痔になりやすい生活習慣とは?

現在定期券を安くするために定期を3分割で利用していますが、
区間の変更をしようと思います。
平塚→新橋
でどこ分割するのが一番安くなるのでしょうか?
私の計算では、
平塚→戸塚→新橋
57,450+89,210=¥146,660
になります
2分割でも3分割でも構いません。
これより安くなる分割をおわかりになる方教えてください。

A 回答 (4件)

新橋 ⇒ 鶴見 42340 円


鶴見 ⇒ 東戸塚 30240 円
東戸塚 ⇒ 藤沢 33260 円
藤沢 ⇒ 平塚 33260 円
4 枚運賃合計 139100 円
    • good
    • 0

通勤定期という前提で回答します。


1ヶ月定期及び3ヶ月定期では、分割の効果は得られません。
6ヶ月定期であれば、分割の効果が得られます。

【平塚 ⇔ 新橋】
●1枚(通し)
平塚 ⇔ 新橋 153160 円

●2枚
平塚 ⇔ 大船 45360 円
大船 ⇔ 新橋 99790 円
2 枚運賃合計 145150 円 (差額:8010 円)

●3枚
平塚 ⇔ 大船 45360 円
大船 ⇔ 保土ヶ谷 30240 円
保土ヶ谷 ⇔ 新橋 65020 円
3 枚運賃合計 140620 円 (差額:12540 円)

●4枚(この区間の場合の最大分割数です)
平塚 ⇔ 藤沢 33260 円
藤沢 ⇔ 東戸塚 33260 円
東戸塚 ⇔ 鶴見 30240 円
鶴見 ⇔ 新橋 42340 円
4 枚運賃合計 139100 円 (差額:14060 円)

【辻堂 ⇔ 新橋】
●1枚(通し)
辻堂 ⇔ 新橋 132230 円

●2枚
辻堂 ⇔ 戸塚 33260 円
戸塚 ⇔ 新橋 89210 円
(又は)
辻堂 ⇔ 保土ヶ谷 57450 円
保土ヶ谷 ⇔ 新橋 65020 円
2 枚運賃合計 122470 円 (差額:9760 円)

●3枚(この区間の場合の最大分割数です)
辻堂 ⇔ 戸塚 33260 円
戸塚 ⇔ 鶴見 42340 円
鶴見 ⇔ 新橋 42340 円
(又は)
辻堂 ⇔ 東戸塚 45360 円
東戸塚 ⇔ 鶴見 30240 円
鶴見 ⇔ 新橋  42340 円
3 枚運賃合計 117940 円 (差額:14290 円)

以上です。ご参考まで。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございました!

お礼日時:2008/02/15 08:49

通勤6箇月で計算しています。



辻堂 ⇒ 新橋 132230 円

辻堂 ⇒ 戸塚 33260 円
戸塚 ⇒ 鶴見 42340 円
鶴見 ⇒ 新橋 42340 円
3 枚運賃合計 117940 円

乗車券の分割はこちら↓
http://ni-a.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
今までやっていた分割よりも更に安いので
驚きました。

サイトも教えていただきありがとうございます!
こういうサイト探していたんです。

お礼日時:2008/02/15 08:48

新橋 ⇒ 保土ヶ谷 65020 円


保土ヶ谷 ⇒ 大船 30240 円
大船 ⇒ 平塚 45360 円
3 枚運賃合計 140620 円

この回答への補足

とっても早い回答ありがとうございます
4分割で鶴見を経由するとは驚きました☆
わたしにはとても思いつきません。
お詳しいんですね

ずうずうしいんですが、
参考に辻堂→新橋
も教えていただけませんか?

補足日時:2008/02/13 15:12
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東海道(京浜東北)線と横須賀線

東海道、京浜東北線(川崎経由)と横須賀線(新川崎経由)は
定期券も含めてどちらにも乗れて、どちらの駅でも乗降できる特例区間と
認識してますが、それができる定期券の区間は品川~鶴見ですか?品川~横浜ですか?
横須賀線は鶴見には止まりませんが、品川~鶴見(東海道、京浜東北経由)の
定期券で新川崎で下車できますか?

Aベストアンサー

特定区間の運賃計算(定期乗車券も含みます)は
品川~鶴見
間です。規則上はこの区間の定期乗車券の経路も東海道本線となり、東海道線・京浜東北線・横須賀線(湘南新宿ラインを含む)のいずれかの路線を選択して乗車できます。
従って、品川~鶴見を含む定期券であれば、新川崎での乗車・下車も可能です。

JR東日本公式サイト内の以下の項目もご覧下さい。
「きっぷに関するご案内」の「運賃計算の特例」の「●特定区間の運賃計算」
http://www.jreast.co.jp/kippu/1101.html
「旅客営業規則」の第69条第1項第4号及び同条第2項
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/03_syo/01_setsu/03.html

また、品川以遠~鶴見の定期券で横浜駅を経由することは「特定の分岐区間に対する区間外乗車の特例」で認められています。

JR東日本公式サイト内の以下の項目もご覧下さい。
「きっぷに関するご案内」の「運賃計算の特例」の「●特定の分岐区間に対する区間外乗車の特例」
http://www.jreast.co.jp/kippu/1106.html
なお、この特例は、文内に除外が書かれている一部区間のグリーン定期券以外は、乗車券・回数券・定期券のどれでも適用となります。

特定区間の運賃計算(定期乗車券も含みます)は
品川~鶴見
間です。規則上はこの区間の定期乗車券の経路も東海道本線となり、東海道線・京浜東北線・横須賀線(湘南新宿ラインを含む)のいずれかの路線を選択して乗車できます。
従って、品川~鶴見を含む定期券であれば、新川崎での乗車・下車も可能です。

JR東日本公式サイト内の以下の項目もご覧下さい。
「きっぷに関するご案内」の「運賃計算の特例」の「●特定区間の運賃計算」
http://www.jreast.co.jp/kippu/1101.html
「旅客営業規則」の第69条第1項...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報