オーストラリア大陸のまん中に大鑚井盆地なる地名が地図上にあるのですが、
他の国には漢字圏の国以外の知名にこのような漢字地名が表示されている
場所は無いのに、どうしてオーストラリアのまん中にこのような漢字表記の
地名が付いているのでしょうか?

また、どのような土地で、ナゼこのような地名がついたのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

以下の参考URLサイトに回答らしきもの(?)がありますがいかがでしょうか?



補足おねがいします。

参考URL:http://www2.ocn.ne.jp/~sala1121/qanda200002.htm#大鑽井盆地
    • good
    • 0

MiJunさんのリンクで正解です。


英名は「Great Artesian Basin」です。

乾燥地で水を得るために井戸を掘るのですが、大分水嶺山脈(こちらは「Great Dividing Mountains」)で涵養された地下水なので岩盤の下を流れているため水圧が高く、岩盤を掘り抜いて井戸をあけると勝手に吹き出します。こうした井戸を「Artesian」、日本語で鑚井と言います。

アメリカを「亜米利加」、パリを「巴里」と書くよりは意訳的な命名法ですね。
似たような意訳の例では「Ivory Coast」を「象牙海岸」と訳したこともあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q書き順教えてください

「井」の書き順を教えてください。

Aベストアンサー

上よこ 下よこ
左たて 右たて
ですね。

参考URL:http://kakijun.tripod.co.jp/

Q都道府県と藩(旧国、令制国)との対照地図は?

都道府県と藩(旧国、令制国)との対照地図は?
岩手県は北は南部藩、南は伊達藩の領地だったと聞いています。
どこまでが南部藩で、どこまでが伊達藩のものだったのでしょうか。
都道府県と昔の藩とを対照した地図のサイトがあれば、お教えください。

Aベストアンサー

こんにちは。

下記のサイトは参考になるでしょうか。
http://www.tt.rim.or.jp/~ishato/tiri/tiri.htm

上記サイトの昔の岩手県に関してのリンク先です。
http://www.tt.rim.or.jp/~ishato/tiri/gun/g-tohoku.htm
http://www.tt.rim.or.jp/~ishato/tiri/huken/k-tohoku.htm
http://www.tt.rim.or.jp/~ishato/tiri/huken/h-tohoku.htm

Qこどもの書き順

夏休みになり3年生の息子の書き取りを見ていると書き順がメチャクチャなのに気づき唖然としました。字の形自体はあっておりテストは正解とはいえ、書き順が書き順なので美しさは皆無です。

ドリルには書き順が書いていますが本人はあまり重視していないようです。

・学校では書き順は重視しないのでしょうか?
・今からでも書き順の矯正をすべきでしょうか?
・本人に書き順を覚えさせる動機付けはないものでしょうか?

※基本的な字形の書き順さえマスターすればあとは応用だと思えるのですが・・

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小学生の低学年時代から「習字」教室に通っていたものです。
書き順は慣れも大いにあると思いますよ。
お習字は、ほぼその書き順を慣らすために通ったような物です。
お陰で、一般人ですが皆からは文字は褒められます。
後々履歴書などで大きく効力を発揮しました。

昔なら書き順のテストもあり、間違うと点が貰えないことも有りましたが現在はどうでしょうね。。。

書き順が正しければ自然と文字もつながりよく書けるので、文字が上手く書けるのですから。読めれば良いというものだけでも無いと思います。

Q地図の(地名の)間違えを指摘したいのですが・・・・・

地図の間違えを見つけました。
地名が間違っていました。

(1)どこに報告をすればいいのでしょうか?
(やっぱり国土地理院?)

(2)どのように報告すればいいのでしょうか?
(メールやHPから報告するべき?)

(3)以前、誰かから間違えを見つけたら謝礼として図書券かなにかをもらえるらしいよ、と聞いたのですが、ホントでしょうか?


ちなみに、見つけた地図というのは2005年版のカレンダー付の地図で
枠外に国土地理院の名称と承認番号が書かれていたように思います。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

国土地理院の地図閲覧サービス(試験公開)で、全国の2万5千分1地形図を閲覧できます。→参考URL

もし、もとの地形図が誤っていれば国土地理院へ。
http://www.gsi.go.jp/GSI/CONTACT/

地形図をもとに出版されている地図は別の著作物ですから、誤りの指摘は出版元へ。

謝礼の有無は分かりません。
誤りを指摘する/しないと謝礼の有無は直接関係ないことです。

参考URL:http://watchizu.gsi.go.jp/

Q漢字の書き順が書いた本

漢字の書き順が詳しく載った本ってなんですかね?
きちんとした書き順で漢字など書きたいのですが、いざ電子辞書とか(漢字辞書付き)買ったはいいものの、書き順がついておらず(なんとなくそんな気がしましたが)いざ、きちんとした書き順を調べようと思っても何を見ればいいのかわからなくなってしまいました。児童用の漢字辞典とかじゃないと漢字の正しい書き順とか載ってないのでしょうか?どなたか教えてください。

Aベストアンサー

過去に同じような質問がありましたので、
参考URLをチェックしてみてください。
回答者さんの中には、電子辞書に書き順が表示されるものが
あるそうです。ソフトがあったら、探してみてはいかがでしょうか。

書き順は・・・私も不正確に覚えていることが多いです。
最近、クイズ番組や一般常識クイズ番組が増えて、書き順では、しょっちゅう間違えています。(汗)
ただ、誰かに見張られているわけではないですし、最終的には美しく完結していれば良いと思いますので、学校時代ほど、ストイックに書き順にこだわってがくがくするより、自分の慣れた書き方で美しく書ければいいと思うのですが。
そう言いながら、よく、本屋の子供用コーナーで、漢字の書き取り、や算数、などの問題集をついぱらぱらめくってしまいます。

参考URL:http://okwave.jp/qa1778308.html

Q外国の地名・人名はなるべく原音に近く表記すべきか

私は強くそう思います。例えば次のようなものです。
ジェノバ→ジェノヴァ,ベネチア→ヴェネツィア,シュツットガルト→シュトゥットガルト,ライプチヒ→ライプツィヒ,スカンジナビア→スカンディナヴィア,遼寧省→リヤオニン省,台北→タイペイ
デービス→デーヴィス,スティーブン→スティーヴン,シルビア→シルヴィア
皆さんはどうお考えですか。
【余談】外来語の表記はそれぞれの分野での慣用に従うべきだと考えます。例えば
ギア→ギヤ,ボディー→ボデー(自動車) インク→インキ(印刷)
アーキテクチュア(建築)⇔アーキテクチャ(コンピュータ)
オーディオ(一般)⇔オージオ(医学) トラフィック→トラヒック(情報通信)
モーター⇔モータ,コンデンサー⇔コンデンサ,トランジスター⇔トランジスタ(物理⇔電気)
コンピューター→コンピュータ,プリンター→プリンタ,スキャナー→スキャナ(情報処理)
デジタル(一般)⇔ディジタル(物理,電気,情報処理) ギリシャ(一般)⇔ギリシア(歴史,哲学)
イスラム・イスラム教→イスラーム,イスラム教徒→ムスリム(地理,歴史)

Aベストアンサー

私は表現の多様性があることを好ましく感じる者です。

時に日本語の文章の中における視認性を重視して読みやすい表記を取り、ある場合には原音に近い表記をして厳正さを期す、というふうに。
その他、日本語の表記としてなじんでいるものは自動的にそれに従う場合もあります。たとえば Hans Christian Andersen をデンマーク語の音に近く表記した場合には アナスン という人の書いた童話を読むことになりますが、わが国では 「アンデルセン」 という名称が定着している。同じような例は数々あって、有名な例に Johann Wolfgang von Goethe の名前を 「ゲーテ」 と読むのが一般化しているなど (「ガーテ」 の方が原音に近いのではないかと異論を唱えても、一般的に受け入れられている読み方で問題が生じることはないので、意味のあることだとは思えません)。

技術用語は英語のオンパレードなわけですが、computer は [カンプュータ] くらいが原音に近いのではないかと思いますが (さらにいえば、末尾の -ter は必ずしも タ行 の音に聞こえないので、[カンプーラ] という表記でもいいとなると、これは日本語の表記に混乱を来たすかと思います)、「コンピュータ」 もしくは 「コンピューター」 という表記の方が原語の文字表記に近いものがあります。
「デジタル」 は digital という文字表記を転記したもので分かりやすいと思います。原音を転写すれば [ディジィトゥル] のような感じになるでしょうが、日本語の文字表記としては 「デジタル」 が分かりやすい。
英語の radio は昔は 「ラヂオ」 と d の音であることを日本語の表記の中にも取り込んでいましたが、今は 「ラジオ」 と表記するのが一般的になりました。しかし 「レィディオゥ」 と表記するのが正しいと言われても、それに従う気は起こりません。

私の場合は、原音に近い表記が適切であると判断される場合にはそれに従い、一般に受け入れられている表記で差し支えない場合にはそれに従う、という書き方をしています。
どちらかでなければならないということはないと考えます。

私は表現の多様性があることを好ましく感じる者です。

時に日本語の文章の中における視認性を重視して読みやすい表記を取り、ある場合には原音に近い表記をして厳正さを期す、というふうに。
その他、日本語の表記としてなじんでいるものは自動的にそれに従う場合もあります。たとえば Hans Christian Andersen をデンマーク語の音に近く表記した場合には アナスン という人の書いた童話を読むことになりますが、わが国では 「アンデルセン」 という名称が定着している。同じような例は数々あって、有名な例に J...続きを読む

Qタイ語の母音の書き順を教えてください。

タイ語の母音の書き順を教えてください。

タイ語を勉強しています。子音の書き順は全部インターネットで見つけましたが、母音の書き順はなかなか見つからないようです。吉田英人氏の「タイ語の基本ー初級から中級まで」という教科書を使っていますが、書き順が描いてないのです。母音の書き順をディスプレーする動画などのリンクを教えていただければと思います。まことにありがとうございかす。

Aベストアンサー

今まで意識していませんでしたが、改めて確認してみると、たしかに母音の書き順をWebで知ることはむずかしいようですネ(あちこち検索してみましたが、徒労に終わりました)。

私(72歳です)が若いころに購入した、大学書林出版の「基礎タイ語」(1967年刊)という本には、母音字の書き順も示されています。コピーしてお示ししたい気分ですが、著作権の問題もあって不可能です。

この本は今も売られています。

http://www.daigakusyorin.co.jp/search/?search_menu=keyword&search_word=%8A%EE%91b%83%5E%83C%8C%EA&x=11&y=12

は、出版元のサイトです。私の所持本と同じ著者です。別のサイト(通信販売サイト)で見ましたら、266ページとあり、これも同じです。多分、基本的には改版されていないものと推定します。

最寄りの書店でお探しになるか、あるいは図書館でお借りになってはいかがでしょうか? ちなみに、その図書館に在庫していなくても、同一の県内の図書館に在庫していれば、取り寄せてもらえます。すべての県かどうかは知りませんし、東京や大阪でも可能かどうかは分かりません。私の住んでいる埼玉県では可能で、ほかに2つの県でも同様であることは確認しています。問い合わせてみてはいかがでしょうか?

参考URL:http://www.daigakusyorin.co.jp/search/?search_menu=keyword&search_word=%8A%EE%91b%83%5E%83C%8C%EA&x=11&y=12

今まで意識していませんでしたが、改めて確認してみると、たしかに母音の書き順をWebで知ることはむずかしいようですネ(あちこち検索してみましたが、徒労に終わりました)。

私(72歳です)が若いころに購入した、大学書林出版の「基礎タイ語」(1967年刊)という本には、母音字の書き順も示されています。コピーしてお示ししたい気分ですが、著作権の問題もあって不可能です。

この本は今も売られています。

http://www.daigakusyorin.co.jp/search/?search_menu=keyword&search_word=%8A%EE%91b%83%5E%83C%8C%EA&...続きを読む

Qオーストラリアの地名について

オーストラリアで住所によくFrog HollowとかToad Hallとかあるのですが、その場所に行くと特に何もなく、原っぱみたいなところだったことも。
この言葉は何か土地の形状(くぼ地とか)を表すような単語なのでしょうか。

Aベストアンサー

Frog=カエル、Toad=ヒキガエルですよね。
テレビで見たのですが、オーストラリアでは作物を荒らす害虫の一種に毒を持ったカエルがいて、そのカエルを駆除するために、またまた別のカエルをイギリスからつれてきたという話があるそうです。
地名なんてけっこうこんなところから由来するのではないでしょうか?

Q漢字の書き順 (筆順) の不思議

先日、親戚の子供にある漢字の書き順を説明したところ、今では 「×」 との事で驚きました。

確認のため家内に聞いたところ、私と同じ書き順で書いていました。

聞けば何年か一回の割合で文科省から委託を受けた学者たちが集まり、書き順をどうするか相談し 「今回はこんな風に変えようか」 というノリで決められるとの事。

従って、世代毎に学校で教えられる 「正しい書き順」 が変ってしまうのだと ・・・

そこで、ムムムと疑問を感じました。

1.かりに美しく書けるのが目的としても、そもそも漢字発祥の国である中国に 「正しい書き順」 を示す古代の文献や資料があるのか?  あるいは韓国では?  (正しい書き順の学術的根拠?)

2.中国の小学校では、日本と同じように書き順を教えられ、またその度にテストが行なわれ、一ヶ所でも間違うと 「×」 となるのか?

3.中国でも何年に一回の割合で、学者のアソビと思われるような 「書き順の変更」 が行なわれるのか?

4.何の学術的根拠のない (?) 「正しい書き順」 を、算数や理科の定理のように普遍の真理と同じ扱いにして、テストで採点する事に意味があるのか?

5.書き順を変えるという事は、その前の審査で 「この書き順で正しい」 とした国語学者の判断を 「間違い」 と断ずるわけですよね?  となれば、先に正しいとした学者との間で激しい論争になるはずと思うのですが、実際そんなケースはある?


どなたか詳しく教えて頂けないでしょうか?

先日、親戚の子供にある漢字の書き順を説明したところ、今では 「×」 との事で驚きました。

確認のため家内に聞いたところ、私と同じ書き順で書いていました。

聞けば何年か一回の割合で文科省から委託を受けた学者たちが集まり、書き順をどうするか相談し 「今回はこんな風に変えようか」 というノリで決められるとの事。

従って、世代毎に学校で教えられる 「正しい書き順」 が変ってしまうのだと ・・・

そこで、ムムムと疑問を感じました。

1.かりに美しく書けるのが目的としても、そ...続きを読む

Aベストアンサー

面白いお話ですね。
実は私の手元にある電子辞書(学研漢和大辞典)には漢字の筆順のムービーが載っています。容量をとるばかりで何の役に立つのかと思っていましたが、この時とばかりに引いてみました。
すると...なんと、長には筆順が2つ載っていました。他にも耳など複数の筆順が載っているものがあります。

この辞書には、
・筆順は人々の長い間の経験から生まれたものであり、ひとつの文字に対して、いくつかの筆順があることがある。
・文部省が1958年(昭和33年)に『筆順指導の手引き』を発表して、筆順の統一を図った。
・けれども『手引き』にもことわられているように、示された筆順だけが正しいというものではない。
という説明(要約しています)が載せられています。
これからは『手引き』自身にも、「示された筆順だけが正しいというものではない」と書かれているようです。
この辞書に複数載っているのは「『手引き』の筆順から類推した標準的と考えられる筆順」「その他の筆順のうち代表的なもの」だそうです。

Qこの地名を漢字で表すと?

大正時代のロシアについて書かれている新聞記事をみたのですが、浦■特置員と書いてありました。おそらくウラジオストクではないかと思うのですが、一文字ぬけてしまっていて判別できません。なんと言う字が入るのでしょうか。(ウラジオストクでなかったらすみません。)

Aベストアンサー

昔の新聞社では「特派員」ではなく、
「特置員」と言っていましたので、
「浦■」さんという名前の特置員だと思います。
ちなみにウラジオストクは、
「浦塩斯徳」と書きます。
           


人気Q&Aランキング