【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

法28条1項・令19条3項に定められてる割合で、住居の居室 7m2に対して採光に有効な開口部の面積は7m2÷7(割合)で1m2だと思うのですが、令20条の採光有効面積の算定方法の意味がいまいちよくわかりません。例えば                       1 住居系居室の床面積7m2で隣地側から窓の大きさHW共2m   
d=0.9m
h=5mの場合 6×0.9/5-1.4=-0.32水平距離7m未満なので0。よって 窓開口4m2×採光補正係数0=0m2ゆえに窓は要らない?
おそらく この考えは間違っている(法28条1項に反している)と思うのですが、どなたか令19条の割合と令20条の採光有効面積の算定方法の意味合いを教えてください。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

すでに皆様が回答されてますが・・・


令20条の採光補正係数はその窓の補正値を定めている訳です。
道路や敷地内の庭等に解放されたお日様の光がさんさんと入るような窓もあれば、隣地にべったりと付いた、窓開けても壁しか見えない!なんて都会のビルのような窓もあります。
これらが同じの採光の性能があるとみなされないように隣地と高さに応じて補正をかけているのです。
要はパーセンテージですよ。その窓は何%有効か?

0以下になったことは、窓がいらないという解釈ではなく、その窓は光が入らない、と計算によって証明されたのです。

令19条で必要とされている採光の割合(質問内容より1/7)を「令20条の計算式で有効となる窓」をとりなさい。という法令です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

同じ窓面積でも条件が変われば性能も変わる。
それを検討するための補正係数ということですね。
有難うございました。

お礼日時:2008/02/09 07:31

窓がいらないのではなく、あっても採光のための窓に


ならないということです。
いくら窓を付け足したところで、条件が同じであれば
意味がありません。
7m2の居室ということであれば逆算により
窓の中心線を上げてhを3.27とすると係数は0.25となり1m2
の有効な窓となります。又はh5mのままで境界線までの距離を
0.9から1.375にして計算してみて下さい。これも1m2になると
思います。(4m2×係数0.25)
といった具合で窓の大きさと他の条件を合わせて係数が0以上
となり、かつ必要採光面積をクリアできるように計画する必要が
あるのです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

H及びDを変えることにより実務では計画していくのですね。
いかんせん、私はまだ勉強中の身でありまして。
大変 参考になりました。
有難うございます。

お礼日時:2008/02/09 07:28

申請メモとかお持ちじゃないんでしょうか?


条文からだと難解ですね

http://images.google.co.jp/images?q=%E6%8E%A1%E5 …

http://www7a.biglobe.ne.jp/~kenchiku_kijunhou/ip …
等をご参考になさってはいかがでしょ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変参考になりました。URLを見させて頂き理解できました。
本当に有難うございました。

お礼日時:2008/02/09 07:24

「採光有効面積」は採光面積を算出する際に「有効」とされる面積のことです。


採光補正係数が負になるというのは、その窓は採光面積の算出にあたり、採光面積として「無効」であるということになります。
また、採光補正係数が1より上になる場合は、実際の窓の大きさよりも大きい面積があるものとして有利に算出できますよ、という意味です。
ですから、ご質問のケースの場合、4m2の窓しかないとするならば、あと他に採光有効面積が1m2以上になる窓をつける必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
補正係数が1未満のときは、実際に4m2の窓が有っても4m2未満の採光しか取り入れられないと言うことですね。
参考になりました。

お礼日時:2008/02/09 07:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q採光上の離隔距離

民法50cmの離隔規定がありますが
外壁から50cmクリアさせるため壁心で60cmの離隔を取ったとしても
軒先の出を壁心から30cmで採光関係比率計算のDを隣地境界から30cm程度にしても
最上階の窓(腰窓)ですら補正係数がマイナスになってしまいます。
軒先から窓の中心まで1.4mとして計算すると
0.3/1.4×6-1.4=-0.11でもはや採光窓として扱えません。
切妻の妻壁だと軒先が登り勾配でHが大きくなってしまいさらに厳しくなります。
住居系地域の一方道路30坪程度までの狭小地住宅で道路側に接しない居室は
あちこちで見かけますが採光をどのようにクリアさせているのでしょうか?
申請上納戸にしているだけなのですか?
納戸にできないLDKのような大きな室は計画上道路側が絶対条件ということなのでしょうか?

Aベストアンサー

係数がマイナスなら、二室共有、納戸、トップライト、軒、ケラバの出を抑える、高さを抑える、これ以外の方法はありません。
ただ、全ての部屋を納戸にするわけにいかないので、その場合はプラン変更になります。

最近は4号物でも中間検査がありますし、高さはレーザー測距で結構簡単に計れます。建売でもいい加減な事は出来ないでしょう。

Q確認申請  小数点 四捨五入?

ちょっと、おしえてください。
今、申請書を書いています。
今時、考えられない急ぎの申請です。
まだ、余裕をもつという事を知らない人々がいるのです(笑)。

私は、ずっと、面積関係、ケンペイ率、容積率等の
小数点は切り捨てとしていました。

43.999ならば43.99と。

最近、申請もエクセルで打ち込むと数値が出るものが
あり、四捨五入しているのです。

今、もしかして、小数点第3位は、四捨五入?
ですか?

Aベストアンサー

そうですね、余裕をみて切り捨てたり、切り上げたりしても、申請は通りますから、
質問に対するダイレクトな答えとしては「四捨五入以外でもOKです」となるかと思います。

以下、余分な話をさせていただきますと↓

注意点は、切り捨て、切り上げ、四捨五入などの複数の「数値の丸め方」が、
一つの申請書類の中で混在しないことですね。これが一番だめなんです。

それと、建築って工学じゃないですか、その工学は四捨五入が原則なんですね。
だからその工学の分野の教育を受けた場合、それが理由(癖)で四捨五入する人は多いかもしれません。

お勧めは、四捨五入で統一です。申請以外でも問題が起こることはないと思います。
また、手法を統一することで、不本意なミスを避ける効果があるかもしれませんね。

Q採光有効面積計算に必要なサッシの有効寸法

採光計算に必要なサッシの有効開口寸法について教えてください。例えばサッシ呼称16511の場合、サッシ寸法はW1690,H1170であり、内法寸法はW1650,H1100です。内法が正しいと思われますが、内法で計算しなければならないというような記述をみつけることができませんでした。法的な規制はないのでしょうか。初歩的な質問で申し訳ありませんが、解答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法律とかでなく

実際の光が差し込む為の有効面積で計算しないと駄目です
内法基準寸法(実際の開口)が有効面積です

内寸(内法寸法)では無いです
ガラスを動かなくする押さえの分を引かないと駄目です

Q採光計算 上部にバルコニーがある場合のD/H

3階建の戸建住宅を計画中ですが、一室有効採光がどうしてもとれない部屋があり困っております。

そこでふと思ったのですが、
たとえば、
1階の居室の窓の上部にバルコニーを出した場合。
水平距離(D)は小さくなります。
垂直距離(H)は、窓の中心からバルコニーの手摺天端までの距離となり、屋根先でとるよりも、短い距離となります。
このように考えてバランスさせれば有効採光がとれる状況にありますが、考え方としてあっているのでしょうか。
1階の壁面が出る訳では無いので、垂直距離(H)のとり方に不安が残ります。

Aベストアンサー

3階建と採光はいつも悩みますよね。狭小地に建つことがほとんどだし...

で、質問の答えとしましては、一般的に軒先とバルコニー等で
計算してみて厳しいほうを選択します。

分かりやすいPDFがありました。
http://www.ura410.com/00_ura410/syuppan/05_saikou.PDF

>有効採光がどうしてもとれない部屋が
ぶっちゃけ納(うわっ何をすqあwせdrftgyふじこlp

Q住宅の図面にある「ALVS」とは?

宜しくご回答下さい。家を立て替えるべく、図面をFAXで業者から取り寄せたのですが、その中に「洋室:A-9.93 L-4.45 V-0.74 S-なし」という表記がありました。この中にある「ALVS」とは何でしょう?ウェブでも調べて見たのですが、見つけられませんでした。ご存知の方がおられましたら宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。建築設計の仕事をしている者です。
ALVSとは採光・換気・排煙計算のことです。
とは言ったものの恥ずかしながら私もALVSが
何の略なのかは知りません(^^;

恐らく
A:室面積
L:有効採光面積
V:有効換気面積
S:有効排煙面積
だと思います。
よくALVSと言う言葉を耳にしますが今まで気に
したこと無かったです。。。
ですのでちょっと自信ないです。

簡単に説明すると、居室等の部屋に対して採光・
換気・排煙に有効な開口部が取れているかを
計算するものです。

例えば質問にある洋室の採光であれば有効採光面積
が室面積の1/7以上でなければいけません。
4.45/9.93>1/7なので採光はしっかり取れている
と見ます。
換気・排煙も同様に計算します。
詳しくは
「採光計算」「換気計算」などで検索をするか
本屋で建築基準法や申請memoなどを立ち読み
してみればどうでしょう。

Q天井高さが3m以上の排煙計算について

いつもお世話になっております。
下記の条件の場合の排煙計算について教えて下さい。

床面積:12.0m2
天井高さ:3.315m
開口部種類:引き違い窓
高さ:FL+750 
寸法:H1.300m×W1.800

開口は上記1ヶ所のみです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

廊下(避難路ですから免除なし)ではなく、部屋ですよね
この窓では有効開口にならないので
H12建・告1436号内装不燃(下地とも)で免除でよろしいのでは?

室 :H12建・告1436-4-ハ(2)
居室:H12建・告1436-4-ハ(4)

Qベランダは建築面積に入るの?

建物がコの字にあります。
このコの字の寸法が三辺とも1820なんですが、
そこにベランダをつけたいのです。1820x1820の正方形で
三辺が壁に取り付く形です。その場合、建築面積に入りますか?
はね出してる場合は出先から1m後退した距離で面積に参入されるそうですが、三方が壁の場合でも、1m後退して1820x820って事にしていいんですか?それとも三方だから全面積(1820x1820)が参入されるんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは
建築面積は「建築物の外壁又はこれに代わる柱の中心線で囲まれた
部分の水平投影面積による。但し高い開放性を有する場合は
出先から1mの範囲は不算入とする」となっているので、
三方が壁に囲まれている場合は 全面積(1820×1820)が
建築面積に含まれると思います。

但し、上部に屋根や庇などを付けないのであれば
高い開放性を有する場合と考えられると思うので
一度建築指導課に相談に行かれた方が良いと思います。

Q建ぺい率と容積率の計算方法

建ぺい率と容積率の簡単な計算方法

を例で良いので教えていただけませんでしょうか?

建ぺい率と容積率オーバーかどうか調べたいのですが

うまく理解できる所がありません。

ご指導のほど宜しくお願いします。

Aベストアンサー

建ぺい→水平投影面積/敷地面積
容積→延床面積/敷地面積
・・・はお解かりでしょうが。

要は庇が1m以上出た場合の面積の取り方や、車庫が床面積の1/5以下の場合の容積率緩和等細かく調べていくと、極端な場合建築主事ですら考え方、算出方は変わります、素人では不安でしょうね。

建築士に知り合いいませんか?

9割方正解を導いてくれるでしょう。ただで。(なれた建築士なら単純な建物なら簡単に解ります)

住宅で平屋の類、単純な建物のなら別です。素人でも可。

設計事務所のHPで質疑回答してるとこけっこうありますから、そこにメールするのも手。
喜んで教えてくれますよ。

Q建築基準法上の「建物の最高高さ」とは?

