私には母親がいないんですけど、母親がわりにすごく慕っている人がいます。
その人が先月末に子宮ガンと告知されました。去年の年末に会った時 いままでにない下腹部の痛みと、かなりの出血があると言って かなり辛そうでした。
その時病院に行くと、年末という事もあってか 腸感冒と言われて、本人もおなかの風邪だと思っていたみたいです。そして今年のはじめ やっぱりおかしいと思ってもう一度病院に行ったところ 検査をしました。それで先月末に子宮ガンと言われたそうです。それでいろいろ検査をしたみたいで、その結果が、ガンはごく初期で 他への転移はない 手術をすれば治ると言われたらしいです。
本人はやっぱりショックをうけてるので、いろいろ聞きたくても聞けません。
私は 本当にそれを信じていいのかわかりません。ただ私を心配させまいと
本当のことを隠しているんじゃないかと、悪い方へ考えてしまいます。
ガンは、初期には症状がでにくいと聞いた事があり、症状が出たときは ガンは進んでいるって聞いた事があります。全部が全部そう言うことではないのでしょうか?今は色々な事を考え パニック状態です。
それで手術は今月の終わりにうけます。
いろいろな知識を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ご心配ですね。

でも、あなたがうろたえることがお知りあいの方をより不安がらせたりもするので、その方の前では普段と変わりなく日常の会話をしてあげてくださいね。しかし、お知りあいの方といえどもお母様同様に慕い懇意にされた方がご病気とは心情お察しします。
『かなりの出血があり・・・』とあったので、myeyesoniyさんのご説明にあったように子宮けいがんと考えて書かせてもらいます。このガンの5年治癒率はI期で84.7%といわれています。病気の発見が早ければ早いほど治療成績がよいときいています。この病気がなぜなるかのところはいまのところ不明のようですが、ホルモンとくにエストロゲンが関係しているときいたことがあります。閉経後の女性の場合、体内の脂肪の中にホルモン(エストロゲン)が蓄積されているのでお知りあいの方が体格がよい場合、手術を終え退院して自宅に戻られた場合食事面で動物性脂肪の摂取をひかえ肥満にならないように気をつけられることがよいかとおもいます。それと、婦人科のへの定期検診と平行して外科(乳腺科)への乳癌の検診も合わせて受診されることをおすすめします。こちらも同じくホルモンが密接に関って起こるので早期発見、早期治療が効果をあげています。子宮ガンの手術後は、しばらく下腹部に痛みがともないますが(クシャミ、笑ったりしても・・・)これも入院中に日にち薬のように一日一日すぎていくとともにおさまります。退院時には、痛みもとれているとおもいます。退院後無理をしないよう気を配ってあげてください。半年ぐらいは、重いもの(例えば、みかん箱・・・)を無理してもつようなことしないほうがいいかと思います。あまり、参考にならなかったらごめんなさい。お知りあいの方の手術後の経過が快方に向かわれることお祈りします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。子宮ガンは体ガンらしいです。
また私の場合、本当の親子でないので、気持ちの問題もいま少し考えさせられています。 
でもこうして 知らない人なのに、いろいろ親切に教えていただいたりして
嬉しく思います。だから本当の親子でなくても 乗り越えていけるんじゃないかと
思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/02/09 12:53

 俺のお袋も一昨年、初期子宮癌、本当に初期の為癌保険には引っかからない、と云われてる癌0(ゼロ)による子宮摘出手術の為52歳で都内の大学病院に入院しました。

本人も親父先生も全く心配せず、「私が死んだら密葬に…」と冗談が言えるほど楽にしてました。手術も上手くいって摘出された子宮も見せてもらいました。「どうしますか?」といわれましたが、処分してもらいました。「初出産より痛かった。」と術後最初の面会で卑屈な顔して言ってたの忘れられません。2~3日は痛みと戦っていました。
家に帰ってきてから、当然ですが、1週間は家事がコレっぽちもできません。1ヶ月は“自律神経失調症”でだらだらです、半年ぐらいは調子が悪いといってすぐ寝こんじゃいます。今は海外旅行やgolf趣味の手工芸に忙しい日々を送ってます。
 
 家の場合お袋が以外、女性がいない家族で親身になれる人がいないのもさっぱりしてたかもしれません。こんな事を書くと女性陣から非難を受けそうですが。
現実問題、解らないものは解りません。そのものを倫理的に備えられないのですから。

参考になるか解りませんが、癌0に関しては欧米諸国とかは病気にもならないぐらい日常的(ちょっと大袈裟かな)らしいです。

術後に関しては身の回りの世話に忙しくなる覚悟が必要でしょう。

 尚、この質問に関して回答した方みなさんは、ちょっと気がかりであろうと思います。随時返答するまでとはいいませんが何等かのリアクションを起した方が良いと思います。新しい回答が登録されたらメールで知らせて欲しいにチェックしておきますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。
ごく初期のがんでも、子宮摘出になるんですね。子宮全摘と聞くとすごく悪いって感じがしていたので 私が思っていたことは、正しくなかったんだと思いました。
その私には母親だと思っている人は、身の回りの世話をするって言うと
来なくていいと言います。私には家族がいないから っと言うんです。
今その人とは 車で2時間くらい離れた所に住んでいるんですけど、私にも家族があり、あまり自分の自由がきかないのも確かで、でも入院したら毎日でも通って
世話をするつもりです。そう言う気持ちが彼女には、重いのかなと考えたりしています。これからがんばって 一緒に治していくつもりです。

お礼日時:2001/02/09 12:23

私は専門的な事はわからないのですが、手術をするのは治る見込みがあるからするのが普通ですから、あまり悪い方向にお考えにならないで下さればと思います。


私の母も一昨年前に子宮癌の手術を受けました。年齢が高かったのでリスクを取らずに広汎子宮全摘出術となりました。念のため程度で化学療法もしました。
nattuさんの知人の方はどの程度の手術を受けられるのか知りませんので一概には言えませんが、母の場合は手術した後は体の回復はもちろんですが、それと共に精神的な部分の回復が大変だなあとつくづく思っています。
術後もショックが拭い切れないようで、軽いうつ状態が続いています。病院で聞くと、手術を受けた人は多かれ少なかれ、今後の不安なども含めて精神的にダメージを受けていると仰っていました。
その方も突然のことで動揺されていて、今すぐには詳しく話したりは出来なくても不思議ではないのではないでしょうか。その方の親類の方に伺ってみるか、または病院によりますが、本人が親類が無い場合は、本人が承諾して同伴していれば病状を話してくれる事もあると思います。
周囲の人の支えがとても大切だと思います。いつでも手伝ってあげられるように元気で居てください。病気について勉強する事と共に、治るんだと信じる気持ちでその方に接するようにしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
がんばって前向きにいきたいとおもいます。
ただ今も少し気持ちが不安定なようで、誰にも会いたくない 外に出たくない と
言っています。
これから、もっと大変だと思いますけど、がんばって一緒に治していきたいと
おもいます。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/02/09 13:01

お詫びと訂正を書かせてもらいます。


ガンの5年治癒率はI期で84.7%と書きましたがMiJunがお書きの92.1%というのが最新の結果だとおもいます。いいかえてみれば、ここ数年で医療技術等の進歩により早期発見・早期治療の場合、この病気にたいする治癒率があがったと考えられます。ご心配の中、不確かな情報でお気を惑わし大変申し訳ありませんでした。
    • good
    • 0

kawakawa教授の回答がありますが、以下のサイトは参考になりますでしょうか?


「子宮頸部がん」
このページで「病期」ではおそらく「0期」か「I期」ではないでしょうか?
さらに「5年生存率」でI期で92.1%です。
参考のために
http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/sites/0sj/c …
(子宮体部がん)
もあげておきます。

恐らく「子宮頸部がん」ではないでしょうか?

更に、
http://wwwinfo.ncc.go.jp/statistics/stats1999/ja …
(がんの主要部位別・年次別・性別・年齢調整死亡率 (昭和45年~平成9年))
この図を見ると「子宮ガン」の死亡率の低下傾向がわかると思います。

以下のサイトではいろいろなサイトが紹介されてます。
http://www.ktx.or.jp/~kenkou/link/linkcan.html
(『がん克服』総合リンク集)

主治医と良く相談の上で早期に手術・治療される事をお勧めします。

お大事に。

参考URL:http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/sites/0sj/c …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
いろいろなサイトを教えていただいて 見させていただきたいとおもいます。

お礼日時:2001/02/09 12:43

子宮癌の概略については、myeyesonlyさんが書かれていますので、治療関係の概略を。



子宮体癌の場合;基本となるのは外科手術です。癌部分の外科的切除や子宮摘出が行われます。子宮以外に癌が広がっていなければ子宮摘出(卵管、卵巣を含む)を行うことで、ほぼ大丈夫な場合が普通です。
癌が子宮外にまで広がっている場合は、化学療法剤とプロゲスチンの投与、そして、場合によっては放射線療法が併用されます(癌が広がっていない場合でも、念のために化学療法剤とプロゲスチンを投与することも多いです)。
尚、プロゲスチンを服用することで、体重増加やウツ状態が現れることがあります。
早期発見ができた場合の5年間生存率は90%です。

