里崎智也さんからビデオメッセージがもらえる

情報処理の勉強をしているのですが、意味のない数字とか覚えることが多すぎて困っています。

そこで、みなさんが情報処理分野で考えた記憶術(語呂合わせとか)を教えて頂けませんでしょうか。

また、こうすれば覚えやすいよ、みたいなコツがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私が独自に編み出した方法なので、タダで教えるのはもったいないのですが、日本の将来のために、大サービス!……(^^;



高校の古文で、「未然、連用、終止、連体、仮定、命令」とか、「ない、よ、ます、た、〇、とき、ば」とか、活用形を無理矢理暗唱して覚えませんでしたか?

それの応用です。
「ぶつ、でー、ネッ、トラ、セッ、プレ、ア」と、100回唱えるだけで、あ~ら不思議。OSI基本参照モデルの7階層を、下から全部、まる暗記できます。

【OSI基本参照モデル】
1. 物理層
2. データ(・リンク)層
3. ネットワーク層
4. トランスポート層
5. セション層
6. プレゼンテーション層
7. アプリケーション層

……たいしたことなかったですね。すみません。
    • good
    • 2

#1の補足です。



> たとえば、ITU-T勧告のVシリーズやXシリーズなどです。

自分もTICSさんと同じで問題集を何度もチェックして覚えますね。

語呂合わせも試験対策にはなるのですが、その後すぐ忘れてしまったり、
仕事でその話題になった時に、間違った読み方をしてしまう時がありますから、
基本的には正式な読み方で覚えます。

よくやってしまうコンピュータ用語は
「ATA-PI」をアタピ~とかですかね。
    • good
    • 0

ITU-T勧告のVシリーズやXシリーズは、私はネットワークスペシャリストを受ける時に覚えましたが、かなり苦労しました。



覚えたつもりで、覚えていないことが多かったので、私がした方法は問題集を使って、知識のチェックでした。

具体的には、
出題範囲が網羅されている問題集を解く。
覚えていなかった問題は、すぐに見直して覚えなおし。

数日以上たってから、覚えていなかった問題をもういちど解いて、まだ覚えていないものをチェックする。

これをもう一度繰り返す。

ここまでやっても覚えられないもののみを、紙に書き出して、電車の中で時々見る。




これでなんとか覚えて通りました。
    • good
    • 1

ですね。

>#1,smart600ccさん。

試験に受かるためではなく、仕事や趣味の中で使うために勉強している人がほとんどですから、語呂合わせのたぐいは発達しなかったんですね。

加えて、忘れたり分からなかったりする場合は、マニュアルなどを見て自分で調べるってのが鉄則の世界ですから、なおさら何かを暗記するという必要性がなかったのかもしれませんねぇ。

覚え方ですが、やっぱり「流れの中で理解する」ってのが一番手っ取り早いような…
単語単位で覚えるんじゃなしに、全体としての位置づけの中で「これとこれは関係している」とか、「これはこれの子分だ」とかいうふうに覚えていくのが良いんじゃないかと…

あと、モノとモノとの関係を図に書いてみるのもいいですよ。単語で覚えるよりも、絵でみて覚える方がずっと効果的だと思います。
    • good
    • 0

情報処理系で出てくる数字は、意味がなさそうに感じるのは誤解です。

ほとんどの数字は密接に関係しています。

色数やIPアドレスなどの他、ユーザーの見えないところでもいろんな数字が使われていますが、これらは8と非常に関係があります。もっといえばCPUは0と1しか解釈できないので、結局は2の累乗の数字なわけです。覚えようとするのではなく、ビットやバイトを理解すれば、大体のものは計算で出せるのです。勉強で出てきた数字を再確認してみてはどうでしょうか?おもしろい発見がきっとあります。
    • good
    • 0

歴史の年号じゃないから、そういう覚え方はしませんよ。


毎日、見てますと自然に覚えますよ。

ちなみにどういう数字なんでしょう。

この回答への補足

たとえば、ITU-T勧告のVシリーズやXシリーズなどです。

IEEE802とかはよく見かけるので、自然と覚えるんですが、こういうのはあんまり使わないので。利用頻度が低いようなのも試験では覚えなくてはいけませんし・・・。

語呂合わせで覚えるような本(学研?)を見たことがあるので、有名な覚え方があるのかなあと思ったのです。

補足日時:2002/10/11 00:23
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単語の覚えかた

NNTPとかSNTPとか、似たようなアルファベットの単語が多くて、なかなか覚えられません。
おすすめの暗記方法を教えてください。

Aベストアンサー

意味合いを踏まえまして、何の略語なのかを学んで頂きますと、
下記の様な混同が起き難くなりましょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/SMTP
http://ja.wikipedia.org/wiki/SNMP
http://ja.wikipedia.org/wiki/Network_Time_Protocol
http://ja.wikipedia.org/wiki/NNTP
http://ja.wikipedia.org/wiki/ICMP
http://ja.wikipedia.org/wiki/IGMP
http://ja.wikipedia.org/wiki/Internet_Message_Access_Protocol
http://ja.wikipedia.org/wiki/CDMA
http://ja.wikipedia.org/wiki/CSMA
http://ja.wikipedia.org/wiki/WDS
http://ja.wikipedia.org/wiki/WDM
http://ja.wikipedia.org/wiki/WPS

意味合いを踏まえまして、何の略語なのかを学んで頂きますと、
下記の様な混同が起き難くなりましょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/SMTP
http://ja.wikipedia.org/wiki/SNMP
http://ja.wikipedia.org/wiki/Network_Time_Protocol
http://ja.wikipedia.org/wiki/NNTP
http://ja.wikipedia.org/wiki/ICMP
http://ja.wikipedia.org/wiki/IGMP
http://ja.wikipedia.org/wiki/Internet_Message_Access_Protocol
http://ja.wikipedia.org/wiki/CDMA
http://ja.wikipedia.org/wiki/CSMA
http://ja.wikipedia.org/wiki...続きを読む

Q情報工学部門の「技術士」の資格に価値はあるか?

こんにちは.

来年,技術士1次試験の情報工学部門を受験したいと
思っておりますが,情報工学部門における「技術士」
の資格は,どれほどの価値があるのでしょうか?

情報産業は移り変わりが激しいため,10年以上も
昔に技術士を取得した人よりも,2,3年以内に高度情報
処理技術者試験を合格した人の方が,評価されるような
気がしてなりません.

極端な話,「情報産業に資格試験なんてナンセンス」
という考え方もあるかもしれません.(事実,私の友
人はそういう考え方をしています).

多少資格手当てがつく,といった程度のメリットはある
かもしれませんが,資格の有無(特に技術士)が実際に
仕事を行う上で大きな違いとして出てくる場面は,ある
のでしょうか?

Aベストアンサー

補足です。
技術士や診断士の場合は仕事の性格上、相手は経営層の方々になります。また提供する指導サービス内容は将来への布石という性格上、メリットが判りにくいことがあります。従ってメリットを理解してくれる経営者がいなければ仕事がありません。
税理士や社労士の業務は必要な事柄ですから企業にとってはコストであり価値を生み出すものではありません。出来ればやりたくないが仕方なくやらなければならないため、ニーズは逆に高いです。

好き嫌いはともかく、社労士や税理士には実務経験が不要で、技術士や診断士を取得するのに要するマンパワー(勉強期間)に比べずっと少ないです。

独立開業を考えた場合、社労士や税理士のほうが社会的なニーズも高く、成功例も多く報酬も良いようです。ただし比較的容易に資格が取れる分、企業内での評価は高くありません。

情報産業なら腕一本でゴリゴリプログラムを書き上げることが出来る人や独創的コンテンツを作れる人は資格無しでいけるでしょうが、そうでないなら何らかの能力の証明(常に自己開発を続ける姿勢)が要ると思います。

相手が技術士制度を理解している場合、名刺に技術士と書いていると絶大な評価がありますし、通常の会社生活では面会できないような方(産学官)までお付き合いいただけるようになります。

補足です。
技術士や診断士の場合は仕事の性格上、相手は経営層の方々になります。また提供する指導サービス内容は将来への布石という性格上、メリットが判りにくいことがあります。従ってメリットを理解してくれる経営者がいなければ仕事がありません。
税理士や社労士の業務は必要な事柄ですから企業にとってはコストであり価値を生み出すものではありません。出来ればやりたくないが仕方なくやらなければならないため、ニーズは逆に高いです。

好き嫌いはともかく、社労士や税理士には実務経験が不要で、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング