電子書籍の厳選無料作品が豊富!

初めてなので何かご不満な所があればお伝えください。

今、海外版の日本のコミックスについて凄く興味が
有ります。何でも良いので色々と情報を教えてください。

例えば海外で発売される条件、売られているコミックス、
どんな国で発売されているかなどです。

ジャンプ、エニックス系の情報もお待ちしています。

本当に些細なことでももう何でも結構ですので・・・。
どうか私を助けてください。御願いします。

A 回答 (7件)

北米とフランスの情報があるので自分はドイツから。


ドイツの地方都市で本屋に入ったときに
ずいぶんとたくさんの日本のマンガが売られていることに驚きました。
ドラゴンボールが特に多かったです。
ドラゴンボールの表紙は日本のものとは違いましたが、
日本のと同じように1巻から順番に背中を合わせて並べると
一つの絵になるようになっていて感心したのを覚えています。
他にもいろいろありましたが有名どころでは
高橋留美子の作品とかポケモンとかあったかな?
あまり詳しく見たわけではないですが、
フロアーのかなりの棚を埋め尽くしていたのを覚えています。
マンガとアニメのどちらが先に入って来たのかは分かりませんが、
テレビでは毎日のように日本製のアニメが放映されていて
驚きました。(当然ドイツ語です)
本筋とははずれますが、放送されていたのを目撃したのは
ドラゴンボール ポケモン クレヨンシンちゃん
他にもあったような・・・
    • good
    • 0

有名なものから行きますと、ドラえもん、ポケットモンスターなどがあります。


ドラえもんに関しては、アメリカ、イギリス、中国など約10カ国以上でマンガになっています。
あとほかはあまりわかりませんが、以前エニックス系のギャグ王という雑誌(今ではこの雑誌はありません。)に連載されていた少年探偵彼方ぼくらの推理ノートというマンガが、台湾で出版されていたと聞いたことがあります。
    • good
    • 0

ごめんなさい。



#5ですがURLがつながってしまいました。

http://www.cartoonnetwork.com/

http://raijincomics.com/
でした。
それと
http://www.manga.com/newmanga/
こちらではアメリカで発売してるアニメのリストが見れると思います。

それでは、たびたび失礼しました。
    • good
    • 0

アメリカからです。


この秋にジャンプの集英社から初の本格的週間漫画雑誌
「RaijinComics」が発売されます。

タイトルは蒼天の拳、スラムダンク、グラップラーバキ、日本国初代大統領...。
などなどかなり充実してます。
私の意見としてはこれはかなり成功するんじゃないかと思います。

もうすでに日本のアニメはこっちでも認知されています。

もっとも影響力があるのはケーブルチャンネルの 「Cartoon Network」
でしょう。(アニメーション専門チャンネルです。)

そこではドラゴンボールを始め、ガンダムシリーズ、幽幽白書、犬夜叉
ハム太郎、カウボーイビバップなど放送されています。

他の子供向けチャンネルでは「ポケモン」「遊戯王」など絶大な人気ですね。

アニメの派生として、コミック、フィギュアなどは
ショッピングモールのビデオや、玩具や等で手に入ります。

「AKIRA」はもちろん
「桑原フィギュア」とか「テンシンハンフィギュア」とかありますよ。

ビデオではジブリ系もかなりの人気です。
最近「千と千尋の神隠し」がアメリカで上映開始しましたよ。

それと、Ans#1さんの言われたとおり、プリントが逆のコミックも多いので
例えば
「寄生獣」の「ミギー」が、「Parasyte」の「lefty」になってたりします。

こっちで「ANIME」と言う単語は「日本のアニメーション」のことをさします。
それぐらい認知されてるのです。

今後もどんどん新しいアニメが世界中に広がっていくと思います。楽しみです。

長々と失礼しました。 それでは。

参考URL:http://www.cartoonnetwork.com/ www.raijincomics.com
    • good
    • 0

パリには日本の漫画専門の書店があります。


そこで私は松本大洋氏の『鉄コン筋クリート』(仏題 AMER BETON)を購入しましたが、巻末には以下の本が紹介されていました。

『電影少女』桂正和(VIDEO GIRL AI)
『あさってDANCE』山本直樹(ASATTE DANCE)

他に邦題がわかりませんが…

DOMINION 士郎正宗
RG VEDA CLAMP
TOKYO BABYLON CLAMP
ANGEL 遊人

 またhinata841さんの趣味には合わないかもしれませんが、根本敬、丸尾末廣といったガロ系の漫画家の作品もアングラ・ショップで売られているようです。

 #2の方があげている出版社TONKANはTONKAMが正解です。
    • good
    • 0

フランスでは、日本のマンガがだいぶ以前から、翻訳されて出回っています。


火付け役は、鳥山明の『ドラゴンボールZ』でしょうね。

TVの子供向け番組で映像を流したのが始まりです。(たぶん15~20年くらい前の話です)
それまでフランスでは、子供向けのマンガと言うものがなく、劇画に近いものばかりで、今までの物と違うと言う事で、MANGAという新語が誕生した程です。
戦いの場面が多すぎると、親から文句が出たり、教育上の問題云々で議論されるほど、社会問題になったりもしました。

ここ2~3年は、新たなるマンガブームなのか、本当にいろいろなマンガの単行本が翻訳されて、本屋に出回っていますね。

題名を全てあげろと言われると、きりがないほどです。

知っている限りの題名をあげる必要がありますか?
(50以上はあると思います)

主な出版社は、Grenat,Tonkan,Kana,J'ai Lu Mangaなどです。

フランス語ですが、
http://www.glenat.com/accueil.htm
http://hanzen.free.fr/manga/manga/manga_index.html
    • good
    • 0

北米版についてしか知らないのですが……



文字が“横文字”なので絵(ページ全体)が反転印刷されているのがほとんどですが、最近ではTOKYOPOPなどが日本と同じく右から左へ読んでいくスタイルで出版しています。
洋書を見たことがあるのでしたらご存知でしょうが、日本のような「カバー」は付いていません。

どんな作品が出版されているかについては下記URLをご参照ください。

参考URL:http://www.animenation.com/, http://www.rightstuf.com/main.shtml
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!