「群盲象をなでる」ということわざがあります。
多くの盲人が象を撫でて、それぞれ自分の手に触れた部分だけで巨大な象を評するように、凡人が大事業や大人物を批評しても、単にその一部分にとどまって全体を見渡すことができないことです。
同じような意味のことわざを探しています。
日本のものでも、外国のものでも、どちらでもOKです!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

「木を見て森を見ず」なら、ドイツ語に、このような言い回しがあります。


"den Wald vor lauter Baeumen nicht sehen" 意訳すると「目の前の木々ばかりに
こだわって森が見えない」といったところでしょうか。
    • good
    • 2

もっとも近いのは[木を見て森を見ず]でしょう。

英語からの意訳といわれます。
(You can not see the forest for the tree.)

群盲という言葉は差別用語の危険があり、この諺も使いづらい世の中になりましたので、少し意味は違いますが、木を見て・・を使われたらいいと思います。諺は時とともに応用(用例)が変るものです。昔は盲人を大切にして、生計が成り立つように一種の特権が認められていました。(目明きが同じ職に就けないなど)従って、盲人の中にはそれを悪用して庶民を困らせるものもいたといいます。群盲・・の諺には、庶民が日ごろのうっぷんを晴らす気持ちが込められていたようです。

凡人は大人物の心は分からないと解釈するのは拡大解釈ではないでしょうか。その意味なら[燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや](えんじゃくいずくんぞこうこくの・・)がぴったりです。ツバメやスズメに大鳥の心など分かるもんかといった意味です。
    • good
    • 0

井の中の蛙大海を知らず


  うーん・・・
    • good
    • 0

史記ですけど、「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」はどうでしょう?


ちょっと違うかなぁ~。
    • good
    • 0

木を見て森を見ず



ちょっと違うかな(笑)
    • good
    • 0

五十歩百歩はどうでしょう

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q凡人がどんなに努力しても天才には勝てないのでしょうか。また、凡人が突然

凡人がどんなに努力しても天才には勝てないのでしょうか。また、凡人が突然天才になることはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

「凡人がどんなに努力しても天才には勝てない」

絶対にそんなことありません。というか僕はそう信じて疑いません。

そんな僕が貴方に送りたい言葉は「努力に勝る天才はいない」です。

僕は陸上の長距離をやっています。この種目は、確かに才能は存在しますが、練習=努力によるところが圧倒的に結果にでます。いくら天才だからって、何もしなければ凡人と変わりないんです。これはすべての物事に共通するのではないでしょうか?何もしない天才と、何もしない凡人なら、凡人に勝ち目などないでしょう。でも何もしない天才と、努力した凡人とではどうでしょうか?きっと凡人にも勝ち目はあるはずです。というか勝てます。

ちなみに僕に才能はありません。だから、僕は努力で才能を破ることが目標の一つでもあります。強いて言うなら、僕の才能は「努力できること」でしょうか。

あなたはもしかして才能という壁にぶつかっているのですか?
なら、迷わず努力をしましょう。あきらめることなく。きっとそんな壁など打ち砕くことができるはずです。

Q英語でのことわざ 日本語でよく使われることわざを英語にするとどうなりますか? 思いついたものなんで

英語でのことわざ

日本語でよく使われることわざを英語にするとどうなりますか?
思いついたものなんでもいいので、教えていただきたいです!

Aベストアンサー

当方、何十年も前に受けた英語教育で一番最初に出くわしてしまった糞爺先公野郎の所為で以後・・、
--<英語なんざ糞くらえ・・!!>--
・・と思う程、英語(学習)が大嫌い(→嫌々仕方なくやってきただけであってこれから先も好きになる事など断じて無い!!)になった人間ではあるが・・、
使い慣れた英和辞書の付録に諺集が載っているのでそこから自分の教訓になりそうなものも含め幾つか紹介する・・!

After death the doctor. → 後の祭り・・!
All is well that ends well. → 終わり良ければ総て良し・・!
Constant dripping wears away the stone. → 雨垂れ石を穿つ・・!
Deeds, not words. → 不言実行・・!
Haste makes waste. (或いはMake haste slowly.) → 急がば回れ・・!
Honesty is the best policy. → 正直の頭に神宿る・・!
Prevention is better than cure. → 転ばぬ先の杖・・!
Time and tide wait for no man. → 歳月人を待たず・・!

こんなところ・・!

当方、何十年も前に受けた英語教育で一番最初に出くわしてしまった糞爺先公野郎の所為で以後・・、
--<英語なんざ糞くらえ・・!!>--
・・と思う程、英語(学習)が大嫌い(→嫌々仕方なくやってきただけであってこれから先も好きになる事など断じて無い!!)になった人間ではあるが・・、
使い慣れた英和辞書の付録に諺集が載っているのでそこから自分の教訓になりそうなものも含め幾つか紹介する・・!

After death the doctor. → 後の祭り・・!
All is well that ends well. → 終わり良ければ総て良し・・!
Con...続きを読む

Qええとこんなことわざをしりませんか。 なんとかとなんとかで電柱柱に花がさくといったことわざを誰か知り

ええとこんなことわざをしりませんか。
なんとかとなんとかで電柱柱に花がさくといったことわざを誰か知りませんか。
もし知っていたら教えて下さい。

Aベストアンサー

諺じゃないですね。

輜重輸卒が兵隊ならば 蝶々トンボも鳥のうち 焼いた魚が泳ぎだし
絵に描くダルマにゃ手足出て 電信柱に花が咲く

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BC%9C%E9%87%8D%E5%85%B5#.E6.97.A7.E6.97.A5.E6.9C.AC.E8.BB.8D.E3.81.AB.E3.81.8A.E3.81.91.E3.82.8B.E8.BC.9C.E9.87.8D.E5.85.B5.E3.81.AE.E5.9C.B0.E4.BD.8D

Qやはり凡人は天才に勝てないのでしょうか?

やはり凡人は天才に勝てないのでしょうか?私の友人は東大工学部を受けますが、あまり勉強していないのにかかわらず、東大に合格できそうです。記述模試では私は国語英語社会で受けますが、天才の友人の国英理の点数には(5%ほど)及びません。私は彼より勉強していますし、一応早大政経A判定なので、悪くない成績だと思います。
そもそも記述模試だから私大志望者には不利なのかもしれませんが、それでも、彼は数学が得意で数学の点数を入れていないので記述模試だということはあまり関係ないのだと思います。

Aベストアンサー

天才(?)的な方には欠点があります。それは、それほど努力しなくてもわかってしまう、頭に記憶されやすい、などのため、さほど努力をしなくなる習慣がつくことがあります。また、先を見越して無駄になりそうなことはしない、ということもあります。入試などには有利なこと間違いありません。しかし、数十年の人生を考えると、凡人でも努力の天才ならば、いつしかそのはるか上を行くのではないでしょうか? 天才が努力の天才でもあるならば、話は違います。しかし、なかなか天は二物を与えず、です。

Q不登校の高校生に中退を思いとどまらせたい

現在高校2年の男子生徒ですが昨年より不登校ぎみになり、ここ1週間欠席しています。精神的に常に不安定で、ちょっとしたことで学校へいけなくなってしまうようです。中退しても独立した生活をすることは無理だと思います。なんとか学校をつづけるよう、説得をしたいのですが…

Aベストアンサー

こんにちは。
私も不登校経験者です。
高校に入学してまもない頃、自律神経失調症と診断され、
不登校に陥り、それをきっかけにいじめを受け、
学校生活に希望がもてなくなり、中退しました。
その時の私の心境としては、とにかく人と関わりたくない、
学校のことを考えたくない、人間味のない先生達に何を相談しても無駄だ、etc…
とにかく自分以外の人間を信用できなかった気がします。
その当時は、今ほど「不登校」が認められていない時期でした。
家族みんなが近所からの噂に絶えなければいけない、
見方になってくれるはずの教員からは「お前は登校拒否だからどうしようもない」
と言われ、散々な目にあったのを今でも思い出します。
家族のみんなから、起こられる毎日でした。
「なぜ学校にいけないんだ!!」
「なんでそんなに怠け者になったんだ!!」
父親には何度か殴られたこともありました。
ただただ泣くことしかできず、
誰にも自分の苦しみを打ち明けられることもなく、
苦しい毎日を送っていました。
そんな時、私の本音を聞き出してくれ、支えになってくれたのは、
病院で紹介されたカウンセラーの先生でした。
無理に聞こうとするわけではなく、
日常的な会話の中から本音を探り出して言ってくれたのは、
やはりプロだからできたのでしょうか。よくわかりませんが。
とにかく、私は一人の本音を話せる人と出会えて救われました。

不登校を経験して思うことですが、
不登校というのは家族も本人もとても苦しむことだと思います。
普通のこと、当たり前のこと、として考えられている
「学校に行く」と言う行動ができなくなるのですから。
私も行けないことがとても苦しかったです。

あくまでも一つのアドバイスですが、
自分から学校にいけるようになるのをじっと待ってみてはどうでしょうか?
もしどうしても中退したいと言う希望を息子さんが持っているのなら、
それを認めてあげてはどうでしょう?
私の場合、その場にいることさえ出来なくなり、
逃げるように中退を決意しました。
もちろん両親も、担任にも大反対されました。
「お前にはムリだ」と。
しかしその1年後、私は別な高校で新生活を送ることを自ら決め、
3年後無事に卒業しました。
大学にも進学し、今は大学院で教育学を専攻しています。
自分の経験を生かして、教員として不登校に取り組んでいきたいと思っています。

どんなことでも、無駄になるようなことは決してありません。
たとえ今が苦しくても、その経験が息子さんにとって必ずプラスになります。
人生の経験としてプラスになるように、
そのままの姿を受け入れてあげてはどうでしょう?
力になってあげる、協力者になってあげる、ことができるのは、
ごく身近な者だけです。
あせらずゆっくり自分の人生を考える時間を与えてあげて、
その上でじっくり話を聞いてあげてはどうですか。

なんだかあまりアドバイスにならなくてすみません。

こんにちは。
私も不登校経験者です。
高校に入学してまもない頃、自律神経失調症と診断され、
不登校に陥り、それをきっかけにいじめを受け、
学校生活に希望がもてなくなり、中退しました。
その時の私の心境としては、とにかく人と関わりたくない、
学校のことを考えたくない、人間味のない先生達に何を相談しても無駄だ、etc…
とにかく自分以外の人間を信用できなかった気がします。
その当時は、今ほど「不登校」が認められていない時期でした。
家族みんなが近所からの噂に絶えなければいけない、
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報