たとえば光の3原色はR(赤)、G(緑)、B(青)で、この3色の組み合わせでフルカラー表示できるといいます。
ではなぜ3色であり、なぜR、G、Bでなければならないのでしょうか。
物理学の何やら難しい数式を解いて導かれたものなのでしょうか。

色に関してはわからないことがまだたくさんあります。今後も順次ご質問させていただきますので、皆様よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

 一六六八年にニュートンが行ったプリズムの実験で、白色光


に多種類の単色光が混ざっていることや、単色光を混ぜると特
定の色が作れることが明らかなると、混色して他の色を作り出
すことができる「もとの色」に関心が集まりました。この「も
との色」を解明するヒントになったのが、人間がどのように色
を知覚しているかでした。
一八〇一年、ヤングは絵の具の混色からヒントを得て、視神経
には赤・緑・青の三色を感じる神経があって、すべての色はこ
の三つの神経の刺激の割合で知覚されるという三色説を提唱し
ました。ところが、この三色説は、色光の混合であり、絵の具
などの色の混合ではなかっため、理解されませんでした。当時、
絵の具などの色の混合は簡単に再現できましたが、色光の混合
実験は難しかったのです。三色説が証明されたのは半世紀以上
も後のことです。一八六〇年にマックスウェルは、ヤングの三
色のフィルターを使って、スライド映写を行い、三色の光の混
合でさまざまな色が作れることを実証しました。一八六八年に
は、ヘルムホルツがヤングの三色説を視細胞と関連付けて生理
学的かつ定量的に説明しています。これをヤング・ヘルムホル
ツの三原色説と言います。こうして、赤・緑・青が光の三原色
であることが解明されたのです。三原色の代表的な応用例はカ
ラーテレビです。カラーテレビは光の三原色を使って、たくさ
んの鮮やかな色を作り出してます。

参考:光と色の100不思議(東京書籍)
   色のおはなし(日本規格協会)

参考URL:http://homepage1.nifty.com/kuwajima/lac100/
    • good
    • 1

No6の補足質問に対する回答です。


色彩は脳が作り出したイメージです。
物理学でいう波長580nm(ナノメートル)の光と黄という色彩は必ずしも
同じではないのです。
おそらく、700nmの赤い単一光と580nmの黄色い単一光を混ぜ合わせた光と
660nmの単一光はなぜ同じ橙色に見えるのかということが疑問点だと思います。
すでに他の方がお書きのように、視細胞にはR、G、Bの3種類が
ありますが、R細胞は赤だけに反応するというわけではないのです。
赤に極大値を持つというだけで、すべての可視光線に多少は反応するのです。
G、Bの細胞も同様です。すなわち、これら三つの細胞の反応具合を受けて、
脳がこれらの光を区別するためにイメージとして色彩を作り出しているのです。
可視光線は780nmから380nm位ですが、この両端の波長の光はいずれもRGB
すべての極大値から遠く、各色細胞の反応度合いがすべて最小となり脳は同じ
赤紫という色彩を作り出します。少しでもR細胞の反応が大きければ赤っぽくなり、
B細胞の反応が大きければ紫っぽくなります。
従って、赤と紫はつながり色彩環ができあがります。なお、色彩環は混色の経験から
作られたもので、物理学的に意味があるものではないと思います。

この回答への補足

色彩環についてかなりわかりやすくイメージできました。
ありがとうございました。

補足日時:2000/06/14 04:53
    • good
    • 0

色彩学での補色の概念は2つの色をまぜて無彩色になるとき、その2つを補色の関係と呼びます。

どの色同士が補色となるかは、補色色環というのがありますので色彩学の本などで確認してください。(色彩に関する用語が分からない場合はhttp://www.daicolor.co.jp/koho/mamechishiki.htmlを参照してください)
人間が目で感じとれるのは、400~700nmですが、このうち400~500までが青紫光、500~600までが緑光、600から700までが赤光となっています。で、手元に色彩について記述がある本があればCIE表色系(CIE色度図)というのを見て下さい。無い場合はhttp://www2.justnet.ne.jp/%7Efumoto/linkp11.htmで平面的な色度図をつくるためにRGBによる刺激をXYZで表現したものがあります。(RGB系とXYZ系間の換算式というのもありますが、一般の方には理解しにくい類いなので割愛。)これにより、400~700nmにわたるスペクトルの位置が曲線状に表現できるようになり、光のスペクトルの色度点を連続して置いていくと左下から上方に、そして右に下降する大きな弧状の軌跡が描けます。
CIE表色系でRGBとCMYがそれぞれ対極に配置されているのが分かりますか?
うーん。図が無いと説明しいくいな…。図のまん中が白くなっていて、そこから斜左最上方に『G』、最下方左に『B』、最下方右に『R』が来ているのですが、それら3色の間隔は約120度になるのです。RGBを等間隔で回転した内側にCMYが出来ている筈なのですが、それらは全て光のスペクトルを決められた一定の計算法によって算出し、グラフ化した時にその位置にくるので不自然と言われても…。 
UCS表色系 でも同様に3色の間隔は約120度になります。LAB表色系の場合は心理四原色から派生したため、波長を基礎においていないので色度図の上に波長が示されていないものの基本的にこれも約120度です。他に、このような記述があるのはミノルタの色彩のページですから、そちらも参照してみてください。でも多分こういう学術的理論については一般書籍の方が詳しいですよ。

色彩管理の基礎知識(ミノルタ)
http://www.bas.t-kougei.ac.jp/student/print/color/
    • good
    • 0

・補色の概念


二つのフィルターを重ねたときに、飽くまで人間にとって、白に見える色の組み合わせを
補色の関係と呼びます。物理的に捉えた波長とは、直接関係ありません。
というのも、人間の目には白でも、物理的に捉えると、波長が違い、別の色ということになります。色が、物理現象ではなく、知覚現象であるということを示しています。

他の生物では、補色も変わり、色円も変わるはずです。例えば、ミツバチは、黄色とミツバチスミレ、青緑とスミレ外などの組み合わせと、白を識別することができず、それらがミツバチにとっては、補色になっていると考えられます。
    • good
    • 0

実に簡単に言えば、これが最小限の要素だから、と言うことです。


これ以上は減らせません。
逆にこれ以上の発色が効率よく安くできるのならもっと多彩な色表現が出来るでしょう。
何故この3色なのかというと、他の方々の方が詳しいでしょう。
でも、僕は、単純に経験と実験から来ているのだと思います。
    • good
    • 0

私も色彩学の先生に同様な質問をしたことがあります。

そのとき、明快な答えは得られませんでしたが、色彩チャートを見ていて気づき、自分で納得しています。
三原色は、その原色を混ぜ合わせることにより、すべての色を作り出せるということですね。色光の三原色は、R、G、B、色料の三原色はマゼンタ、シアン、イエローと一般的に表記されていますが、これ以外の組み合わせでは、すべての色を作り出すということはできないのです。なぜならば、光を混ぜ合わせた場合には、混ぜ合わせる前の色より必ず明るい色になってしまう(加法混色)からです。従って、もっとも暗い色つまり紫みの青(B)を使っていないと、他の色の組み合わせではBの暗さが出せないのです。Bが決まれば、後は色相環で120度ずつずれた黄みの赤(R)、緑(G)が自動的に決まります。
同様に色料(印刷など)の場合には混食後の色が必ず混食前の色より暗くなります(減法混色)。従って最も明度の高い黄(イエロー)が決まり、それによって緑みの青(シアン)、赤紫(マゼンタ)が決まります。

この回答への補足

e-hondaさんのとも関わりますが、補色の概念がわかりません。そもそも人間が可視光と感じる光は400~700nm(でしたっけ)の波長の帯なわけで、それがなぜ「色相環」という輪っかになって短波長側と長波長側がつながるのでしょうか。RGBが120度ずつずれているということも不自然です。RGBのそれぞれ180度に位置するCMYが補色だそうですが、なぜなんでしょう。

補足日時:2000/06/12 06:45
    • good
    • 0

学生の頃『色彩学』という授業があり色彩心理学という分野においてニュートンやヤング、マックスウェル、ヘルムホルツ、ヘリング、ラッドフランクリン、ハーヴィッヒ・ジェームソン、フォンクリース等を学んだのですが(NO4のsupersonicさんが書いているので学説は割愛)眼球生理学の面から言えば、人間の目にはRGBそれぞれの色彩に敏感な視覚細胞というものがあり、それぞれの刺激の度合いによって色を知覚しています。

もうすこし言えば、その刺激が視覚レベルで「赤ー緑」「青ー黄」という反対色のON/OFF信号に符号化され、脳で色として認識されているというのが一般的な説です。ですからRGBとその補色であるCMYがそれぞれ3原色として用いられているのは理にかなっているといえます。ただし人間が見分けることができる色の数は約1千万と言われていますので、理論面で3色に限定すると説明しにくい色も出てきちゃうんですけどね…。
RGBでなければならないというよりは単純に人間の視覚細胞に反応する範囲内で説明しやすいのがそれだったというだけで、いまだに色についての学説はさまざまなものが出ています。調べてみると結構面白いですよ。
    • good
    • 0

前に、色彩論についてでも答えましたが、もう一度。


 心理学の分野です。初め、ニュートンが、色は、光の波長により、7つのスペクトル型に分けられるとしました。これに異を唱えたのが、『ファウスト』などで有名なゲーテです。科学的な、色彩と、人間の心理に現れる色彩は別のものである、という主張で、黄、青、赤の三原色説を提唱しました。
 これを引き継いだ、ヤングの研究、さらに、それを基礎にヘルツホルムが体系化したのが、現在カラーテレビでも使われている、赤、緑、青の、三原色説です。無限の色を、有限な視神経で捉えているはずはないので、数が節約されているはずだという推論から始まりました。すでに指摘されている通り、フィルターを重ねた加法混色によって(念のため補足、絵の具の混色とは違います)生じる色は、生物によって違います。認識可能なスペクトルが違うからです。モンシロチョウのを紫外線を感知するカメラでみると、オスとメスで違う模様があるというのも、こういう理由です。人間には、白にしか見えません。人間に区別できて、他の生物に区別できないフィルターの組み合わせもあります。鯉とか、ニホンザルは、人間と似た、赤緑混合光を同じように感じるらしいということが分かっています。

 ただ、三原色説に対する、ヘリングの反対色説というのもあります。これは黒-白、青-黄、緑-赤の3対で6色になります(黒-白を、色ではなく明るさだと考えれば4色)。
こっちは、優勢ではなかったのですが、或る程度、近年の研究で神経レベルの生物学的な類比の裏付けもあるようです。最近、人間の色覚メカニズムの解明で、もっとも有力なのが、両方を併せた、段階説というものらしいです。
どうやら、3色でなくては、いけないというのでもないらしいです。(P.S. カメラのフィルムのCMで、4つ目の感色層が加わりましたというのも、ありましたよね。)

この回答への補足

心理学や生理学に関わってくるとは思いませんでした。もっと純粋に物理学的に解明されてると思ってました。色の違いって単なる波長の違いにすぎないですから。でもそれを赤とか青とかに感じるってことは、やっぱり人間の特性・心理学・生理学に関わるってこと? むーーー、色って奥が深い・・・

補足日時:2000/06/11 23:19
    • good
    • 0

gooで検索したら一番目にでてきHPです


ちょうど回答になりそうですので見てください

参考URL:http://www.konica.co.jp/color/color/color1.html

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございました。
HPをのぞかせていただきました。ただ、あまりにも一般的で・・・

補足日時:2000/06/11 22:20
    • good
    • 0

たまたま、RGBの色の組み合わせで、総天然色相当の刺激を人間の目に与えること


ができたのでそうしているのだと記憶しています。
対人間であれば、これから少しずれた3色を組み合わせても、うまくゆく調整すれば
(色が再現できる)はずです。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございました。
つまり、人間の特性ということになるのでしょうか。半分納得しました。

補足日時:2000/06/11 22:08
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q動詞一覧・目的語一覧・補語一覧みたいな英語の詞・語ごとにずらーと並んだ

動詞一覧・目的語一覧・補語一覧みたいな英語の詞・語ごとにずらーと並んだサイトってないですか?

Aベストアンサー

動詞はともかく「目的語」とは「補語」というのは文における働きなので, そんな一覧を求めることがそもそも全く無意味.

Q色の三原色と光の三原色の対応関係は?

色の三原色は光の三原色に、光の三原色は色の三原色に変換表示することができるのでしょうか。

シンフォニーブルー(C95M40Y0)という色を、デジタル上で使いたいと思い質問させていただきました。

Aベストアンサー

 色の三原色は全部混ざると黒?
 光の三原色は全部混ざると白?
 ってことは、その色の三原色のパーセンテージを調べて、反転すればいいんですかね?
 とりあえずたくさんの青を公開している方がいらっしゃったので、、、
 

参考URL:http://www.geocities.jp/pide505/ao.htm

Q新着順や新着順一覧を英語で書くと??

英語で新着順ってなんて書きますか?
HPに写真を載せていて
写真を新着順一覧に表示するスペースの名前を英語にすると、なんて書けばいいんでしょうか?
新着順や新着順一覧…という感じでお願いします。

Aベストアンサー

Sort by Date (日付順)というリンクが多いですね。

順番の切り替えに latest to earliest (最新から最古へ) とその逆を書いてある場合や、上向き三角▲と下向き三角▼のボタンを使っているところもあります。

到着というのをわざわざ盛り込んでいるところは少ないですが、長くても良いならば、Sort by Date arrived か Sort by Arrival Date とも書けます。

今回に写真という語も入れようとすると、Photos sorted by date (latest to earliest) のようになって見た目は冗長になってしまいます。

Q色の三原色と光の三原色

それぞれ、赤青黄、赤緑青、ですよね。素朴な疑問ですが、これはなぜこのようになっているのでしょうか。

Aベストアンサー

三原色とは一言でいえば、色をつくるときの元になる三つの色のことです。光固有の色には光のスペクトルにみられるように、少なくとも紫、青、緑、黄、橙、赤の6色がありますが、人工的に色をつくるには3色あればあらゆる(ほとんどの)色をつくりだせるというのが三原色です。

三原色は2種類あります。“光の三原色”の青紫(略号B)と緑(G)と赤(R)の3種の組み合わせと“色の三原色”のイエロー(Y)とマゼンダ(M)とシアン(C)の3つの組み合わせです。

なぜ二通りの三原色があるかというと、色を混ぜ合わせる方法が二通りあるからです。つまり「加色法」と「減色法」であり、「加色法」で色をつくるときは“光の三原色”のBGRの色光が、「減色法」で色をつくるときは“色の三原色”のYMCの色材が用いられます。つまり、三原色といっても前者は光であり、後者は色材なのです。したがって、“光の三原色”は青紫色光(B光)、緑色光(G光)、赤色光(R光)と呼ぶのが正しいといえます。

というようなことが検索するといろいろ出てきます(例:参考URL)。

参考URL:http://www.mmjp.or.jp/rwicp/data302.html

三原色とは一言でいえば、色をつくるときの元になる三つの色のことです。光固有の色には光のスペクトルにみられるように、少なくとも紫、青、緑、黄、橙、赤の6色がありますが、人工的に色をつくるには3色あればあらゆる(ほとんどの)色をつくりだせるというのが三原色です。

三原色は2種類あります。“光の三原色”の青紫(略号B)と緑(G)と赤(R)の3種の組み合わせと“色の三原色”のイエロー(Y)とマゼンダ(M)とシアン(C)の3つの組み合わせです。

なぜ二通りの三原色があるかというと、...続きを読む

QWindows7でプログラム一覧が英語表示される

Windows7でプログラム一覧が英語表示される

Windows7 Professionalを使っています。
最近気がついたのですが
普通ならプログラム一覧で
「アクセサリ」と表示されるはずの部分が
英語で「Accessories」と表示されるようになっていました。
メニュー自体もすべて英語で
たとえば「電卓」なら「Calculator」といった具合です。

ちなみに「ゲーム」は「Games」
「既定のプログラム」は「Default Programs」となっていますが
「スタートアップ」はそのままです。

ソフト自体に不具合はないのですが
何となく気になります。
かといって
名前を一つ一つ変更するのも面倒です。
簡単に元へ戻す方法がお分かりでしたら
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

