【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

36歳、169センチ、54.5キロ、体脂肪率は21%ほどです。昨年10月ごろより5キロほど体重を落としました。
最初の2ヶ月ほどは食事による摂取カロリーを控え、昼食をほとんどとらず(朝・晩は普通)で2キロほど体重が落ちましたがその後変化がなくなり、サーキットトレーニングに通い始めてさらに3キロほど落ちました。
トレーニングを昼休みに30分程度、週5日行うのですが、1時間の昼休みでは時間がぎりぎりで、結果昼食をほとんど取れずにいたので、後半はサーキットトレーニングと食事制限の両方で痩せたようなものです。体脂肪率はトレーニングを始める前は26%ほどでしたから、これが減ったのはトレーニングのおかげと思います。
最近では食事を取らずにトレーニングをするとふらつきやめまいがするので、そろそろこの方法を見直したいと思うのですが、トレーニングの回数を減らしたり、食事の量を増やしたりするとまた体重が増えやしないかと恐ろしく、どうしていいのかわかりません。
1日でもトレーニングを休んでゆっくり昼食を取ると、その日の夜にはなんだか身体が重いような、ふくよかになったような気が突然して、気が気でないというか、落ち着きません。(実際体重を量ると、500gほどは増えていることが多い)で、あせって次の日またせっせとトレーニングに行き、食事を抜くのです・・・こんなことでいいのでしょうか?
このダイエットの方法を止める?あるいは変える?方向で、体重を維持していくにはどうしたらよいのでしょうか?
アドバイスをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

こんにちわ。



>36歳、169センチ、54.5キロ、体脂肪率は21%ほどです。昨年10月ごろより5キロほど体重を落としました。
>最近では食事を取らずにトレーニングをするとふらつきやめまいがするので、そろそろこの方法を見直したいと思うのですが、トレーニングの回数を減らしたり、食事の量を増やしたりするとまた体重が増えやしないかと恐ろしく、どうしていいのかわかりません。
>このダイエットの方法を止める?あるいは変える?方向で、体重を維持していくにはどうしたらよいのでしょうか?

女性の方ですね。減量、お疲れ様でした。約半年の減量で、脂肪も随分落ちたと思いますが、筋肉も落ちてしまったため、カラダのスタイル的にはちょっとアンバランスになっていませんか?169cmと身長も高いので、ちゃんと方向転換すれば、篠原涼子さんみたいな体型にすることが出来ますよ。女優のカラダには、自分にはなれないと最初から諦めないで下さいね。彼女も芸能人になる前は普通の人だったんですから。

 じゃあこれから何をすればいいのかというと、そのサーキットをやめて、普通のトレーニングジムに通い、高負荷ウェイトを扱う筋トレ(ウェイトトレーニング)をやって、朝昼晩たくさん食べて、間食も積極的食べて、バストアップ&ヒップアップとウエストサイズダウンを行います。とりあえずこれを3ヶ月続けたら、脂肪も筋肉もついてくるのですが、結構イイところまで脂肪がついたら、こんどはまた3ヶ月ぐらい筋肉を維持しながら脂肪を落とします。このときはある程度の食事制限は必要ですが、普通に3食食べられるのでご安心ください。こうやって、数ヶ月単位の増量と減量を繰り返すことで、出すトコは出して、凹ますトコは凹ます、女性らしいボディラインを作り上げるというのが、実はカラダづくりの基本なのです。

 実際、筋肉は脂肪より重いので、同じ身長・体重でも筋肉のつき具合で、見た目のスタイルは相当違ってきます。人間のカラダは20代半ばから年1%ずつ筋肉が衰えていくので、体重だけを意識してダイエットしていると、年を取るにつれて、筋肉が減ってるのに脂肪がどんどん増えちゃいますよ。体重を意識してカラダ作りをする間違ったダイエットからは、もう卒業した方がいいです。

 筋トレだけで脂肪が減るの?たくさん食べてキレイになれるの?サーキットやめても大丈夫なの?リバウンドは大丈夫なの?と思われるかもしれませんが、答えはすべてYes、大丈夫です。とりあえずお返事を頂ければ、続けて詳しく説明します。

この回答への補足

今のところ、自分の時間はお昼休みしかなく、サーキットは職場近くにあり、「昼休み・サーキット」は絶好の条件なのですが、自宅付近にはそういった場所(フィットネスクラブやジム)がなく(自宅と職場は車で1時間ほど離れています)、特別に時間を作ってジムに通うのは難しい状態です。お昼にサーキットによって身体を動かすことで、午後のオフィスワークはぐんと楽にこなせるようになり、とても気に入って続けていたのですが、何せ食事がとれないことが気になっています。こんな私でもできますでしょうか?とりあえず食事はしたほうがいいでしょうか?

補足日時:2008/02/14 15:43
    • good
    • 0

こんにちわ☆



>腕立て伏せは、今のところほとんどできません!腕の力は全くありません。

今はできなくても全然問題ありません。むしろ、今カンタンにできちゃうと、また余計に器具をそろえる必要がありますので、ちょうど良いと思います。

とりあえずダンベルは今使える状態ですか?週末じゃないと難しいというのでしたら、とりあえず今は水入りペットボトルをご用意ください。滑り止めつきの軍手か何かがあれば、なお良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。もっとお聞きしたいこともありますが、事情により、一旦締め切らせていただきます。
本当にありがとうございました!

お礼日時:2008/02/19 17:08

こんにちわ。



ダンベルが使えるとのコトで何よりです。おうちに届きましたら、早速メニューを作りましょう。もちろん届く前に、水入りペットボトルなどを使って練習してもいいですし。とりあえず先にご質問に答えさせて頂きます。

>あの、すみません、ちょっと聞きたいのですが、例えば身体を鍛えたり
>少し身体をふっくらさせてきれいな身体を作っていくうちに体重が少し増えてきますよね。(理屈はよくわかる)

増えます。個人差やその人の趣向によっても異なりますが、自分の場合年中5kg前後の幅で増やしたり減らしたりさせています。それに合わせて筋肉・脂肪の量も変化します。

>しかし、身体は引き締まっていくわけですよね、ってことは、体重は
>増えるが洋服のサイズはダウンするとか、ジーパンのサイズは変わら
>ないとかいう現象がおこるのですか?
>物理学的に考えると、体が締まって洋服のサイズが小さくなる=
>いらない肉が落ちて体重が減少していると思ってしまうのです
>が・・・???

 非常に良いご指摘です。そうやってボディメイクに関して、理屈で考える習慣をつけると、その習熟度がとてもアップするので、これからも分からないことがあればどんどん聞いて頂ければと思います。自分も勉強になりますし。美しくなるためのトレーニングには、それぞれ結果を出すための理由があります。

 まず、筋肉と脂肪は別の物質ということを知ることが大事です。よく「若い頃は筋肉だったのが、今は脂肪に変わっちゃった」とか言う人がいますが、これは大きな誤解。両者は全く別々の物質で、どちらかが片方に変質するということは絶対にありません。10円玉がどうやっても金貨に変わらないのと同じことです。
 そして、増減量を繰り返す理由にも関わってくるのですが、人間のカラダは「摂取カロリー>消費カロリー」のカロリー収支プラスの状態で脂肪と筋肉がつき、逆に「消費カロリー>摂取カロリー」のカロリー収支マイナスの状態で脂肪と筋肉が落ちます。この人間のカラダの性質を利用して、プロポーションの良いカラダを作っていきます。
 カロリー収支がプラスの状態じゃないと筋肉はついてくれないので、これを増量期として設定し、筋トレしてたくさん食べて筋肉だけでなく脂肪もつけます。脂肪がついてくるのは仕方がないと割り切ります。自分の場合、ズボンのウエストがきつくなったら減量の合図なのですが、そうなったら今度は脂肪を落としながら筋肉を維持します。つまり、減量期に入るということ。実際、脂肪を落としながら筋肉をつけられればベストなのですが、原則的にそれを行うことは不可能です。でも脂肪を落としながら筋肉を維持することは可能なので、減量期は筋トレして腹八分目に食べて、筋肉を維持して脂肪を落とします。これを繰り返すうちに、必要な部分のボリュームは筋肉でアップさせながらも、余分な脂肪はついていないカラダを作り上げていくのです。

 そして今回のご質問に直接関わってくる部分なのですが、バストやヒップ周りの筋肉をつけると、程々の皮下脂肪を下から支える支柱の役割を果たしてくれて、垂れがちなパーツに20代前半並みのハリを持たせてくれます。上手に調整すれば、20代の頃よりもバランスよくなります。逆にウエストに関しては、筋肉をつけるとふくらむのではなく凹みます。それは、人間のカラダは基本的に空洞になっているのですが、腹筋が衰えてくると内臓が前にポコッと出てしまいます。でも腹筋(特に深部腹筋)を鍛えることで、内臓に筋肉のコルセットを巻くことになり、ポッコリお腹が解消されます。大腰筋という深部腹筋を鍛えると、このコルセット効果でウエスト周りがダウンするのですが、これをやるだけで1週間で10cm以上ウエストサイズがダウンする女性も多いようです。
 なお階段1段飛ばし上がりは、この大腰筋を鍛えるトレーニングです。ちなみにこれは、モモ上げ運動でも代用できます。

 実際、人間のカラダはどこか特定のパーツを狙って脂肪を落とすことはできないようになっていて、例えば太ももの脂肪を落としたいときは、カロリー収支マイナスの状態を続けて体全体の脂肪を落とし、それに伴って太ももの脂肪を落とすのです。でも、普通に食事制限や有酸素運動だけで脂肪を落としていくと、新糖生と呼ばれる現象で、筋肉からもエネルギー源が奪われてしまうため、足の脂肪が程よく落ちた頃には、上半身の筋肉・脂肪もゴッソリ落ちてしまって、結局洋ナシ体型は変わらぬまま、といったケースに陥ってしまいます。
 そうならないために、脂肪は程よく残しながら、その下にある筋肉の大きさをコントロールして、女性としてメリハリのある美しいプロポーションを作り上げるのです。バランスの良い体というものは、大抵は生まれ持ったものなのではなく、ご自身の努力で作り上げるものです。

長くなっちゃいました。次回は、その筋トレメニューを考えましょう☆
ちなみに今、腕立て伏せはできますか?ヒザついてもOKです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な説明をありがとうございます。諸事情によりお礼が遅れまして、すみませんでした。
腕立て伏せは、今のところほとんどできません!腕の力は全くありません。できればまたアドバイスおねがいします。

お礼日時:2008/02/18 10:50

>お昼休みの運動は、なんらかの工夫をして、サーキットではない運動を


>取り入れたいと思います。(階段は1箇所しかなく、オフィスの都合上難しいが、
>縄跳びとか、周辺ジョギングとか、どうでしょうか?)

それも良い選択だと思いますよ。縄跳びやジョギングなどの有酸素運動は、やりすぎると筋肉から栄養を奪ってしまって、それをずっと続けていくとマラソン選手のような、スリムなんだけどもガリガリ系の体型になってしまいますが、お昼休みの間の1時間以内の数十分ぐらいでしたら、問題ないと思います。気持ち的にもリフレッシュしますしね。

>トレーニング用具を自宅に置くことは難しいように思います。金銭的
>というよりも、その場所がないというのと、子どものことがあります。
>(実際ヨガマットすらひくのがきついので・・・)

分かりました。またバストアップに効果的なベンチプレスや、ヒップアップに効果的なブルガリアンスクワットは、リュックサックに雑誌や辞書などを詰め込んでウェイト代わりに使いましょう。谷間メイクは、パームプレスとかがいいかな。(種目については今はまだ分かんなくて良いです)
 ちなみにダンベル1個だけなら置いても大丈夫そうですか?使い終わったらリュックに入れて100円ショップのカギ締めて、棚の奥に保管するとかいうのは?

この回答への補足

あの、すみません、ちょっと聞きたいのですが、
例えば身体を鍛えたり少し身体をふっくらさせてきれいな身体を作っていくうちに体重が少し増えてきますよね。(理屈はよくわかる)
しかし、身体は引き締まっていくわけですよね、ってことは、体重は増えるが洋服のサイズはダウンするとか、ジーパンのサイズは変わらないとかいう現象がおこるのですか?
物理学的に考えると、体が締まって洋服のサイズが小さくなる=いらない肉が落ちて体重が減少していると思ってしまうのですが・・・???

補足日時:2008/02/15 13:02
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ダンベルなら問題ないと思います。小さい子もいるのですがその上の息子はだんだん身体を鍛えることに興味を持っていますし、気をつけて使っていけると思います。大丈夫です。

お礼日時:2008/02/15 13:00

>食べて身体を鍛えていくという発想は全く無く、食べずにじっとして


>いて太りたくないという感じでしょうか。

>今回人生2度目のダイエットでサーキットトレーニングに挑戦し、身体を
>動かして体重を落とす、ということを知りましたが、以前に食事を減らして
>痩せたときよりずっとずっと体調も良く、気分も良く、とてもいい調子です。

なるほど、それは確かに以前と比べれば、今のサーキット+現在の食生活の方が、生活のリズムはよくなりますね。でもまだまだ良くなる余地はたくさんありますよ。一歩一歩、改善していきましょう。

とりあえずは先ほどのベンチプレスとトレーニングベンチを、ご自宅にご用意することは可能になりそうですか?また、お昼休みの運動で階段1段抜かし上がりは可能ですか?

