ウォッチ漫画『酒男子』新連載開始!

10年前くらいから南部鉄の大きななべでいつもなべものをしています。
以前は残ったなべをうっかりそのまま置いておくと翌日真っ黒になっていた程度だったのに
最近はなべにだし汁を入れて野菜や肉などを煮ている段階から黒いのです。
とても食べる気にはならないのですが食べてみるとそんなに味は変わっていませんでした。
体に毒ではありませんか?

なべは金タワシでこすってから空焼きしてしまっていますが
現状なべの内側は白っぽく、ふちに近いところ(ちょうど汁の水際あたり)は茶色くさびがうっすらと出ています。
過去ログでくず野菜をいためて油をなじませるという方法がありましたが
深いなべなので内側の側面までなかなか油をなじませることができません。
揚げ物でもすればいいのでしょうか?
鉄なべで黒くならないなべものを食べることはそもそも無理ですか?
どうしたらよいか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>体に毒ではありませんか?


鉄分は体に必要なミネラルなので毒ではないですが
とりすぎはやはり問題があります。肝臓が悪い人は要注意です。
まあ汁を飲まなければいいのでしょうけど...

>茶色くさびがうっすらと出ています。
見ているかもしれませんが、手入れの方法の乗ったサイトです。
http://www.ginga.or.jp/~nanbu/txt/g01.htm

>深いなべなので内側の側面までなかなか油をなじませることができません。
料理の時と洗い終わった後にキッチンペーパーを丸めて油を
鍋の内側全体に塗ってください。それで大丈夫です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

南部鉄器のサイト見ました。
もしかしたらなべの内側に「特殊焼付塗装」やコーティングのようなものがしてあったのでしょうか?
金タワシでこすってそれをはがしてしまったのかもしれません。
油をこまめに塗ってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/08 23:16

>体に毒ではありませんか?


 鉄鍋から溶出する鉄分の量はたかが知れていますし、黒くなるのはタンニン等と結びついて不溶となったものですので、黒いからという理由で害があるとは考えられません。

>なべは金タワシでこすってから
 なべを金タワシでこすることは、傷を付けて鍋の表面積を増やすことになりますので逆効果と考えられます。

>鉄なべで黒くならないなべものを食べることはそもそも無理ですか?
 きれいに洗って乾燥した後、直接火であぶると錆び止め(黒さび)が生成されますので、よいかもしれません。
    • good
    • 9

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄のフライパンの黒いススのような物は害はないでしょうか?

お世話になります。

私は鉄のフライパンが好きです。
また、卵焼きにも専用の鉄の卵焼き器を使っています。

これらはテフロンよりも害がないと思っております。
テフロンは何となく化学物質な感じがしますので。

しかしながら、鉄のフライパンをこするとススのような物が取り切れません。
あれは鉄の黒サビなんでしょうか?
それとも他の物質なんでしょうか?

質問の主旨は、そのために鉄のフライパンは健康面で害はないか?どうか?という質問です。

もしも鉄の黒錆なら、金属を食べても大丈夫なんでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

たぶん、焦げの、こびりつきですね

>そのために鉄のフライパンは健康面で害はないか?どうか?という質問です。
害はありません。

>もしも鉄の黒錆なら、金属を食べても大丈夫なんでしょうか?
フライパンから剥がれ落ちる程度の、金属(鉄)を食べても問題ありません。
黒錆びでも、赤さびでも、同じです。

そんなこと言ってたら、大昔から、世界中で、大勢の人の、健康被害が出てますよ。

Q鉄フライパンで駄目なことは?

こんにちは。
鉄フライパンを使ってみたいと思っています。
そこで質問なのですが、私はフライパンで野菜をゆでたりすることがありますが、鉄のフライパンでコレをやるとせっかく育った油の膜?の
ようなものがとれたりしますか?
鉄のフライパンは使うほど油が馴染んでいい感じになるというので野菜をゆでたりするのはやめたほうがいいのかなぁ?ときになりました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

使った後にお手入れしておけば大丈夫ですよ。
具体的には
・汚れ・こびりつき・焦げを落として(←残っているとまた次回も焦げ付いたりします)
・フライパンを暖め水滴を飛ばした後、油を薄く塗る
・湿気水気の少ないところに保管
といったところでしょうか。

良くないのは、
・食材入れっぱなし
 ←サビる・臭いがつく
・熱いフライパンを冷水で洗う
 ←鋳鉄製の場合はクラックが入ったりします。
・洗剤を使って洗う 
 ←油が落ちる
・金ダワシなどで洗う
 ←地金が傷つく
・ずっとほったらかし
 ←錆びる・カビる

愛情をもって育ててあげてくださいね。

Q鉄鍋の錆って身体にかなり悪いんですか?

鉄製の中華なべを使ってます。洗った後、乾かしてから油を塗ろうと思っているうちに、すぐに乾いて茶色の錆が出ていることよくあります。
しょっちゅう使うので、簡単に落として使ってるんですけど、錆って身体にかなり悪いのでしょうか?同じ鉄分として身体に多少は良いとか思いたいんですけど・・・?( ;^^)ヘ..
それと買った時はコーティングされたように光ってました。取り扱い方法が書いてなかった(のか、よく見なかった)ので、使ってるうちに自然に取れてきたんですけど、アレはちゃんと取るべきだったのでしょうか?
なんか今頃になって心配しても遅いんですけど、正しい知識を教えてください。

Aベストアンサー

鉄鍋を使う料理は、使わない料理と比べて鉄分が含まれているので体にいい、という話をどこかで聞きました。
さびは使う前にザッと洗っておけばいいのではないでしょうか?
ウチでも鉄鍋がありますが、しょっちゅう錆びます。油などで拭くと取れるし、錆も出ないですよ。

鉄鍋は、まず使う前に空焼きします。これでコーティングを取ります。空焼きは鉄鍋が青くなるまで。
その後、熱した鉄鍋に油を入れ、くず野菜を炒め、油をなじませます。こうしておけば、洗剤で洗っても錆ませんよ。今からでしたら、まず、鉄鍋を空焼きする。鉄鍋の色が青っぽくなるまで熱する(火災に気をつけて下さい)。その後、鍋が冷めないうちに、サンドペーパー(目の細かいもの)で錆や汚れをこする。(やけどに注意してください)。その後、洗って、再度、空焼き(青っぽく変色するまで)、油を注ぎ、くず野菜を炒める。油をなじませたら、洗剤で洗ってザッと拭いて終わり。
参考になりましたか?

Q鉄鍋で炊くとおでんのたまごが黒く変色する?

ホームセンターで購入した黒い鉄鍋でおでんを煮たら
たまごだけ黒く変色してしまいました。

試しに一つ食べてみたのですが、味は普通でした。
これは鍋の鉄分が溶け出た結果、と言う認識で
良いのでしょうか?

ひょっとして食べてはいけないものを食べてしまったのか…と心配しています。

ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

卵の白身には、メチオニンなどの硫黄原子を含んだアミノ酸が豊富に含まれています。

いつもはアミノ酸同士が結合してたんぱく質になっていますが、長時間加熱することで分解し、さらにアミノ酸そのものも壊れます。この過程で微量の硫化水素が発生します。(低濃度なので、害はありません。温泉の方がよほど硫化水素が多い場合があります。)

一方、鉄の鍋では微量の鉄イオンが溶け出します。この鉄分と、卵から溶け出た硫化水素が反応して、黒い硫化鉄として沈殿します。極めて鋭敏な反応であり、微量でもよく見えるのが特徴です。

ということで、正体は硫化鉄です。見かけは悪いですが、別に毒ではありません。

参考URL:http://www2.jan.ne.jp/~ao/k-mame/mame12.htm

Q鉄瓶や中華鍋から溶け出す鉄分は安全?

鉄分をとるためにお茶を鉄瓶で沸かしたり、中華なべから微量の鉄分が溶け出すと言われていますが、その鉄分って、体に安全な鉄分なのでしょうか。鉄剤とはまた違う気もしますが…

Aベストアンサー

こんにちは!!
かつて、岩手県の名産品「南部鉄器」の製造に関わっていた者です。鉄瓶や鉄鍋などです。

(1)<鉄剤とはまた違う気もしますが・・・
 そのとおりです。鉄剤の「Fe」と違い、二酸化鉄というのは、鉄のFeと酸素O2が化合したもの、つまり鉄サビです。二酸化鉄は体内に摂取されると、鉄Feとして吸収されるので、鉄剤を飲んだのと同じ効果になります。吸収率は鉄剤の方が良いのですが、鉄器を習慣的に使用していると、安定して確実に鉄分が取れる利点があります。

<その鉄分って、体に安全な鉄分なのでしょうか。
 安全です!
 分かりやすく説明するため、製造方法を簡単に述べますと
(1)鉄のインゴット(今は輸入品が主力で、金の延べ棒のようなインゴットになっています。1kg25~30円くらいが鉄のインゴット価格です。自動車用の鋼板と違って、ただのFeの塊です。
(2)鉄のインゴットを電気溶解炉で溶解する。
(3)溶解した鉄を型に流し込んでから冷ます。
(4)グライダーで研磨する。
(5)食品衛生法をクリアした塗料で塗装する。塗料の分子と分子の間が数ミクロンあいているので、その隙間から二酸化鉄がでてきます。
(6)梱包して、出荷する。

 以上の通りの工程なので、安全なのがお分かりでしょうか。なお、他の鉱物は値段が鉄よりも高いので、経済的な意味では使われることはありえません。南部鉄器の接合部分は溶接です。もし、品質的にご心配なら国産の鉄器を使用したらよいでしょう。
 なお、鉄器の一番良いところは、日常的に使用していると、鉄分の補給ができることと、冷めにくいことです。欠点はさびやすいことです。
ただ、さびると見た目は悪いですが、鉄分の補給量は増加します。

こんにちは!!
かつて、岩手県の名産品「南部鉄器」の製造に関わっていた者です。鉄瓶や鉄鍋などです。

(1)<鉄剤とはまた違う気もしますが・・・
 そのとおりです。鉄剤の「Fe」と違い、二酸化鉄というのは、鉄のFeと酸素O2が化合したもの、つまり鉄サビです。二酸化鉄は体内に摂取されると、鉄Feとして吸収されるので、鉄剤を飲んだのと同じ効果になります。吸収率は鉄剤の方が良いのですが、鉄器を習慣的に使用していると、安定して確実に鉄分が取れる利点があります。

<その鉄分って、体に安...続きを読む

Q鉄スキレットについて 錆?こげ?

初めまして。
先日は初めて鉄スキを購入しシーズニング後に使用しました。
初めて炒めたのがキムチだったのですが…、そこから汚れが落ちなかったので洗剤で洗ってしまい、またシーズニングし直しましが、写真の用に赤い斑模様がでてきました。
油をひきキッチンペーパーでふくと黒くついてきます。これは錆びでしょうか?こげ?
何回もブラシでこすりましたが落ちません(;_;)
分かる方教えていただきたいです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

鉄器は基本的に扱いは同じですので
鉄フライパンの酸化皮膜 - 食器・キッチン用品 | 教えて!goo( https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8371883.html )
鉄製のフライパン、定期的なメンテナンスが必用なんでしょうか? - 食器・キッチン用品 | 教えて!goo( https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4371785.html )
 に詳しく説明しましたのでそちらを読んでください。

 要は、鉄の表面に酸化鉄(II,III)( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%89%84(II,III) )の不働体皮膜を作ること。この酸化鉄(II,III)--四酸化三鉄--黒錆--磁鉄鉱---は、赤熱程度の温度と水蒸気の存在でできます。
 温度が低いと赤錆--酸化鉄(III)( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%89%84(III) )ができます。

>油をひきキッチンペーパーでふくと黒くついてきます。これは錆びでしょうか?こげ?
 キッチンペーパー程度では落ちませんので、単なる汚れか錆の一部
>何回もブラシでこすりましたが落ちません(;_;)
 そりゃ落ちないでしょう。赤錆は多孔質で内部に進行します。

 いったん研磨材でその部分だけ磨いて---落とさなくても良いけど---洗剤で良く洗い、水洗して洗剤を取除き、コンロで加熱します。沸騰する前にペーパーでふき取りながら加熱する。
 加熱したらひたすら、ほのかに赤くなるまで加熱していきます。それで赤錆びは黒錆に変わりますが、その後ある程度冷めたら、煎茶の粉などを少し湿らしたものを入れて擦りつけるような感じで炒めるとタンニン化鉄の黒い皮膜ができます。それは使うときに加熱するとタンニンが抜けて黒錆に変化します。

 料理は煮たり焼いたりは無論、調理器具の扱いもすべて化学そのものですからね。

鉄器は基本的に扱いは同じですので
鉄フライパンの酸化皮膜 - 食器・キッチン用品 | 教えて!goo( https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8371883.html )
鉄製のフライパン、定期的なメンテナンスが必用なんでしょうか? - 食器・キッチン用品 | 教えて!goo( https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4371785.html )
 に詳しく説明しましたのでそちらを読んでください。

 要は、鉄の表面に酸化鉄(II,III)( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%89%84(II,III) )の不働体皮膜を作ること。この酸化鉄(II,III)--四...続きを読む

Q鉄の鍋で煮物。黒いものが剥げた。食べても平気?

鉄の中華鍋で初めて煮物(トマトソース)を作ったのですが
中華鍋の内側を覆っていた黒い皮膜(?)の様なものが、
ふやけた為か、殆ど全て剥げ落ち作っていたトマトソースに混ざってしまいました。
黒いものがゴソっと落ちて、中華鍋の元の銀色がすっかり出ていてびっくりしてしまいました。。
(中華鍋はリバーライトの中華鍋でした。’極み’ではなくて普通の方です。)


黒いものの正体は何でしょうか? 食べ物の焦げたこびり付き? 油の皮膜?それとも黒錆と呼ばれるものなのでしょうか?

また、この剥げ落ちた黒い物は食べても大丈夫なのでしょうか?

剥がれ落ちた原因は煮ていた時間が長すぎたのだと想像していますが、(煮ていた時間は3時間位です) もし鉄の鍋やフライパンで煮物等をする場合は、どの程度の時間の煮炊きだと剥がれ落ちないものなのでしょうか。。? そもそも剥がれ落ちないか見張りながらするものなのでしょうか?


すみませんがどなたか教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お使いの中華鍋の写真がありませんので、ご質問の文章から推察するところでは、長年の焦げたこびりつきだと思われます。ゴソっと落ちるくらいですからね。

まず、剥がれ落ちた黒いものは、食べても大丈夫です。
おなかをこわすとかはありませんが、お箸やスプーンで丁寧に取り除けば、よいです。

剥がれ落ちた原因ですが、長時間煮たことが全ての原因ではありません。
トマトソースという酸の強い食べ物を鉄の鍋で長時間煮たことが、長年の焦げたこびりつきが落ちた原因です。
トマトソースや甘酢、酢味噌など、酸の強いものを鉄鍋で煮ると、表面の油膜が取れ、鉄の地肌が出てきます。銀色の地肌ですね。
ですから、イタリア料理でトマトソースを扱うとき、プロは、URLのようなテフロン加工をしていないアルミのフライパンやアルミの鍋を使います。
中国料理でも甘酢を大量に作ることがあります。このときは、鉄の中華鍋を使いますが、加熱は短い時間で、すぐにステンレスや琺瑯の容器に甘酢を移します。
日本料理でも酢味噌や土佐酢など作るときは、アルミの雪平鍋を使いますが、作ったら、すぐにステンレスや琺瑯の容器に移しますね。家庭では、琺瑯のお鍋を大小揃えておくとよいでしょう。

鉄の鍋で何時間くらい煮炊きしても剥がれ落ちないか?ですが、
酸の強いものでない限り、鉄鍋表面の油膜は何時間煮炊きしても剥がれません。

油膜以外のもの・・・長年の焦げたこびりつきですが、これは、鍋に付いていること自体が問題です。
不衛生ですし、熱伝導も悪くなり、燃料代もかさみます。
ガスを強火にして、中華鍋をまんべんなく焼いて、焼き切ってください。
焼き切った後は、亀の子たわしと水で洗い落としますが、どうしても落ちないこびりつきだけは、クレンザーと金たわしで磨いて落としてください。
鍋の内側も外側もです。
焼き切った後は、くず野菜を多めの油で野菜が黒焦げになるまで炒め、油慣らしをし、亀の子たわしとお湯で鍋を洗ってから、水分をコンロの火で焼いて飛ばして終了です。

参考URL:http://www.furaipan.com/shouhin/13arumi/kingu/furaipan16.shtml

お使いの中華鍋の写真がありませんので、ご質問の文章から推察するところでは、長年の焦げたこびりつきだと思われます。ゴソっと落ちるくらいですからね。

まず、剥がれ落ちた黒いものは、食べても大丈夫です。
おなかをこわすとかはありませんが、お箸やスプーンで丁寧に取り除けば、よいです。

剥がれ落ちた原因ですが、長時間煮たことが全ての原因ではありません。
トマトソースという酸の強い食べ物を鉄の鍋で長時間煮たことが、長年の焦げたこびりつきが落ちた原因です。
トマトソースや甘酢、酢味噌など、...続きを読む

Q鉄の中華鍋でカレーを作ること

鉄製の中華鍋を使っています。
初期化に苦労しましたが、今はすごくいい被膜ができて一切焦げ付かず、テフロン顔負けにするすると炒め物ができるようになりました。

(QNo.758190で回答してくださった方、ありがとうございました!)

中華鍋は底に汁が集まるので煮物にも合理的だと思いますが、せっかくの油の被膜がダメになりませんか?

特に、カレーや酢を使った煮物に日常的に使っても、大丈夫でしょうか?
銀メッキのレードルをカレーに使ったら、いっぺんで酸化して悲惨な色に変わったので、怖いのですが。。。

中華鍋でカレーを作った経験のある方がいらっしゃったら、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

中華なべで普通にカレーも、酢を使ったものも作りますけど、なにもありません。
というか、そんなこと気にもせずに使っていました。。。

鉄の中華なべやフライパンを使う極意(?)は、料理が終わったら直ぐに洗うこと。
料理を移したら、空で熱して(汚れはそのまま)、軽く煙が出たら流しに運び、水をジュッと入れるとタワシで軽くなぞる程度で汚れは簡単に落ちますので、また空で熱して油を引いてお手入れ完了です。
汁気の多いものなどを作った後は、初期化前に近くなってしうこともありますけど、直ぐ洗って油を引いておけば元の初期化後にもどります。

カレーも酢を使ったものも、普段からこのお手入れを怠らなければ大丈夫です。
やっぱり一家に1個は鉄製中華なべですよね!
テフロンは使い方がデリケートで、どうも性に合いません。

Qサビって食べても問題ないですか?

フライパンや魚の網などサビがよく出るのですが
いつも「これって食べても平気?」って疑問に思ってました。
どうなんでしょう?
またサビを出さなくする方法とかあったら教えてください。

Aベストアンサー

サビの種類によっては有害なことがあります。
サビが巨大で胃壁や腸壁をきずつづけてしまう場合(サビに手を触ったらば手が切れたのと同じに考えてください。ただし.手の皮膚は少しくらいでは傷つきませんが胃長官は簡単に傷つく)

水道管などのサビの場合.純度100%鉄さびならばほぼ問題はないのですが.鉛5%含有とか銅5%含有とか.変なものが混ざっている場合があります。化学薬品として販売されているサビは大体が子の手の類で.不純物に有害な成分が含まれている場合です。

鉄サビが成分が酸化鉄だけならば宵のですが.酢酸鉄のような有機鉄が混ざっている場合鉄の吸収が極端に多くなって.鉄の中毒になります。

サビ止めは.表面に油を塗って.炭化して炭にして覆ってしまうのが簡単です。しかし.すみの中に発ガン部室が含まれている場合があります(例.ハンバークに含まれるない安治ん熱分解物)。

Q鉄の中華なべを拭くといつも茶色いのですが・・

最近、初めて鉄の中華なべを買いました。

ネットで調べたとおり、煙が出るまで焼いて、その後洗って、熱して野菜くずを炒めて、使い始めました。使用後もすぐ洗っていました。

しかしある日、訳あって、使用後に一晩洗わずにおいてしまいました。翌日、油が凝固したような状態で、お湯であらっても綺麗に感じなかったので、洗剤と緑の硬いスポンジを使って洗ってしまいました。

洗っているうちに、こするたび黒い水がでてきて、手も真っ黒になってしまいました。きりがないので、やめましたが、終わったときは底が銀色に近くなりました。

キッチンペーパーでふいたら、黒緑っぽい色がつきました。とりあえず綺麗にふいて、強火を長くかけました。全体が、銅色っぽい茶色になりました。油をいれて、また野菜くずを炒め、油を拭いて保管しました。しかし、その時キッチンペーパーに茶色い色がつきました。

それ以降、使用後にお湯であらってキッチンペーパーでふくと、茶色っぽい色がつくようになりました。以前はそういうことがなかったので、これは錆びなのかなと、心配になりました。

もしこの状態がいけなければ、どうしたらよいか、教えてください。宜しくお願いいたします。

最近、初めて鉄の中華なべを買いました。

ネットで調べたとおり、煙が出るまで焼いて、その後洗って、熱して野菜くずを炒めて、使い始めました。使用後もすぐ洗っていました。

しかしある日、訳あって、使用後に一晩洗わずにおいてしまいました。翌日、油が凝固したような状態で、お湯であらっても綺麗に感じなかったので、洗剤と緑の硬いスポンジを使って洗ってしまいました。

洗っているうちに、こするたび黒い水がでてきて、手も真っ黒になってしまいました。きりがないので、やめましたが、終わった...続きを読む

Aベストアンサー

自分も「元洋食の調理師」です。
自分の場合は鉄のフライパンでの経験ですが、茶色と言うのは「錆」ですが、黒い色というのは元々錆びないように製造メーカーが施したもので、多分無害なものをコーティングしてあるとは思われます。
洗い方は、金属製のものや、スポンジの裏に張付けられている物ではなく、植物性の「カメの子たわし」で徹底的に洗って下さい。
黒い色が気にならなくなる位に洗って、色が出なくなったら、布巾でも何でも良いので水分はきっちりふき取って下さい。
次ぎに、サラダ油をあふれないギリギリまで入れ、コンロで火のつかない温度でおおよそ確か2時間位、じっくり火に掛け鉄に油を染み込ませます。
(ある程度高温になったら火を弱めじっくり弱火で)
言葉では簡単ですが、火災も懸念されますので、プロの調理場であれば絶えず加減もできますが、家庭では十分注意してください。
使ったサラダ油は天ぷら用の鍋に入れ、天ぷらを造る時に使ってて下さい。
十分油が染み込めば、暫くはくっつかなくなりますが、時間が経つと鉄の宿命でくっ付き始めます。そうなると端に食材がこびり付くことが出るため、今度は金属のたわしで、徹底的にこび付いたカスを取り除きます、そうしないと、カスが付いていた部分が剥がれ浮いてきて、その分だけ油が汚れますし、鉄鍋全体に満遍なく油分が行き渡らなく、一部くっ付く原因になりかねません。

日々の手入れは、そのままですと錆びますから、使い終わったらテルテル坊主のようなものを造り、サラダ油を付け、鍋に薄く塗ります。
キッチンペーパやテッシュを丸めて使っても構いませんし。
使っているうちに、やはり縁にカスはこびり付いてきますが、徹底的に落として、前記のようにして使って下さい。

鉄分も補えますしテフロンに比べ一生モノですしね。

自分も「元洋食の調理師」です。
自分の場合は鉄のフライパンでの経験ですが、茶色と言うのは「錆」ですが、黒い色というのは元々錆びないように製造メーカーが施したもので、多分無害なものをコーティングしてあるとは思われます。
洗い方は、金属製のものや、スポンジの裏に張付けられている物ではなく、植物性の「カメの子たわし」で徹底的に洗って下さい。
黒い色が気にならなくなる位に洗って、色が出なくなったら、布巾でも何でも良いので水分はきっちりふき取って下さい。
次ぎに、サラダ油をあふれな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング