プロが教えるわが家の防犯対策術!

こんにちは。
私は昔なかよしファンだったのですが、さいきんはちゃおがダントツで売れているという話を聞いて驚いています。
昔は一位りぼん、二位なかよし、三位がちゃお、という感じだったので。
「きらりん☆レボリューション」という漫画が人気だ、という事はよく聞いています。
他にも、ちゃおは他にくらべてここがいい、とかなかよしにはここが足りないから二位なんだ、という意見がありましたら小さいことでも聞きたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

多分、雑誌の内容が逆転したからだと思います。


私が読んでいた頃、かれこれ20年くらい前のちゃおは「輪廻転生」と「宿命」を取り扱った漫画、高校ラグビーを交えた恋愛漫画がありました。
自分はそのとき小学生でしたが、読者対象は中高生だったはずです。
なかよしは恋愛中心で小中学生対象のように感じられました。
そして、年齢が上がるとともにちゃお→別コミ、なかよし→別フレに移動する感じでした。
なかよしはCLAMPや早稲田ちえが入ってきた頃から中高生を対象にした作品が目立ち、ちゃおは反対に小中学生を対象にした作品が目立っているように見えます。
ちゃおの表紙を見ると20年前と全然違うなぁって思います。
悪く言えば全体的に子どもっぽい。
今は小学生対象なんだなって思いますよ。
実際になかよしでは「夢水清志郎」シリーズや「ゴーストハント」など年齢が若干上の人を意識した作品があります。
何が足りない、というのではなく年齢対象をそれぞれ変更したことにより、雑誌自体の売上が増減しただけだと思います。
子どもであればあるほど雑誌を買いますからね。
大人は子ども向けの雑誌を買うのに抵抗ありますから。
これが白泉社のようにドラマCDの全プレみたいなのをやれば、コミックス派の人も雑誌を買うと思いますが…。
    • good
    • 0

私は今中学2年生なので、ちゃおもなかよしも買っていませんが、小学生の頃は買ってました。


確か、低学年の頃は「ちゃお」で、高学年の頃は「なかよし」を買っていたと思います。
だから、ちゃおはお子様向けで、なかよしはちょっと大きい子向けなんだと思います。自然に「なかよし」に変えてましたから・・・。

ちゃおがなかよしより人気がある理由は、小さい子のほうがたくさんマンガを読むからじゃないですか?(あくまでも予想です)
    • good
    • 0

付録がさみしいと子どもが言いました。


あとは、ちゃおの方が低年齢の子でも読めるまんがが入っているから
ではないでしょうか。
対象の読者の年齢層の幅の違いかなと思います。
    • good
    • 0

最近は、購入していない「ちゃお」なので、単なる推測ですが、やっぱり少女たちの求める作品を掲載しているからだと思います。

つまりは、ちょっと過激でHなストーリがあるからでは?
母親たちが見せたくない雑誌に、めでたく「ちゃお」も選ばれたという文字も見かけた気がします。

個人的には、今はなき「るんるん」のほうが好きだったんですけどね。

>>昔は一位りぼん、二位なかよし、三位がちゃお、という感じだったので。

確かにそうですね。いつの間にか逆転したようで驚いています。

強引な結論ですが、やっぱり、雑誌としての勢い、パワーが、ちゃおにあるのだと思っています。そして、「大きなお兄さん」たちの強い支援もあるのだと推測しています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「りぼん」「なかよし」「ちゃお」系統の対象年齢

今度、小学生になる娘がいます。最近は自分で絵本を読み、私が購入した「あたしんち」や、「ぼく、ドラえもん」の付録漫画、古本屋にあったので、しゃれで買った「東京みゅうみゅう」のコミックスを読んでます。
私自身、漫画が好きなので、子供に買い与えたいのですが、まだ早いかなぁ。「ちゃお」の「ミルモでポン」や、「なかよし」の「明日のナージャ」「ぴちぴちぴっち」は、幼児雑誌やアニメでなじみがあります。(だから、買おうかなと思ってるのですが)
私自身は、小学2年か3年の時に「りぼん」に会い「少女漫画」に開眼したのですが、(それまでも、それ以後も「ジャンプ」等も読みましたが)最近の少女漫画って、色恋沙汰や、モーニング娘。の事ばかりで、夢がないんじゃないかとも思ってみたり。(中高生対象?の漫画は姓描写がえげつない気がするし)
実際に購入されている方や、娘さんが読んでいる方の意見が聞ければ嬉しいです。
ちなみに、私が「りぼん」を読んでた頃は「ときめきトゥナイト」「ねこねこ幻想曲」が、掲載されていておもしろかったです。

Aベストアンサー

確かに、最近漫画の傾向が方向性をずらしてきた気がしますね。
親世代が、漫画に慣れ親しんだ世代なので、小さい頃から漫画を読ませることに抵抗を持たなくなったこともあるのかもしれません。
中高生対象の「少女コミック」や「フレンド」などは確かに性描写が増えてますね。
これは、その描写で人気を勝ち得た漫画家さんがいらっしゃって、それを雑誌のイメージとして持っていこうと編集の方もすすめていったからじゃないかなと私は思っています。

反面、「りぼん」や「なかよし」、「ちゃお」は主人公が高校生だったりもしますけれどそれは昔からですし(ママレード・ボーイとか私はその世代なので)、逆にミルモなど子ども向けが増えてきている気がしますね。正直モーニング娘。はありかなぁ?とか思いますが、この3つの雑誌は特に大きな変化は無いと思います。あるとすれば小学1年生からでも読めるような雑誌になったということでしょうかね。
あとは傾向として「りぼん」が大人っぽいというのはあるかもしれません。「ちゃお」は子ども向けで、アニメ作品も多いですが大抵小学館繋がりで「少女コミック」とかいきやすいですね。「なかよし」は最近大きく見ない気がするのですが、それでもそのあとの「フレンド」とかは人気ですしね。

現代は、漫画を読み始める年齢が早まって、中高生向けとされている先ほどの雑誌が小学生高学年から読まれるようになって、というところでしょうか。

どこも大手ではあるんでしょうが、幼児教育などの副教材を大きく出しているのが小学館かなと私は思いますね。「小学○年生」とかってのも小学館ですしね。

私は「ちゃお」→「少女コミック」→「別冊マーガレット」→「花とゆめ」・「Lala」と進んだんですが、やっぱりその間で恋愛ものって増えてきていて。
白泉社(「花ゆめ」や「Lala」)はどちらかというと恋愛よりも○○がさき!って感じのストーリーが多いので(性描写もほっとんどないですし)私は気に入っています。ないわけではないんですけれど。

大切なのはその混乱してしまう情報を、正しく導いてあげることかなと思います。
実際の所私も性描写に関しては色々な疑問やら混乱を抱きましたしね。親にはこちらから話しにくいですし。

一番良いのは本人が読みたいと思うものだと思います。
…長々と話して結論がこれだけですみません(--;)
少しでも参考になれば幸いです。

確かに、最近漫画の傾向が方向性をずらしてきた気がしますね。
親世代が、漫画に慣れ親しんだ世代なので、小さい頃から漫画を読ませることに抵抗を持たなくなったこともあるのかもしれません。
中高生対象の「少女コミック」や「フレンド」などは確かに性描写が増えてますね。
これは、その描写で人気を勝ち得た漫画家さんがいらっしゃって、それを雑誌のイメージとして持っていこうと編集の方もすすめていったからじゃないかなと私は思っています。

反面、「りぼん」や「なかよし」、「ちゃお」は主人公が...続きを読む


人気Q&Aランキング