夏樹静子の「家路の果て」
この本のお話って、なんていうジャンルと言うんですか?
いまだによくわかりません。

かなり昔に読んだ本なので内容は忘れてるんですが、現実に起こりそうな事柄をシリアスに描いてたというイメージです。

また、この「家路の果て」に似たような内容の読みやすい小説をご存知ありませんか?
あまり難しい漢字がない、著者独特の癖があまりない優しい本が希望です♪

私の読書レベルは
赤川次郎 ○
(すごく読みやすかったのでかなりの数読んだことありますが、さすがに今は物足りない)
森瑶子 ○
(家にあったので、好奇心でかなりの数読んだことがあります。これも読みやすかったし面白かった。)

夏樹静子 △ 
(「Wの悲劇」「家路の果て」だけは面白かったんですが、他は内容がつまらなくて・・・)

夏目漱石 ×
「こころ」とか、すぐ嫌になりました。
文章に癖がありすぎてとても疲れます。(漱石さんゴメンちゃい;;;;(;・・)ゞ)

日本文学集みたいな奴 ×
 (苦手。何年経っても全然読みません。)

推理小説も好きなので、エラリー・クイーンも試したんですが、何故か読みにくくて、あまりハマれませんでした。


こういうレベルの人にも楽しめる「家路の果て」みたいな面白い小説をご存知でしたら教えてください。

A 回答 (1件)

北村薫の作品を読まれてはどうでしょうか。


日常の些細な謎や疑問を明快な論理で解決するという「日常の謎」をテーマとしたジャンルの先駆者として位置付けられいている作家です。
落語家・春桜亭円紫と女子大生の私が「日常の謎」を解決していく『円紫さん』シリーズ(創元推理文庫)
 「空飛ぶ馬」
 「夜の蝉」 
 「秋の花」
 「六の宮の姫君」
 「朝霧」
といった作品があります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q池澤夏樹『読書癖』 中世ヨーロッパについての小説

いつもお世話になってます。

池澤夏樹『読書癖』1巻に載っている、
・中世ヨーロッパが舞台
・読むにあたって、文学史の知識を必要とする(池澤氏による)
・読み応えがある、ハードなもの(〃)
・修道院も描かれる
・作者は外国の人


といった小説のタイトル・作者名をご存知の方、教えていただけますか。

Aベストアンサー

 今晩は。
 ほぼ一日経過しても誰も答えないので、可能性があるものを参考までに一つ挙げておきます。

 この条件からある程度外国小説を読んでいる人が連想するのは『薔薇の名前』でしょう。
http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?nips_cd=9900072014
 ある修道院で写経僧の連続殺人が発生する。その背後にあるのは・・・。キリスト教異端審問や或る書物の運命などを、現代の世界情勢ともからめて描く重厚な作品です。世界的なベスト・セラーとなり、のちには映画化もされました。
 娯楽小説としも一級ですから、とにかく読み飛ばしてしまうことも出来ます。ところがこれには実に多種多様な意味も作者がこめているらしく、それを解題する本まで存在します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%94%E8%96%87%E3%81%AE%E5%90%8D%E5%89%8D#.E5.8F.82.E8.80.83.E6.96.87.E7.8C.AE
↑参考文献参照。

 これを書いているうちにもう1冊思い出しましたが、こちらは中世ではあっても、修道院ではなく普通の教会ですから、違うでしょう。しかしこれも優れたSFです。
 『ドゥームズデイ・ブック』、コニー・ウィリス。
http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?nips_cd=9976725574
初めの翻訳版は1995年の刊行です。

 今晩は。
 ほぼ一日経過しても誰も答えないので、可能性があるものを参考までに一つ挙げておきます。

 この条件からある程度外国小説を読んでいる人が連想するのは『薔薇の名前』でしょう。
http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?nips_cd=9900072014
 ある修道院で写経僧の連続殺人が発生する。その背後にあるのは・・・。キリスト教異端審問や或る書物の運命などを、現代の世界情勢ともからめて描く重厚な作品です。世界的なベスト・セラーとなり、のちには映画化もされました。
 娯楽小説と...続きを読む

Q昔読んだ小説(WEB小説ではない)を探してます

内容はどこかの島?で少女たちが蹂躙(調教)されていて、そこから逃げ出した(連れ出した?)一人の少女を追手から庇いながら、戦ったりする男(主人公)のハードボイルド物です。

主人公の男も一般人と言うよりは裏の社会に精通しているような男でした。

追手(敵)には妊婦の腹を裂いて何か(詳細は覚えていません)したことがある敵が出て来ました。

他にも敵は何人か出て来ました。

官能小説とバイオレンス、ハードボイルドなど入り混ぜた内容でした。

本のサイズは文庫本タイプです。もしかしたらハードカバーでも出てるかもしれません。

ご存じの方がいましたらタイトルを教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

西村寿行さんの本でそんな内容の本を読んだことがあるような気がします。
けれど、タイトルは覚えていません。

役に立たない回答ですみません。

Q読んでいてイライラする小説とスラスラ読める小説?

ふと疑問に思ったのですが、読んでいてページを捲るのももどかしいぐらいスラスラ読める小説と、ページどころか読むのすら苦痛になってくる小説があります。
この違いは一体なんでしょう?

私は「面白いか面白くないか」だとは思いますが、それは人によって違うし、それだけではないような気がします。
特に「大物作家」と呼ばれる人達が書いた文章は難しい用法を使っていながら、やはり読み易いし、計算されていて芸術と呼べるものまであります。
かといって、読み易いだけなら俗に言う「スイーツ小説」など、難しい言葉を出来るだけ廃し、ひたすら簡単な言葉を並べ、ひらがなを乱用するなどこれ以上ないぐらい簡単な文章ですが(そして実際ある程度売れていますが)、私はむしろ読んでいてイライラします(書店で数行読むだけで苦痛でした)。

こう考えると読み易さ(面白さ?)とは一体何なのかと考えさせられます。
難しい漢字が散りばめられていて、ひたすら難しい言葉で埋められていても、気が付くと読み終わってるような熱中する小説もあります。
昨今は出版不況もありますが、本の売り上げが下がっているのは、一種の文学そのものに対する迷走状態もあるのでは?
…などと素人の私が意見陳情してみました(^_^;)
(いや、最近すごい新人を見かけない気がするんですよ…;気が付くと老舗作家の発掘になってますし…。)

(それと前回は沢山の本の御紹介ありがとう御座いました。)
(おかげで久々に有意義な休日が過ごせました。)

ふと疑問に思ったのですが、読んでいてページを捲るのももどかしいぐらいスラスラ読める小説と、ページどころか読むのすら苦痛になってくる小説があります。
この違いは一体なんでしょう?

私は「面白いか面白くないか」だとは思いますが、それは人によって違うし、それだけではないような気がします。
特に「大物作家」と呼ばれる人達が書いた文章は難しい用法を使っていながら、やはり読み易いし、計算されていて芸術と呼べるものまであります。
かといって、読み易いだけなら俗に言う「スイーツ小説」な...続きを読む

Aベストアンサー

あくまで私の場合ですが、読んでいて苛々する本は
・登場人物がアホすぎるとき
・登場人物が理不尽な仕打ちを受けてそれが解決しないとき
・作者は嫌いなのに作品が面白いとき(苦笑
・文体があまりに拙いとき
でしょうか。質問者さんの聞きたいことと若干ズレテルと思いますが…。


面白そうだったので読みやすい本と苛々する本の違いはなんだろう、と私も考えました。

・内容が面白いかつまらないか
・文体のリズム感
・構成力(全体の完成度、テーマなどがキチンとしてるかどうか

ない頭で色々考えて、この3つが思い浮かんできました。
俗に言う「スイーツ小説」は一度読んで投げ出した身なので偉そうなこと語れませんが、これらの作品って口語体で書かれていることが多い気がします。シリアスな場面も口語体で語られると、なんか若干イラっとしますね(文豪や現代小説ならば一人称でもどこか冷静な語り口調と言うか、俗に言う「スイーツ小説」とは文体が違うから苛々こない。)
あと「スイーツ小説」を書く人と、文豪が似たようなことを文章で書こうとしたとき、後者は全体の完成度(構成や文章の美しさ、テーマなど)を何度も悩んで書き直しをするイメージ。前者は思った感情そのままに殴り書き!みたいなイメージがあります。ええと、何がいいたいかと言いますと、例えば最近直木賞をとった桜庭一樹さん。この人のはじめのころの作品は文章は稚拙で構成も荒く、登場人物もどことなくアニメちっくな感じですが、どこかひきこまれるものがあります。それは著者の世界観がきちんと作られていたり、自分の書きたいもののテーマが定まっているからじゃないかなあ、と。「スイーツ小説」の場合、悲劇的なお話を書いているだけで「で、この作品のテーマって何?」って思ってしまい、もやもやとしたものが残ります…。


なんだか上手く回答できなくて申し訳ありません…。

>逆にフィリップ・K・ディックなんて、「ありえない~」という演出が続々出てくるんですが、むしろ分かってるのにニヤニヤします
これは多分ですが、著者の作品の構成力の高さだったり登場人物の作り方がうまかったりしたからではないかなあ、と思います。

あくまで私の場合ですが、読んでいて苛々する本は
・登場人物がアホすぎるとき
・登場人物が理不尽な仕打ちを受けてそれが解決しないとき
・作者は嫌いなのに作品が面白いとき(苦笑
・文体があまりに拙いとき
でしょうか。質問者さんの聞きたいことと若干ズレテルと思いますが…。


面白そうだったので読みやすい本と苛々する本の違いはなんだろう、と私も考えました。

・内容が面白いかつまらないか
・文体のリズム感
・構成力(全体の完成度、テーマなどがキチンとしてるかどうか

ない頭で色々...続きを読む

Q30代の男がはじめて小説を読むのに、なにかオススメの小説などあるでしょ

30代の男がはじめて小説を読むのに、なにかオススメの小説などあるでしょうか?
官能小説以外であればジャンルは問いません。短編小説でもかまいません。
ただ、初めてなので難しいものは・・・。
よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

既出のだと、星新一のショートショートがお奨めです。
阿刀田高のショートもいいと思います。

■今野敏
□警察もの
安積班シリーズ、ST 警視庁科学特捜班、隠蔽捜査シリーズ、潜入捜査シリーズ
□武道もの
聖拳伝説、孤拳伝、虎の道竜の門、ボディーガード工藤兵悟シリーズ
□特殊能力もの
奏者水滸伝シリーズ、特殊防諜班シリーズ
□SF
宇宙海兵隊ギガース

Q夏目漱石の心を読んだ方

夏目漱石の心を読んだんですけど最後のKの自殺の直接の原因がよくわかりません。Kの自殺の経緯は“先生”の独白なので始めは恋愛が原因だと思ったのですがなんだかそれは本当ではないような気がしてきました。 なんでもいいので皆さんが考える原因を教えてください。もしよければその理由も教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。最近学校で習いました。
原因は↓のようなことらしいです。ちょっとまとめてみました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Kは、作品中に頻出する『道への精進』というものを大事に生きてきた人です。
道への精進』を大切にするということが、過去のKの生き方であり、これからのKの人生の目標なのです。
ですが、その『道』に反する『お嬢さんへの恋』をしてしまったKは、
 過去の自分や自分の理想 と お嬢さんへの恋 との両方を捨てることができず
自殺という行為により、道に反した自分に決着をつけたのです。

遺書については、
「先生にとられた」というより
先生のことを「お互い似た環境(家族と断絶)にいて
お互いの性質をよく知る友達」という思いの方が強かったし、
しかも、頼れる人が他にいない(他に友達もなく家族とも断絶)ので、
本当に自分が死んだ後のことを頼みたかったのです。
それに加えて、恋愛のことを言わなかったのは、
自分のことで、先生に苦しい思いをさせたくなかったからです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

長々と書きましたが、参考になればとおもいます(^^)

こんにちは。最近学校で習いました。
原因は↓のようなことらしいです。ちょっとまとめてみました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Kは、作品中に頻出する『道への精進』というものを大事に生きてきた人です。
道への精進』を大切にするということが、過去のKの生き方であり、これからのKの人生の目標なのです。
ですが、その『道』に反する『お嬢さんへの恋』をしてしまったKは、
 過去の自分や自分の理想 と お嬢さんへの恋 との両方を捨てることができず
自殺という行為により、道に反した自分に決着をつけたので...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報