『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

最近カプースチンの音楽を聴いて現代音楽にも興味を持つようになりました。
200年前~100年前のクラシック作曲家について紹介している本は沢山ありますが、
ここ何十年前から今までの間で活動中の現代クラシック作曲家の情報を掲載している本はあまり知りません。
Wikipediaである程度の現代音楽家は紹介していますが、カプースチンのようにWikipediaには載っていないけれど活躍しているorいた素晴らしい現代音楽家とも沢山出会いたいのです。
雑誌、本、事典、インターネット上のページなど皆様が活用している中でクラシック現代音楽家についての情報をできるだけ沢山紹介しているものがありましたら教えて下さい。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

音楽之友社から出ている「クラシック音楽の20世紀」の第2巻「作曲の20世紀II」(監修・長木誠司)という本がありますが、作曲家の情報が多くて良いのではないでしょうか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

紹介して頂いた書籍はとても良さそうですね。シリーズもののようなので別の巻を参照しないとわからないような内容が展開されていないと良いのですが。
紹介して頂きありがとうございました。

お礼日時:2008/03/12 23:21

私が今まで読んだ本を、おすすめの順番に書くと、



松平頼暁 著「20.5世紀の音楽」
マイケル・ナイマン著「実験音楽」

です。よろしければ参考にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスがなかなか来ないので諦めてこのページを確認することを忘れていました。
紹介して頂いた書籍は近くの本屋、図書館に置いてありそうにないので都心の本屋に行くか図書館で取り寄せてもらう必要がありそうです。
現代音楽家に関する情報が少ない自分には情報を頂けるだけでありがたいです。ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/12 23:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング