大腿骨頚部の骨折で手術を受けました。チタンのボルトを3本入れて固定しています。手術は成功でしたが、今後の10~20%に血流障害が起こり歩行困難になったり骨頭置き換え手術を受けたりという後遺症の問題が心配です。血流障害は手術から3ヶ月後にスキャンをとって調べるそうですが、自覚賞状を伴わない兆候・・というのが見られるそうです。とても怖いです。兆候はどのような形で現れるのでしょうか?後遺症を残さないためには、いま、どのように過ごせばいいのでしょうか・・。毎日が不安で仕方ありません。どなたか経験された方または詳しい方教えて下さい。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 大腿骨頚部骨折には内側型と外側型があります。

いわゆる頚部から骨頭に栄養している血管が入りこんでいます。骨頭に近いほうで骨折(内側型)するとこの血管も切れて骨頭に栄養がいかなくなりいわゆる骨頭壊死を起こしてきます。外側型ではほとんどこのようなことは起りませんが
骨折部位によってはどちらとも判断しがたい場合もあります。一般的には骨頭壊死の可能性があれば人工骨頭を入れますが、年齢や全身状態などによって手術方法が選択されることもあります。もうひとつは最近医療訴訟が多く、万が一にも起りうる状態を説明してないともしもそのような状態になったとき、説明を聞いてないということで訴訟になることもありますからそのように説明されたのではないかと思います。
 特に何をやれば骨頭壊死を防げるというものではありません。医学的な言いかたじゃないかもしれませんが、運みたいなものです。手術の後にはいろんな合併症がありますがこれらは誰も起こしたくて起ってるわけではありませんし、合併症の起る可能性のあることは極力避けたり、予防措置をとったりしています。それでも術後の合併症は0にはなりません。誰が悪いのでもなくやはり運なんでしょうね。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 大腿骨頸部・近位部骨折<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状や原因・診断と治療方法

    大腿骨頸部・近位部骨折とはどんな外傷か  大腿骨頸部骨折とは、股関節(足の付け根の部分)の中で大腿骨の骨頭を支える頸(くび)の部分の骨折です。骨粗鬆症(こつそしょうしょう)が基盤にある高齢者では頻度が高い骨折のひとつで、高齢化社会を迎えて増加してきています。  多くは転倒して臀部(でんぶ)を打撲して骨折しますが、骨粗鬆症のひどい人はケガがなくても徐々に骨折することがあります(大腿骨頸部脆弱性(ぜいじゃ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q梅肉エキスと血流改善について

梅肉エキスが血流改善に良いと小耳に挟んだのですが、慢性血管病を
患っている者で、小児用バファリンなどの血流改善薬を服用していても、
重複して梅肉エキスを摂取して良いものでしょうか?
基本は主治医に確認、ということはわかっているのですが、
その他に専門家の方のご意見を聞かせて頂けるとありがたいと思い
質問いたしました。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

専門家ではありませんので、ご参考にお願いします
(本題の重複併用はどうなのかは私には分かりません)

私も血管炎の持病を有する患者で、梅肉エキスを利用して
バファリンを止めることに成功した者です
(一生飲み続けなければないないと言い渡されていました)
といいましても、梅肉エキスだけで、バファリン離脱に
成功したわけではありません
私は血流改善(もしくは病気の殆ど)は、食ありきだと思っています
血液凝固物質を沢山作り出すような食であったり、血栓を作りやすい血中カルシウムイオン濃度を高めるような食であったり、血管細胞が脆くなるような食であったりすれば、何かの薬や食品に頼っても、元が正されない限り治らないと気が付き、食について勉強し、食改善を心がけだしました
梅肉エキス(クエン酸)は、その食改善の一部に過ぎないことを付記しておきます

私は、バファリン中止と同時に梅肉エキス摂取開始1週間後に血液検査をしてもらって、効果が現れていたので、バファリンをやめてもいいとやっと先生に認めてもらえ、バファリン離脱することが出来ました