>またヨガのおかげか、おなかは硬くなり、骨盤もやや締まり、肩の辺りに
>筋肉がついてなで肩が治り(自分でも驚いた)身体の線が以前と全然違う、と夫も言います。

ヨガには精神的にポジティブになれる影響があるそうですね。ウチにもDSがあるので、今度ちょっと購入を検討してみようかなと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもありがとうございます。

お昼休みの運動は、なんらかの工夫をして、サーキットではない運動を取り入れたいと思います。(階段は1箇所しかなく、オフィスの都合上難しいが、縄跳びとか、周辺ジョギングとか、どうでしょうか?)

トレーニング用具を自宅に置くことは難しいように思います。金銭的というよりも、その場所がないというのと、子どものことがあります。(実際ヨガマットすらひくのがきついので・・・)

こんな私でもなにか方法はありますか?

お礼日時:2008/02/15 10:29

こんにちわ。



>実は小さな子どもがおりまして、家を空けることは考えられませんが、自宅でできることなら何でもやってみたいです。

ご自宅でお仕事をされているということですか?また、お子さんはおいくつぐらいでしょうか。トレーニング器具で遊んで、ケガをする危険性があるので、必要ならばダンベルなどは常にカギがかかるケースか何かに入れておいた方が安全だと思います。もちろんトレーニング中に走り回って、ダンベルやベンチに当たってケガをするという可能性もありますので、それにも注意する必要があります。
 どんなダンベルやベンチがいいかという話ですが、同時並行でQ&A形式のメニュー作りをお手伝い中のこちらの方(http://okwave.jp/qa3772326.html)にもおススメしているのですが、とりあえず最初は次のセットが良いかなぁと思います。もちろんこれらは単なる例で、お近くのスポーツ店や家電量販店などにあれば、そこで買って頂いてもOKです。でも、ダンベルは重量調整が可能なタイプにしてくださいね。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82 …
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_sg?__mk_ja_J …

>自宅では、DSを使って自己流ヨガもやっています。ヨガは続けながらトレーニングを行うこともできますか?

できますよ☆ ヨガはインナーマッスルを鍛える筋トレと同じ効果があり、姿勢を整えたり肩こりが治ったり関節の動きが良くなる効果があります。一方、ダンベルやバーベルなどを使ったウェイトトレーニングはアウターマッスルを鍛える筋トレで、パワーやスピードがつくだけでなく、鍛えた体の部分のボリュームを大きくすることが出来ます。年を重ねるとバストやヒップが垂れてくるのは、加齢により筋肉が衰えていくからなのですが、このウェイトトレーニングにより、20代の頃以上に筋肉をつけることも可能になり、それにより各パーツの張りが蘇えります。またそれとは別に、ウェイトトレーニングを行うことによる成長ホルモンの分泌で美肌効果も出てきます。ヨガと併用するのは、まさにベストの選択だと思いますよ。

>ともかく、明日から昼食はとるようにします。

良い判断だと思います。人間のカラダは「摂取カロリー>消費カロリー」のカロリー収支プラスの状態で脂肪がつき、逆に「消費カロリー>摂取カロリー」のカロリー収支マイナスの状態で脂肪が減ります。1日のトータルカロリーを取り過ぎないようにしていれば、自宅トレーニング開始までの間も太ることはありませんので、ご安心ください。

不明な点などがありましたら、何でも質問してください。高度なレベルの回答は難しいですが、自分に分かる範囲でいくらでも説明させていただきます。

ちなみに自分は、身長168cmで、昨夏に有酸素運動中心のトレーニングと食事管理で75kg→54kgの健康的な減量に成功。でも有酸素運動のため、脂肪だけでなくカラダの筋肉も落ちてガリガリの体になりました。そこから筋トレ中心のトレーニングと食事管理(といっても超テキトー)に変えたところ、ブティックで店員に「随分イイ体されてますね」と言われるくらいの体型程度にはなりました。体重は54kgのときより4キロ増えていますが、そのときより見た目的にベターです。

実のところ、美容のためのダイエットにおいては、体重を維持したり意識したりすることは特に重要じゃありません。ちゃんとした知識を身に付け、年の半分の増量期はタップリと、残りの半分は程々に食べながら、楽しく明るくキレイなカラダづくりをしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もコメントありがとうございます。
今toforex02さんのお話伺ったり、他の方の質問回答履歴読ませてもらって少しショックうけてます。こんなに大幅に体重を落としたのは今回で2回目です。最初は3人目の子ども産んだ後、食事制限のみでダイエットをし、大雑把に言って約7キロほど痩せましたが、体調はちっとも良くならず、痩せて冷え性が悪化したりしもやけなどの皮膚トラブルに悩んだりしていました。それどころか脳は常に栄養不足でストレスに異常に弱くなり、自信を失って鬱っぽい状態になったり、常に貧血で元気が無く、身体を壊しやすい状態でした。また、水1杯飲んでも太る身体になってしまって、食べたものがそのまま体重になる!という恐怖心があり、食事を心から楽しむことができなくなりました。
食べて身体を鍛えていくという発想は全く無く、食べずにじっとしていて太りたくないという感じでしょうか。

今回人生2度目のダイエットでサーキットトレーニングに挑戦し、身体を動かして体重を落とす、ということを知りましたが、以前に食事を減らして痩せたときよりずっとずっと体調も良く、気分も良く、とてもいい調子です。またヨガのおかげか、おなかは硬くなり、骨盤もやや締まり、肩の辺りに筋肉がついてなで肩が治り(自分でも驚いた)身体の線が以前と全然違う、と夫も言います。(以前痩せたときは体重は落ち、ガリガリなのにお腹はポッコリでお尻は垂れて、二の腕は垂れ下がり、骨盤は広がって、洋ナシ体型、かっこ悪い身体つきで、夫にも馬鹿にされ、やせたのになんで?!と逆ギレしていた)

良い機会にたくさんの良い方のコメントに出会えて自分の生き方、考え方、身体つくりに対する意識の持ち方を教えられました。
よければいろいろ教えてください。

お礼日時:2008/02/15 09:21

 ダイエットとは食事療法のことで、痩せるためだけに一時的にやるものではありません。

改善された新しい食生活・生活習慣にするものです。ですから、それを永久に続けます(止めたらやがて元の木阿弥になったり、リバウンドします)。もしそれで痩せすぎになれば、ダイエットとして過剰(過激)なわけですし、目標まで十分に痩せることができなければ、ダイエットがまだ不十分なわけです。続けられないダイエットはダメですよ。

3年も改善したダイエットを続けてそれがいまの生活習慣になっているオジサンより(体重14キロ減の状態を維持しています)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスいただき、ありがとうございます。
何事においてもバランスとか加減とかいうことがとても苦手で、やるなら極端なことをしてすぐに結果を出したがる人間です。
仕事でも、趣味でも同じで、すぐに結果は出る(書類作成やレポート提出など人一倍早いです!)ので、一時的に評価はされるのですが、それには常に大きなミスがあったり、継続しなかったり・・・
お花を育てても大輪の花を咲かせることは得意ですが、その後の手入れををして細々と咲かせ続けたり年越しして来年また咲かせたりしたことはないですね、できないのです。
持続可能であるということとバランス感覚は、自分に必要な課題なのだと思います。
大切なことに気づかせてくださってありがとうございます。

お礼日時:2008/02/15 08:47

そういうことでしたら、自宅にミニ版トレーニングジムを作るという手もありです。

作るって言っても、そんな大そうな設備が必要な訳ではなく、ダンベル2個とフラットベンチ1個で、計15,000円するかしないか程度の設備です。これは可能ですか?

お気に入りのサーキットを辞めるのは、自分もちょっと心苦しい気持ちもしますが、フラフラになるよりはずっといいです。そのお金を、自宅ジム費用と、美味しい昼食代にしましょう。お昼のオフィスワーク前のエクササイズには、何か別の代替案を考えましょう。個人的には、インナーマッスルを鍛えるチューブトレーニングと、スニーカーに履き替え階段の1段抜かし上がりをおススメしたいと思っています。これには姿勢を整え、ウエストをくびれさせる効果があります。

とりあえずまたお返事待ってます。

この回答への補足

何度もご回答ありがとうございます。実は小さな子どもがおりまして、家を空けることは考えられませんが、自宅でできることなら何でもやってみたいです。自宅では、DSを使って自己流ヨガもやっています。ヨガは続けながらトレーニングを行うこともできますか?
ともかく、明日から昼食はとるようにします。

補足日時:2008/02/14 16:50
    • good
    • 0

ちょっと危険なダイエット方法ですね。


下手すると栄養失調になる危険性があります。
すでになってるのかも知れませんね。
http://www.ka-mato-ru.com/check1.htm
ここで調べましたが別に太ってませんよ。どちらかというと痩せすぎ見たいです。

ご参考まで!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのアドバイスありがとうございました。今後のこと、よく考えて見ます。

お礼日時:2008/02/14 15:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング