材料を仕入れて手作りのカントリー雑貨を作って販売する
ネットショップを開業し、今回初めて青色申告(10万控除)します。

不勉強でこのような質問をすることを、お許し下さい・・・。

売上げに関する処理で質問なのですが、BSLシステム研究所の
「かるがるできる青色申告2008」のソフトを使って入力中なのですが
この3連休で、サポートセンターにも青色申告会にも質問ができず、
進まないので困っています。

このソフトをお使いの方、もしくは知識のある方々に
ぜひ教えていただきたいのですが・・・。

個人のお客さまに対する売上げで、口座に入金されます。
簡易簿記なので入金があった日に売上げということでいいと
言われましたが、このソフトで、掛けでなく処理することは
できるのでしょうか?

掛けにした場合、(このソフトではサポートガイドの17ページに、該当すると思うのですが)、
売掛金回収ボタンを押した画面で「売掛帳」の売上げ金額と
「出納帳」の支出金額の部分に、入力した金額が入っています。
(サポートブックに載っているのと違う部分に数字が入っています)
記入されている部分を消して、「売掛帳」の回集金額と「出納帳」の
収入金額の部分に金額を入力すればいいのでしょうか?
売掛金回収の日にちを入れると「売掛帳」で、売掛金回収は
表示されますが売掛金の部分が表示されません。

また、簡易帳簿では掛けは存在しないと聞いていますが、
プロバイダー料金・光熱費を生活費の口座から引き落とされる場合の
科目は、買掛帳の事業主借ということにするのでしょうか?
事業には関係ない口座で、その口座の差引残高も表示されますが、
あくまで個人で把握するためのもので、申告の数字には関係ないのですよね?

また、簡易簿記の場合、ネットで材料を注文と同時にネットで
送金し場合、預金出納帳の科目は、「買掛金の支払い」なのか
掛けではないので「現金仕入れ」で処理していいのかどちらでしょうか?

超初歩的な質問かと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>開業届けをしたときに、簡易簿記で現金出納帳と経費帳の部分に丸を…



この書類を出したのなら、たしかに『現金主義』です。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shi …

この書類で「簡易簿記」と現金出納帳などに○をつけただけなら、現金主義ではありません。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shi …

>先日青色申告会に入会して、ざっと説明を聞いた時に、「入金があった日に売上げ」…

青色申告会には、あなたがどんな届けをしたか正確に話しましたか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にありがとうございます。

>この書類で「簡易簿記」と現金出納帳などに○をつけただけなら、
現金主義ではありません。

こちらの方の書類でした!
裏にそのような説明があることに、全く気がつきませんでした。
申告会では、申請書を見せてなかったので、私の説明からそのように言われたんだと思います。

では、注文があった日と入金があった日を、売掛金と売掛金回収で
扱わないといけないわけですね?
また、ネットで材料を注文と同時にネットで送金し場合、預金出納帳の科目は、
現金仕入れではいけないということですね?

お礼日時:2008/02/12 09:12

>簡易簿記なので入金があった日に売上げということでいいと…



誰にそんなことを言われましたか。
入金日に売上計上でよいのは、青色申告でも「現金主義」を届け出てある場合のみです。
簡易簿記イコール現金主義ではありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2072.htm

>また、簡易帳簿では掛けは存在しないと聞いていますが…

簡易簿記とは、正規の簿記、つまり複式簿記以外の簿記を指すのであって、一般には「単式簿記」がこれに当たります。
単式簿記とは、お小遣い帳や家計簿と同じようなものですが、「掛け取引」がないなどということはありません。

確かに「現金出納帳」には掛けの入力は現れませんが、別に独立した「売掛帳」や「買掛帳」を作成しなければなりません。
複式簿記のように、「現金出納帳」と「売掛帳」や「買掛帳」が相互に連動しないだけです。

>生活費の口座から引き落とされる場合の科目は、買掛帳の事業主借…

単式簿記に固執するなら、買掛帳ではなく「経費帳」に「事業主借」です。

>事業には関係ない口座で、その口座の差引残高も表示されますが…

家事用口座は、「預金出納帳」として記帳する必用ありません。
事業に関係する分のみ、「事業主借」か「事業主貸」としてピックアップするだけでよく、残高表示までさせる必用はありません。
これは、複式簿記の場合でも同じです。

>材料を注文と同時にネットで送金し場合、預金出納帳の科目は、「買掛金の支払い」…

買掛金とは、あとからお金を払うことです。
この場合はむしろ「前払金」ですが、前払金でなく「現金仕入」としても大きな間違いではないでしょう。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

この回答への補足

初歩的な質問に答えてくださいまして、本当にありがとうございます。

私事ですが、4月に開業し記帳の仕方を勉強しなければと思っていた所、
主人が入院したりしたもので、この時期になって慌てることになり、わからない事だらけで本当に恥ずかしいです・・・。

開業届けをしたときに、簡易簿記で現金出納帳と経費帳の部分に丸をされていますが、
記入しているものは現金式簡易簿記(知人に兼ねているから大丈夫と言われたので)です。

先日青色申告会に入会して、ざっと説明を聞いた時に、「入金があった日に売上げ」ということで
いいと言われました。

・・・が、申告会の方には、売掛帳・買掛帳・経費帳・元帳をつけた方がいいとも言われました。

その時にはよくわからず、今持っている現金式簡易簿記に、とりあえず記帳して、
取りこぼしやすいので注意してソフトに入力してくださいとのことでした。

申告会にも色々聞いてみようと思っていますが、連休明けということもあり、なかなか電話がつながらないと思うので
こちらに質問をしてみましたが、また質問させていただくことがあるかもしれませんので、
その時はよろしくお願いいたします。

補足日時:2008/02/11 22:45
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフリーランスの青色申告、消費税について質問です。

フリーランスの青色申告、消費税について質問です。
毎年青色申告をしているフリーランスなのですが、今年新規で取引をした会社が、ギャランティに消費税を加えて支払っています。

具体的にいうと、その会社からのギャラは1年間の合計で500000円くらいなのですが、それに消費税25000円分を加えてそこから源泉52500円を引いた472500円の振り込みとなっています。

このような場合、消費税はどのような扱いにすればいいのでしょうか?今まで消費税を加えて支払ってきた会社は皆無だったので、教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

>今まで消費税を加えて支払ってきた会社は皆無だったので・・

質問者は免税事業者ですか。それとも課税事業者ですか。


消費税法の立場で見ると、ギャランティには消費税が含まれます(←役務の提供には消費税が課税されます)。取引先の会社との話し合いでどうであろうと、取引先の会社との間で交わす書類(請求書など)に何と書いてあろうと、国は国の立場で独自に消費税を課税するのです。

◇質問者が免税事業者の場合:

質問者にはギャラに含まれる消費税を納税する法的義務はありません。消費税のことは無視して良いです。

ただし、消費税を含む全額が売上高になりますよ。


◇課税事業者の場合:

質問者にはギャラに含まれる消費税を納税する法的義務があると考えて下さい。ただし、仕入税額控除後の税額を納税します。

Qやよいの青色申告 ビズソフト青色申告 ソフトについて。

ソフトの乗り換えを検討しています。
「やよいの青色申告」と「ビズソフト青色申告」で検討していますが、
両者を使われた事がある方いらっしゃいますか?
使用してみて両者の違い・使い易さや感想など教えてください。
サポート関係の対応・必要性も知りたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

年末にビズソフト青色申告を買いました。
画面がとてもきれいです。弥生は有名ですがちょっと画面が古い感じがします。
サポートは電話していないのでわかりませんが、勘定奉行と関係ある会社みたいで勘定奉行の社長がビズソフトの役員になっているので大丈夫と思いますよ。

Qやよいの青色申告 消費税 仕訳

やよいの青色申告ソフトで簡単入力を使って仕訳しています、銀行口座より消費税の引き落としがありましたが入力方法仕訳の方法が分かりません お分かりなる方いませんか

Aベストアンサー

税込経理、税抜経理の仕方にもよります。
税抜経理処理で期中に仮受消費税、仮払消費税を計上させ、期末に未払消費税計上している場合は、消費税納税時には未払消費税を消す処理が入るだけです。
期中:
現金預金108000/売上100000
/仮受消費税8000
仕入40000/現金預金43200
仮払消費税3200
仮受消費税8000/仮払消費税3200
/未払消費税4800
納付時:
未払消費税4800/現金預金4800

また税込経理の場合、期末に租税公課/未払消費税と計上しているのであれば、納付時には未払消費税を消す処理だけです。
税込経理で期末に未払消費税を計上していなければ、納付時に租税公課計上すればいいです。

Q個人事業ですが青色申告のソフトを頂きましたが「やよいの青色申告06」と

個人事業ですが青色申告のソフトを頂きましたが「やよいの青色申告06」というバージョンでした。
初めての確定申告ですので、このソフトでも現状の確定申告に対応出来るのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「やよいの青色申告06」は、確定申告書作成機能については平成17年分のみに対応しており、平成17年分以外の年分の確定申告書を作成しようとしてもエラーメッセージが出て先に進めないはずです。

それに減価償却は平成17年ですからおそらく旧定額法、旧定率法しか対応していないと思います。

しかし、伝票入力(振替伝票、入金伝票、出金伝票)や帳簿入力(現金出納帳、預金出納帳)から仕訳日記帳、総勘定元帳、試算表、青色申告決算書までは支障なく運用できます。

従って、減価償却や確定申告書作成の機能を使わないで、記帳業務に限って運用する前提なら一応使用できることになります。
(減価償却は量が少なければ手計算ないし表計算ソフトで、確定申告書は国税庁HPの確定申告書作成コーナーでも作成できます。)

Q弥生の青色申告 消費税の入力について

今年、消費税を申告する必要があります。

弥生の青色申告を使っているのですが、消費税についてよくわからなくて困っています。

(1)請求書を出した時点を売り上げの発生としているのですが、売上高は税込み・税抜きどちらで入力するのがやりやすいのでしょうか?
(2)(1)で税込みで入力した場合、入金された時に、掛け代金回収になるのでしょうが、消費税はどのタイミングで発生していることになるのでしょうか?
というのは、年度を跨いだ場合、次年度が消費税納税義務者ではありません。
(3)前年の売掛金が本年振り込まれた場合、消費税の扱いはどうなりますか?ちなみに、前年は消費税納税義務者ではありません。
(4)消費税に対して行う、決算仕訳とかってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>(1)請求書を出した時点を売り上げの発生としているのですが、売上高は税込み・税抜きどちらで入力するのがやりやすいのでしょうか?

売上高は、課税事業者の場合は税抜きで、免税事業者の場合は税込みで入力するのがやりやすいです。

ところで、会計でも税務でもそうですが、請求書を出した日で売り上げを認識するのは誤りです。消費税法基本通達での「資産の譲渡等の時期」の取り扱いを書きます。

◇消費税法基本通達9-1-1(棚卸資産の譲渡の時期)
棚卸資産の譲渡を行った日は、その引渡しのあった日とする。  

消費税法基本通達9-1-2(棚卸資産の引渡しの日の判定) 
棚卸資産の引渡しの日がいつであるかについては、例えば、出荷した日、相手方が検収した日・・(など)その引渡しの日として合理的であると認められる日のうち、事業者が継続して棚卸資産の譲渡を行ったこととしている日によるものとする。以下略

◇消費税法基本通達9-1-5(請負による資産の譲渡等の時期)
請負による資産の譲渡等の時期は、別に定めるものを除き、物の引渡しを要する請負契約にあってはその目的物の全部を完成して相手方に引き渡した日、物の引渡しを要しない請負契約にあってはその約した役務の全部を完了した日とする。  

消費税法基本通達9-1-6(建設工事等の引渡しの日の判定)

請負契約の内容が建設、造船その他これらに類する工事(以下「建設工事等」という。)を行うことを目的とするものであるときは、その引渡しの日がいつであるかについては、例えば、作業を結了した日、相手方の受入場所へ搬入した日、相手方が検収を完了した日・・(など)その引渡しの日として合理的であると認められる日のうち、事業者が継続して資産の譲渡等を行ったこととしている日によるものとする。

以下、略。


>(2)(1)で税込みで入力した場合、入金された時に、掛け代金回収になるのでしょうが、消費税はどのタイミングで発生していることになるのでしょうか?
というのは、年度を跨いだ場合、次年度が消費税納税義務者ではありません。

ということは、前年は課税事業者なのですね。

仮に質問者がホームページの受託制作(請負)の仕事をしている場合、完成したホームページを顧客へ納入した日に売上高を計上します。
※あるいは納入したホームページを顧客が検収した日に計上しても良い。どちらが良いかは、質問者が決めます。そして、いったん決めたら、よほどの事情がない限りが変更してはなりません。

売上高を計上した日が相手方に引き渡した日であり、消費税はこの日に発生します(タイミング)←重要

仕訳例:
平成24(2012)年12月14日
〔借方〕売掛金315,000/〔貸方〕売上高300,000
〔借方〕……{空欄}……/〔貸方〕仮受消費税15,000
【摘要欄】ホームページ完成納入

そして、この代金が翌月10日に入金すれば、

平成25年(2013)1月10日
〔借方〕普通預金315,000/〔貸方〕売掛金315,000

つまり、入金は25年ですが、消費税は24年に発生していますので、24年が課税事業者ならば、消費税を納税しなくてはなりません。


>(3)前年の売掛金が本年振り込まれた場合、消費税の扱いはどうなりますか?ちなみに、前年は消費税納税義務者ではありません。

上のケースとは逆ですね。この場合は、前年が免税事業者なのだから消費税を納税しなくて構いません。

>(4)消費税に対して行う、決算仕訳とかってあるのでしょうか?

課税事業者の場合は消費税に関する決算仕訳が必要になりますが、簡単です。

一年の間に累積した仮受消費税と仮払消費税を相殺する仕訳を起します。差額が未払消費税であり、これを納税することになります。例えば、

〔借方〕仮受消費税1,000,000/〔貸方〕仮払消費税429,000
〔借方〕…………{空欄}………/〔貸方〕未払消費税571,000

>(1)請求書を出した時点を売り上げの発生としているのですが、売上高は税込み・税抜きどちらで入力するのがやりやすいのでしょうか?

売上高は、課税事業者の場合は税抜きで、免税事業者の場合は税込みで入力するのがやりやすいです。

ところで、会計でも税務でもそうですが、請求書を出した日で売り上げを認識するのは誤りです。消費税法基本通達での「資産の譲渡等の時期」の取り扱いを書きます。

◇消費税法基本通達9-1-1(棚卸資産の譲渡の時期)
棚卸資産の譲渡を行った日は、その引渡しのあった日とす...続きを読む

Qほとんど何の知識も無いまま、青色申告ソフト「みんなの青色申告9」を購入しちゃいました。

ほとんど何の知識も無いまま、青色申告ソフト「みんなの青色申告9」を購入しちゃいました。
経理処理のフローも良く分からないまま、単純に領収書の内容を打ち込めば青色申告書が出来る位の感覚でいましたが、どうも勝手が違うようでした(--;
初期設定は何とか出来たものの、帳簿コンテンツの第一段階でつまづいてます。(コンテンツの中に帳簿と言うものがあること事態、初めて知った状況です。)
帳簿の中にも色々なコンテンツがあるようですし、何が分からないのかも分かりません。
サポートスタッフに連絡しようにも週末起業家の為、自由になる時間も少なく、出来ればHOWTO本のようなもので自力で何とかしたいなと思っていました。
しかし幾ら探してみましたが、会計ソフトに特化したような本も見つかりません。
もしどなたか、おすすめのHOWTO本がありましたら、お教え願えないでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

簿記3級取得を目指されたらどうですか?
ただ簿記の勉強をするのも良いですが目標があった方が良いですし、3級に合格すれば一つの基準点に到達したという自負も芽生えるかと思います。

また、3級はとても簡単で基本中の基本が押さえられます。実際にご自身で一年通してやるのも良いですが、やるにも最低限の基礎は必要です。

簿記3級取得を目指しながら一年間実務をこなされてはどうでしょうか?

ちなみに3級の標準学習時間は70時間と言われています。そんなに膨大な量でも無いですし、「10日で合格(うか)る簿記3級」という本も出ています。試験も年に3回あるので良いタイミングの時期に受験されてはどうですか?

参考URL:http://www.kentei.org/boki/index.html

Q青色申告で昨年の11月開業して、消費税は免除期間中です。仮払消費税と仮

青色申告で昨年の11月開業して、消費税は免除期間中です。仮払消費税と仮受消費税について教えてください。

弥生会計を使っています。

本来であれば、売上に対する仮受消費税に対して、仕入や他経費で支払っている仮払消費税と決算で
相殺すると思います(間違っていたがごめんなさい)

免除期間中では、仮払消費税、仮受消費税の科目は必要でしょうか?

実際に、取引先様や地代家賃などで支払っていて、仮払消費税科目を使っていましたが、
それらは、必要なのでしょうか?
たとえば、

地代家賃  230000円  / 普通口座 241500円 で処理しております。
仮払消費税 11500円

免除期間中は、 そのまま 地代家賃 241500円 / 普通口座 241500円で処理すればいいのでしょうか?

大変お手数おかけしますが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。

>請求書には、買掛金+消費税額 が記載されているので、仕訳をする場合、免税事業者の場合、どうしたらいいでしょうか?

仕入商品の本体価額100,000円、消費税額5,000円なら、

仕入れた日:
〔借方〕仕入高105,000/〔貸方〕買掛金105,000

支払う日:
〔借方〕買掛金105,000/〔貸方〕現金105,000
です。

>仕入先は、全て税抜き経理を使用しています。課税事業者になった場合は、同じように税抜き経理に合わせたほうがいいのでしょうか?

課税事業者になった場合は、簡易課税なら税込経理、本則課税なら税抜経理を行います。私は税抜経理をお勧めします。

>2年後に途中で税込経理から税抜き経理に変更するとややこしくないでしょうか?

途中から変更といっても、会計年度の途中から変更するのではなく、会計年度の最初から変更になりますので、実際にやってみればややこしくありませんよ。ご安心を。

>逆に免税事業者が、仮受、仮払科目を使うと何らか問題とかございますか?

違法ではないし、大きな問題があるわけでもないですが、ただ、決算の時に、仮受消費税を売上高などの収益勘定に振り替え、仮払消費税を仕入高などの費用勘定に振り替える必要があります。手間暇がかかるという事です。

#2です。

>請求書には、買掛金+消費税額 が記載されているので、仕訳をする場合、免税事業者の場合、どうしたらいいでしょうか?

仕入商品の本体価額100,000円、消費税額5,000円なら、

仕入れた日:
〔借方〕仕入高105,000/〔貸方〕買掛金105,000

支払う日:
〔借方〕買掛金105,000/〔貸方〕現金105,000
です。

>仕入先は、全て税抜き経理を使用しています。課税事業者になった場合は、同じように税抜き経理に合わせたほうがいいのでしょうか?...続きを読む

Qやよいの青色申告、製造業(個人)の売上げ入力の仕方

初めての確定申告を勉強中で、分からないことがあるため質問させて下さい。
やよいの青色申告13を使用しております。

個人事業主(小規模)です。パーツ等を購入し、それを組み合わせてアクセサリーを作り販売しております。
開業日までに既に作成してあったアクセサリーが原価で20,000円分あったため、
[仕分日記帳]
(開業日)製品 20,000 / 事業主借 20,000
と記入、
またその後10,000円分の材料を仕入れたので
(仕入日)原材料仕入高 10,000 / 現金 10,000
と記入しました。
(科目設定で『貸借科目』の『資産』>『流動資産』>『棚卸資産』に製品、
『損益科目』の『売上原価』>『当期商品仕入』に原材料仕入高を作成しました)

これで製品が20,000、原材料が10,000あるとなっているのですが、例えば
1:開業日に入れた製品のうち、2,000円分の製品に利益1,000円を加えて売却した場合
2:オーダーメイドの受注があり原材料から2,000分使用し製品を作り、それに利益1,000円を加えて売却した場合
それぞれどのように記入したら良いのでしょうか?
どちらも単に
(売上げ日)現金 3,000 /売上高 3,000
だけで良いのでしょうか…。
アフィリエイト、SOHOの方の記入例は見つかったのですが、製造業でもこの記入の仕方で良いのかが分かりません。
(貸方が売上高だと、原材料や製品の値が減らないですよね?)
売却せずに製造だけした場合など、
製品 2,000 / 原材料 2,000
のような感じで記入するのかな…と思っていたのですが、特にそういうこともする必要はなく
原材料や製品の在庫確認は別で行う、という感じなのでしょうか?
それとも最初から間違っていたりしますか…?

分かりにくい質問で申し訳ありませんが、教えて頂けると助かります。
よろしくお願い致します。

初めての確定申告を勉強中で、分からないことがあるため質問させて下さい。
やよいの青色申告13を使用しております。

個人事業主(小規模)です。パーツ等を購入し、それを組み合わせてアクセサリーを作り販売しております。
開業日までに既に作成してあったアクセサリーが原価で20,000円分あったため、
[仕分日記帳]
(開業日)製品 20,000 / 事業主借 20,000
と記入、
またその後10,000円分の材料を仕入れたので
(仕入日)原材料仕入高 10,000 / 現金 10,000
と記入しました。
(科目設定で『貸借科目』の『資...続きを読む

Aベストアンサー

売上は「現金/売上」でいいです。

決算処理で「期首棚卸/製品20,000」を入れて経費化し、期末の棚卸の金額を「製品(原材料他)/期末棚卸○○○」として手持ち製品(原材料)を計上します。

厳密に原価計算を行う場合には原材料のうちいくらを製品化したかという仕分けを使うこともありますが、個人で確定申告をするくらいなら、そこまでは必要ないでしょう。

Q青色申告・消費税還付のため 税込経理VS税抜経理

輸出取引の個人事業をしています。
青色申告で納税しています。

輸出取引の場合は、「消費税納税者」を選択すれば、消費税の還付を受けられることを知りました。21年度から、還付を受けようと思います。

そこで今までは、「免税事業者」として消費税は無視して帳簿をつけていましたが(会計ソフトを利用)、21年度からは会計ソフトの扱いを消費税の還付に対応できるもの変えなければなりません。

消費税の還付を受けるためには、まず、「原則課税(本則課税)」を選択しなければならないことは分かりました。
次に、「税込経理方式」または「税抜経理方式」のいずれかを選択しなければならないと理解しています。

そこでお尋ねしたいのですが、「税込経理方式」と「税抜経理方式」は、どちらの方がよろしいでしょうか?

アドバイスをどうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>次に、「税込経理方式」または「税抜経理方式」のいずれかを選択しなければならないと…

どちらでもかまいません。
お好きなようにどうぞ。

税込経理のほうが事務量としては少ないですけど、取引に課税と免税 (非課税なども) が多く混在しているなら、区分に神経を使うかもしれません。

>そこで今までは、「免税事業者」として消費税は無視して帳簿をつけていましたが…

消費税は無視していたのではなく、税込経理をしていたということですね。
いままでどおり税込経理を続けるほうが、消費税ばかりでなく所得税の計算などでも一貫性を保つことができ、過年分との利益比較などもやり安いでしょう。

>21年度から、還付を受けようと思います…

一般に「年度」というと 4月から翌年 3月を言います。
個人の確定申告書などにある言葉は、「平成△年分」です。
課税事業者選択届けの提出期限は、3月でなく 12月ですからお間違いのないように。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6629.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>次に、「税込経理方式」または「税抜経理方式」のいずれかを選択しなければならないと…

どちらでもかまいません。
お好きなようにどうぞ。

税込経理のほうが事務量としては少ないですけど、取引に課税と免税 (非課税なども) が多く混在しているなら、区分に神経を使うかもしれません。

>そこで今までは、「免税事業者」として消費税は無視して帳簿をつけていましたが…

消費税は無視していたのではなく、税込経理をしていたということですね。
いままでどおり税込経理を続けるほうが、消費税ばか...続きを読む

Q青色申告と専従者給与の税に関するソフト

早々ですが確定申告は、青色申告で行っております。事業主と専従者給与における両者の税金(所得税・住民税等)をシュミレーションできるフリーソフトがありましたら教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

比較するために作られて一般販売されているソフトウェアなんてないですよ。
自分でケースを作って、個別に計算して比較することが早い。


人気Q&Aランキング