日本の文化勲章叙勲の不思議というか、(勲章は自薦では叙勲されないことになっている)、ノーベル賞の受賞が決まって、政府が慌てて、体裁をつけるために急いで文化功労者(以前、ノーベル用受賞者を急いで文化勲章を授与するために年金をつけてあげるために認定するようになった)に認定して、文化勲章を授与するようになったり、それに、出身地の都道府県や市町村では、慌てて名誉県民や名誉市民に認定したり、なんだかモット人を見る目を養えよっていいたくなりますよね。
でも田中さん本当におめでとうございます。よかったですよね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。



確かにノーベル賞受賞後に文化勲章叙勲という流れは、お膝元での活躍に日本は何やってんだ?という印象を受けがちですが、案外それも無理からぬ事と思います。

ノーベル賞の選考は、スウェーデン王立科学アカデミーが常に世界の学術論文や研究成果に目を光らせ、賞にふさわしいと認めた研究者に賞を与える。という仕組みだったと思いますが、それは科学アカデミーが年がら年中世界中の動勢に着目しているからではないでしょうか。

日本国内だけでも研究者と言われる人はたくさんいて、その方々みんなが先端を行く研究・開発をしている訳ですよね?日本国内の一機関がそれらの研究の全てを監視したり賞の授与を検討しているなら、ノーベル賞受賞以前に何らかの賞を与えることもあるかも知れませんが、実際にはそのような機関が活動しているとは思えませんし。

もう一つ言えるとしたら、あらゆる研究分野においてその成果や有望さが簡単に周囲の注目を集めるようでは、もっと力のある集団に横取られ出し抜かれて終わり。という事になるんではないでしょうか。一般企業の研究所などではそれは特に致命的でしょうね。
見抜けない方が鈍いのではなく、当人達が見抜かれないようにやっているのではないでしょうか?

それはともかく、素晴らしいことですよね。

この回答への補足

日本での叙勲や褒章というのは、実績よりいかに強い推薦があるかによるものだと聞いたことがあります。
60歳での褒章受章とか70歳?での叙勲とかいろいろとおかしな基準も合ったように思います。下で述べたのですが、一般人に与える勲章や褒章は数がすくなくて
ほとんど受賞者は国会議員や公務員であることです。議員経験者であれば何歳かになれば、勲章がもらえるとかそういった類もあったとおもいます。
審査基準自体がおかしいのではないかとおもいます。
どなたかもっと詳しい方いらっしゃいますでしょうか
でも、後追い受賞にせよ受賞されることには、依存はありませんどんどんといろんなご褒美を差し上げてほしいものです。

補足日時:2002/10/10 18:57
    • good
    • 0

なるようです。


朝日新聞のニュースで見ました。

参考URL:http://www.asahi.com/national/update/1011/013.html

この回答への補足

やっぱ結局
文部科学省は11日までに、ノーベル化学賞の受賞が決まった島津製作所の田中耕一さん(43)について、文化勲章に推薦するための手続きを始めた。文化功労者に選ばれることが前提となるため、近く文化審議会の文化功労者選考分科会を開く。
ってことなんですよね、ほんとむりやりですよね

でも、選らばれることになり本とうにおめでとうございますですよね
本来もっと前に、文化功労者や文化勲章もらって不思議じゃないほどの
功績なんでしょう?
日本政府がこれから、ノーベル賞受賞者をふやすっていってたけど
そのまえに、研究者とかをもっと正当に評価して、これからは、ノーベル賞
とったから、文化勲章に文化功労者に選ぶなんて恥ずかしいまねは
しないでもらいたいです。

補足日時:2002/10/11 15:38
    • good
    • 0

分化功労者の予定がノーベル賞受賞で分化勲章になったのは福井謙一のことでしょう


政府も慌てて勲章にしたけれど少なくとも功労者にしていたのでなんとか恥を掻かずにすんだということでほっとしていましたね

     

この回答への補足

文化勲章というのは、文化功労者の中から選定されるのだそうですね
文化功労者の時点で年金がつくのだそうですね
もともとは、文化勲章は単独でえらんでいたうようですが
名誉勲章のようなものですから、お金がもらえるわけじゃないようですね
まあ、それじゃさびしいからと、文化功労者からえらぶようにして
ノーベル賞なんかとったときにゃ、文化功労者にもなってない
・・・ふつう永年そのみちに精進してっていうかんじのお年寄りが
えらばれてるらしく、若い人にはほとんど縁がないものらしいですね
あとから、文化功労者の中からえらぶなんてきめちゃったから
あわてて、文化功労者にしちゃって年金をつけてあげて
文化勲章で名誉をあたえるって感じにしちゃったらしいですね
結局、年功序列のものなんですよね、上の人を跳び越して
えらばれることは、もともと想定してないみたいですね
だいたい、そのみちの団体のほうから推薦してえらばれるのだそうですから
ノーベル賞にでもならないかぎり飛び越して、えらばれるってことは
ありえないようですね、

補足日時:2002/10/11 15:30
    • good
    • 0

こんにちは。


企業での研究活動というのはすごいものですね。改めて感心させられる出来事でした。
それにあの若さ。新聞でも年功序列制度の崩壊(大袈裟かな)といった内容のことも書かれていました。
マンガやNHKでは、「○○をつくった人達」のようなテーマで特集を組んでいますが、単なるドキュメンタリとして扱うのではなく、国としてそのような人々をきちんと功労者として位置付けないとますます研究者の日本離れが起きてしまいそうです。
いずれにしても、今更ながらの勲章授与なんてやめてもらいたいですね。

今度の受賞で少しだけノーベル賞選定委員会(というのがあるのかどうか知りませんが)を見なおしております。

回答にならなくて失礼しました。

この回答への補足

野依良治教授がいわれていたとおもうのですが、日本の政府ももっと自国での研究に目を向けてほしいといっていましたよね、
ようやく最近はノーベル賞受賞者をふやそうっていう動きが文部科学省にありましたよね、あれも政府の自信の無さをあらわしてるような気がしています。
別にノーベル賞でなくても、どんどんと自国での研究費の補助こそにお金を出して、出した結果に対しもっと誉めてあげれば済むことなんだと思います。
ノーベル賞がとれたからといって、自国であわてて賞をあげるのはおかしいとおもいますけど、でも賞をあげること自体にはなんら反論はありませんけどね。
受けるほうも、片腹痛いながら受賞されることでしょうね江崎玲於奈さんの時でも結構政府はあわててましたもんね

補足日時:2002/10/10 18:39
    • good
    • 0

回答じゃありませんが、全く同感です。



ついでにいうと、田中さんがT大やK大じゃないのも、評価したいです。(あ、T大には違いないか...)

この回答への補足

なんだか、こういった方が受賞されると、若い国内の研究者のみなさんも俺もやるぞッて思った方いらっしゃるんじゃないですかね。
なんか、日本政府ざまあみろって思った方多いように感じるんですけど
叙勲なんかは、国会議員や公務員に出すべきではないとおもいます。
(よっぽどの功績があれば別ですが)文化勲章以外の叙勲にせよ各省庁のバランスとこれまでの叙勲の実績をもとにばら撒いているわけでしょ、自分のところの枠がいくつあるから、だれとだれを推薦するといったような、あの勲章も賞状はなくなったら再発行できないけど、バッチ?は再発行できるんだそうですね。

補足日時:2002/10/10 18:50
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本人のノーベル賞受賞者は誰が有名なのですか

私は日本人のノーベル賞受賞者19名(アメリカ市民の南部陽一郎氏を含む)の名前は全て知っていますが、
世間的にはノーベル賞受賞者なんて大部分は無名だと思います。
日本の世間的には、日本人のノーベル賞受賞者と言ったら、誰が有名なのでしょうか?
日本人の間で有名な日本人ノーベル賞受賞者は誰かを教えて下さい。
なお、有名な人だけで良いですので、あまりたくさん名前を並べるのは止めて下さい。2~3人くらいで結構です。

Aベストアンサー

>世間的にはノーベル賞受賞者なんて大部分は無名だと思います。

これは間違っています。ノーベル賞の受賞者は日本では数が少なく、少なくとも文化功労者になりますし、生涯世間的にりっぱな有名人です。講演をお願いすることもかなりのものいりだと思いますよ。

>日本人のノーベル賞受賞者と言ったら、誰が有名なのでしょうか?

やはり湯川秀樹博士でしょう。
その他には、賞を貰う前から有名人だった佐藤栄作元総理大臣、小説家の川端康成、大江健三郎などでしょうか。

Qオバマ大統領がノーベル平和賞受賞

外交や非核化に向けて努力したことが評価され、オバマ大統領にノーベル平和賞が授与されることが決まりました。

このニュースを聞いて私は違和感を感じました。その理由は、実際にはまだオバマ大統領が上記の分野で何らの実績も上げていないからです。また、核廃絶については日本のほうが遥に昔から主張してきたことですよね(発信力は弱いですが)。

確かに、アメリカの大統領が国際協調や核軍縮を唱えたのは注目に値することかもしれませんが、では発言力の弱い国の指導者らが同様の主張をしても評価がなされないのであればノーベル平和賞とは一体何なのかと思えてしまいます。
 
実際にアメリカが核廃絶できると思っている人はほとんどいないのではないでしょうか。北朝鮮や中国のような非民主的国家と歩調を合わせて核を廃絶させるのは本当に難しいことでしょうし、テロリストが核兵器を保有してしまうことも考えられるので、アメリカが核を放棄するという選択肢はありえないと思います。

過去の平和賞受賞者を見てみると、胡散臭い人や必然性のない人が紛れ込んでいるようにも思われますが、ノーベル平和賞ってそんなものなんでしょうか?

外交や非核化に向けて努力したことが評価され、オバマ大統領にノーベル平和賞が授与されることが決まりました。

このニュースを聞いて私は違和感を感じました。その理由は、実際にはまだオバマ大統領が上記の分野で何らの実績も上げていないからです。また、核廃絶については日本のほうが遥に昔から主張してきたことですよね(発信力は弱いですが)。

確かに、アメリカの大統領が国際協調や核軍縮を唱えたのは注目に値することかもしれませんが、では発言力の弱い国の指導者らが同様の主張をしても評価がな...続きを読む

Aベストアンサー

私も全く同感です。
オバマ氏受賞には、違和感と時期尚早では?と感じました。

ただ、核超大国,軍事超大国が、軍縮を主張する効果は、絶大であることは否めないでしょう。
世界の軍事バランスに影響しない国が戦力放棄するより、明らかに効果は絶大です。

これを定量的に評価すれば、ノーベル賞に値するということと理解するしかないですね。
平等には程遠いけれど、有る程度は公平と言えると思います。

そういう意味では、ノーベル平和賞への近道は軍事大国のリーダーになって平和主義を唱えりゃ良いワケで、逆にそういう栄誉を求める軍事大国のリーダーが沢山現れたら、世界平和の達成も少しは現実化するんじゃないでしょうか?
むしろ、もっとノーベル平和賞の地位を引き上げても良いかも知れません。

でも、アメリカ政府における軍需産業の影響力から考えれば、軍縮を発言することは、非常に勇気が必要なんですヨ。
もちろん政治生命に影響するし、マジで命が危ないほど。かなりのリスクで、命懸けと言って良い行為です。

ノーベル賞に値するかは判りませんが、彼はソコソコ勇気がある点は認めざるを得ないです。

モチロン、世界の王様に最も近いアメリカ大統領という地位にあるオバマ氏の方には、命を懸けてまでノーベル平和賞ごときを狙う様な意図は全く無いでしょう。

私も全く同感です。
オバマ氏受賞には、違和感と時期尚早では?と感じました。

ただ、核超大国,軍事超大国が、軍縮を主張する効果は、絶大であることは否めないでしょう。
世界の軍事バランスに影響しない国が戦力放棄するより、明らかに効果は絶大です。

これを定量的に評価すれば、ノーベル賞に値するということと理解するしかないですね。
平等には程遠いけれど、有る程度は公平と言えると思います。

そういう意味では、ノーベル平和賞への近道は軍事大国のリーダーになって平和主義を唱えりゃ良...続きを読む

Qなぜ日本人は毎年ノーベル賞を受賞しないのでしょうか

アメリカ人はほぼ毎年ノーベル賞を受賞しているのに、
なぜ日本人は毎年ノーベル賞を受賞しないのでしょうか。

Aベストアンサー

皆さんの指摘の通りですね。

更に言えば、科学のテストで点数を取ったり緻密な論文を出したりという事務は優秀だが儒教的自然科学であって、日本人の精神がまるで西洋の科学的精神でないという事実です。
研究室や学会の人間関係が儒教だということです。ですから日本が頻繁に賞を取れるのならば理数系儒学者が賞を取るようになると比喩できます。儒教的な歴史背景のある中国や韓国もバンバン取れます。
端的には経済的先進国とか政治的安定とかではなく堕落ではない自由主義精神が当然であるかどうです。日中韓では教授に異議を唱えていいというのを証明しなければなりません。教授はノーベル賞から程遠い思考力、万事休す。そこで飯を食うのが成立している人らが日本における学問的な専門家であり日本の研究者なのです。土台無理。
日本人は未だに未だに個人主義が嫌いなのだから永久に無理。相対的に欧米研究室の怠慢不作を期待するしかない。

労働対価や個人金融資産や役に立つ研究成果というのは現状の軽く三倍ぐらい実利をもたらして当然の国なのです。そのくらい日本人は高品質なのです。しかしその質や価値に対しての見返りが少ない。つまり資産コストを膨大に失っている民族なのです。日本は平時の生活は非常に豊かです。しかしその何倍も見返りを得れるのに得られなかったという歴史なのです。極端な例は、大戦であれほど命がけで戦ったのに完敗したのはおかしいのです。アメリカ人は全く命をかけていません。そのアメリカが一方的に日本人を殺したアメリカの完勝です。そんな大差はおかしいのです、頑張ってる方の国の社会制度にとてつもない異常がなければ。社会制度とはその国民の精神思想です。空気読めは日本人自らの本音が出た日本人の精神です。
実らない理由、浮かばれない理由は、昭和以降の日本人が世界一の反自由主義者で世界一の集団主義者だからです。役所の規制やら集団内を平均化したりしてもつかめるようなノーベル賞ならほんと日本人の半分がノーベル賞をとれています。社会主義国では知的ハンディを負います。

皆さんの指摘の通りですね。

更に言えば、科学のテストで点数を取ったり緻密な論文を出したりという事務は優秀だが儒教的自然科学であって、日本人の精神がまるで西洋の科学的精神でないという事実です。
研究室や学会の人間関係が儒教だということです。ですから日本が頻繁に賞を取れるのならば理数系儒学者が賞を取るようになると比喩できます。儒教的な歴史背景のある中国や韓国もバンバン取れます。
端的には経済的先進国とか政治的安定とかではなく堕落ではない自由主義精神が当然であるかどうです。日...続きを読む

Q来年 平和賞以外のノーベル賞を受賞したら・・・

アンケートっぽい回答でも良いです。 皆様の考えをお聞かせ下さい m(_ _)m

Q1. 来年 平和賞以外のノーベル賞を中国国籍の人が受賞したら、中国政府は今年のように反対しないで喜んで受賞するのでしょうか?

Q2. 長年準備していたと言われる孔子平和賞、来年以降も継続するのでしょうか?

Aベストアンサー

A1. 受賞します。お祭り騒ぎとなります。
A2. 今回だけとなります。連戦さんに辞退され玉がありません。

Q日本人のノーベル賞受賞者はなぜ全員が国立大学出身者なのでしょうか

今までノーベル賞を受賞した日本人は、全員が国立大学出身者ですが、なぜ私立大学出身者がいないのでしょうか。

Aベストアンサー

今でこそ私立もそれなりですが、ノーベル賞を受賞した人たちの時代では私立<国立だからです。

Aベストアンサー

keikoyasさん、
♯1のかたの回答を見て納得されましたか?
私は回答を読んでマザーテレサは素晴らしい方だと再認識いたしました。
涙が出ました。
貴方はどう感じましたか?
まだマザーテレサがノーベル平和賞受賞に疑問がおありなんでしょうか?
まだ疑問があるとすれば、それは貴方の考え方がおかしいです。政治家であったり、国家間に平和条約を締結させた人である必要はありません。人々に心の平和をもたらし、多くの人に愛を伝えた人だからノーベル賞を受賞したんです。早い話、マザーテレサに近い心を世界の人々がもったら争いはなくなります。だからノーベル平和賞なんです。

Q日本人のノーベル賞(科学部門)受賞者の卒業大学について

ノーベル賞の科学部門での日本人の受賞者の卒業した大学について;

(1)全員が国立大学の卒業者なのは何故でしょうか?
   私立大学出身者はノーベル賞級の研究は無理なのでしょうか?

   国立大学と私立大学は、研究者を育てる環境が違うのでしょうか?

(2)全員が偏差値の高い有名大学の卒業者なのは何故でしょうか?
   「受験勉強では独創性が育たない。」、
   「受験秀才は独創的な仕事が出来ない。」
   とよく聞くように思うのですが、
   全員が、受験秀才だったのに独創的な研究が出来たのは何故ですか?


日本人のノーベル賞受賞者(科学部門)の卒業大学:

湯川秀樹(京都大学)、朝永振一郎(京都大学)、江崎玲於奈(東京大学)、福井謙一(京都大学)、利根川進(京都大学)、白川英樹(東京工業大学)、野依良治(京都大学)、小柴昌俊(東京大学)、田中耕一(東北大学)

Aベストアンサー

(1)現実的には、私立出身者には無理でしょう。研究の環境にも教員の質にも
差がありますから。たとえば、研究室での一人当たりの学生数は国立ではせいぜい3人程度
ですが、私立だったら10人以上もざらです。また、昔は違ったのかもしれませんが
大学の施設も国立は24時間利用可能ですが、私立でそういうところは珍しいと思います。
さらにいえば、大学受験時に私立を選ぶような人は研究には向いていない
ようにも思います。

(2)「受験勉強では独創性が育たない。」、
   「受験秀才は独創的な仕事が出来ない。」
この二つの意見が単に受験勉強ができなかった人の僻みから出てくる
もので、全く現実に即していないからです。

ある程度頭がよければ受験勉強になって苦労しません。むしろ楽しいものです。
また、知識がつけばそれだけ独創性は増します。独創と言うのは、基本的に
既存の知識の組合せですから。たとえば、料理なんかでも基礎的な知識の
ある人の方が、無い人より独創的になれるでしょう?
受験勉強で問われるのは、基礎的な知識です。ちゃんと勉強すれば無駄になる
ようなものではないのですが、ちゃんと勉強したことの無い人にはそれがわからない
のでしょうね(だから独創性が育たない~なんて意見が出るのでしょう)。

ちなみに(1)の内容に関係しますが、私立の試験問題より国立の試験問題のほうが
より本質的で考えさせる内容になっている傾向があるように思います。

(1)現実的には、私立出身者には無理でしょう。研究の環境にも教員の質にも
差がありますから。たとえば、研究室での一人当たりの学生数は国立ではせいぜい3人程度
ですが、私立だったら10人以上もざらです。また、昔は違ったのかもしれませんが
大学の施設も国立は24時間利用可能ですが、私立でそういうところは珍しいと思います。
さらにいえば、大学受験時に私立を選ぶような人は研究には向いていない
ようにも思います。

(2)「受験勉強では独創性が育たない。」、
   「受験秀才は独創的な仕...続きを読む

Q快挙達成!! 韓国人、イグノーベル賞受賞!!!

ついに韓国人が快挙を達成した。李長林 Lee Jang Rimがイグノーベル賞、数学賞を受賞した。
韓国人が受賞したのは、2000年に経済学賞を受賞した、"文鮮明師"以来3人目。

李長林 Lee Jang Rim は、「1992年に世界が終わるだろうと予言。」
受賞理由は世界が終わる日を予測・断言し、数学的仮定を立てる際には気を付けた方がよいと世界に知らしめた。とのことです。

韓国国民もこの世界的偉業に盛り上がっていることだと思います。

ところで、この李長林って何してる人ですか?

Aベストアンサー

> この李長林って何してる人ですか?

ウリスト教の一派「タミ宣教会」の指導者です(でした)。
予言の日に何も起こらなかったため彼は詐欺罪で有罪となり、タミ宣教会は解散しました。

Q日本人のノーベル賞受賞者

近年立て続けに日本人がノーベル賞を受賞しているそうですが、受賞理由というか、どのような研究に対して評価されたのかを、初心者にも分かり易く教えて頂けないでしょうか?
今回の田中氏の授賞理由は「生体高分子の同定および構造解析のための手法の開発」だそうですが、実はあまりよく分かりません・・・。
特に物理や化学などの分野での受賞者について知りたいんです。出来れば受賞年と共に教えて頂けるとありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

受賞年度は前の方がたくさん書いてるんで、省きます。
まず生体高分子について説明したいと思います。
生体高分子とは、生物が体を構成する為に必要なもの。
例えば、タンパク質や糖やアミノ酸(これらはすべて元はおなじようなものなんですけどね)。
一般に高分子とは名前のとおりひとつの分子の重さ(正式には分子量)が大きいものをいいます。
例えば糖の一番小さなものはC6H12O6(数字はすべて下付き)であらわせれる物です。
これは、単量体とよばれます。
それに、くらべてタンパク質はいろんなアミノ酸がくっついてタンパク質になります。
アミノ酸がタンパク質になるときには、アミノ酸についている水素と酸素がとれて水とタンパク質に分かれますので、アミノ酸がいっぱいあれば、それだけたくさんの水がとれるので、それだけ大きなタンパク質が作れます。
ということは、タンパク質の正式な分子式は分からないことになります。
ようするに、タンパク質の分子式はひとつひとつばらばらで、二酸化炭素は直線の形で結合しているとかいった、きちんとした構造もないわけです。
だから今まではタンパク質の正確な構造や分子式を理解するのは不可能でした。
田中氏は、それを可能にしたわけです。
長い説明ですいません。
まだ、専門家って言っても専門家の卵なんで、説明が下手とは思いますが
参考にはしてもらえると思います。

受賞年度は前の方がたくさん書いてるんで、省きます。
まず生体高分子について説明したいと思います。
生体高分子とは、生物が体を構成する為に必要なもの。
例えば、タンパク質や糖やアミノ酸(これらはすべて元はおなじようなものなんですけどね)。
一般に高分子とは名前のとおりひとつの分子の重さ(正式には分子量)が大きいものをいいます。
例えば糖の一番小さなものはC6H12O6(数字はすべて下付き)であらわせれる物です。
これは、単量体とよばれます。
それに、くらべてタンパク質はいろんなアミノ酸が...続きを読む

Q支配文化と平定文化

支配文化は、独裁の道を構築し地獄を構築します。地獄の閻魔様の世界ですね。支配しようと広がり別れる世界になります。征服は、殺し合いを招きあの世とこの世に別けてきます。平定は、つなぎ合意意識を構築し広がります。自由に行き来して天国的世界を構築します。どちらを作るかは、コロニーの進化で決まって来るのでしょう。
現在のコロニーは、どちらに向かっているのでしょうか?

Aベストアンサー

独裁も個の大切さから出発するように思えます。

革命の指導者や改革者も同じく個に集約されていく。

投機的な熱狂の中なので、お互い暴力的になり、過激な世界かと思います。

現状否定も強いですよね。

合意というのは平和な文化です。


ホフステードは文化について5つで計ってます。文化とは受け継がれるものであったりしますが、やはり傾向というのは持っているものです。これは正しければこうするとはまた違った世界ですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報