摂取の仕方は、一日2回、朝食と夕食の食直後に、200ccのお湯に陶製ティースプーン3分の1匙すくったものを溶かして飲んでます(朝夕合計3~4グラム)
食直後ですと、胃壁は消化のために胃酸を分泌していて荒れませんし、梅肉エキスの酸っぱさで唾液に含まれているアミラーゼという酵素がよく分泌されて消化の手助けをしてくれます
朝と夕に分けているのは、胃を守るというより、梅肉エキスの効果を24時間保てるようにしたいからです

バファリンは酸性物質で、その中に含まれているアスピリンが作用して、細胞が血液凝固物質を作り出すのを阻害しているそうです
細胞の活動を阻害するということは、副作用がでてきますよね
梅肉エキスはアルカリ性物質で、クエン酸とムメフラール(クエン酸と糖質が結合して出来た物質)が、血中でカルシウムイオンが血小板凝集する働きを阻害しているそうです(クエン酸と結合したカルシウムイオンは骨に再吸収しやすくなるということです)
クエン酸はめまぐるしく活動し続ける物質で、細胞がエネルギー産生したときに作り出される乳酸という疲労物質を素早く処理、次のエネルギー産生をしやすい環境にしてくれたり、有害物質が体内に侵入してきたときも、その有害物質と結合し素早く排泄することが出来るそうです
なので、摂取の仕方の工夫次第では体内機能を高める作用が梅肉エキスにはあると思います

専門家ではありませんので、ご参考にお願いします
(本題の重複併用はどうなのかは私には分かりません)

私も血管炎の持病を有する患者で、梅肉エキスを利用して
バファリンを止めることに成功した者です
(一生飲み続けなければないないと言い渡されていました)
といいましても、梅肉エキスだけで、バファリン離脱に
成功したわけではありません
私は血流改善(もしくは病気の殆ど)は、食ありきだと思っています
血液凝固物質を沢山作り出すような食であったり、血栓を作りやすい血中カルシウムイオ...続きを読む

Q大腿骨頚部内側骨折の手術について

78歳の母が一カ月程前に転倒し大腿部頚部内側骨折をしてしまいました。が、初診時~10日後、二週間後と外来受診したものの骨折が発見されず2日程前に他院にてレントゲンを撮ってようやく骨折であることが判明致しました。そこで手術を勧められました。 医師の説明では『手術をしても歩ける様になるわけではありません。あくまで介護者が介護の際に骨がズレる心配をなくする為にするものです。』と言われましたが、やはりもう自立歩行は望めないのでしょうか?
現在若干の認知症状もありそれが急激に進む恐れもあると言われダブルパンチでショックです。

尚、以前の本人の話では『血がとまりにくくて抜歯をしたりすると大変だった』と言う話を聞いた事がありその事も気にかかっています。(だいぶ若い頃には蓄膿症の手術を受けたり、我々子供二人は自然分娩で出産しています。)
もちろん手術となれば採血やら術前の検査は施行されるとは思いますが、諸々心配になりましたのでご回答頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

高齢者の大腿骨頚部骨折では、手術がうまくいっても移動能力が少し下がってしまうかたが多いです。
もともと、杖なしで歩いていた人は杖が必要になったり、杖をついて外出していた人は、屋内のみの伝い歩きで外出は家族とともに車椅子を使うようになったりします。

あと、高齢者の大腿骨頚部骨折の1年生存率は約90%と言われています。つまり、10人に1人は1年以内になんらかの原因でなくなってしまうということです。

ただ、何事もなかったかのように、ほぼ元通りの状態でひょいっと退院する患者さんもいらっしゃいます。

こればかりは実際に経過をみなければ分かりませんが、大腿骨頸部骨折についてはどちらかと言えば楽観的に考えている家族の方が多いので、医師は少し厳しめに説明する傾向があると思います。

お母様がお元気に回復することをお祈り申し上げます。

Qストレスと血流について

ストレスを感じると内臓への血流は悪くなりますが、逆に内臓への血流が悪くなるということは
ほかの血管の血流が良くなるということでしょうか?

Aベストアンサー

血管の収縮、拡張は自律神経の支配を受けています。交感神経が緊張すると血管が収縮しますので血流は悪くなります。交感神経の緊張の原因はストレス(心因性のものもあれば体の使い過ぎ、あるいは薬剤によるもの)です。
自律神経は全身に張り巡らされていますので、ストレスがあれば全身の交感神経が緊張します。ですから血管の一部だけではなく全てが収縮します。交感神経は全身の血管にまとわりつくような形で進化してきた神経なのでストレスを受けると同時に血管は収縮します。

Q大腿骨骨折の手術後の心筋梗塞について

1年前に大腿骨骨折をし、うまく付かなかったので、人工骨頭に置き換える手術をしました。その後抜糸した直後に発熱と臀部のほうに膿が溜まっているのが分かり再手術をし、人工骨頭を一端抜き膿が溜まっているためチューブを入れ膿をだす処置をしました。輸血も行いました。1週間してひどい喘息発作が起こり、胸に水が溜まり始め、また1週間後喘息発作が治まりかけたとき、1分間に180回以上も脈拍が速くなり、不整脈が起こりCCUへ運ばれ一時心室細動を起こし、電気ショックを受け意識が戻りました。心筋梗塞を起こしたためで、心筋梗塞を起こして少なくとも3日以上も経っているとのこと。父は喘息と糖尿病の持病があります。喘息の発作はいままでになくひどいものでした。なぜ入院中にこのようなことが起こるのか不信感でいっぱいです。医療ミスではないのか疑ってしまいます。

Aベストアンサー

糖尿病があって痛みに鈍い、喘息の発作中で心筋梗塞を疑うべき症状が見つけにくかったというのはあるかもしれませんが、血液検査や心電図等々をやっていたりすれば、変だなと気付くことができたかもしれません。

先の答で、過失の有無が問題というのは、そのようなところです。
3日は長いような気もしなくはないですが、個別具体的な事情はカルテ等をチェックしないと何とも言えませんね。

Q階下の音は聞こえる?

私は現在、RCのコーポタイプの住居の1階に住んでいます。

1階で出した音は、
上の2階にどの程度響くものなのでしょうか?

1)洗濯機の音

2)シャワーの音

3)テレビの音

4)手を大きく叩いた音

5)床にものを落とす音

6)部屋の扉をバタンと閉める音

それぞれ、「まず聞こえない」「かすかに聞こえることがある」「はっきり聞こえることがある」など回答いただければ嬉しいです。

ちなみに、階上の音は足音や物を落とす音が時々聞こえたり、掃除機をかけてるのがわかったことがあります。

Aベストアンサー

 まず、RCとは鉄筋コンクリートのことです。普通の造り方をした場合は、RCが遮音性については一番性能が良い建物になると考えてください。
 次に、音の伝わり方には2種類有ります。ひとつは一般的な音で空気中を伝わる音です。もうひとつは建物の駆体が振動して伝わる音です。
 駆体が振動して伝わる音に該当するのは、「洗濯機」「床にものを落とす音」「扉をバタンと閉める音」です。シャワーは、はずして考えて良いと思います。

1)洗濯機の音
   静かな時間帯ですと駆体を伝わり何軒か先の住戸でもうるさい場合があります。特に和室等で床に直に寝ている場合には、よりはっきりわかります。この点に付いては5・6番も同じです。

2)シャワーの音
   お互いに窓を開けていれば聞こえます。

3)テレビの音
   常識の範囲であれば2番に準じますが、大型のステレオで重低音の大きな物は1番と同様になります。

4)手を大きく叩いた音
   2番に準じます。

5)床にものを落とす音
   1番に準じますが1階ですので通常は聞こえないと思われます。

6)部屋の扉をバタンと閉める音
   1番に準じます。特に引戸で床面を引きずるタイプは、より影響があります。ただし、これも5番と同様、あまり聞こえないと思われます。

 まず、RCとは鉄筋コンクリートのことです。普通の造り方をした場合は、RCが遮音性については一番性能が良い建物になると考えてください。
 次に、音の伝わり方には2種類有ります。ひとつは一般的な音で空気中を伝わる音です。もうひとつは建物の駆体が振動して伝わる音です。
 駆体が振動して伝わる音に該当するのは、「洗濯機」「床にものを落とす音」「扉をバタンと閉める音」です。シャワーは、はずして考えて良いと思います。

1)洗濯機の音
   静かな時間帯ですと駆体を伝わり何軒か先の...続きを読む

Q高齢者の大腿骨骨折の手術について

93歳の祖母が左大腿骨を骨折しました。
病院で診てもらったところ、高齢であること、痴呆があり術後のリハビリが困難、手術部分を勝手にいじったりする恐れがあること等から手術は止めた方がよいと言われました。今後、骨の折れた部分はそのままの状態になると思います。
出来れば手術をして少しでも回復して貰いたいと思うのですが、この場合手術は諦めるべきでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大腿骨頚部骨折なのか、大腿骨骨幹部骨折なのかで変わると思いますが、
病院の対応、おばあさまの年齢を考えると、頚部骨折なのでしょうね。

大腿骨頚部というのは、血流の非常に悪い場所で、
そのために骨癒合が困難な部位ということになっています。
年齢が高齢であればある程、癒合は難しくなります。
手術というのは、折れた骨と骨を寄せるだけですから、
実際に骨をくっつけるのは、自分自身の力なわけです。
そういう意味で、骨癒合自体が困難な可能性があることがひとつ。

それから、リハビリというのは機能回復訓練のことですが、
これは患者さん自身が、リハビリの意味を理解していないとうまくいきません。
怪我を克服して、自分はこうなりたいというモチベーションがないと、
リハビリの効果というのは出ないと思います。
効果が出なければ、それはただの苦痛という事になってしまいます。

さらに痴呆があると、体に付いている固定器具やチューブなどの意味が
全く理解できない可能性があります。
そうなると、それらを勝手に外してしまったりしかねません。
傷口をいじったりして、感染でも起こしてしまったら、
病院は責任を問われかねないので、手術に二の足を踏むのだと思います。

ずいぶん前の話ですが、僕の祖母も大腿骨頚部骨折になりました。
祖父に突き飛ばされて、転倒し骨折してしまいました。
その時には、祖母はかなり進行したアルツハイマー型の痴呆で、
僕の両親や、僕はもちろん、自分の夫さえもわからない状態でした。
それでも病院は手術をしました。

手術自体はうまくいったのですが、そのあとが大変でした。
点滴はすべて引き抜いてしまって、そのたびにベッドはびしょびしょ。
自分の汚物を手でいじり回したり、無茶苦茶でしたよ。
でも、不思議と痛がるということはあまりありませんでした。
結局、そういう不衛生が原因なのか、感染症で亡くなりました。
ボケてはいましたが、骨折がなければ、もう少し長生きできたと思います。
ただ、痴呆の介護で家族はヘトヘトになっていましたから、
どっちが良かったかはわかりませんけど。

おばあさまをどうにかしてあげたい気持ちはわかりますが、
手術はしてもしなくても、寝たきりになる可能性が高いです。
痴呆のある人は、不思議と骨折をしてもあまり痛がりません。
ですから、手術をして余計な負担をかけるよりも、
このまま余生を送らせてあげた方がいいのではないかと思います。
あくまでも、参考まで。

大腿骨頚部骨折なのか、大腿骨骨幹部骨折なのかで変わると思いますが、
病院の対応、おばあさまの年齢を考えると、頚部骨折なのでしょうね。

大腿骨頚部というのは、血流の非常に悪い場所で、
そのために骨癒合が困難な部位ということになっています。
年齢が高齢であればある程、癒合は難しくなります。
手術というのは、折れた骨と骨を寄せるだけですから、
実際に骨をくっつけるのは、自分自身の力なわけです。
そういう意味で、骨癒合自体が困難な可能性があることがひとつ。

それから、リハビリというのは...続きを読む

QパイオニアのDVDレコーダーの増設用HD

パイオニアのハードディスク増設可能なDVDレコーダー(DVR-540H、DVR-640H)について質問です。

パイオニア以外のメーカーのHDをDVR-540H、DVR-640Hなどに接続可能なのでしょうか?

またパイオニア製HDはPCにつないで活用できますか?

Aベストアンサー

>パイオニア以外のメーカーのHDをDVR-540H、DVR-640Hなどに接続可能なのでしょうか
マニュアルには、専用HDD以外繋ぐなとありますね。動作保証をしていないだけなのかはちょっと判らないですね。

>またパイオニア製HDはPCにつないで活用できますか?
FAQにありましたよ。フォーマット形式と、著作権保護のプロテクトの関係で、初期化しないといけないようです。使えないとは書いてなかったですね。

Q大腿骨を骨折しました。

こんばんは。私の母が転倒によって大腿骨部分を骨折しました。
手術をするのが一般的だそうですが、母は血が止まりにくいため
手術の許可がおりないと思います。
医師の話によると骨折した部分は自然にくっつく事はないと言われました。ということは、もう歩くことは不可能だということに値すると思います。母も泣いてばかりで途方にくれています。
本当に大腿骨部分は手術ができなければ くっつくことはあり得ないのでしょうか?
経験のある方、どんなことでもいいのでアドバイスを頂けないでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

家族が大腿骨骨折して手術をした経験があります。
当時、同室の方がやはり大腿骨を骨折し、入院していましたがその方は手術はしませんでした。
大腿骨を骨折した場合は足を吊っているかと思いますが、手術をすると金具を入れて固定するのでリハビリが早く出来ますが、手術をしない時は3ケ月ぐらい足を吊っているのでそれからのリハビリになるようです。
同室方はご高齢の方でしたが、二足歩行が出来るまでに回復したと聞いています(時間はかかるかと思いますが)。
主治医とよくご相談してみてはいかがですか。お大事に。

Q第一四半期の「1Q」は何の略?

第一四半期を「1Q」と書く場合はありますが
「Q」はクオーター?クール?
何の略でしょうか?

Aベストアンサー

第一クオーターです。

quarter

Q大腿骨頭壊死

右足大腿骨頭壊死です。
現在水中歩行で保存的療法です。
今後はやはり手術するほかないのでしょうか?

Aベストアンサー

変形性股関節症の骨切り術を受けたものです。

>私はまだ33歳なのでできればまだ手術はしたくないのが本音ですが

手術自体がいやなわけではないんですよね。人工股関節手術があるけどまだ早いからダメだね、だから保存療法ということですよね。

人工股関節手術自体はベッド上で拘束される期間も少なく2週間程度の入院で普通の杖で退院できるから心配しなくても良いと思います。手術や傷の痛みも薬で抑えられますし。一緒に入院していた皆さんはリハでの筋トレが一番痛いくらいのようでした。関節痛からはまったく開放されます。和式便所は基本的に使うなと言われるくらいですよね、デメリットは。

問題は若いうちに手術をすると再置換になるということですよね。耐用年数は20年と言われていますが、杖を欠かさず20年もたせる人もいれば、とても早く再置換になる方もいるわけで33歳では無理でしょう。せめて40過ぎまでは温存しないといけません。

私は温存して40過ぎて相当痛かったら人工にもできるよ、と言われたのですが、消極的になるのは嫌だったので35歳、38歳と仕事を休んで両足の骨きりをしました。骨切りは松葉杖が外れるのに3ヶ月かかりますから、若くてその後人工股関節が必要ないぐらいの効果がないと医師はあまり勧めませんね。私は骨切りで積極的に活動しても60まで股関節の寿命が延びれば価値があると思いお願いしました。(そもそも右足大腿骨頭壊死では骨切りの適用で無い場合も多いのかもしれませんが参考として。)

手術は「生活を良くするため」には「するほかない」というより「するほうがよい」もの、自分で選ぶものです。そこまでどうやって温存するかがeddy1974さんの課題かと。男性だと無理をしがちなので人工の適用年齢も高いかと思います。筋トレと杖使用etcの日常動作の改善で痛みは減らせるし進行も遅らせることができます。「積極的な温存」でがんばってください。

そのうち長持ちする人工股関節も開発されると思います。楽しみに待ちましょう。お大事に。

変形性股関節症の骨切り術を受けたものです。

>私はまだ33歳なのでできればまだ手術はしたくないのが本音ですが

手術自体がいやなわけではないんですよね。人工股関節手術があるけどまだ早いからダメだね、だから保存療法ということですよね。

人工股関節手術自体はベッド上で拘束される期間も少なく2週間程度の入院で普通の杖で退院できるから心配しなくても良いと思います。手術や傷の痛みも薬で抑えられますし。一緒に入院していた皆さんはリハでの筋トレが一番痛いくらいのようでした。関節痛から...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報