会計王5というソフトを使って、帳簿をつけています。2007年度に売れ残った商品を棚卸ししたのですが、帳簿につけるさい、その貸し方と借り方科目を何にすればよいのかわかりません。どなたか分かる方いらっしゃいましたらご教示お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#1です



> 繰り越し商品という科目がみつからなかったのですが、
> 代わりに繰延資産という科目がありました。
> これは棚卸しの場合もつかえますでしょうか?
既に#2様がご回答なさっておりますが、ダメです!
「繰延資産」とは通常、有形固定資産や投資等の下に表示する区分名(科目名にも使える)です。

商品若しくは繰越商品勘定は預金・売上債権(現金、当座預金、受取手形、売掛金)の次に表示されるように設定が一般的ですが、御社の[合計]残高試算表(若しくは貸借対照表)を作成した際には、どのような科目名がありますか?

代表的な勘定科目表を付けますので、お使いのソフトのマスター設定などと照らし合わせて見て下さい。
http://www.a-firm.ne.jp/nyu-mon/account1.htm
    • good
    • 1

小売業とかでしたら、



期首の棚卸: 期首商品棚卸高 / 商品
期末の棚卸: 商品 / 期末商品棚卸高

製造業の材料でしたら、

期首の棚卸: 期首原材料棚卸高 / 原材料
期末の商品: 原材料 / 期末原材料棚卸高

のようになるでしょう。

※ 棚卸資産については、科目の一覧の中の貸借対照表の中にある棚卸資産にある科目を使えばよいですし、相手科目は損益計算書の中にある「期首○○棚卸高」や「期末○○棚卸高」を使います。
 
    • good
    • 0

繰延資産は使ってはいけません。



過年度の決算処理を確認すれば済むことではないでしょうか?
またはマニュアルがあると思いますが。

流動資産の科目と損益計算書の売上原価の内訳科目を、試算表上から確認し該当する科目を貸借に仕訳すればよいと考えます。
    • good
    • 0

会計王は使っていないのと、御社で使用している会計科目等が不明なので、一般的な3分法での仕訳を書きます。


 ・期首棚卸高  仕入/繰越商品
 ・期末棚卸高  繰越商品/仕入
「繰越商品」勘定は「商品」勘定でも可。
「仕入」勘定は売上原価を構成する他の勘定(たとえば「棚卸高」)でも可。

この回答への補足

ありがとうございます。
繰り越し商品という科目がみつからなかったのですが、代わりに繰延資産という科目がありました。これは棚卸しの場合もつかえますでしょうか?

補足日時:2008/02/13 21:18
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古本の棚卸し資産の計上方法は?

副業のような形でネットで古本の販売をしています。本の在庫は、棚卸し資産としてどのように計上したらよいのでしょうか? 本は昔自分で買ったもの他、古書店やもらったものなど様々ですし、冊数が多すぎて全部の棚卸しなど到底考えられませんが、しなければいけないものなのでしょうか。尚、本業は棚卸しが必要のない業種のため棚卸しに関する知識もほとんどありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

商工業者の多くは、商品の仕入販売や製品の製造販売を行うので、期末時点で棚卸資産を保有するのが普通です。ですから決算では、それらの棚卸を行って棚卸価額を評価し、期末の棚卸高を計上しなくてはなりません。

ところで棚卸資産の価額の評価方法は色々あるので、業者自身が評価方法を決めて、毎年、同じ方法で評価計上するのが原則です。ですから質問者の場合も、評価方法を自分で決めて下さい。

と言っても、古本屋に適する評価方法は、「個別法による原価法」だけだと、私は思います。古本を仕入れたときの値段を一つ一つ記録しておいて下さい。期末の在庫の古本の仕入価額の合計額が、あなたのお店の「期末商品棚卸高」になります。

~~~~~~~~~~~~
〔参考〕
  ところで、嬉しい情報を提供します。あなた自身が購入して読んだ本を販売する時は、販売代金は売上から外しても構いません。
  これは事業所得ではなく譲渡所得になります。そして、生活用動産の譲渡所得は(一部の例外を除いて)課税されないので売上から外しても脱税にならないのです。この制度を上手に利用すれば、合法的に税金を節約することができますよ。

~~~~~~~~~~~~
〔参考〕
  年の所得が300万円以下の青色申告者は、「現金主義」の経理を選択することができます。↓

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/23200010.htm

現金主義の経理を選択した事業者は、期末の棚卸をしないで合法的に決算を行い確定申告することができます。
  仕入れたときの値段を一つ一つ記録するのは面倒、期末に在庫の棚卸をして「期末商品棚卸高」を計算するのも面倒だという面倒臭がり屋にとっては、ありがたい制度ですね。(^^;

~~~~~~~~~~~~

商工業者の多くは、商品の仕入販売や製品の製造販売を行うので、期末時点で棚卸資産を保有するのが普通です。ですから決算では、それらの棚卸を行って棚卸価額を評価し、期末の棚卸高を計上しなくてはなりません。

ところで棚卸資産の価額の評価方法は色々あるので、業者自身が評価方法を決めて、毎年、同じ方法で評価計上するのが原則です。ですから質問者の場合も、評価方法を自分で決めて下さい。

と言っても、古本屋に適する評価方法は、「個別法による原価法」だけだと、私は思います。古本を仕入れたとき...続きを読む

Q期末に銀行預金残高と会計帳簿残高が異なる

期末に銀行預金残高と会計帳簿残高が異なる場合は、銀行残高になるように修正処理を行えばよろしいでしょうか

Aベストアンサー

差異が生じる原因さえ把握していれば銀行残高に合わせる必要はありません。

Q作成中ソフトウェア(仕掛品)の棚卸評価方法

法人設立を検討している個人のプログラマです。
今までは棚卸資産(仕掛品)が出ないように、取引先から12月納で発注書を出してもらっていたので、今までの確定申告では棚卸資産=0で申告していました。このほど、取引先の都合で1月納になるため、期末で仕掛品が発生することになりました。納入物はプログラムソースになります。

質問1 仕掛の評価方法はどちらが良いでしょうか?

仕掛A=(期末までの作業日数/全作業日数)*発注金額
仕掛B=(期末までソースステップ数/全ソースステップ数)*発注金額
※全作業日数にしろステップ数も作業完了まで不明なので、予想値です。

質問2 法人設立時に棚卸しの評価方法を届ける必要があるのですが
上記のような計算をしたい場合は、9種類のうちどの方法に相当するのでしょうか?

以上、よろしく御願いします。

Aベストアンサー

質問1・・
どちらの方法でも良いと思いますが、「仕掛A」の方がシンプルでしょう。
なお、売上高に対する原価率が把握できるのであれば、
仕掛品評価額=(期末までの作業日数/全作業日数)*発注金額*原価率
の方が優れています。節税になるからです。

質問2・・
法人設立後は製品別原価計算を行って仕掛品を評価するようにお薦めします。
ソフトウエアの受託開発においては、仕掛品評価方法は「個別法による原価法」が最適です。

Q売掛金の期間借方と期間貸方

先日、会社の残高試算表を見ていたら、

「売掛金」の期間借方と期間貸方どちらにも数字が打ち込まれていました。

・当社は売掛金を回収することしかしないのですが、これはどうゆうことなのでしょうか?

・普通の借方貸方と「期間借方」「期間貸方」は何が違うのでしょうか?

簿記の初歩的な質問ですいません、よろしくお願いします

Aベストアンサー

>当社は売掛金を回収することしかしないのですが、これはどうゆうことなのでしょうか?

’売掛金を回収することしかしない’というのはありえません。発生しない売掛金を回収できるはずがないからです。

・まず、売上を計上したときに売掛金が「発生」します。

  売掛金 500,000  売上 500,000

  この結果、売掛金の借方に500,000という数字が上乗せされます。

・そして、例えば先月分の売掛金30万円を「回収」したとします。

  普通預金 300,000 売掛金 300,000

  この結果、売掛金の貸方から300,000という数字が減額されます

よって、質問文にある

’「売掛金」の期間借方と期間貸方どちらにも数字が打ち込まれていました’ということは当然のように毎月繰り返し起こります。


>普通の借方貸方と「期間借方」「期間貸方」は何が違うのでしょうか?

残高試算表は普通は1ヶ月ごとの「月次試算表」のことですから、例として7月の試算表であれば、7月1日から31日という「期間」に増減があった額が反映されているとうことです。

>当社は売掛金を回収することしかしないのですが、これはどうゆうことなのでしょうか?