詳しくは分かりませんが、C:\Users\○○\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\AccessoriesにあるはずのDesktop.iniをうまく設定すればよいと思います。ちなみに○○はユーザー名です。

Q光の三原色と色の三原色について

光の場合、赤色の波長のみが反射して人間の目に映るので、赤く見えると思うのですが、絵の具の赤色もその反射で赤く見えるのならば、絵の具の場合のような、色の三原色である赤・黄・青の三色を混ぜると黒くなってしまうのに、光の三原色である赤・緑・青色を混ぜると白くなって見えるのはおかしく思うのですが。
絵の具の赤色と光の赤色とは違うと思わなければならないのでしょうか。

Aベストアンサー

例えば絵の具の赤色というのは「白色光下で見た場合に赤色に見える」
ものです。青い光しかないところで見ると赤色には見えません。
つまり、絵の具の色とは「光の色成分のうち、特定の色成分だけを
反射する」ことで実現しています。しかし光の赤色というのは、
光の赤成分そのものを指しますので、光の赤色と絵の具の赤色は違う
と思います。

さて、黒色についてですが、これは光の色成分によって実現される
ものではなく、明度によって実現されます。

絵の具の赤色の場合、赤色成分を反射しますが他の色成分は吸収し
たり拡散したりしています。青や黄もその色成分以外は吸収、拡散
しています。つまり、反射するものよりも吸収、拡散してしまう成分
の方が全然多いわけです。
したがって、絵の具の原色を全て混ぜると、確かに全成分を反射して
いるのですが、吸収、拡散されている成分の方が多いために明度が
うんと暗くなってしまい、黒色(厳密には黒ではなく、暗い灰色程度)
になってしまうのです。

・・・って、長い説明のわりにわかりづらかったですね。すみません。

例えば絵の具の赤色というのは「白色光下で見た場合に赤色に見える」
ものです。青い光しかないところで見ると赤色には見えません。
つまり、絵の具の色とは「光の色成分のうち、特定の色成分だけを
反射する」ことで実現しています。しかし光の赤色というのは、
光の赤成分そのものを指しますので、光の赤色と絵の具の赤色は違う
と思います。

さて、黒色についてですが、これは光の色成分によって実現される
ものではなく、明度によって実現されます。

絵の具の赤色の場合、赤色成分を反射しますが...続きを読む

Qヘンな日本語英語の一覧があるサイト

ヘンな日本語英語の一覧があるサイトなんてご存知ありませんか?
ピアース、ピーマン、ビデオデッキ、シャーペンなど、実際には使われない英語がたくさん日本で使われていたりしますが、こういうリストが載っているサイトを探しています。

ご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さいっ!
よろしくお願いしまっす!

Aベストアンサー

洋サイトですが

参考URL:http://www.engrish.com/

Q自由研究について(色の三原色&光の三原色)

こんにちは。今、夏休みの宿題に科学研究(自由研究)が出ていて、悩まされています。
色々考えた末、課題は「色の三原色」について調べようと思っているのですが・・何をしようとかは決まっていません。
結構学校側も厳しくて、実験はもちろん数量化してまとめなさいとの事です。(普通かな?)
「色の三原色」について、インターネットで調べていてもあまり良いものは出てきませんでした。
調べていると、この課題は中学生には少し難しいとも書いてありました。(余談になりますが、実は最初「光の三原色」と対比して考えようとも思ってました。)
何か色の三原色について(光の三原色についても何か有りましたら)良い実験方法などがありましたら教えてください。ちなみに自分は中3です。
少しの情報でも何でもいいので・・・。宜しくお願いします。
分かりにくい文ですいません。

Aベストアンサー

中学3年生で、一度でも電子回路を扱ったことのある人ならLEDの使用はなんとかできるかもしれません。

LEDは特定の波長を出す半導体部品で、簡単に言ってしまえば、電球や蛍光灯、太陽などの光は赤とか青とか色々な光が混ざり合うことで白っぽい光になっています(光の三原色)が、LEDは青なら青!というように、特定の色しか出さないという性質があり、光の三原色などの実験には適しています。

LEDは価格的には1本数円~数百円ですが、
こういった実験には高輝度LEDとか、超高輝度LEDとかいって販売されたものがいいと思います。
秋葉原か、通販がいいと思います。

実際の実験としては色を実際に混ぜて比率をかえてみるとかでしょうかね。ここはアイディアしだいですね。

ただし、LEDは豆電球と違ってただ電池をつないだだけでは光りません。というか光ることは光るのですが、許容できる電圧のはばがかなり狭く、電流による何らかの制御が必要になってきます。ちょっと電圧をこえちゃったらすぐに切れてしまうし、下回るとうんともすんともいいません。そのため、適正電圧より高い電源を用意し、それを抵抗などを使って、20mA以下の電流が流れるような回路を作らなければいけません。この計算は中学校のオームの法則で求められます。ただし、この実験にはLEDや抵抗の他にやはりテスターが必要です

もし、がんばって回路を組みたいというのなら協力しますが、難しいと思うのならLEDの利用はあきらめた方がいいと思います。もちろん他にも様々な実験があると思うので探してみて下さい。

中学3年生で、一度でも電子回路を扱ったことのある人ならLEDの使用はなんとかできるかもしれません。

LEDは特定の波長を出す半導体部品で、簡単に言ってしまえば、電球や蛍光灯、太陽などの光は赤とか青とか色々な光が混ざり合うことで白っぽい光になっています(光の三原色)が、LEDは青なら青!というように、特定の色しか出さないという性質があり、光の三原色などの実験には適しています。

LEDは価格的には1本数円~数百円ですが、
こういった実験には高輝度LEDとか、超高輝度LEDとかいって販売された...続きを読む

Q色の名前は、日本語と英語のどちらを多く使う?・・・例えば「緑」と「グリーン」

「緑」と「グリーン」、「灰色」と「グレー」・・・

色の名前を言う時、日本語と英語のどちらを多く使いますか?

例えば、
・服の色は?
・車の色は?
・携帯機器(電話・プレイヤーなど)の色は?
どちらの表現を多く使いますか?

又、その他
「このもの(種類)は、日本語(英語)で言う」
「この色は、日本語(英語)で言う」
「殆ど、日本語(英語)で言う」
といったご回答も、歓迎します!

Aベストアンサー

じゃあいきましょか。英語です。私ら。

ピンク、ローズピンク、チェリーレッド、マローピンク、チリアンパープル、コスモス、チェリーピンク、ベビーピンク、ラムプラーローズ、ラズベリー、ローズマダー、カーマイン、パーシアンローズ、プラム、ガーネット、ピアニーレッド、プリムラ、コーラル、サルビア、マゼンダ、バーミリオン、シグナルレッド、ホビーレッド、ロブスター、ケチャップ、ファイヤー、スカーレット、バーミリオンレッド、ルビー、オペラ、ブリック。ベルベット。
以上赤系統。
日本にも古来のゆかしき呼び方はありますが、この点に関しましては英語に軍配をあげます。

グレーといいましても、シルバーホワイトグレー、パールグレー、オレンジグレー、イエローグレー、ブルーグレー、ピンクグレー、フレンチグレー、ミディアムグレー、グレー、ダークグレー、カーボングレー、チャーコールグレー、…あぁしんど。
私は日本男児ですが色名は英語です。

Q光の三原色と色の三原色が異なるのは何故ですか?

光の三原色と色の三原色が異なるのは何故ですか?

光でも色でも、目に入るときは、一定の波長を持った光線として入ってくるのだから、同じになるような気がするのですが、何故違うのでしょうか?

例えば、赤、青、黄の絵の具から反射で出てくる光線は、赤、青、黄ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

絵の具の場合、赤は赤以外の色を吸収します。(赤い光だけ反射)
同様に青・黄もそれ以外の色を吸収します。

全部混ぜ合わせると、赤い絵の具の成分がせっかく赤い光を反射しても
他の絵の具が赤い光を吸収してしまい、その結果赤い光が反射されなくなってしまいます。
同じ理由で青・黄の光も吸収されてしまい、
どの色の光も等しく吸収されてしまう(=どの色も反射しない)ため
どの色の光線も目に入ってこないので黒く見えてしまうのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報