回分培養と流加培養について教えて下さい.
特にこの2つの培養方法の違いについてお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

rei00さんのご紹介なさっている本を読めば


大丈夫だとは思いますので、一応簡単に・・・・

簡単にいうと、培養の時の培地の扱い方の違いなんですよ。

回分培養というのは、培養している時に培地を新たに加えるような事はしないで、
最初に用意した培地のまま培養を進めていく方式です。
一回培養を始めたら、あとはじっと見守る~。

流加培養はその逆で、
培養槽に一定の割合で新たな培地を供給していく方法です。

蛇足ですが・・・
回分培養では微生物の増殖が進むにつれて、
基質(栄養)が減少したり、代謝生成物の蓄積等が起こり、
微生物の生育は時間と共に頭打ちになります。
(定常期のことですね。)
時と共に培地の中身も変わっていくって感じで。

流加培養では、
培地が供給され続けるために基質の減少がないので微生物は増殖し続けます。

勿論、増殖が続くのはそれだけによるのではなく、
代謝産物が蓄積をしない事のおかげによる事もありますよ。
(流加培養では新たに加えた培地と同じ量の培地を流出させるのが
 普通だったと記憶しています。)
こちらは、上手くやれば培地の状態・組成等を一定に保つ事も可能です。

まだまだ、細かい違いとかはありますが、簡単にということで。(^^)
    • good
    • 0

教科書に載っているように思いますが,次のものはいかがでしょうか。



・海野・中西・白神「生物化学工学」(1992、講談社)
・合葉・ハンフリー・ミリス(永谷訳)「生物化学工学」第2版 (1986、東大出版会)
・田口・永井編「微生物培養工学」(微生物学基礎講座7巻)(1988 、共立出版)
・スタンバリー・ホワイテイカー(石崎訳)「発酵工学の基礎」―実験室 から工場まで―(1988、学会出版センター)
http://www.bcasj.or.jp/jssp/f_microbiol/hakko_ko …
・アトキンソン(福井・山根訳)「バイオリアクター」―微生物・生化学の反応器―(1977、産業図書)
・日本発酵工学会編「バイオエンジニアリング」(1985、日刊工業新聞社)
・吉田敏臣著「培養工学」コロナ社
・山根恒夫著「生物反応工学」産業図書
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q職場で朝の3分間スピーチを「四字熟語」でやることになってしまいました!

職場で朝の3分間スピーチを「四字熟語」でやることになってしまいました!

36歳、営業部のサラリーマンです。
わが社では先月から、朝礼の時間に3分間スピーチをすることになりました。
テーマは「四字熟語」で、たとえば、「臥薪嘗胆」とか、「一所懸命」などを解説し、
みんなで最後に「臥薪嘗胆!臥薪嘗胆、オー!!」と、掛け声をしてしめくくる、というものです。

バカな上司が考えたこんな企画はまったくやる気が起きませんが、どうせやるなら、なんとか
みんなをギャフンといわせる四字熟語でスピーチをしたいです。。。

なにか、みんながアッとおどろくような、四字熟語はないでしょうか。
一応、「酒池肉林」とか、「一億玉砕」など考えてみましたが、営業に役立てる言葉で
いいものがあればなあ、と思います。
ちなみに、「一意専心」、「至誠至極」などはもう先輩にとられてしまいました。。。。

Aベストアンサー

お馬鹿さんな上司で、面白いですね。
「猪突猛進」
「一致団結」
「有限実行」
「一期一会」
「千載一遇」
営業さんなら、この四字熟語が良いのではありませんか?
でも、営業さんなら、常に「頭はクールに心はホット」でいなければいけませんよね。
一度その営業所の朝礼を拝見させていただきたいものです。

Q振とう培養と静置培養の違い

バチルス菌を振とう培養と静置培養の2つの方法で培養しました。

すると、静置培養の培養液(フィルター済み)には坑カビ性があったのですが、振とう培養の培養液(フィルター済み)にはありませんでした。

バチルス菌は好気性菌なので振とう培養のほうが坑カビ物質をよく出しそうだったのですが、そうはなりませんでした。

理由が振とうによるせん断力しか思いつかないため、他にあったら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

まず、生育に適した条件と代謝産物が増える条件は、必ずしも一致しません。

振とう培養と静置培養の大きな違いは、菌体周囲の培地が動くか動かないかです。振とう培養では、常に新鮮な培地が菌体に供給されるため、生育には好条件です。逆に静置培養では、菌体の周りは自らの放出した酸等の老廃物で徐々に悪条件になっていきます。
抗カビ物質というのは、菌体にとっては自分の生育条件を守るために放出する物質ですから、悪条件下の方が産生能が高まることも考えられるのではないでしょうか。

Q四字熟語と漢字

四字熟語と漢字の良い覚え方とかありませんか?
四字熟語のほうは四字熟語の意味と四字熟語両方です。
おねがいします。

Aベストアンサー

覚えるだけでいいなら、何回も書いて覚えるが一番じゃないでしょうか(。>0<。)

問題集を何回もやるとか・・・。

あんまり勢いよくやろうとしても挫折しますよね↓

口に出して三寒四温~~~~!!とか叫ぶとか読む!!
私も漢検のときは、問題集と叫んでました。

もちろんテレビとか消して勉強ですよ

Q前培養と本培養のバクテリアの増殖の違い

前培養したバクテリアを、本培養して時間毎に菌の増加する様子を測定しました。しかし、本培養では前培養したほど菌の数は増えず、途中で飽和したような形になりました。本培養も前培養も温度や基質濃度、pHといった条件は同じにしているのに、なぜ本培養になると菌の増殖が少なかったのでしょうか。酵母のような出芽による増殖でなく、単に分裂で増えるのだから、条件が一緒なら同じくらい増殖してくれると思ったのですが・・・。

Aベストアンサー

わかりました。前培養、本培養というより、同じ事を2回繰り返してうまくいかない(再現性がでない)という事のようですね。それとも、1,2回の植え次の継代が問題になるような微妙な話なのかな?
容器がおなじなら、条件は同じでしょうね。

考えられるのは、最初のコロニーからの植菌では、個体培地から液体培地への移行であることと、アクティブな菌体(それと、何らかの持ち込み)の量の違いです。
だから、
 液体培地で植え継ぐ時、加える菌体量を変えて、成長曲線を測定してみてください。(例えば、100ml培養液に、0.1ml, 1ml, 10ml 加えて、成長曲線を書く)この結果で色々な事がわかると思います。

Q四字熟語のいいサイトありませんか?

今、漢検で四字熟語の勉強をしています。でも、四字熟語の意味が全く分かりません。そこで、四字熟語がいっぱいあって、四字熟語の読み方や意味が載っているサイトを知ってたら教えて下さい。

Aベストアンサー

ここがオススメです(^-^)
http://yoji-go.jp/

参考URL:http://yoji-go.jp/

Q培養細胞へのトランスフェクション時の培養ボリューム

ヒトの培養細胞を使ってsiRNA実験(メーカーによりすでに効果が確認されているコントロールsiRNA)を行っているのですが、96穴プレートでは効果が低い(40~50%減)のですが、48穴プレートでは効果が高い(70~80%減)傾向があります。おそらくトランスフェクション効率の問題だと思うのですが、培養ボリュームによって差が出ることってあるのでしょうか。培地、試薬、細胞数は同じロットのものをウェルの培養面積の変化と同じ割合で量を変えています。プレートのメーカーは違うのですが表面加工は同じです。トランスフェクション後48時間で見てます。細胞はHepG2です。そんなに使いにくい細胞ではないと思うのですが。

また以前に行ったルシフェラーゼアッセイのプラスミドを入れる実験でも同じように培養ボリュームでトランスフェクション効率が変わるような印象をもっています。このときもHepG2ですが。

おそらくどこか実験系にミスがあるのだろうとは思うのですが、どこをどうしたらよいのかわかりません。

培養ボリュームの違いによる結果の違いについて、同じような経験をされた方、聞いたことがある方、何かご存知でしたら教えてください。

ヒトの培養細胞を使ってsiRNA実験(メーカーによりすでに効果が確認されているコントロールsiRNA)を行っているのですが、96穴プレートでは効果が低い(40~50%減)のですが、48穴プレートでは効果が高い(70~80%減)傾向があります。おそらくトランスフェクション効率の問題だと思うのですが、培養ボリュームによって差が出ることってあるのでしょうか。培地、試薬、細胞数は同じロットのものをウェルの培養面積の変化と同じ割合で量を変えています。プレートのメーカーは違うのですが表面加工は同じです。トランス...続きを読む

Aベストアンサー

もう回答も複数寄せられているようですので、私も思いつくことをいくつか。
ポイントになるのはやはりトランスフェクション効率、というか細胞密度が原因だと思います。
実験をしていると感じていると思いますが、96-well plateで均一に細胞をまくことは結構難しく、どうしても中心に寄ってしまうからです。
siRNAを行う際、検体数の多いときは私も96-well plateを予備実験に使うことはありますが、本データは6-well plate以上の大きさでやっています。理由は96-wellでは均一にまくことが難しく、細胞密度が高くコンフルエントな中心部分ではトランスフェクション効率が下がり、結果がばらつくからです。もちろん、コストも飛躍的に上がりますが(笑) どうしても、多穴プレートでやる場合は、wellの外周部分にピペットで滴下するように細胞をまき(中心部にはまかない)、揺らさないようにするのが、コツといえばコツでしょうか。何回かやってみるとある程度は改善されますが、やはり10cm dishのような均一さを出すのは難しいです。

また、トランスフェクション効率そのものを確認したいのでしたら、蛍光のついたsiRNAなんかを購入してトランスフェクションするのも一つの方法です。細胞をばらして顕微鏡で観察すればどの程度の細胞に導入されているかが視覚的に確認することができます。

もう回答も複数寄せられているようですので、私も思いつくことをいくつか。
ポイントになるのはやはりトランスフェクション効率、というか細胞密度が原因だと思います。
実験をしていると感じていると思いますが、96-well plateで均一に細胞をまくことは結構難しく、どうしても中心に寄ってしまうからです。
siRNAを行う際、検体数の多いときは私も96-well plateを予備実験に使うことはありますが、本データは6-well plate以上の大きさでやっています。理由は96-wellでは均一にまくことが難しく、細胞密度が高...続きを読む

Qかっこいい四字熟語。

私の中学校では9月に体育祭があります。
そこで私はパネル係になって友達とデザインを考えているのですが、そこにかっこいい四字熟語を書きたいのです。
かっこいい四字熟語といっても全然思い浮かばないので何かカッコイイ四字熟語があったら教えてください!!
体育祭にちなんでいて、勝てそうな(?)四字熟語をお願いします!!

Aベストアンサー

鎧袖一触 がいしゅういっしょく

抜山蓋世 ばつざんがいせい

一騎当千 いっきとうせん

打線爆発 だせんばくはつ

風林火山 ふうりんかざん

筋肉番付 きんにくばんづけ

乾坤一擲 けんこんいってき

天上天下 てんじょうてんげ

Q液体培養(純粋培養)

私はエンジニアリングを業とする設備系です。固体培養の純粋培養に関しては経験ありますが、液体培養に関しては、あまりその経験はありません。又、生物の知識も浅いです。某顧客より「液体培養を進める中で、数日間は雑菌におかされる事なく純粋培養が出来ているのに、数日後、急激に雑菌汚染が進み、失敗してしまう。培地滅菌、装置滅菌、供給空気滅菌等が不充分であれば、直ぐに汚染されると思うが、何故か数日間は純粋培養が出来ている。このように数日後、急激に起こる汚染原因は何だろうか?」という質問を受けています。私もこの分野に、興味もあり、今後の仕事にも活かしたいので教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

「誘導期」という言葉を聞いたことありませんか?
雑菌が当該の培養条件に適合するための準備期間が必要です。それに数日かかっているのではないですか。
または,当初は純粋培養系の勢いが強いため,競合する雑菌は抑制されますが,数日経つと純粋培養系が弱ってきて雑菌に負けてしまうようになるのかもしれません。この場合は純粋培養の条件の最適化が必要です。
いずれにせよ,「数日間は純粋培養ができている」のは根拠なく先方がそう思っているだけではないですか?

Q漢字検定準一級 四字熟語の数

漢字検定準一級 四字熟語の数

今準一級の勉強をしているのですが、四字熟語は何個覚えたほうがいいのでしょうか?
過去問とかが載っているサイトに四字熟語が830個くらいあったのですが、全部覚えたほうがいいですか?

Aベストアンサー

私も、2級に余裕で受かり、準1級の勉強をする者である。
結論から言えば、その3分の1も覚えれば、9割方は確実に取れると思う。

私は問題集を解きながら、知らない四字熟語が出たらその度に覚えていったのであるが、それでも100も覚えなかった。
それで、過去問に挑んでみると、四字熟語の分野では、確実に8割方は解けるようになった。

とりあえず、効率良く覚えたいなら、図書館などで問題集を借りてきて、解き乍ら知らない物を覚えていく方が効率が良い。
四字熟語を800も覚えるよりも、同数の漢字の読みと意味を覚えた方が、余程得点効率が良い筈だ。

勿論、全部覚える余裕があれば、覚えるに越したことはない。
3,4ヶ月では中々大変だが・・・。
それでも、1級を目指す積もりなら、殆どは覚えることになるのでは。

Q画線培養とコンラージの違いを教えて

菌の分離をするのに培地に画線培養する場合とコンラージする場合がありますが違いがよくわかりません。菌種によって区別するのでしょうか。それはなぜですか。基本的な部分なのでわかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

植える元になる菌の数次第です。
コンラージ棒で均一に「ならして」やる方法は菌数的には1~100個/シャーレくらいの数である必要があります。添加するのは溶液でしょうね。

一方、画線でやる場合は、恐らく一度はシングルコロニーのようになった(と思われる)コロニーから、さらにシングルコロニーを(間違いなく)得るときに使いますね。
この場合、白金耳の先には物凄い数の菌が付着していますが、画線を続けるうちに「菌1つ(=シングルコロニー)になる」部分ができてきます。
このように使い分けていますが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報