お世話になります。私は営業で省エネ関係の仕事をしております。
いろいろな人に聞いてみたんですが、3乗低減定理についてどうしても
理解できず悩んでいます。数学的な基礎知識は多少持ち合わせております
ので、初歩から教えて欲しいと思いますのでお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ポンプ動力の話じゃありませんこと?



ポンプ動力は回転数の3乗に比例します。


従って電動機 (モータ)の 回転数を下げてやればポンプ動力が回転数の3乗で

減少する・・・つまりモータ駆動に必要な動力が回転数の3乗で減少する。


ある設備があって、水を送りだすポンプがあり、1日のうち1時間だけは規定の吐出出が
必要だが、残りの23時間は低い吐出圧でよいとしましょう。

この場合、例えば1時間だけはポンプの出口弁を全開として運転しますが、
残り23時間は出口弁を殆ど締め切って運転することになりましょう。

この23時間の間、モータ→ポンプ のように供給されたエネルギーの殆どは出口弁部での
水の摩擦に消費され、水の温度をわずかに上昇させるだけで何の役にも立ちません。

それならモータの回転数を下げてやればよいのですが、通常のモーター(誘導電動機)で
は周波数を変えないと回転数が変わりません。 従って周波数変換機が必要。

しかし、このような極端な例の場合には追加で周波数変換機を設置しても
安上がりということになりましょう。

通常は、エネルギーをお金に換算して、どちらが儲かるかを考えます。 
これが省エネの本質でしょう。

周波数変換機は製造のためにエネルギーを使っていますから、これを導入することは
エネルギーの消費を意味しますので、これに見合ったエネルギーの節約があることの
確認が必要で、軽々しくは導入できません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシャノンの第二基本定理(通信路符号化定理)について

質問No.51617の周波数と情報伝送量の関係から、通信路符号化定理にまで話が発展し、定理の解釈について2つの見解があり、収束しません。
専門家の方の解説をお願いしたいと思います。

論点は、通信路符号化定理が「誤り訂正符号を前提としたものである」という見解と、「誤り訂正符号でない別の符号体系を前提としている」という見解のどちらが正かということです。よろしくお願いします。


http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?qid=51617
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=51617
http://www.okweb.ne.jp/iwedding/kotaeru.php3?q_id=51617

Aベストアンサー

おおおおおおおお昔にやったっきりなので、かなり怪しいですが....

通信路のパーフォーマンスの上限を抑える定理ですよね。
冗長性ってのは、受信できる語がN通りあって、その集合を適当にM個(M<<N)の部分集合に分類し(Shannonの証明では、たしかランダムに分類するんでした。)、M通りの送信信号に対応させるということでしょう。いわゆる「誤り訂正符号」というのはこの受信信号と送信信号の対応をいちいちコード表でlook upしなくても良いように、システマティックに簡単な計算でできるようにした、というだけのことじゃありませんでしょうか。つまり、誤り訂正符号だってlook upでデコードしても構わん訳ですし、逆にlook upを許せば、冗長な符号はどれでも(適当に低い誤り率の元で)誤り訂正ができる。従って、誤り訂正符号になっているかどうかは、議論の本質とは関わりがない、と考えますがいかが?
 しかも、おぼろげな記憶に依れば、システマティックな冗長化では、Shannon流ランダムエンコードを越えることができないんじゃありませんでしたっけ?

Q変調率の問題なのですがまったく解らないので解答を御願い致します

下図に示すように、νAMをオシロスコープで観測したら、A=10㎝、B=5㎝であった。変調率は何%か?

という問題です

Aベストアンサー

mを変調率として、AM波の式
AM(t)={1+m・sin(ωst)}・c(t)
そこで、A=1+m、B=1-m
A+B=2、A-B=2m
ゆえにm=(A-B)/(A+B)
A=10,B=5 ならば、
 m=(10-5)/(10+5)=5/15=0.3333・・
約33%となりました。

Q渦電流の低減

素人なので、かなり曖昧な書き方(質問が既に間違っている?)
になります。ご容赦ください。また、誤解自体を指摘頂ければ幸甚です。

磁石を金属の近傍で回転させた場合、
金属中の磁束により、右ネジの法則で、
金属に渦電流が生じることは、大体理解できました。
当然この電流は、磁石の回転から見ると抵抗(熱になる?)になり、
回転を妨げることになると思います。

いま、なるべく強い磁石を、なるべく金属に近づけて、
なるべく抵抗無くスムースに廻したいとすると、
その金属には何を使ったら良いのでしょうか。
または、何を基準に、選択すれば良いのでしょうか?

「絶縁ニスで絶縁した、珪素鋼板の積層をコイルの鉄心に使う」
辺りまでは聞きかじり、理屈は理解しました。
私の今の前提は、金属性圧力容器の中で磁石を廻したいので、
無垢板(もしくはブロック)である必要があります。
純チタンが適当との記述も見ましたが、
その理由は見つけられず裏づけがありません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

なるべく抵抗率の高いものを選びます。チタンが特に抵抗率が高いとも見えず、ステンレスのほうが高いですが。。チタンには渦電流以外の理由があるのでしょうか?非磁性体にしたいということなら真鍮の抵抗率はチタンよりずっと高いです。

金属製圧力容器の材料の話ですか?ほんとはスリットを入れれば渦電流は流れにくくなるのですが、圧力容器だからスリットを入れられないと言うことですか?
容器を大きくして磁石からの距離を取るのではダメなんですか?磁石の近傍を磁性体で囲んで磁気シールドとし、磁石も磁気シールドも一緒に回すというのではダメなんですか?

Qアナログ伝送の雑音低減について

差動増幅器を用いてアナログ伝送における雑音を低減する方法を教えてください。

Aベストアンサー

前の方の補足になりますが次のように考えれば理解できると思います。

前提として複数の信号をまとめて伝送する場合その伝送路に雑音が入ると、すべての信号に同じ雑音が付加されると考えてください。

伝送における雑音の低減法ですが
まず信号の出力側で信号をそのままのものと反転したものの2種類を同時に出力します。
つまり出力信号は元の信号をAとすると反転したものは-Aとなります。(ここでいう反転とは交流的に-1倍するということです)
この信号をまとめて伝送するとします。
伝送路内において雑音nが付加されると前提より伝送された各信号線の出力はA+nおよび-A+nとなります。

この二つの信号を受け側で作動増幅器を用いて減算すると
(A+n)-(-A+n)=2A
となりますね。
つまり伝送路において付加された雑音をキャンセルすることができるわけです。

ただしCMRR(同相除去比)の悪いアンプを用いて減算を行っても期待する結果は得られませんので、使用する部品などを十分に選定する必要があると思います。

アナログ伝送でこの方法を使っている例として音響機器のバランス信号があります。

前の方の補足になりますが次のように考えれば理解できると思います。

前提として複数の信号をまとめて伝送する場合その伝送路に雑音が入ると、すべての信号に同じ雑音が付加されると考えてください。

伝送における雑音の低減法ですが
まず信号の出力側で信号をそのままのものと反転したものの2種類を同時に出力します。
つまり出力信号は元の信号をAとすると反転したものは-Aとなります。(ここでいう反転とは交流的に-1倍するということです)
この信号をまとめて伝送するとします。
伝送路内において...続きを読む

Q省エネエレベーターの故事に学んで考えたのですが・・

あやふやな記憶で申し訳ありませんが、昔関西方面(?)で遊園地(?)のエレベーターを、上昇と下降の乗客のバランスで動かしていたという記事を読んだ記憶があります。同じ原理で時間差をつけて、歩道橋などで、降りるときにおもりを引き上げておいて、次に上る人がそれにつかまって引き上げてもらうというような装置は実現可能でしょうか。昔おもりを利用した時計がありましたが、同じようなものだと思います.費用は別として、安全なものができれば面白いかと思います。あるいは世界のどこかで実用されているというようなお話がありましたらお聞かせください。

Aベストアンサー

確かに面白いアイデアですね。歩道橋をできるだけ楽に上がるために、下りの時の位置エネルギーを上がる際のエスカレーターの上昇力の補助に使うということでしょうか。逆転を防いでおいて、同時に降りる人がいないときは仕方がありませんが、頻繁に利用があるときは少なくともモーターの動力が小さくて済みそうな気がしますね。(イメージ図示)


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報