手のしびれがおさまらないので、整形外科に行ったところ「手根管症候群」なるものと言われました。とりあえず添え木みたいなものを手につけて様子を見ることになりましたが、しびれが止まりません。本当にこれで治るのか心配です。ハリが良いとのウワサも聞きましたが・・・、効果的な治療方法についてご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

手根管症候群とは、手のひら側の手首付近(手首よりもむしろ手の方に入ったところ)で、正中神経という神経が、手管黄靱帯という、神経よりも浅いところにある靱帯と、神経の周りにあるいろいろな組織に挟まれて障害を受けて発症する病気です。


原因としては、妊娠、腱滑膜炎、骨折等の外傷、関節炎、粘液水腫、末端肥大症、局所の炎症、アミロイドーシス、ネフローゼ症候群、家族性、あるいは原因不明などがあります。
症状としては、手のひら側の親指から薬指の中指側半分までのしびれや感覚障害から始まり、長期間に及ぶと親指の付け根の拇指球筋という筋肉の萎縮が起こったり、人差し指を曲げたり親指を外側に開いたり小指とくっつけたりが出来なくなります。
治療としては、それぞれの原因に見合った治療方法を採るということになりますが、手首の安静はいずれにせよ重要な初期治療になると思います。従って、手首を中心としたシーネ固定(添え木です)は必要かと存じます。あとは、ビタミンB製剤を服用したり、炎症であれば消炎鎮痛剤を投与したり、基礎疾患があればそちらの治療を並行して行い、それでも改善が見られないときには靱帯を開放して神経の圧迫を取る手術などが考慮されます。
いずれにせよ、段階を追った治療になると思われます。
お大事に。
    • good
    • 0

私も9年程前から手根管症候群で、悩まされていました。


左手の症状がひどく、寝ていてもしびれて起きる事が良くありましたし、日中も手を動かしていないと、しびれてくるような状態でした。近所の病院の誤診や、ビタミンB剤も効かず、思い切って大病院の整形外科で初めてこの病名を聞かされました。電気をかけて、指先までどの位の速さで神経が伝わるのかなど、調べました。やはり、数値が悪かったので、手術を薦められました。
手術は、手首の少し上から5CM位を手の平にむかって切って、神経を圧迫している膜を切って神経を正常に戻します。
ワキから、麻酔をして20分位で手術は、終わります。
入院はしません。次の日から普通に生活していいのですが、抜糸をするまでは、絶対に濡らせません。
抜糸までは、10日位です。
お医者さんに、膜が神経を圧迫しすぎて、くぼんで、神経が細くなって、充血していたと、言われました。
私は、左手を昨年、右手を今年に手術しました。
思い切って手術をして、一切しびれもなくなり、快適な毎日を送っています。
しだいに麻痺してくる病気です。
手術というと、抵抗がありますが、大手術でもありません。症状の進行にもよると思いますが、私は経験上、手術をすすめます。
(手術跡は、手相と同じようになって全くわかりません)
    • good
    • 0

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?



ご参考まで。

参考URL:http://www02.so-net.ne.jp/~ishizue/syukon1.html http://www02.so-net.ne.jp/~ishizue/syukon2.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q頸椎ヘルニアと腰椎ヘルニアと手根管症候群について

頸椎ヘルニアと腰椎ヘルニアと手根管症候群について、
本件について詳しい方へ質問します。
僕は年齢44歳の男性です。
仕事は、肉体労働(鉄工関係、溶接関係、機械整備関係)の仕事が毎日です。
僕は、地元の【神経内科】と【整形外科】で本件について診察をしてもらいました。
【神経内科】の診察では、頭部と頸椎と腰椎のMRI検査をしました。
頭部は異常なし、頚椎は2ヶ所のヘルニアを発見、腰椎は1ヶ所のヘルニアを発見。
この所見で神経内科の診断は、末梢神経が弱い為、手根管症候群・正中神経障害と診断されました。
この手根管症候群を手術せずに何か他の方法で完全に治す方法をご存知の方が折られましたら是非教えて下さい。
僕が知っている範囲では、インターネット上に出ていた分で【カーパルソリュウション】と言う製品で手根管症候群が治ったと言う情報を耳にしておりますが、皆さんもこの他にもっと良い方法で完全に治す情報を教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お仕事の内容も考えてお答えいたします。

