回分培養と流加培養について教えて下さい.
特にこの2つの培養方法の違いについてお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

rei00さんのご紹介なさっている本を読めば


大丈夫だとは思いますので、一応簡単に・・・・

簡単にいうと、培養の時の培地の扱い方の違いなんですよ。

回分培養というのは、培養している時に培地を新たに加えるような事はしないで、
最初に用意した培地のまま培養を進めていく方式です。
一回培養を始めたら、あとはじっと見守る~。

流加培養はその逆で、
培養槽に一定の割合で新たな培地を供給していく方法です。

蛇足ですが・・・
回分培養では微生物の増殖が進むにつれて、
基質(栄養)が減少したり、代謝生成物の蓄積等が起こり、
微生物の生育は時間と共に頭打ちになります。
(定常期のことですね。)
時と共に培地の中身も変わっていくって感じで。

流加培養では、
培地が供給され続けるために基質の減少がないので微生物は増殖し続けます。

勿論、増殖が続くのはそれだけによるのではなく、
代謝産物が蓄積をしない事のおかげによる事もありますよ。
(流加培養では新たに加えた培地と同じ量の培地を流出させるのが
 普通だったと記憶しています。)
こちらは、上手くやれば培地の状態・組成等を一定に保つ事も可能です。

まだまだ、細かい違いとかはありますが、簡単にということで。(^^)
    • good
    • 0

教科書に載っているように思いますが,次のものはいかがでしょうか。



・海野・中西・白神「生物化学工学」(1992、講談社)
・合葉・ハンフリー・ミリス(永谷訳)「生物化学工学」第2版 (1986、東大出版会)
・田口・永井編「微生物培養工学」(微生物学基礎講座7巻)(1988 、共立出版)
・スタンバリー・ホワイテイカー(石崎訳)「発酵工学の基礎」―実験室 から工場まで―(1988、学会出版センター)
http://www.bcasj.or.jp/jssp/f_microbiol/hakko_ko …
・アトキンソン(福井・山根訳)「バイオリアクター」―微生物・生化学の反応器―(1977、産業図書)
・日本発酵工学会編「バイオエンジニアリング」(1985、日刊工業新聞社)
・吉田敏臣著「培養工学」コロナ社
・山根恒夫著「生物反応工学」産業図書
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q世代時間の計算(微生物学)

微生物学の計算で世代時間を求める計算方法が分かりません。

Q.対数増殖期の初期に10^4個あった細菌が、末期の4時間後には10^8個に増殖した。この細菌の世代時間を求めよ。

A.18min

です。計算の方法を教えて頂きたいです(;_;)
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

10^4個の細菌が10^8個に増えるには、何回分裂すればよいか考える。

(細菌が10^4倍に増えれば、トータルで10^8個になる)

1回目の分裂で細菌は2倍、

2回目の分裂で細菌は4倍、

3回目の分裂で細菌は8倍…

x回目の分裂で、細菌は2^x倍となる。

これを解いて、細菌が10^4倍になるまでの分裂回数を求め、

それで時間(4時間)を割れば、世代時間(1回分裂するまでの時間)が出ます。

QSDS電気泳動について教えて下さい。

SDS電気泳動ってどういうものなのでしょうか?
検索してみるとタンパク質の変性を加えて用いるということは分かったのですが、
それ以外のことは分かりません。
どなたか詳しい方教えて下さい。 

Aベストアンサー

まず、SDS電気泳動(多くの場合はSDS-PAGE, SDS-polyacrylamide gel electrophoresisと言います)をやる目的ですが、タンパク質をサイズの違いで分離する方法です。例えば、細胞の中にはかなりの種類のタンパク質があるため、何かの方法で分離して検出する必要があります。SDS-PAGEでは、この分離を「タンパク質のサイズ(タンパク質の長さ)の違い」で行います。

SDS-PAGEの原理ですが、
1.タンパク質をSDSで変性させる(タンパク質の立体構造が壊れる)
2.電気泳動でタンパク質をポリアクリルアミドゲルの「網目」を通過させる(大きいサイズほど流れにくく、小さいサイズのタンパク質は流れやすい)
というものです。網目を通過しやすいかしにくいかでタンパク質の長さを測定します。結果として、ゲルの下の方には小さいタンパク質が、上の方には大きいタンパク質がきます。

SDSで変性させる理由ですが、タンパク質を直鎖状にすることです。タンパク質はその機能を発揮するために特有の立体構造(疎水結合やジスルフィド結合などを利用して)を形成します。タンパク質をそのまま泳動すると、ポリアクリルアミドゲルの「網目の通りやすさ」はタンパク質の長さだけに影響されず、タンパク質の形状(立体構造)にも影響を受けます。

SDS-PAGEを行う場合の多くは、タンパク質の長さだけを知りたいので、タンパク質の立体構造に影響される電気泳動は望ましくありません。そこで、SDSでタンパク質を直鎖状にして電気泳動します。

では、SDSをいれるとなぜ、タンパク質が直鎖状になるか、です。SDSは親水基と疎水基の両方をもつ化合物です。そして、その親水基は負(マイナス)に荷電しています。

タンパク質の立体構造はアミノ酸残基(アラニン、グリシン、リジン、トリプトファン・・・)の性質(特にアミノ酸残基がもつ電荷)の影響を大きく受けます。SDSがタンパク質に作用すると、SDSの疎水基側がタンパク質に親水基側が溶媒側に結合します。このタンパク質に結合したSDSの親水基(マイナスに荷電)がタンパク質を構成する様々なアミノ酸の特性を打ち消してしまいます。結果として、SDSが結合したタンパク質はアミノ酸残基の影響をうけられなくなり直鎖状になります。

また、このようにSDSが結合したタンパク質はマイナスに荷電しますので、電気泳動をするとタンパク質(とSDSの複合体)はマイナスからプラスの方へ泳動されていきます。

最後に、立体構造に大きな影響を与えるジスルフィド結合に関してです。このジスルフィド結合はSDSによって壊されません。そこで、多くのSDS-PAGEを行う場合は、SDSと共に2-mercaptoethanolやDTTといったジスルフィド結合を壊す還元剤で処理したタンパク質を電気泳動します。

なお、立体構造も含めて解析したい場合は、Native PAGEと呼ばれる方法で電気泳動を行います。

まず、SDS電気泳動(多くの場合はSDS-PAGE, SDS-polyacrylamide gel electrophoresisと言います)をやる目的ですが、タンパク質をサイズの違いで分離する方法です。例えば、細胞の中にはかなりの種類のタンパク質があるため、何かの方法で分離して検出する必要があります。SDS-PAGEでは、この分離を「タンパク質のサイズ(タンパク質の長さ)の違い」で行います。

SDS-PAGEの原理ですが、
1.タンパク質をSDSで変性させる(タンパク質の立体構造が壊れる)
2.電気泳動でタンパク質をポリアクリルアミドゲ...続きを読む

Q原核生物と真核生物の違い

原核生物と、真核生物の違いについて教えてください(><)
また、ウイルスはどちらかも教えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

【原核生物】
核膜が無い(構造的に区別出来る核を持たない)細胞(これを原核細胞という)から成る生物で、細菌類や藍藻類がこれに属する。

【真核生物】
核膜で囲まれた明確な核を持つ細胞(これを真核細胞という)から成り、細胞分裂の時に染色体構造を生じる生物。細菌類・藍藻類以外の全ての生物。

【ウイルス】
濾過性病原体の総称。独自のDNA又はRNAを持っているが、普通ウイルスは細胞内だけで増殖可能であり、ウイルス単独では増殖出来ない。



要は、核膜が有れば真核生物、無ければ原核生物という事になります。

ウイルスはそもそも細胞でなく、従って生物でもありませんので、原核生物・真核生物の何れにも属しません(一部の学者は生物だと主張しているそうですが、細胞説の定義に反する存在なので、まだまだ議論の余地は有る様です)。



こんなんで良かったでしょうか?

Q真正細菌と古細菌について

ある本に、「生物は、真正細菌と古細菌と真核生物に3大別される。」と書かれているのですが、別の本には「原核生物と真核生物」と分類されています。真正細菌と古細菌=原核生物ととっていいのでしょうか? また、真正細菌と古細菌の違いは何ですか?教えてください。

Aベストアンサー

真正細菌+古細菌=原核生物でいいと思いますよ。

えーと、古細菌というのは生物分類に新しい方法が取り入れられてから
考えられるようになったグループです。

この方法は16SrRNA(リボソームRNAにうちの16S部)の塩基配列を
比較して分類を試みる方法なのですが、この方法を用いると、
いままでバクテリア(=原核生物)として分類されていたものが
二つの大きなグループに分けられる事が判りました。
【イリノイ大学のWoeseによる】

それが、真正細菌と古細菌です。

判りやすい違いは、
古細菌には特殊な環境で生育しているものが多いという事でしょうか。

《結構あっつい所(80℃以上とかも!)で生育する『好熱菌』とか
 お塩が大好きな『好塩菌』といった顔ぶれ》

あとは、生化学的な違いですね。

細かな点は、
専門書(たいていの微生物学書にはきちんと書いてあると思いますよ)を
読んでいただくと大丈夫だとは思うのですが、一応簡単に書かせて頂くと、、、

■リボソームの細かな構造が違う
■細胞壁の脂質の構成が、真正細菌ではエステル(結合)型、
 古細菌ではエーテル(結合)型となっている。

                       などです。

ちょっと自分の怪しい記憶で書かせて貰ったので、間違っているかも・・・
だとしたら本当にごめんなさいね。

もっと知識のある方がお答えになった方がいいと思うので、
僕のは参考程度で・・・

ではでは。
でも、けっこう古細菌には面白い細菌が多いですよ。(^^)

真正細菌+古細菌=原核生物でいいと思いますよ。

えーと、古細菌というのは生物分類に新しい方法が取り入れられてから
考えられるようになったグループです。

この方法は16SrRNA(リボソームRNAにうちの16S部)の塩基配列を
比較して分類を試みる方法なのですが、この方法を用いると、
いままでバクテリア(=原核生物)として分類されていたものが
二つの大きなグループに分けられる事が判りました。
【イリノイ大学のWoeseによる】

それが、真正細菌と古細菌です。

判りやすい違...続きを読む

Q振とう培養と静置培養の違い

バチルス菌を振とう培養と静置培養の2つの方法で培養しました。

すると、静置培養の培養液(フィルター済み)には坑カビ性があったのですが、振とう培養の培養液(フィルター済み)にはありませんでした。

バチルス菌は好気性菌なので振とう培養のほうが坑カビ物質をよく出しそうだったのですが、そうはなりませんでした。

理由が振とうによるせん断力しか思いつかないため、他にあったら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

まず、生育に適した条件と代謝産物が増える条件は、必ずしも一致しません。

振とう培養と静置培養の大きな違いは、菌体周囲の培地が動くか動かないかです。振とう培養では、常に新鮮な培地が菌体に供給されるため、生育には好条件です。逆に静置培養では、菌体の周りは自らの放出した酸等の老廃物で徐々に悪条件になっていきます。
抗カビ物質というのは、菌体にとっては自分の生育条件を守るために放出する物質ですから、悪条件下の方が産生能が高まることも考えられるのではないでしょうか。

Q酵母菌の培養方法

酵母菌の培養方法について教えてください。グルコース過剰の培養液を調整し、酵母菌粉末を添加しました。その後酸素に触れない状態で培養した方が良いんでしょうか?
また、培養中は振とう培養した方が良いでしょうか?
整地培養した方が良いんですか?

Aベストアンサー

あなたのしたい培養は酵母の数を増やすための培養でしょうか、それともアルコールを作ることでしょうか?

個体数を増やさないと効率の良いアルコール発酵は出来ません。アルコール発酵させるためには酸素の少ない環境が必要です。ですから酵母の数を増やしてから、低酸素状態に置くことで酵母はアルコールを作り始めます。(糖が残っていることが前提ですよ)

Q栄養要求性変異株について

こんばんわ。何度も質問していまいすいません。

栄養要求性株は、たとえばグルタミン酸要求性株だったら、グルタミン酸を必要とするもののことですよね?
栄養要求性変異株とはどんなもののことを言うんですか?
あまり生物に詳しいほうではないので、出来るだけ初心者でも分かるように説明していただけるとありがたいです。お願いします。

Aベストアンサー

 主に大腸菌についての言葉のようですが、普通の大腸菌はN(窒素)源としてアンモニア、C(炭素)源としてグルコースがあれば増殖できます(原栄養株=野生株)。この野生株がアミノ酸、プリン、ピリミジン、ビタミンなど特定の栄養素が無いと増殖できない変異を起こしたものを栄養要求変異株、というようです。
 つまり、いわゆる普通の培地に、何らかの栄養成分を添加してやらないと増殖できない菌株は全て栄養要求性(変異)株、ということができるようですね。

Q最小培地か最少培地か?

はじめまして。
微生物などの栄養要求性を調べる実験には、よくminimum(又はminimal) mediumなどという言葉が出てきます。
これの和訳は 最小培地 でしょうか?
  それとも 最少培地 でしょうか?

生化学辞典(第二版、1990年発行)とWikipediaには最少培地ですが、
微生物学用語集(日本細菌学会編、昭和48年初版)と、細菌学実習提要(医科学研究所学友会編、昭和60年改訂5版)には最小培地と出てます。

どうやら混用されている状況なのかな、とも思います。
どなたか、どちらかについて、有力な根拠、理由をご存知の方、よろしくご教示ください。

Aベストアンサー

日本における学術用語は実は一種類ではありません。縦割り行政による所轄官庁の違いがそのまま学術用語にも反映されています。生命科学系と言いましても理学等の文科省、医学等の厚生労働省、農学などの農林水産省等所轄省庁で違います。

ご質問のminimal mediumも文科省では「最少培地」ですが、医学等では「最小培地」です。文科省系の学術用語辞典を下記にあげておきます。医学は全く知りませんので…
○オンライン学術用語集
http://sciterm.nii.ac.jp/cgi-bin/reference.cgi
○ライフサイエンス辞書プロジェクト
http://lsd.pharm.kyoto-u.ac.jp/ja/

Q「資化」ってどういう意味?

「細菌による高分子多糖の資化」
の”資化”の意味がわかりません。

具体的には高分子多糖をどうするのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

微生物が利用することを資化といいます。
微生物が栄養源にして利用するということが主な意味になります。
微生物が消化するという意味になるでしょう。

高分子多糖は一般的に、低分子になると思いますが、
産生物質は、菌に種類によって異なります。

QKm値について

Km値について

Km値は基質に対する酵素の親和性だと習いました。
Km値が大きくなるほど、親和性が上がるということでしょうか。
ミカエリスメンテンのグラフからはKm値が小さくなるほうが、親和性が上がる気がするのですが。

わかる方、回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>>Km値が大きくなるほど、親和性が上がるということでしょうか。

逆です。
ミカエリス定数はV=(Vmax・C)/(Km + C)で表されます。(Vは反応速度、Vmaxは最大反応速度、Cは基質濃度)

ミカエリス定数Kmが大きいと、分母が大きくなり、反応速度Vは小さくなります。

反応速度が小さいと言うことは、基質との親和性が小さいということを意味します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報