郵便法について調べています。ある程度分かったのですが、平成8年度改正分しかのっていません。最新の郵便法を教えて下さい。

A 回答 (2件)

「法庫」という法律データベースで見られます。



六法全書にも(H13年版だと、補遺がないと、H11の改正までかもしれませんが)
載ってますよ。

参考URL:http://www.houko.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。「法庫」って有料の部分が有るんですね。年間7000円はちょっと高いな~。参考にさせてもらいます。

お礼日時:2001/02/07 14:10

こんにちは。

こんなのしか見つけられませんでしたが・・・

参考URL:http://www.normanet.ne.jp/~hourei/h165dR/s221212 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/02/07 14:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平成16・17年度における刑法改正について

いろいろなサイトを調べてみましたし、一応、前年度版の六法全書も持っているのですが、素人故、どこがどう改正されたのか深く理解できません。いくつかの犯罪に対する刑が重くなったりしてはいるようなのですが、どなたか、もう少し具体的にご説明いただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

古い条文と新しい条文を見比べながら参考にしてください。

(1)懲役・禁錮の上限が15年から20年に増えた(12条・13条)
(2)併合罪の上限が20年から30年に増えた(14条)
(3)集団強姦罪が178条の2として新設された
(4)殺人罪の下限が3年から5年に増えた
(5)強姦罪が下限3年になった
(6)傷害罪の懲役刑が15年以下となり罰金刑が50万円以下となった
(7)傷害致死が3年以上になった
(8)危険運転致死罪の上限が15年になった
(9)強盗致傷の下限が6年以上の懲役となった

おおまかなところはこんなところです。
その他にも強制わいせつ等致死傷(181条)の文言・法的刑が変わりました。どこが変わったかは見比べれば一目瞭然です。準強制わいせつと準強姦(178条)も変わりました。180条の親告罪の条文も変わりました。

変わった条文まとめ。
3条・3条の2・12条・13条14条・176条・177条・178条・178条の2・179条・180条・181条・199条・204条・205条・208条の2・240条となります。
新しい条文はhttp://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgiここなどで見てください。

古い条文と新しい条文を見比べながら参考にしてください。

(1)懲役・禁錮の上限が15年から20年に増えた(12条・13条)
(2)併合罪の上限が20年から30年に増えた(14条)
(3)集団強姦罪が178条の2として新設された
(4)殺人罪の下限が3年から5年に増えた
(5)強姦罪が下限3年になった
(6)傷害罪の懲役刑が15年以下となり罰金刑が50万円以下となった
(7)傷害致死が3年以上になった
(8)危険運転致死罪の上限が15年になった
(9)強盗致傷の下限が6年以上の懲役となった

おおま...続きを読む

Q平成19年法改正による住宅ローン控除について

カテが違ったらすいません。
平成18年の9月に住宅を購入し、
税務署に申請して、住宅ローン控除を受けました。
通常なら、今年からは会社が年末調整で控除してくれると
思うのですが、今年度からの所得税率が低くなるにあたって
こんな記事をみました。

「平成19年から所得税率が低くなることで、控除額が減ってしまう人(ただし平成11年から平成18年に入居した人)は、条件を満たせば減った部分を住民税から控除することができる(申請が必要)」

申請が必要とは、また税務署に行って何らかの手続きを
しなければならないのでしょうか?
それは、どんな書類が必要なのでしょうか?
分かる方教えてください。

Aベストアンサー

住民税は、市町村役場で扱っていますから、市町村に申請することになります。しかし、たとえば、給与所得者の場合だと、年末調整をしてみないと、住民税の額が確定しないので、すくなくとも、年末調整後でないと、申請書は書けないこととなります。
実際には、現在、国税庁と総務省で、申請書の内容などについて協議しており、申請そのものは、平成20年に入ってからになります。
たぶん、確定申告時期に申請することになるのではないでしょうか?

Q平成19年の都市計画法改正について

私は、何種類かのテキストを使い、宅建の試験勉強をしている者です。

平成19年の都市計画法改正についてなのですが、今まで開発許可が不要だった、医療施設・社会福祉施設・学校は、原則として許可が必要になったのですか?
テキストによって(平成20年に出版されたものです)、今まで通り、許可不要と書かれているものがあったり、法改正により許可必要と書かれているものがあったりと統一性がなく、何が正解なのか分からない状態です(>_<)
私がまだまだ未熟者で、混乱中なだけかもしれませんが(T-T)

ご存知の方がいらっしゃったら教えてください<m(__)m>

Aベストアンサー

国交省ホームページ
http://www.mlit.go.jp/crd/city/plan/unyou_shishin/pdf/unyou.pdf
に詳細がのっています。
大規模集客施設は基本的に不可
医療、福祉、学校でも大規模集客に該当するものは不可
該当するかどうか判断するためにも、開発が必要になりました。

Q法改正、最新判例情報の入手について

1.法改正情報の入手について
 当該年度の法律改正情報を入手する方法は、「官報」や「衆議院」の各会期の改正法令を確認する以外に方法はないでしょうか?
 メールマガジンのように、改正の段階でメール通知がされるようなものだとさらに嬉しいです。

2.新旧条文対照表
 上記の法改正情報について、以下のように、新旧条文対照表の形で掲載されているものはないでしょうか?
 (リンク先は、法務省の所管法令で、かつ法務省の提出法令しか記載がありません。)

 http://www.moj.go.jp/HOUAN/hoken-seibi/refer04.html

3.最新判例情報の入手について
 当該年度の最新判例情報(最高裁判例)の入手する方法は、最高裁のHP以外にないでしょうか?
 メールマガジンのように、改正の段階でメール通知がされるようなものだとさらに嬉しいです。

以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1 官報の目次部分をメールマガジンで、紹介してくれています^_^;

http://mail.kanpo.net/mag2.htm


3 判例時報や判例タイムズ購読したら?
http://www.hanta.co.jp/index.htm

Q今年(平成17年)に改正された児童福祉法について

どのような点が具体的に改正されたのでしょうか?

Aベストアンサー

厚生労働省の解説サイトです。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/dv-fukushi-gaiyou.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報