’売掛金を回収することしかしない’というのはありえません。発生しない売掛金を回収できるはずがないからです。

・まず、売上を計上したときに売掛金が「発生」します。

  売掛金 500,000  売上 500,000

  この結果、売掛金の借方に500,000という数字が上乗せされます。

・そして、例えば先月分の売掛金30万円を「回収」したとします。

  普通預金 300,000 売掛金 300,000

  この結果、売掛金の貸方か...続きを読む

Q棚卸での最終原価法で原価0の商品の処理方法

当社は月次で帳簿棚卸しを行っているのですが
当月末在庫帳を見て、長年のおつきあいで、当社に対するサービスとして
原価0でもらった商品が10個納品されていることに気づきました。
在庫の評価方法として最終原価法を採用しているのですが、
その前に原価100円で仕入れた同商品が20個残っています。

私の考え方としては
(1)最終原価0円として、(20個+10個)×0円=0円
(2)別々に計算し、20個×100円+10個×0円=2000円
(3)最終原価0はおかしいので、(20個+10個)×100円=3000円

と出てきましたが、どうゆう考え方が正しいのでしょうか?
まだまだ若輩者です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

経理的な理窟として言えば、そのゼロ円でもらったときの処理の問題です。
本来これは100円近い商品をただでもらったのですから、100円の利益が出たと考えます。
仕訳としては

仕入高  100/ 受贈益  100
となります。

ただし実務上はその仕入れが100円であったとみなして、棚卸評価額を100円にすれば結果は同じです。
従って理論的にはそれをのぞいた仕入れの最後の単価を適用すればよいと思いますよ。

Qなぜ、「借方」「貸方」という?

素朴な疑問です。
貸借対照表で、資産を借方、負債+資本を貸方と言いますが、文字だけを見ると、「借」は人から借りることを意味し、「貸」は他人に貸すことを意味するので、貸借対照表では逆の概念として使われているような気がするのですが。。負債は他人から借りたものなのに、どうして「貸方」になるのですか? 素人的な素朴な疑問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私はつねづね、このような基本的な問いを大切にして、正しく伝えることが
重要だと思っていました。学校などでも「自明のこと」として見過ごされているようですね。

もともと財務諸表も財産目録から発展したものですね。財産目録では昔、人名勘定を使っていました。
たとえば(売掛金)山野益男 ○○円 というように。
この「山野益男」というのは、借りている人=借主(debtor)で、当方は貸主です。
(当方は自明ですから表記する必要はありません。)
で、借主名簿の金額欄の左側に貸した金額を書き、返却されたとき右側に書きます。
負債・資本の方も貸主(creditor)の名を書きました。複式簿記の成立に伴い、
その発生は右側に、返却は左側に書くようになりました。
こうしたわけで、左を借主=借方(Dr)、右を貸主=貸方(Cr)と表記するようになったのです。

「借主」「貸主」が日本で訳されたときに「借方」「貸方」となったのは、
人名でない他の科目もあるからとはいえ、わかりにくいものになったと思います。

Q確定申告・内訳書の棚卸欄の記載方法

個人事業で、収支内訳書の棚卸欄の記載方法について教えてください。
商品などに加えて、使用していない消耗品も棚卸しなくてはいけないみたいですが、商品と消耗品を足した額を記載するといいのでしょうか?初歩的な質問申し訳ありません・・。棚卸は商品だけすればいいという認識でおりましたので・・^^;

Aベストアンサー

たな卸しの問題は「個人か法人か」で変化するものではありません。
商品を仕入れて販売する販売業と製品を製造する製造業とが、根本的に違うのだと理解してください。

販売業ですと(何度も出る式ですが)、「期首たな卸し(前期からの持ち越し商品)+今期の仕入高-期末残商品」が今期の売上げに対する原価になります。

製造業ですと製造原価を出すために期首たな卸しには期末の消耗品の見消耗残高が当然入り、今期に購入した材料や消耗品を足して、期末に残ってる材料と消耗品の残を引きます。

どうして、消耗品の扱いが違うかというと、製造原価というのは単価あたりの原価の計算をそれなりの精度をもって計算しないと「いくらで売れば利益がでないのか」がわからないからです。

仕入れた商品を販売する「販売業」では、消耗品はすべて「販売に関する費用」と考えます。一度購入した鉛筆を、今は使わないからと棚においておいても、消耗品として経費算入できます。

これに対して工業簿記の原価計算では「使ってない鉛筆は、たな卸し消耗品(つまり未使用)」として計算して、原価計算に入れないのです。

製造業か販売業か、はたまた別の業種なのかをはっきり伝えてなかったので、税務署の方も回答がムニャムニャしてしまったのかもしれませんね。

もし結論が出ないなら、もう一度スレッドを立ててみたらいかがでしょうか。その際は業種をはっきりした方が的確な回答がいただけるかもしれません。

たな卸しの問題は「個人か法人か」で変化するものではありません。
商品を仕入れて販売する販売業と製品を製造する製造業とが、根本的に違うのだと理解してください。

販売業ですと(何度も出る式ですが)、「期首たな卸し(前期からの持ち越し商品)+今期の仕入高-期末残商品」が今期の売上げに対する原価になります。

製造業ですと製造原価を出すために期首たな卸しには期末の消耗品の見消耗残高が当然入り、今期に購入した材料や消耗品を足して、期末に残ってる材料と消耗品の残を引きます。

どう...続きを読む

QJDL出納帳の借方、貸方について

先月からJDL出納帳2010を自社で導入したんですが・・・
さっぱりです。
まったくの素人です。

例えば現金で会議費/食事代を支払った場合
どうゆう風に入力すればいいのでしょうか?
ちなみに振替伝票に入力しています。

現金伝票に入力するのが早いと思うんですが
今まで税理士さんにやって頂いてて
全て振替伝票で入力なさってたとの事で・・・

私もそのやり方を覚えようと思ったんですが
借方に111現金と入力するのか?
865会議費と入力するのか?
わからないんです。

自分なりに調べたり説明書を読んだりしたのですが
理解できず・・・
初歩的な質問で申し訳ないんですが
JDLに詳しい方、ご存知の方
是非知恵をおかりしたいです。
宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

簡単に説明します。

お金は増えたり減ったりします。
増えたら左側、減ったら右側です。

経費を使ったら左側。
(基本的に経費は使う一方なので常に左側と覚えておくと覚えやすい。
右側は修正する時だけなのです)

売り上げは常に右側
(修正するときは左側もたまに出てくるくらい)


振替伝票の場合は

会議費1000/現金1000 という具合です。

Q製造業で棚卸作業を迅速化する方法

製造業の会社で働いています。

製造業における棚卸業務の迅速化について皆様の意見をお聞かせ下さい。


弊社では棚卸を社員によるカウントおよび自前の複写伝票への手作業による記入で行っております。

現在生産が非常に忙しい中、棚卸を行うスタッフが前回と同等もしくは少ない状態で、通常より在庫の多い状態の部品・製品の棚卸を行わなければならず、どうにかして作業を迅速化出来ないかと考えております。

迅速化の対象となるのは事前準備~伝票配布~カウント・起票~伝票回収までで、この部分は製造の現場で働く方が一時的にラインをストップさせて作業を行うため、可能な限り短い時間で完了させたいのが本音です。
(集計については別部門が行っている為、今回の迅速化目標からは外してあります。)

ちなみに棚卸の迅速化といえばバーコード化+ハンディスキャナーなどが思いつくところですが、今回は予算及び日程の関係から今回については既存の複写伝票の使用のまま行うことが決まっています。

これまでも事前準備として
・整理整頓(空箱整理や除外品への表示)
・棚卸教育(伝票の記入方法や前回のカウントミスのアナウンス)
・途中計算の用紙配布(二重チェックで確認者が確認し易い様に)
・実施前日~当日まで受入出庫の停止
など行ってきましたが、マンネリ化している様で一定以上の効果が上がらないのが実状です。


そこで、皆様から「こんな事したら効率が上がった」や「こんな教育で実施者の作業が早くなった」などなど、棚卸の効率化につながるアイデアがあったらご教授頂きたいと思います!


※ちなみに棚卸作業に関わる人員は大体300人で、時間としては3~4時間位カウントと起票で棚卸に拘束されています。
作業点数としては1万枚位の伝票を起票しているイメージです。

製造業の会社で働いています。

製造業における棚卸業務の迅速化について皆様の意見をお聞かせ下さい。


弊社では棚卸を社員によるカウントおよび自前の複写伝票への手作業による記入で行っております。

現在生産が非常に忙しい中、棚卸を行うスタッフが前回と同等もしくは少ない状態で、通常より在庫の多い状態の部品・製品の棚卸を行わなければならず、どうにかして作業を迅速化出来ないかと考えております。

迅速化の対象となるのは事前準備~伝票配布~カウント・起票~伝票回収までで、この部分は製造の現...続きを読む

Aベストアンサー

当方は5000品目程度の在庫を管理しています。
従来はが、棚卸しに50人で6時間かかっていまいたが、現在は3人で8時間です。
品目が多くなればそれなりに時間は必要ですが、時短可能だと思います。

品目別に棚番を付与します。
棚番は配置された区域や順番によって以下の解説に対応しやすい番号がいいです。
原則的には同一品目は同じ場所にストックしますが、2日以上別の場所に置く場合は別の棚番を付与します。
棚番ごとに現品票を付けます。
当方ではA4版でした。
現品票は現物に付けると紛失しますので棚そのものに貼るなどして固定します。
現品票には棚番、部品の固有番号、名称等固定的な情報を上部に記載しておきます。
下部には入庫と出庫の際に都度日付と数量を記入し、残高を計算し記入します。
品目ごとにルールは異なるかもしれませんが、残高が少ないときに残高と実数を確認します。
このとき実数を確認した証として残高数を丸で囲みます。
特に在庫がゼロになったときは実数確認しやすいですね。
残高と実数が異なる場合は、すぐに原因を追究します。
よくあるのは残高の記載ミス(計算ミスです)
その他の原因は様々でしょう。
現品表の記載欄には限りがあります。
最後まで記入したら、上部の固定的な記載内容が見えるように、B4版の入出庫履歴部分のみの用紙を貼り足します。
貼るのは上部のみで、めくれば過去の履歴はその場で見れるようにします。
要するに、現物の数量は日頃から現品票の残高と一致させておくことです。

棚卸しは事前に担当品目を決めておきます(当社ではエリヤ毎に担当者を決めてます)
担当者毎に品番順か棚番順で転記リストを作っておき、現品票の残高を転記して回ります。
準備された転記リストに全ての数量が転記されれば完了です。

その後は別途管理された机上の残高数量と照合し、不一致の場合は実数確認します。
当社では数量差異の大きな順に確認していきます。
また単価をABC区分して、金額差異の大きいものも順に確認してます。
原因が解決したら現品票の残高を修正します。

机上より少ないのも問題ですが、多いのはもっと重要視してます。
なぜなら、指示数以下の出庫があった可能性があるからです。
納入先が親切というかサービスで伝票よりも多く納品した可能性もありますが、しっかり検収していればその可能性は低いですね。

以上が概略説明です。
運用上もっと細かい取り決めや、仕組みがあるのですが、割愛させていただきます。

当方は5000品目程度の在庫を管理しています。
従来はが、棚卸しに50人で6時間かかっていまいたが、現在は3人で8時間です。
品目が多くなればそれなりに時間は必要ですが、時短可能だと思います。

品目別に棚番を付与します。
棚番は配置された区域や順番によって以下の解説に対応しやすい番号がいいです。
原則的には同一品目は同じ場所にストックしますが、2日以上別の場所に置く場合は別の棚番を付与します。
棚番ごとに現品票を付けます。
当方ではA4版でした。
現品票は現物に付けると紛失しますので棚その...続きを読む

Q貸倒引当金が借方か貸方かわからない(簿記素人です)

英文会計をやっていますが、bad debts expenseは費用なのでプラスになったときは借方に記入されるのはわかります。
貸倒引当金は資産なので、これがプラスになるのは、借方だと思うのですが、ものの本には貸倒引当金が経常されるのは貸方というように書かれています。これはなぜなんでしょうか?

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%B8%E5%80%92%E5%BC%95%E5%BD%93%E9%87%91

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A9%95%E4%BE%A1%E5%8B%98%E5%AE%9A

http://www.get-boki.com/archives/27/48/000144.html

なので貸方になります

自分の小遣い帳だと借方にマイナスで書いて置いても良いでしょうね
友達に貸したけど返ってこない可能性が有る時とか...(笑)。
返ってこないつもりで小遣いが管理できます


人気Q&Aランキング