自宅の南側に10階建てのマンションが建設中なのですが、建設業者の説明を聞いてもよく分からないところがたくさんあり、本当に困っています。
建物の高さに関して、下記の3点が分からないのですが、どなたか教えて頂けると助かります。

(1)平均地盤面と設計GLって何ですか?
(2)建築基準法上の「建物の最高高さ」とは、どこからどこまでの高さのことでしょうか?例えば、最上階にエレベーターが突出した所があるのですが、それも高さに含まれますか?
(3)建物の「最高高さ」と「建物高さ」って、どういう違いがあるのでしょうか?

以上です。
何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちわ
だいぶ大変みたいですね。
反対派の住民のみなさんの中に建築士や建設業界のかたが誰もいない状況ですか?
そういう職業の人がいれば町内会で顧問のような形で相談したほうが身内ですし
親切に安心できると思いますのでぜひご町内を探して見てください。

>(1)平均地盤面と設計GLって何ですか?
私達素人にはとっても難しいんですが、がけ地にマンションを建てるような場合
には水平な土地ではありませんので、高さの基準になるゼロ地点がどこにしたら
よいか困ることになります。
そこで、仕方なしに「形だけこれを水平面と仮定しよう」という線を一本引くこ
とになります。これが設計GLです。(GLはグラウンドラインの頭文字です)

水平でない地盤がだらだらと長く続いてしまう場合は3メートルごとに「平均地
盤面」を算出する決まりになっています。
・・・なので、だらだら長い斜面に巨大なマンションが建つような場合には、
A地点の平均地盤面、B地点の平均地盤面、C地点の・・・と3メートルごとに
たくさん地盤面が登場することになってしまうことがあります。
(建築基準法施行令2条2項だったけど最近変わったかもしれません)

>(2)建築基準法上の「建物の最高高さ」とは
これも私達にははてな印がいっぱい点滅してしまうんですが、「エレベーターが
突出した所」の面積が、マンション全体の建築面積の1/8以内のちいさいもの
だったら、12メートルまでは高さに含めなくてよい、といった免除の規定があ
ったりしてこれは非常に入り組んでますので、実地に図面を見る事のできる人に
相談して見てください。
(みんな12メートルかと思うと、実は低層の住宅専用地域だと5メートルとか、
変な但し書きがいっぱいありますので、掲示板だけではちょっと無理だと思いま
す)

〉(3)建物の「最高高さ」と「建物高さ」って
これは普通の平地なら、軒の高さと最高高さしかないんですが、がけや坂に建っ
ている大きな建物だと、(1)のようにいろんな地点での高さがあることになる
ので、それで使い分けているんじゃないでしょうか。
ご質問のマンションは斜面に建っているんですね、きっと。

ちょっとネット検索して見たら、わりと私たちにも親切に書いてくれているサイ
トがありました。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~katana/yougo.htm
すごくいっぱい説明されていて嬉しいのですが、あまりに多すぎるので
↑ここで「平均地盤面」とかページ内検索してみてください。

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~katana/yougo.htm

こんにちわ
だいぶ大変みたいですね。
反対派の住民のみなさんの中に建築士や建設業界のかたが誰もいない状況ですか?
そういう職業の人がいれば町内会で顧問のような形で相談したほうが身内ですし
親切に安心できると思いますのでぜひご町内を探して見てください。

>(1)平均地盤面と設計GLって何ですか?
私達素人にはとっても難しいんですが、がけ地にマンションを建てるような場合
には水平な土地ではありませんので、高さの基準になるゼロ地点がどこにしたら
よいか困ることになります。
そこで...続きを読む

Q有効採光面積について

有効採光面積について教えてください。
有効採光面積の計算は窓の面積に採光補正係数をかけて計算されますが、採光補正係数が1以上になるような、十分な広さの道路に面する側の窓では(2階建て住宅程度)、3を上限として窓面積以上の有効採光面積を確保できると考えてよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

採光補正係数が1以上の値が出た場合、
窓面積×採光補正係数
の数字を有効採光面積と考えて計算できます。
ただ、おっしゃるように採光補正係数が3を超えている場合は「3」として計算します。
前面が道路だから十分に採光を確保できると思っても補正係数はきちんと計算して、計算結果を適用してください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング