マーベルの伝説はこの男から…。アイアンマンを紐解く! >>

野合・フリーセックスをして妊娠したら・・・

 妊娠してらどうしていたのでしょうか?出来ちゃった結婚していたのでしょうか?誰が父親なのか分からない妊婦や経済力の無いような人達(奴隷的身分)はどうしていたのでしょうか?
 捨てたり、下ろしてたりしていたのでしょうか?(その人達の社会的身分にもよると思いますが)

A 回答 (5件)

かつては、今みたいに子どもは愛玩物でなく、労働力ですから捨てたり堕胎したりはしません。

2歳ぐらいまでは母乳だけ育てていましたから、別に食糧が足りなくなるわけではありません。母乳の乏しい女性は、もらい乳でなんとかやっていたでしょう。少し我慢すれば労働力となるので、何とか頑張ったでしょうね。
また、親の分からない子どもなどは結構普通ですから、現代のように肩身の狭い思いをすることもありません。夜這いや祭の夜などは解禁ですから、年頃の娘は、それなりに心当たりのある男は数人居たはずです。
むしろ、堕胎のあったのは、中流以上でしょうね。
    • good
    • 0

「くっつきあい」一目見て気に入ったらくっつき合っていたのでしょうね!昔の習慣ですから、それを現代に当てはめて考えてはいけません。


更にもっと昔は「くっつきあい」→「子供生まれる」→「くっつきあい」→「子供生まれる」で丈夫な子孫を残したのだと思います。
    • good
    • 0

現在の家族制度的なモノが一般化したのは、室町から江戸初期。

この時代から、現在風の核家族がメインになります。直系血族の集まりとしての家族です。
その前は、奴隷的身分のたとえば 下男 下女ですが、基本は生まれた子供は下女の所有者のモノです。
簡単に言うと、放し飼いにしている 犬とか牛が 子供を産んだら、その子供の所有者は誰ですか?ということです。
    • good
    • 0

昔は、フリーセックスするような不道徳者は居ませんでした。

誰が父親なのか分からない妊娠なんて、あり得ませんでした。

おなかの中の子供を殺す鬼のような女は居ませんでした。生れた子供を捨てるような、クズのような人間は一人も居ませんでした。
    • good
    • 0

 歴史上、野合でうまれたもっとも有名人は孔子ですが儒教社会ではやはりなかなかに大変だったようです。

日本の村落では夜這いなどが常習で子どもが出来ちゃった場合は女の人が親を指名出来るところもあったようです。経済力がなければ捨てたりおろしていたりしたのでしょうね。別に野合でなくとも貧しい農民で子供が産まれるとそうするのは当たり前の話だったようですよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較