Fire Wall と Gateway と SSL について、
それぞれどのようなものなのか?
また、それぞれの特徴(利点、欠点、向き、不向き等)を
ご存知の方、是非、教えて頂けないでしょうか?
具体例など、提示して頂けると、なお嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

selenityさんの答えが、正しいのですが、このような形の質問をされる方への答えになってはいないでしょう。


問うことで、同じような答えになりますが
Fire Wall: 本来の意味は、防火壁、ここらで言うと、プライベート(イントラネット)をインターネットからの不正アクセスから守るための仕組み。
Gateway: ある仕組み(ネットワーク、プロトコル)と、別の仕組みを上位レベルで、中継するための仕組み。
SSL: Secure Socket Layerソケット通信を暗号化して行う仕組み。インターネット上で、データを生で送り傍受されるのを防ぐための仕組み。

なのですが、それぞれ簡単に説明できるものではありません。
下記の情報をご覧下さい。(できれば、ネットワーク関連、およびインターネットセキュリティー関連の書物を幾ばくか読まれることをお勧めします。

参考URL:http://www.firewall.gr.jp/docs/
    • good
    • 0

まず、コンピュータ用語辞典などで調べましょう。


これらは基本的な用語なので、、、


firewall...防火壁のこと、炎(外敵)から身を
     守るための仕組み。外部(インターネット)
     との接点上に仕掛ける。
gateway...中継機、必要なサービス(パケット転送、
     ftp,http等の特定のプロトコル等)を
     中継する仕組み
SSL...Secure Socket Layerの略、TLS(Transport
    Layer Security)の一種で暗号化通信を
    するための仕組み。別にhttpsだけとは
    限らない。telnet,ftp等にも適用可能。

どれも、「正しく設定出来ること」が設定する上での
最低条件になるが、基本的な仕組みを知った上で
設定しないと設定する意味がなくなる。
また、他人に迷惑をかけてしまう事になる。

ネットワークセキュリティに関する知識が必要になる。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング