文化祭で気球を作成し校庭に上げたいと考えています・・・
気球のサイズはそんなに大きいものではありません・・・(ちなみに人は乗りません)
ちなみに30mぐらい上げたいと考えています・・・

上の条件で消防署などに許可を取る必要はないんでしょうか?後2週間ほどで文化祭なので不安になってしまいまして・・・

A 回答 (1件)

以前、イベントで気球使用する相談をした事があった人に聞いた話ですが、ヘリウム気球ならば消防署はノータッチだそうです。


水素気球だと、許可は当然必要だし、事前に書類などを出す必要があります。
熱気球の場合は、事前に消防署に相談してくださいという事でした。
(大きさなどにより許可不要になるみたいです)
なお、高さ30mを超えると航空法で規制を受ける場合もあります。
こちらも、できれば事前に相談した方が良いかと思います。

「捕まらない」「処罰されない」と「違法性が無い」では違います。
処罰されない自信があっても、学校の名誉のためにも、石橋を叩いて渡るという事も必要かと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいま九州で大きなイベントを開催するなんて、頭おかしいですか?

よろしくおねがいいたします。

5月15日に佐賀で格闘技大会があり、
出場するのはプロでなく一般の愛好家なんですが…

「この地震のあとの大変な時に開催するなんて頭おかしい!」
って複数の九州外の方の意見がありまして…

わたしは長崎に住んでるんですが、
この大会に参加するんですね。

画像のように、開催しようがしまいが、
参加しようがしまいが、
どちらも間違ってないと思うのですが…

みなさんは頭おかしいと思いますか?

だって、福岡ではどんたくもプロレスもコンサートも肉フェスも、
このGWに開催されてるんですよ…

Aベストアンサー

何にでも文句を言う人は居ます。皆が何の疑いもなく一点居向かってするよりは遥かに宜しい。少しは何かを考える切っ掛けですから。

感謝して行う。

Qむかつく消防署

先日マンションの部屋で魚を焼いていたら、思ったより煙がでて、廊下の報知器がなりました。 かけつけた消防士が他の階で火事があったと勘違いして、(窓から火事に見えた)夜中に部屋から出火中と、全員避難させました。
 結局その他の階の部屋は火事でもなんでもなかったのですが、
結局報知器の反応から、私の部屋の廊下だと判明しました。
 おおきい火事だと誤認したために、一次的に電気をストップしたりして
復旧にてまどり、大家から、少しお金を負担してくれといわれましたが、私は
報知器は、ならしたけど、ボヤさえおこしていません。
これは誰にファイトすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

mokomokokunさんのすんでいらっしゃるマンションの構造と、魚を焼いた状況が分からないので何とも言えないのですが、ご質問の内容から

・自動火災報知設備がある(らしい) → それなりの規模があり、法令等による規格を満たしたマンション
・「結局その(、)他の階の部屋・・・」 → 3階以上の建物(縦長?)
・廊下の煙感知器が作動 → 廊下が「部屋内」なら少なくとも1Kを越える部屋
・マンションは作りがある程度定型化しているため、老朽化はともかく設置や機器自体に問題があるとは考えにくい。

と推測しました。(もっとも、部屋内の廊下なのか室外の廊下なのか判然としません。)
 ※私の推測が大きくはずれていても、結論は変わりません。

そして、廊下の報知器が作動したとのことですが、反応した箇所が台所(台所に煙感知器が設置されることは普通はあり得ない)でなく廊下であったことから、これは台所か居室で焼いた魚の煙が部屋に充満し、廊下に設置された煙感知器が作動したものと思われます。

煙感知器は一般に感度が高いので、煙や湯気、粉塵などに注意する必要があります。


  作動したと思われる感知器の形状をお調べになると良いでしょう。
  自動火災報知設備 → http://www.geocities.co.jp/Technopolis/5504/



自動火災報知設備には、作動した感知器の箇所を特定するための受信機があります。万一自火報が作動した場合は、まずこの受信機を見て作動した感知器のある位置を確認した上で、作動した感知器のある場所に急行して出火の有無を確認すべきですが、何より急を要する事態であるため、常駐の管理人がいない場合や、他の何らかの理由がある場合は、状況の把握が現場にいる消防士の判断にゆだねられることも仕方のないことでしょう。

そして、夜間に消防士が駆けつけたとのことですが、夜間であれば室内の明かり等を火と誤認することがあることもまたやむを得ないことと思われます。

故に電気を遮断したことや、住人を避難させたことは、消火活動としては適切な処置であったと言わざるを得ません。


>一次的に電気をストップしたりして復旧にてまどり、大家から、少しお金を負担してくれといわれ

これは、遮断された受電設備の復旧のために専門の業者を呼んだのではないかと思われます。とすると、夜間に突然業者を呼んだのですから、それなりの人件費が発生してもおかしくはありません。


私は、煙の発生について落ち度(過失)があると考えます。請求されたお金が業者の人件費であるならば、(因果関係があると考えられることから)これはお詫びとして払うべきではないでしょうか。さもなくば、法的にはともかく大家さんや周りの住人からずっと「メイワクな住人」と言われかねませんから・・・・。

mokomokokunさんのすんでいらっしゃるマンションの構造と、魚を焼いた状況が分からないので何とも言えないのですが、ご質問の内容から

・自動火災報知設備がある(らしい) → それなりの規模があり、法令等による規格を満たしたマンション
・「結局その(、)他の階の部屋・・・」 → 3階以上の建物(縦長?)
・廊下の煙感知器が作動 → 廊下が「部屋内」なら少なくとも1Kを越える部屋
・マンションは作りがある程度定型化しているため、老朽化はともかく設置や機器自体に問題があるとは考えにくい...続きを読む

Q気球に乗りたいです

こんにちは。気球に乗ってみたいのですがイベントとかではなくていつもやっている施設ってありますか?ネットで調べてみたんですが見つかりませんでした。静岡・山梨・長野・神奈川・東京でやっている場所があったら教えて下さい。お願いいたします

Aベストアンサー

熱気球と地名のセットで検索したら結構出てきましたよ。
お気に召すかどうか判りませんが。
どのサイトでも一応遊覧飛行、体験飛行ができるみたいです。
まずはごらんあれ。

株式会社スカイプロモーション(群馬
http://www.raijin.com/sky_pro/

八ヶ岳スカイスポーツクラブ(山梨
http://tkn.yatsu.gr.jp/kiyosato/autohtml/K09/C0527/C0527.html

白馬アウトドア・スポーツクラブ (長野
http://www.hakuba.org/pop/

X-Bird(神奈川
www.sky-x.com

バルーンスポーツクラブ東京(東京
http://bst-web.hp.infoseek.co.jp/

あと、ついでにこんなサイトも見つけたので、どうぞ。
日本気球連盟
http://ux01.so-net.ne.jp/~balloon/

Q近所にヘリポート付きの消防署が出来るという噂。深夜や早朝に爆音がすると

近所にヘリポート付きの消防署が出来るという噂。深夜や早朝に爆音がすると思うと気が気でありません。そもそも住宅にそんなに近いところにいかに公共目的とはいえヘリポートなんて設置していいもんなのですか?
ちなみに消防署予定地は拙宅と隣接、その敷地の一番遠いところにヘリポートができたとしても我が家から100メートルと離れていません。法律に詳しい方、ご教示頂けると幸いです

Aベストアンサー

航空法です。
http://koukuu.hourei.info/koukuu12.html
79条に設置基準がありますが、多分敷地が100mとかあったら余裕じゃないですかね?

住宅地は禁止とするという法律は、寡聞にして聞いたことありませんね。

Q熱気球はなぜ浮かぶか~よくある質問の確認

 「熱気球はなぜ浮かぶか」という疑問には検索するといくらでも出てきます。たいていは
----------------------------------------------------------------------------------
 気体は暖められると体積が膨張します。気体の量そのものが増えるのではなく、分子の動きが活発になるので大きく膨らむのです。つまり、膨らんだ分だけ軽くなる訳です。
 周りの空気はそのままで、気球の中の空気だけ暖められると気球の外の空気が軽くなった気球を押し上げていくので、気球は浮き上がるのです。
----------------------------------------------------------------------------------
というような解答が得られます。で、これを踏まえての質問なのですが、熱気球が容易に膨張しやすい素材でできているのであれば、 '密閉した' 熱気球の中の空気を熱してやれば '気球が膨張' するので '空気も膨張' し、熱気球内の空気の密度が小さくなって浮くというのはよくわかります。
 しかし、ネット上の熱気球の写真を見る限りでは熱気球は密閉されてはいないようですし、その素材も風船のように膨張しやすい素材でできているとは思えません。それでも熱気球が浮かぶのは、熱せられた熱気球内の空気の分子運動が激しくなり、気球の外に飛び出した結果、熱気球内の空気の質量が軽くなり熱気球は浮かぶのではないのですか?

 「熱気球はなぜ浮かぶか」という疑問には検索するといくらでも出てきます。たいていは
----------------------------------------------------------------------------------
 気体は暖められると体積が膨張します。気体の量そのものが増えるのではなく、分子の動きが活発になるので大きく膨らむのです。つまり、膨らんだ分だけ軽くなる訳です。
 周りの空気はそのままで、気球の中の空気だけ暖められると気球の外の空気が軽くなった気球を押し上げていくので、気球は浮き上がるのです。
-------------------...続きを読む

Aベストアンサー

質問者の考えがほぼ正しい。

バーナーで高温の燃焼ガスとそれによって空気を加熱する熱気球を考える。これらの気体を高温空気とします。また、それまで気球中にあった空気と周囲の空気を低温空気とします。
熱気球自体の体積は、ほぼ一定です。高温空気が気球に送られます。これは、密度が小さいので、気球の上方にたまります。それによって、それまで気球中にあった低温空気は密度がが大きいので、気球の下の開口部から外部に押し出されて気球内部は高温空気で置換されます。気球は、周囲の密度の大きい空気より密度の小さい空気で満たされるので、上方への浮力を生じ、上昇します。水を満たしたビンをさかさまにして水中に沈め、口から空気を吹き込むと浮かぶのと同様です。
上昇した後、中の空気が冷えて密度が上がれば、空気の体積は減るが、気球自体の体積は変わらないので、廻りの空気が気球内に入り、下降します。ここでバーナーを点火すれば、高温空気によって気球内の空気が置換されて気球は浮くのです。
この気球は、気球内の空気が膨張して気球自体の体積が膨らんで浮力を生じるのではありません。気球内に入っている空気の質量が、温度によって変わることになります。気球内の空気が膨張するという説明だけでは、気球内の空気の質量は変わらないということになりますが、気球の体積がほぼ一定で、開口部がある気球ではそれはありません。
ところで、
熱気球として、黒いごみ袋を何枚かつないで大きな袋を作り、中に空気を入れ、太陽光で温めて中の空気を加熱して浮き上がらせるという「遊び」があります。この場合は、低温空気と高温空気の置換ではありません。中の空気が暖められて膨張し、密度が小さくなって浮力を生じます。はじめの空気は、ほぼ袋を満たしていますが、このときの体積より、暖められた後の体積が大きくなって、袋がほぼパンパンになるのです。気球内に入っている空気の質量は変わりません。

質問者の考えがほぼ正しい。

バーナーで高温の燃焼ガスとそれによって空気を加熱する熱気球を考える。これらの気体を高温空気とします。また、それまで気球中にあった空気と周囲の空気を低温空気とします。
熱気球自体の体積は、ほぼ一定です。高温空気が気球に送られます。これは、密度が小さいので、気球の上方にたまります。それによって、それまで気球中にあった低温空気は密度がが大きいので、気球の下の開口部から外部に押し出されて気球内部は高温空気で置換されます。気球は、周囲の密度の大きい空気より...続きを読む

Q消防署の立ち入り検査で指摘

私の勤めている会社に消防署の立ち入り検査が入り、いろいろ指摘を受けました、検知器が一部作動しないとか、当初の届出と違い、元々は全て鉄筋コンクリートだったのに、木造部分が増えている等々・・・、正式な書類はこれから届くそうなのですが、まともに改善のための工事をするととんでもないお金が掛かってしまいそうです、この改善命令には100%従わなければいけないものなのでしょうか?それとも、特に重要な部分だけ対応するとか、費用の支出に堪えられる事だけの対処ではだめなのでしょうか?詳しい方いらしたら教えてください。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

元某政令指定都市のそこそこ幹部消防吏員です。
貴方の会社がどの都道府県か分かりませんが、いきなり「命令」を出すとは考えにくいです。法律行為的行政行為たる「命令」に移る前に一般的には「指示」や「指導」があったはずです。後者の2つならいわゆる「行政指導」の範疇に入りますので、従うかどうかは会社の任意です。ただし他の方が指摘しているように、災害が発生したり、最悪死傷者が出たら、最近の情勢から間違いなく、消防法違反で検察は起訴します。民事でも大変苦しい立場になります。後者2つは行政の「逃げ」でもあるんです。不作為を問われないために「行政指導」をかけるんです。
 しかし、前者の「命令」ならば、話は変わります。
 「命令」の前に「警告」」とかがあったはずですので、それを無視していたということになります。
 この場合は、消防機関は告発の準備を既に進めていると考えても差し支えありません。
 題の文章だけを見ていると、なかなか微妙なところなんですが、とりあえずは、消防には期限を切った是正計画とか修理計画みたいな書類を提出して、真摯な態度を
見せた方が良いと思います。
 極論からいうと、行政も何かあった時に自分たちの不作為を問われるのが怖いからなんです。
 ですから、貴方の会社がキチンとした計画書を提出したら、消防も逃げられますし・・・。
 でも、やはり、一気には無理でも早急に段階的でも良いので不備は改善すべきだと思います。

 ちなみにご質問内容のみに関しては行政代執行はまずしません。木造部分の増加は消防ではなく、建築課かも知れませんがので、或いはそちらが動くかも知れませんが、それも実際問題としては滅多にありません。(規模にもよります)

元某政令指定都市のそこそこ幹部消防吏員です。
貴方の会社がどの都道府県か分かりませんが、いきなり「命令」を出すとは考えにくいです。法律行為的行政行為たる「命令」に移る前に一般的には「指示」や「指導」があったはずです。後者の2つならいわゆる「行政指導」の範疇に入りますので、従うかどうかは会社の任意です。ただし他の方が指摘しているように、災害が発生したり、最悪死傷者が出たら、最近の情勢から間違いなく、消防法違反で検察は起訴します。民事でも大変苦しい立場になります。後者2つは行...続きを読む

Q熱気球の内の空気の質量

熱気球の原理についての質問です。
気球内には空気が存在していますが、下の部分が開いているのにもかかわらず、気球内部の空気の重力が気球の下向きに働く力の一つになるのがわかりません。

もしこれが成り立つならば、例えば、気球内部に金属の塊がどこにも触れずに存在していたとしたら、この金属の塊の重力も気球の下向きに働く力の一つになると思ったのですが…どう考えても僕の考え方の方がおかしいです。

なぜ気球内の空気の重力が気球の下向きに働く力の一つになるのですか?

Aベストアンサー

もし気体が気球から出て行かないで気球が静止しているようでしたら、気球の内面にかかる力(部分部分にかかる圧力に面積を掛けてそれを足し合わせたもの)と気球下面の穴から出て行こうとする力の合計が気体にかかる重力と等しくなります。
当然ながらそのままでは下の穴から気体が外に逃げてしまいます。
外に逃げないようにバーナーであぶります。そのバーナーで加熱され上昇する気体の力が下穴から出てくる力と拮抗することでプラスマイナスゼロになり気球内の気体の総量が一定に保たれるのです。

気体にかかる重力は、気球の内面と下で加熱するバーナーで支えられているのです。

するとバーナーにはその反作用として下に押されます。この分、気球を持ち上げるための力が増えます。

Q労働監督署ってそんなに偉いの??

だんなが勤務中に怪我したので、労災を申請し支払われたのですが。
数日後、一部返納の書類が送られてきました。

一日分多く払った為、返納してくれとの事。
これは良いのですが、
振込先は、○○銀行 △△支店でお願いします。とメモが。
その支店は、同市内ですが、端から端くらいの距離、電車で行けば往復600円ほど掛かります。

なんで、支店まで指定されてるの??
そっちのミスなのになんでわざわざ電車代払って行くの?
●ネットで振り込めるじゃん。
●郵便局もだめなの?
●振り込んできたこっちの口座から引き落とせばいいじゃん。
●ミスったくせに、事情説明のみで謝罪なし。(手書きのくせに。。)
こう考えるとムカムカして、電話しました。

当然のように、お決まりのお言葉「そう決まっておりますので。。
この管轄ではこの支店しか振り込めないんです。。」

監督署で支払いできないか聞いたら2人目に交代。

一旦電話を切り、数分後、偉そうな声で偉そうな言葉でいきなり、
「なんかぁ、なんで払いに行かなあかんねんって言うてるらしいけど!そっちのミスやろう言うて(るらしいな)。」というヤクザさんのような。一言目がこれです。

だんなや会社に迷惑がかかるかと思い、低姿勢で短時間で終わらせ。。。

帰ってきただんなに話し、怒り。。

だんなは会社に事の経緯を話し、会社は監督署の苦情の電話を。。

先週金曜日振込に行き、土曜日に、会社に監督署から書類が届き、
中身を見たら、「返納金を支払います。」と書かれた誓約書が。。
会社がどういう苦情を言ったのか知りませんが、こちらが、返納を拒否したと思われたのでしょうか?私と会社からの二重の苦情となり、送られて来たのだと思っていますが。。

誓約書まで書かされる事が納得できません。
返納しないなんて、言ってないのですから!!
住所と名前を書いて、返信用封筒(切手付き)で送るようになっていますが。この書類が来る前に振り込んだのだから、誓約書は記載・返信しなくて良いでしょうか?

また何かあった時、労災の申請時に、不当な扱いを受けるのでは? と危惧しております。

こんなに傲慢で、偉そうな署なのですか?
そんなに偉い署なのですか?

頭の中がごちゃごちゃで文章もぐちゃぐちゃですみません。
経験者・詳しい方、アドバイス下さい。

だんなが勤務中に怪我したので、労災を申請し支払われたのですが。
数日後、一部返納の書類が送られてきました。

一日分多く払った為、返納してくれとの事。
これは良いのですが、
振込先は、○○銀行 △△支店でお願いします。とメモが。
その支店は、同市内ですが、端から端くらいの距離、電車で行けば往復600円ほど掛かります。

なんで、支店まで指定されてるの??
そっちのミスなのになんでわざわざ電車代払って行くの?
●ネットで振り込めるじゃん。
●郵便局もだめなの?
●振り込んできたこっち...続きを読む

Aベストアンサー

労働基準監督署は厚労省の出先機関であり国庫金扱いになるので,日本銀行の代理店になっている金融機関ならどこでも手続きはできると思うのですが・・・

ということで,労基署の話は日銀の代理店になっているその銀行の支店から振り込んでくださいということでは?
質問者さんの近くに代理店になっている金融機関があれば,わざわざそこまで行かなくてもそこで手続きをすればいいだけです。
ただ,他に代理店になっている金融機関が管内にないので,近くから振り込むのであればその銀行で手続きしてくださいという意味なのかもしれません。

対応の問題ですが,手続きをしたのであれば行き違いということで誓約書を出す必要はないでしょう。
また,労基署の対応に対する苦情は上位機関である都道府県労働基準局に申し入れるのも方法ですが,行政全般を監督する行政評価局に相談するという手もあります。
こちらのサイトから各県の評価事務所を検索してみてください。
http://www.soumu.go.jp/hyouka/index.html

Q気球が生み出す位置エネルギーはどこから来たか?

今、体積Vの気球に質量mの重りをつけて、高さhまで上昇したとします。
空気の密度をrとすれば、気球の浮力はrVg(gは重力加速度)だから、気球がした仕事は(rVg-mg)hですよね?ところが高さhでは質量mの物体の位置エネルギーはmghになってます。どうしてこういう違いがあるんでしょうか?

また、気球は大気圏をどこまでも上昇して、質量mを持ち上げますが、気球の中の気体にエネルギーが隠されていて、それが位置エネルギーに変化したのでしょうか?もしそうなら、気球を膨らますために投入したエネルギー(P(delta)Vかな?)が位置エネルギーに変換された、と理解していいのでしょうか?どうもエネルギーの収支がよくわかりません。

Aベストアンサー

こんにちは。
これはまたおもしろい質問ですね。

ご質問のポイントとしては、
(1) 気球でおもりを持ち上げたとき、位置エネルギーは増えたの?
(2) もし、エネルギーが増えたのなら、それはどこから来たの?
というところでしょうか。

 まず、計算は考え方がちょっと違っているでしょう。
 おもりがゆっくり持ち上がったとするならば、運動エネルギーはなし。
 気球の中のガスが極端に軽く、気球の幕まで含めて質量0だとすると、hまで上がったのは質量mのおもりなので位置エネルギーがmghなのは質問者さんのおっしゃるとおり。
 ただし、気球の浮力を、rVgとしたとき、これは、それだけの空気が気球の下に回り込んでいることを示しているので、他の方の回答にもあったとおり、いわば滑車の両端に同じ重さのおもりを下げた状況です。(片側は重り、もう片側は体積Vの容器に入った空気。)
したがって、式を示すと、mgh=rVghで、おもしろくも何ともない式かも・・・。(天井まで上がった気球付きの重りを下に引き下げると、その分、空気が持ち上がるだけですね。)

 でも・・・天井まで浮いた重りの紐を切ると明らかにエネルギーが見えますね。これはいったいどこから来たのでしょう。

 これは、滑車の両端に重りをつけて、片側の1つが高く上がったところで紐を切ったのと同じ。この重りを上に持ち上げるために、特別なエネルギーを使わなかったとしたならば、これは、もう一つの重りがあらかじめ高いところにあったから。
では、もう一つの重り、すなわち空気を持ち上げていたのは誰?
 すると・・・

 もし、気球にヘリウムガスが入っていたなら、そのヘリウムが、地上にある時点で、その分の体積の空気が上に持ち上げられていた。では、なぜ、ヘリウムが地上にあるの?(軽いので、自然に考えれば上空に上がってしまう。上空で採集したなら、これを地上に持ち帰ると言うことは、その分の空気を持ち上げるエネルギーが必要)
 で、ヘリウムは地下の岩石の中にあった(正確にはそこからしみだした天然ガスから抽出)。

ということは・・・
 地上でヘリウム気球を作って重りを持ち上げたとしたら、そのエネルギーは、地球が誕生したときに宇宙から岩石が集まってきた(落ちてきた)ときの位置エネルギーの名残ということになりますね。
(地球上の活動のほとんどは太陽の核融合エネルギーをもとにしていますが(石油・石炭も光合成の名残)、その他にも、他の星の爆発エネルギーの名残である核物質。
 そして、岩石が衝突しつつ地球ができたときの名残。
(地熱エネルギーがそれ。ただし、地熱もヘリウムも核物質の自然崩壊というエネルギーの比率が含まれているらしいですが・・・)

 さてさて、おもしろくなって長くなってしまいましたがいかがでしょうか
お役に立てば幸いです。

こんにちは。
これはまたおもしろい質問ですね。

ご質問のポイントとしては、
(1) 気球でおもりを持ち上げたとき、位置エネルギーは増えたの?
(2) もし、エネルギーが増えたのなら、それはどこから来たの?
というところでしょうか。

 まず、計算は考え方がちょっと違っているでしょう。
 おもりがゆっくり持ち上がったとするならば、運動エネルギーはなし。
 気球の中のガスが極端に軽く、気球の幕まで含めて質量0だとすると、hまで上がったのは質量mのおもりなので位置エネルギーがmghなの...続きを読む

Q文化祭で……

文化祭の季節が近づいてきました。
私の学校では、もう製作に取りかかろうとしています。
各クラスの出し物で巨大な絵を描こうという案が出ました。
賛成だったのですが、少し気になることがあります。

それは、著作権についてです。
実はミッキーマウスの絵ということに決まりそうなんです。
調べてみたのですが、俗にミッキーマウス保護法と呼ばれる法律があるそうで、
ミッキーの著作権はあと18年あるそうです。
ご存知のかたもいらっしゃると思いますが、
プールにミッキーの絵を描いた学校があり、
塗りつぶさせるようにさせたそうです。
それで私の学校もそうなるんじゃないかと心配しています。
せっかく皆で描いた絵が消されたりしたら、怖いです。

巨大なミッキーマウスの絵を展示しても問題はないのでしょうか?

正しいご回答をよろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

 著作権法35条で、学校における例外規定が定められています。
 学校などの教育機関において、授業の過程で教師や生徒が看板等に人気漫画やアニメーションのキャラクターを描く(複製する)場合は、例外的に著作権の権利者に無断で行うことができると規定されています。

 学校行事として行う文化祭は、「授業の過程」に当たると判断されるので、文化祭当日に限り、巨大なミッキーマウスの絵を展示しても全く問題はありません。

 ただし、あまりにも絵の出来映えがよいからということで、文化祭以後も校内あるいは校外を問わず常設展示をしてはいけません。この場合には著作権法に違反する可能性があります。
 文化祭が終われば速やかに撤去するか、個人で保管することです。

 放送局や日本レコード協会等が加盟している「社団法人著作権情報センター」HPから、ご参考となるページを貼っておきますから、もし、先生が「絵を塗りつぶせ」と言ったら見せて反論して下さい。
http://www.cric.or.jp/qa/cs01/cs01_4_qa.html

【著作権法35条】
 学校その他の教育機関(営利を目的として設置されているものを除く。)において教育を担任する者及び授業を受ける者は、その授業の過程における使用に供することを目的とする場合には、必要と認められる限度において、公表された著作物を複製することができる。ただし、当該著作物の種類及び用途並びにその複製の部数及び態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。

 著作権法35条で、学校における例外規定が定められています。
 学校などの教育機関において、授業の過程で教師や生徒が看板等に人気漫画やアニメーションのキャラクターを描く(複製する)場合は、例外的に著作権の権利者に無断で行うことができると規定されています。

 学校行事として行う文化祭は、「授業の過程」に当たると判断されるので、文化祭当日に限り、巨大なミッキーマウスの絵を展示しても全く問題はありません。

 ただし、あまりにも絵の出来映えがよいからということで、文化祭以後も...続きを読む


人気Q&Aランキング