多くの場合、手根管症候群は手首(手関節)を酷使する習慣のある方に頻発します。そうでない場合(各種内科疾患が原因の場合)もありますが、基本的に神経内科を受診されているのであれば、それらの内科疾患はすでに除外されているのではないかと推測します。

鉄工や溶接という職種内容は、通常の職業よりも手を酷使する機会が多そうですね。
頸椎にある2か所のヘルニアは、その程度が問題となりますが、MRIで少々ヘルニアが突出している程度であれば、40歳代以降の方ではそれほど珍しい所見ではありません。付け加えるならば、かりにヘルニアの程度が重度であるなら、診断名は『手根管症候群+頸部神経根症』、あるいは『手根管症候群+頸部脊髄症』となると思います。

そのような病名が質問文の中にはないので、主たる病名は手根管症候群であり、たまたまヘルニアも発見された、という状況のように思われます。
なお頸椎を調べたのは過剰診療ではありません。頸椎神経根症と手根管症候群はよく似た症状を呈するので、頸椎疾患の有無を医師は調べるのが通例です。

そして肝心の治療になるのですが、保存療法と手術療法とに分かれます。
『カーパルソリューション』は、たった今検索してみましたが、保存療法の一つです。
それ以外の保存療法としては、手首を副木で固定したり、手関節に局所麻酔剤と抗炎症作用の強いステロイド剤を注射する、といった方法があります。
手術療法はNo2の方が記されている通りで、最近では内視鏡でも可能です。
専門医(あとで紹介します)なら、症状の程度と職業の内容とをかんがみ、話し合いの上で適切な治療法を選択してくれるはずです。
ただ、職業の内容(再発しやすそうな印象を受けます)と、さらに「完治」の希望とを考慮すると、保存療法には限界もあることを、あらかじめ認識されておいた方と思います。はっきり言うと、覚悟は必要ですよ、ということですが、実はそれほどたいへんな手術ではないで、たいした覚悟もいりません。

それで専門医ですが、日本手外科学会があります。HPも開設してあり、都道府県別に専門医の方々のお名前もわかるようになっています。また手外科認定研修施設のリストも載っています。したがって、認定研修施設であり、かつ専門医がいる病院やクリニックであれば、学会の太鼓判があることになり、まず信頼がおけるものと思います。


以上の内容を熟慮の上、今後の治療や療養に専念されるとよいのでは。
ちなみに私の母は70歳くらいに両側の手根管症候群(+頸椎ヘルニア)であり手術を受け、あっさりと治っています。
(付け加えるならば、質問文の内容を調べる病院であれば、治療の説明は当然あったものと思われ、その内容は信頼できそうな印象を受けます)

参考URL:http://www.jssh.or.jp/jp/about/index_senmoni.html

お仕事の内容も考えてお答えいたします。

多くの場合、手根管症候群は手首(手関節)を酷使する習慣のある方に頻発します。そうでない場合(各種内科疾患が原因の場合)もありますが、基本的に神経内科を受診されているのであれば、それらの内科疾患はすでに除外されているのではないかと推測します。

鉄工や溶接という職種内容は、通常の職業よりも手を酷使する機会が多そうですね。
頸椎にある2か所のヘルニアは、その程度が問題となりますが、MRIで少々ヘルニアが突出している程度であれば、40歳代以降の方で...続きを読む

Q頚椎症または手根管症候群による手のしびれに鍼灸などで回復は期待できますか?

1ヶ月程前から左手親指から薬指半分(親指側)までがしびれたため、整形外科にかかったところ、1ヶ所では頚椎症(6,7番が狭いため神経を圧迫)、もう1ヶ所では手根管症候群と言われました。
どちらも授乳中のため、薬は飲まずシップのみにして様子を見ましょう、ということになりました。
それもあって、鍼灸指圧に行き、2回程マッサージと首をゴキッとやり、針を打ちました。
未だしびれはとれず、右側も軽いしびれが出てきました。夜中は両手に正座した後のようなしびれがひじから手のひらにかけてあります。夜中には、またにですがひじの裏側に痛みも発生します(腕枕をしたからしびれた訳ではないようです)。
この様な症状で、鍼灸などの治療をされた方、症状の緩和や回復はどうですか?回復されたかたはどのくらいかかりましたか?

Aベストアンサー

■まず、頚椎症からくるのか手根管症候群からなのか、あるいは両方なのかは、神経伝導速度検査と筋電図検査で確実に区別をすることができます。

■夜中、眠っている間に手のしびれで目が覚めたり、しびれがひどくなるようであれば、手根管症候群のためである可能性が高いものです。

■妊娠-出産で手根幹症候群が出現悪化することは珍しくありません。問題は「放置してよいか」どうか、です。手の筋(親指の付け根の丸く膨らんだ筋肉の塊)が痩せてくるようなら手術をしないと治ることは稀です。また、進行してくると「しびれも感じない」という状態になりますから「しびれが軽くなった」だけで判断はできません。

■おそらく頚椎症の有無にかかわらず、手根管症候群はあるような気がします。針灸や指圧には行かず、手首の安静を保つことです。

■また、神経伝導速度検査を繰り返し行うことです。同時に肘や頚の状態もわかります。悪化傾向があれば手術を考えるものです。

■一番の問題は、神経伝導速度検査をきちんとできる技量をもった医者が極端に少ない点です。手根管症候群の診断くらいはできますが、悪化したのか変わらないかを判断するためには、安定した技術が必要だからです。肘や頚の病変を的確に判断するのは更に高度な技術が必要です。

■繰り返しますが、この時点では鍼灸や指圧は行うべきではないと考えます。

■まず、頚椎症からくるのか手根管症候群からなのか、あるいは両方なのかは、神経伝導速度検査と筋電図検査で確実に区別をすることができます。

■夜中、眠っている間に手のしびれで目が覚めたり、しびれがひどくなるようであれば、手根管症候群のためである可能性が高いものです。

■妊娠-出産で手根幹症候群が出現悪化することは珍しくありません。問題は「放置してよいか」どうか、です。手の筋(親指の付け根の丸く膨らんだ筋肉の塊)が痩せてくるようなら手術をしないと治ることは稀です。また、進行して...続きを読む

Q手根管症候群からくる腕のしびれはありますか?

 お世話になります。
 当方、半年ほど前から、手根管症候群で左手の小指以外指のしびれで悩んでおります。主治医によると、正中神経が圧迫されて指がしびれるそうです。ひどいときは物も持たれません。神経を圧迫しているものがガングリオンという脂肪の塊であれば、外科的手術が必要だそうですが、当分様子を見ましょうとのことでした。
 ところで、1ヶ月前から、同じく左腕の外側で、上腕部、関節、下腕部の筋肉が痛くてなりません。主治医に診て貰ったのですが、手根管症候群でなく、原因はわからないということでした。これも様子を見ましょうとのことでした。
 しかし、主治医を疑うようで悪いのですが、私は手根管症候群が関係しているような気がしてなりません。
 観ていただいてから悪化するばかりで1ヶ月がたちます。
 左手は極力安静にしています。
 どなたか詳しい方ご教示ください。

Aベストアンサー

 手根管症候群が原因であれば、頸肩腕症候群も考えられます。
 ただ手根管症候群の診断ですが、筋電図やMRIなどの検査は受けましたか?これらの検査で神経の圧迫部位や、ガングリオン・脂肪腫の有無などはかなりわかると思います。
 半年以上も症状があり、物もつかめない事まであるようでしたら手術を考えてもいいかもしれません。一度別の病院(整形外科専門医)で診察を受けてみてはいかがですか。

