気に読めます。

【無間地獄 新堂冬樹 幻冬舎文庫】
ヤクザの取立て屋の話ですが、
主人公が生きている現在も地獄、過去も地獄、未来も地獄という悲惨な状況が描写されています。
この小説も延々と悲...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報