子宮頸癌の場合;上皮内癌(一番外側の層にだけできた癌)の場合、完全に除去できます。
上皮内癌以上に進行している場合、子宮と周辺摘出が行われます。
骨盤にまで広がっていない場合は放射線療法が有効ですが、卵巣機能の停止を覚悟すべきでしょう。

非常に簡単に述べてみました。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
子宮体ガンだったようでう。
やはり外科手術は、かなり大変なんでしょうか?
手術の日は、来なくていいと言います。
でも家で待っているのも気になると思うので。今も少しウツのような感じで
本人の言うことを聞いた方がいいのかと考えてます。

お礼日時:2001/02/09 12:40

子宮ガンには大きくわけで、子宮体ガンと子宮頸ガンがあります。


体ガンの方は仰るように症状が出にくいです。逆に頸ガンでは、初期から症状が出やすいです。理由はガンなってる場所です。
体ガンは、子宮頸部より奥の方で、子宮の筋肉内、あるいは外側だったりするので、出血があっても子宮筋肉内に貯まるか、腹腔内に散ってしまうので、目立った出血としてでてきません。逆に頸ガンは、出血はすぐに血性のおりものとして発見され、これはごく早期でも出血があれば認識できます。
そんな訳で、全体的には早期発見がやりやすい頸ガンは予後がよく、体ガンはあまり良くないといえます。しかし、体ガンでも早期発見で、転移がなければそんなに怖いわけではないです。なお、症状の出方と病期とは一致しませんのでご注意ください。
どんなにひどい症状が出てても、ひとところに収まってて転移がなく、他の組織まで侵してなければ早期です。

以上、非常におおざっぱですが、簡単に説明しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが、返答ありがとうございました。
聞いたところ、子宮体ガンのようです。
今は、痛みがなく少し落ち着いて暮らしているようです。
これから入院、手術と大変な毎日だと思いますが、がんばって乗り越えていきたいとおもいます。

お礼日時:2001/02/09 12:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子宮ガン検診の細胞診の結果

40歳検診で子宮頚ガン検診を受けたところ、1週間後に(3)aと結果が出て、その場でもう1度細胞診を受けましたら、また(3)aでした。1度目の結果が出た後、インターネット等で調べていましたので、(3)aならば経過観察だと思っておりましたが、私のかかった近くの総合病院の先生は、「(3)aの中でも軽度ですが、検査で引っかかった以上、大学病院で部分切除するように紹介状を書きます。」と、おっしゃって、今日紹介状をもらって帰ってきました。私の知り合いにも(3)aの方が居られますが、経過観察されていますし、インターネットで見ても、(3)aの場合すぐ手術とは書いていないのですが、他の病院で、セカンドオピニオンを求めた方が良いのでしょうか?どうするべきか、悩んでいます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も以前グレーゾーンの3aが出たことがあります。
細胞診は粘膜をちょっと見るだけだから、実際に細胞を取ってみないと解らない事も多い、と私も言われましたが、まずは経過観察ということで、同じ病院で3ヶ月後、6ヶ月後、その半年後、と検査をしました。
2回目以降はステージ1で白という判断がでました。
以降は1年に1度の検査です。

ご心配でしょうし、納得が出来ないならまずはセカンドオピニオンを求められたほうが良いと思います。
その大学病院に行ってもまずは検査から始められると思いますので、その結果を見て相談されても良いと思いますよ。

Q子宮ガン検診の検査方法って・・・

こんにちは。
過去の質問を検索しましたが見つけられませんでしたので
質問させて頂きます。

今日子宮ガン検診を受診しました。
事前にネットで情報を調べたところ子宮ガン検診は子宮の細胞を
こすり取って顕微鏡などで調べる という検査方法だったのですが、
例えばこすり取った部分がガンではない正常な細胞だったとしても
子宮ガンを発見できるものなのでしょうか?

それが不思議でなりません。
お詳しい方や専門家の方がいらっしゃいましたら回答頂きたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 子宮ガン検診には子宮頸ガンと子宮体ガンの2種類あります。

子宮頸がんは膣の部分ですので、怪しい所が見えるのでそこの細胞をこすり取ります。なので90%の確率で判断できます。
ただし子宮体ガンは見えないので医師の腕次第になります。でも子宮の大きさはこぶしくらいなので、それほど的が外れるわけではないので、70%位となります。

 だからそこが正常細胞だった場合は正常と判断されてしまうのです。
でもどんな検査だって絶対はないんです。他の部位のガンだって医者の見立てが悪ければ見逃されてしまうのですから。

 ちなみに私は妊娠で2回子宮頸がんの検査しましたよ^^。

Q子宮ガン検査について

子宮ガン検診で2回続けて3aが出てしまい、今度組織検査をすることになりました。
とても不安です。結果も不安ですが、組織検査そのものが怖いです。
子宮口の組織を3箇所削ると聞きましたが、苦痛を伴うのでしょうか?
痛みを伴うなら、その痛みを軽減する呼吸法などありませんか?
恐怖感でいっぱいです。ご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

人間ドックのガン検診(婦人科)で、組織検査ありました。その場で組織を削ると言われ不安に思っていましたが、ぜんぜん何ともなかったですよ。痛みはゼロでした。

高校生の頃、授業で舌の組織を削って、血液型を調べませんでしたか?あれと同じような感じかな~と、思います。組織って、ざくっと肉を削るのではなくて、表面を軽く削り取るだけだと思います。

Q子宮ガンで3と4の間とは

知人が、昨年12月にがん検診を受け、異常なしだったのですが、
1月の半ばごろ、不正出血があり、病院へ行くと、癌の3と4の間と
言われたそうです。

検診後、1ヶ月ちょっとしかたっていないのに、おかしいなぁと思う
のですが、そんなことはあるものでしょうか。

それと、3と4の間とは、具体的にどのくらい進行しているのでしょうか。

6月まで様子をみようということになっているらしいのですが、その間
何かこうすればいいとかいうことはないものでしょうか。
そんなに何ヶ月もほおって置いていいものなのでしょうか。

なんでも結構です。教えて下さい。

Aベストアンサー

>3と4の間とは、具体的にどのくらい進行しているのでしょうか
細胞診をされたのでしょうか・・・?

以下の参考URLが参考になりますでしょうか?
「クラス分類のまとめ」

◎http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/cancer/010210.html
(子宮頸部がん)
◎http://www.jfcr.or.jp/information/symptom/inf_sym_shikyuu.html
(子宮がん)

ご参考まで。

参考URL:http://www2.plala.or.jp/oniwa-kokko/saibousin/class-bunrui1-js.html

Q肺ガン手術後・これは本人の甘えですか?(長文です)

父親が肺ガンの手術を無事に終えました。完全に切除でき術後も極めて良好な状態です。退院を勧められていますがいくつか気になる点があるので質問させてください。

3日ほど前貧血がひどくなり400mlほど輸血しました。この貧血の原因はストレス性の胃潰瘍と十二指腸潰瘍が発見されそれが原因だと思うとのこと。投薬治療中です。

この輸血後、今日で4日目になりますが発熱が続いています。こまめに検温をしており朝は注射(解熱剤と鎮痛剤)を使い夕方は座薬でしのいでいます。注射のせいか昼間は面会に訪れても本人がボーッとしている状態です。(眠気がある)

今日は昼食を取りに行ったところ(病室から歩いて食事を取りに行く)
急に意識が遠のき動けなくなってしまったそうで看護士さんにベッドまで連れて行ってもらったそうです。
注射の副作用でこのようなことが起こりますか?

医師の説明では
(1)発熱の原因は輸血によるものではないかと思う。
(2)外科的には順調なので自宅に帰り気分転換が必要なのでは?
(ということは精神的な問題??)

ということでした。これは納得ができるのですが
「輸血後の発熱は通常どの程度続くものなのでしょうか」

それと手術前から高かった「カルシウム」の数値が術後も下がりません。
当初は腫瘍性の高カルシウム血症と診断されており、嘔吐や便秘、イライラなどで大変辛い思いをしてきました。(点滴で一時的に下げてもらっていましたが繰り返しでした)
根治手術を行ったのに(2週間近く経過します)数値が下がらないというのはどういうことを意味するのでしょうか?

医師からは退院を勧められているのにこの状況では本人の気持ちの問題なのではないか?と身内から言われて困惑しています。
分かりにくい質問で申し訳ないのですがお答えできる方がいらっしゃいましたらよろしくお願い致します。

父親が肺ガンの手術を無事に終えました。完全に切除でき術後も極めて良好な状態です。退院を勧められていますがいくつか気になる点があるので質問させてください。

3日ほど前貧血がひどくなり400mlほど輸血しました。この貧血の原因はストレス性の胃潰瘍と十二指腸潰瘍が発見されそれが原因だと思うとのこと。投薬治療中です。

この輸血後、今日で4日目になりますが発熱が続いています。こまめに検温をしており朝は注射(解熱剤と鎮痛剤)を使い夕方は座薬でしのいでいます。注射のせいか昼間は面会...続きを読む

Aベストアンサー

現場を離れて、五年ほど経っておりますので、医学的な説明は遠慮したいと思います。ただ、お父様の年齢(質問者さまの文面から察するにおそらく60代~?)や、本人への告知や病状説明の状況によって、多少見解は変わりますが、一概に精神的なものとは言いきれないのでは・・・と感じました。

周りのご家族にとっては、カルシウム値が高いところから来るお父様の症状とそれに付き合うこと、さらに癌や手術という場面になり、きっと家族も疲れが出てきてしまっているのではないでしょうか。心配する気持ちや治るためにできるだけ協力したい気持ちと、その反面今後の診とおしへの不安・現状の不満・疲労など、どうしても周りが(悪い言い方ですが)振り回されてしまう面もあるかと。
だから、悪い病気はとってもらったのに現状が伴わないのはなぜ?というような気持ちになり、その矛先がお父様の意欲が足りないとかそんな感じで現れてしまっているのではないでしょうか。

ただ、確実に言えるのは、発熱があるということ。コレは本人の気力で出したり下げたり出来るものではありません。客観的にこういった状況があると言うことだけは、気力の問題だと言いきれないと思うのです。では発熱の原因がなにか?癌については一応の結果が出たのに改善されないことはなぜか?・・・これについては、主治医との再々度話をするとか、セカンドオピニオンを求めるとか、考えうる可能性から詳しく検査をするか、退院して環境を変えるか。

年齢がわからないのですが、高齢であれば、長期の入院や環境の変化で離床(おおまかに、寝ている状況から脱出する。発病前の活動状態に戻る=ベット:床から離れる)が遅れたり、痴呆の出現が怖いところ。
また、手術は相当な体力を消耗しますし、発熱が続いていれば体力が回復しにくいです(逆に消耗します)。
加えて貧血があるのであれば、貧血も発熱(多くは続く微熱)の原因となりますし、めまいやふらつき、体力の回復を妨げる要因となります。

熱があるなら解熱剤を飲めば良い、貧血なら鉄剤を飲めば良い・・・そんなマニュアル通りに行かないのが難しいところです。複数の疾患(不調)があればなおさら、身体全体への影響も考えつつ右から左に対応できなくなり、こういったケースの方がむしろ多いかもしれません。

質問の内容に沿うようなお話でなく心苦しいのですが、個人的な印象ですと、お父様の状況は、もう少し病院との付き合いが続くかもしれません。

最後に、ご家族のジレンマは相当なものでしょうけれど、けっしてお父様の尻を叩くような事だけはされませんように。。。一番つらくて苦しいのは本人!ということだけは心に留めて、急かすような言動だけは避けた方がよいかと思います。気力の問題は当然あります。病気になった人は誰だって不安になりますし、治療を受けても手応えが思うようでなければ焦ります。焦りが不安を煽り、必要な安静(例えば睡眠)や体力の回復に必要な栄養(食事)がとれなくなってしまう悪循環に。

例えば、退院を勧めるとしても、「頑張って手術したんだから、家でのんびりしてみたら?」という感じで話をするとか、必要であれば看護士長などに相談をして(在宅看護の方向性も視野に入れつつ)家族の負担をなるべく軽くする手段など、幅を広げてみるのも一つかと思います。まずは、現状の問題点がいくつかはっきり出ていらっしゃるので、その対応方法を医師に示してもらい、家族がそれに応えられる範囲もいくつか候補を上げてみる(必ず無理のない範囲で)。そこで補えないことがあれば、公私とものサービスについて情報を得てみる。
そして、忘れてならないのが、お父様ご本人がどうしたいのかという事。これを聞くために、どこまで現状を告げるかもまた課題ですが・・・。

言葉足らずなまま充分なフォローが出来ず、感じたことばかり書いてしまい申し訳ありません。。。

現場を離れて、五年ほど経っておりますので、医学的な説明は遠慮したいと思います。ただ、お父様の年齢(質問者さまの文面から察するにおそらく60代~?)や、本人への告知や病状説明の状況によって、多少見解は変わりますが、一概に精神的なものとは言いきれないのでは・・・と感じました。

周りのご家族にとっては、カルシウム値が高いところから来るお父様の症状とそれに付き合うこと、さらに癌や手術という場面になり、きっと家族も疲れが出てきてしまっているのではないでしょうか。心配する気持ちや治...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報