Q夜、手がしびれて手の感覚がなくなります。 

こんにちは。
早速ですが、時々私は寝ているとき(または朝起きたとき)手から腕がしびれていて、片腕の感覚が全くなくなっています。
おそらく寝ている間に自分の腕に体が乗ってしまっているときがあるようです。
ただのしびれならいいのですが、感覚がなくなっていて少しづつ触るとしびれながら元に戻っていく感じなのですがこれは大丈夫なんでしょうか??教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>じなのですがこれは大丈夫なんでしょうか
⇒大丈夫では有りません。 積み重なってダメージが増えます。
ただの痺れでも重大な疾患の可能性もありえます。

医療・健康関係の質問で基本情報(病院の初診で聞かれる程度)が全く無いので、これ以上の答えは無理です。 20歳なのか60歳なのかだけでも、女性か男性かだけでも答えがかなり違ってきます。直接診ていれば骨格を見ただけでも可能性が出るのですが。

忙しい中で此処を見ている専門家の先生だと、こういう質問にはまず答えませんが、他の人の答えが4時間経過しても着かないのは理由があるのです。

もう少し、詳しい情報があれば答えやすいです。

Q授乳中の手根管症候群

6月3日に第1子を出産しました。出産前から手がむくんでしびれており産後も治らず整形外科を受診すると右手は手根管症候群、左手は腱鞘炎と診断されました。
右手は神経も調べたところかなり重症だと言われましたが、授乳中であることを伝えると、とりあえず薬や注射は使わず様子をみることになりました。
かわいいわが子を抱っこするのを我慢し安静にして2週間たちましたがよくなる気配はありません。
(1)手根管症候群の薬や注射をする場合はやはり母乳に影響するのでしょうか?
(2)一時的に母乳をとめる場合はどうすればまた出るようになるのでしょう?
(3)手根管症候群は最終的には手術するらしいですが、そうした場合は完治するのでしょうか?
私と同じ経験をした方、教えてください。

Aベストアンサー

#1です
病気でご不安なお気持ちなのに、不覚にも配慮を欠いた素っ気無い回答をしてしまったのではないかとの反省から。

私は専門家でも経験者でもありません。
ですから、病気には個人差がありますし、miyakedaさんにとってお気持ちの上で、なにほどかの参考に、そして少しだけでもお役に立てればとの思いからの追加回答です。

カテゴリーの「美容と健康ー病気」(つまりここのTOP)で手根管症候群と入れて検索すれば、それについて多くの過去ログを見ることが出来ます。

関心お持ちの、薬と授乳の関係については以下のURLが参考になりますでしようか。
治療は信頼して、主治医の指導に従っていくのが大過ないと信じます。不安や疑問は医師に率直にご質問されたらいかがでしょう?

http://akm.jp/qa/hand/preg_cts.html

参考URL:http://akm.jp/qa/hand/preg_cts.html

Q腕と手(指と手の甲)がジンジンとしびれます

こんにちは。今朝、起きたら左手に痺れを感じました。場所は親指から中指に掛けての三本と手の甲です。 時間が経ってきたら、左腕(肘より下部分)も痺れのような、重たいダルイような感覚になってきました。
睡眠時、左腕に負担になるような態勢では寝ていないとは思うのですが、初めての経験と違和感で今怖くなっています。他に思い当たる原因もございません。
過去ログも拝見させていただいたのですが、ご質問させていただきました。 経験者や、疑われる病気?等何でも結構ですので教えて下さい。
また、病院へ行った方がいいのでしょうか?
よろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

寝て目が覚めたら手の甲がしびれていた、と言う場合、橈骨神経麻痺の事があります。

橈骨神経麻痺の場合、手の甲側の親指と人差し指の間の水かき部分のしびれが一番強いと思います。また、しびれだけでなく、手首を手の甲側に曲げる力や指を伸ばす力、人差し指を立てる力、などが弱くなります。この症状がそろえば橈骨神経麻痺で、これは「土曜の夜症候群」とか「ハネムーン症候群」などと呼ばれています。上腕(肘より上)の外側・背中側にこの神経が通っているのですが、寝ている間にここを圧迫しているとこの神経の麻痺が起こります。(腕枕をする事でよく起こるのでこの名前が付いています。)上腕の中央・背中側・やや外側をたたいてみるとしびれているところに電気が走ったようにはなりませんか?

ご自身の症状をもう一度確かめてみてください。
上記の症候群なら、ほぼ必ず回復するようですが、他の疾患である事もありますので、一度整形外科で診察を受けられるとよいでしょう。飲み薬をもらう事もあります。
見当違いでしたらすいません。

Q手根管症候群について・・

手根管症候群について・・

身内で手根管症候群になり、5年になるものがおります。
5年前に診断を受け、放置し また最近痺れが酷くなったので受診した所、同診断結果でした。
今、注射で治療してますが 痺れの他に親指のつけ根(母指球?)脹らみのことに痛みが出るそうです。
その脹らみ部分の萎縮は無いですが、本人はその痛みが気になるそうです。
担当医は手根管症候群の影響との診断らしいのですが、何となく納得いってないようです。

このつけ根の痛みは手根管症候群の影響なのでしょうか?
お分かりになる方 回答をお願い致します。

Aベストアンサー

実際に見ていないので断定は出来ないのですが、その可能性は十分にあります。
他に可能性があるとしたら、首からの神経の影響、あと機能的な問題があるなら腱鞘炎の可能性もあります。どちらにしても、ここで分かる代物ではありません。

Q腕がしびれます。長時間、枕の下に手を入れて寝ていました。起きたら手がビ

腕がしびれます。長時間、枕の下に手を入れて寝ていました。起きたら手がビリビリしていてしびれていました。正座でしびれるのと同じだとは思うのですが、このしびれが1日たってもとれません。手はなんとか動きます。病院に行きたいのですが、どういった科に行けばよいでしょうか?何かよい方法でなおす方法はあるでしょうか?パソコンでキーボードをうつにも、うまく打てない状況です。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

整形外科へ行かれてください。

Q手根管症候群と診断されました。 手術以外で良い方法ありますか?

手根管症候群と診断されました。
手術以外で良い方法ありますか?

Aベストアンサー

整形外科受診し、薬を2年程飲みました
しびれが酷いときは、手首から注射を2回程打ったかな、仕事してますので、手術となると1ヶ月休まないといけないのでずっと薬飲んでました、が、その内にしびれなくなりました、まれに、自然治癒があるそうです、親指付け根が肉がとれて薄くなったり、物がつかめなくなったら手術しないといけませんが、それまでは、薬を飲んでみたらいかがですか。

Qバイトと手根管症候群と変形性肘関節症

バイトと手根管症候群と変形性肘関節症
本業の収入が減り、減った分を補う為に
バイトを始めたが、手等を酷使する作業で
初めて1ヶ月経たない頃に手根管症候群を発症(左右)
それから5ヶ月して、現在は変形性肘関節症と
思われる症状が出ています。
手の移動距離で10cm位しか肘が動かせれません。
その可動範囲より手前(顔面側)、外側へは
左手の補助無しでは動かせれません。
また、補助しても激痛が走ります。

どちらも、手等の酷使が原因といわれてます。
保存療法と手の酷使をしない(休める)のが
良いとありましたが、バイトを止めるしか
ないでしょうか?

Aベストアンサー

>どちらも、手等の酷使が原因といわれてます。

ということは、整形外科でしっかり診断は受けているのですね。


>バイトを止めるしかないでしょうか?

ま、究極はそれが一番なのでしょうね。手は普段の生活でも使うものですし、非常に繊細に作られている器官ですから、負担を日常的かけ続けると治療してもなかなかよくなりません。

肘は普通の生活スタイルではあまり変形性関節症を起こしません。野球などスポーツや、重いものを持つ仕事の方に多く見られます。

ですから完治したいのなら、やはりバイトを変えるのが賢明だと思います。何より今の状況ではバイトも行えないですし、本業にも影響あるのではないですか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報