ファンタビの世界観を作る二人にインタビュー!

私は法人の代表者なのですが
個人の不動産を担保に、個人の借入金返済用資金(まとめ用)と事業資金を借りたいと思い、近所の金融機関に相談しました。
その担当の方に、個人の借入金返済用融資に関しては相談に乗ってもいいと言っていただいたのですが
事業資金に関しては、不動産担保のプロパー融資ではなく信用保証協会付の融資を勧められました。
しかし ここで問題がありまして・・・
実は私の親も事業を営んでいるのですが、過去に事故歴が有り
今現在も信用保証協会へ月々 小額ながら返済中なのです。
その事故を引き起こしてしまった時に、私は保証人などにはなっていないのですが、付き添いという形で信用保証協会へ出向いたりしてまして
私の事を信用保証協会さんは把握しています。
ですので1年ほど前に私の会社が、別の金融機関を窓口にした信用保証協会付きの融資を申し込んだのですが、断られた経緯があります。
信用保証協会さんからの断りの電話で『その件が要因で・・・』というようなニュアンスでした。
そこで、今回の融資も信用保証協会付きでない不動産担保融資を希望してるのですが
今回相談している金融機関の担当者の方に、なんと言ったらいいのか
悩んでます。
どなたかお知恵をお貸しいただけないでしょうか。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

以下の事が考えられます。


1)あなた様が親御さんの会社の取締役に就任されている
2)親御さんがあなた様の会社の取締役に就任されている
3)双方の会社の登記住所が同一
4)同居されている

1)2)は取締役を辞任登記をしてから半年は様子をみられます。
3)4)の場合は単に疑っているだけです。

親御さんは事業者ですから、あなた様の扶養家族でいらっしゃることはないと思いますが、2社間で事業取引や生計を共にしている場合は保証否決になりますね。

いずれも該当しないのでしたら、親子同一勘定(親子であるから財布は一緒である)とみなされるのは理不尽ですからモーレツに抗議はされた方がよいです。

そこを一度確認されてから銀行へ正直にお話された方がよいでしょう。
不動産の担保評価はわかりませんが、有担保で保証協会付き融資の場合、担保割れしているか融資担当者(又は支店長)のレベルが低いかどちらかです。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
1)~4)には該当しませんが、私と親の会社間に事業取引があります。
ですので否決されたのだと思います。
1年ほど前に保証協会付の融資を申し込んだ時は、無担保融資を申込んでいました。
保証協会から否決されたのは、いたしかたない事だと諦めがつくのですが
今回は、保証協会の保証を受けるのではなく、不動産を担保として
金融機関から融資を受けたいのですが、金利のことなどから有利な保証協会付の融資を勧められているのを
どう断わればいいのか悩んでいるところです。
以前そういう問題(親の事)があったので、保証協会に保証否決された。と正直に言った場合
不動産担保での個人用融資に関しても、話がまとまらないような気がするものですから・・・

補足日時:2008/02/20 09:12
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>親子同一勘定(親子であるから財布は一緒である)とみなされるのは理不尽ですからモーレツに抗議はされた方がよいです。

事業取引が無い場合でしたら、抗議することができるのですね。
今回その事を知ることができ、大変参考になりました。
今後、親の会社との取引を無くした場合には、再度保証協会付融資を申し込むことも可能だと分り
大変嬉しく思いました。
貴重なアドバイス、ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/20 09:16

あなた様と銀行とのお付き合いやムードがよくわかりませんが、銀行は重要なビジネスパートナーです。


正直お話される方がよいでしょう。
先方の審査基準の見直しをして頂かなくてはなりませんから。

かく言う私もあなた様と同様の経験があります。
この場合にとった私の行動は、保証協会に半ば殴りこみで抗議し(警察へ通報されました)次に銀行の融資課長を差し置き(下っ端では話になりませんから)次長と副支店長と折衝して減額になりましたが融資がおりました。
協会から銀行へ話が行っていたようですが。


「融資交渉」は己の売り込みでもありますからね。
気迫で勝負という場合もありますよ、命がけの場合もあるじゃないですか。
どこの銀行も言いますが最後は「人をみて」貸すのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「人をみて」貸す
この言葉を念頭に置き、今後の交渉にあたりたいと思います。

ご丁寧なアドバイス、ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/20 12:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢字の質問です。保証、保障、補償?

すいません。
いろいろ調べたのですがわからないので是非お知恵をおかしくださいませ。

返金ほしょうの時の「ほしょう」の漢字は

保証
保障
補償

のどれを使えばいいのでしょうか?
私は今まで返金保証と使っていたのですが、
いろいろな人のサイトを見ていると保障を使っている人も大勢います。

正確なものをアドバイス頂けませんでしょうか?
よろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

保証は、請合う(法律)賠償の責任を負う。身元を保証する、連帯保証
    人
保障は、(権利・自由・安全を)守る。『生活を保障する、社会保障』
補償は、(損害を)償う、「損失を補償する、災害補償」
のように使い分けます。
したがって、質問の場合、返金することを約束するのであれば、保証が
正しいことになります。

Q信用保証協会 融資 念書

こんにちは。
小さな事業をしている家族のことです。

昨年信用保証協会の保証の付いた融資を金融機関から受けました。
今年に入って、足りない書類があったと、
金融機関から書類を提出するように言われました。
足りないという書類は2つで

イ.「念書」・・・金融機関との取引約定書に違背があった場合に
         その金融機関が根抵当権の確定登記をしても
         意義を申し立てないという内容

ロ.「委任状」・・・根抵当権が設定された不動産について、
          年月日(空白)に担保すべき元本が確定した
          ので、この確定の登記申請に関する一切の権限を
          委任するという内容

金融機関の説明では、保証協会が必要としているとのことです。
鵜呑みにして提出して良いものなのか、正直判りません。
金融機関とは長年の付き合いがあります。

そこで、質問ですが、
1.このような書類は一般的に必要とされているのでしょうか?
  (保証協会が必要としているのでしょうか)
2.もし、提出する際の注意点はなんでしょうか?
3.一般的には必要とされていない場合には、
  なぜ、今頃になってそんなことを言って来るのでしょうか?
  後々のことを考えるとどのように対応すれば良いのでしょうか?

神経質になりすぎているのか判りませんが、
どうか教えてください。

こんにちは。
小さな事業をしている家族のことです。

昨年信用保証協会の保証の付いた融資を金融機関から受けました。
今年に入って、足りない書類があったと、
金融機関から書類を提出するように言われました。
足りないという書類は2つで

イ.「念書」・・・金融機関との取引約定書に違背があった場合に
         その金融機関が根抵当権の確定登記をしても
         意義を申し立てないという内容

ロ.「委任状」・・・根抵当権が設定された不動産について、
      ...続きを読む

Aベストアンサー

状況を推測しつつ解説させていただくと、
(1)質問者は取引銀行を権利者とする根抵当権を設定している(仮に極度5000万円)
(2)昨年の保証協会保証付借入(仮に2000万円)に際して、銀行設定の根抵当権の内で2400万円(借入額×120%)部分については、現時点では根抵当権登記は変更しないが、銀行と保証協会と担保提供者の三者の合意で、第一順位:保証協会2400万円、第二順位:銀行2600万円(順位が逆の場合もあり)という扱いとした。
(3)今後返済が順調に進めばそれだけの話だが、仮に協会保証付き借入が延滞した場合には、イの念書による担保提供者の事前合意を元に、ロの委任状の空白部分を補記記入して、協会保証債務を確定(その時点の元本+利息+他損害金)して担保の一部が譲渡される(銀行→保証協会、金額の上限は2400万円だが実残が少なければその金額)
(4)担保の移転と同時に延滞借入を保証協会が銀行へ保証人の立場で返済(保証人の代弁)
(5)以降は、保証協会と借入人・担保提供者との間で保証協会が代弁した債務をどうやって返済する・担保物件を売却処分する等の交渉事か担保執行のプロセスになります

以下質問への回答としては、
1.本件は保証協会側が必要な書類ではなく、上記手続を銀行側がスムーズに進める為に必要な書類です。これらが無いと、民事訴訟で確定判決を得てからの手続になるので、その手続のコストと手続の間は銀行側に「不良債権」として残ってしまうことになります。
2.上記一連のプロセスをご理解された上であれば、それ以上のことは発生しません。
3.単純な銀行側の手続ミスか、手続規定の変更を担当者が知らなかったという次元の問題でしょう。
4.借金のカタに不動産を担保に入れる、という本質面では本件書類を出す・出さないでは何ら差異はありませんが、銀行の融資担当者にとっては手続ミスを修正しないといけない、という立場です。融資取引が本件限りというのであれば、対応せずに放って置く、という選択肢もあります。

状況を推測しつつ解説させていただくと、
(1)質問者は取引銀行を権利者とする根抵当権を設定している(仮に極度5000万円)
(2)昨年の保証協会保証付借入(仮に2000万円)に際して、銀行設定の根抵当権の内で2400万円(借入額×120%)部分については、現時点では根抵当権登記は変更しないが、銀行と保証協会と担保提供者の三者の合意で、第一順位:保証協会2400万円、第二順位:銀行2600万円(順位が逆の場合もあり)という扱いとした。
(3)今後返済が順調に進めばそれだけの話だが、仮...続きを読む

Q保証債務費用とは何ですか?

簿記2級を勉強している者です。
保証債務費用について教えてください。
(1)保証債務費用と保証債務見返とは同じものでしょうか?
(2)保証債務と貸倒引当金は同時には計上できるものでしょうか?
(3)保証債務と貸倒引当金はどう使い分けるのでしょうか?

Aベストアンサー

NO.1です。
手形割引時に貸倒引当金を消去するのは、
手形の所有権が割引によって銀行に移ったためです。
貸倒引当金はあくまで自分が所有している債権に対して設定するものです。

(余計なことかも):
ご存知だとは思いますが、決算整理で行う貸倒引当金の設定方法は
日商簿記検定では本年度より、洗替法は削除されました。
問題文で設定方法の指定はされません。
設定方法は今までの差額補充法と全く同じ方法になりますが、
洗替法の削除によって、言葉としては差額補充法もなくなりました。

---------------------------------------------------------------
(もっと余計なことかも):

*今後も簿記の学習を続けられるのであればお読み下さい*

手形の割引、裏書譲渡の仕訳で対照勘定、評価勘定を使うのは
実務では広く行われているのですが、構学上では少なくなってきています。
現在は受取手形をダイレクトに貸方にもってくるのが、主流のようです。
また、金融商品に係る会計基準にしたがって、
保証債務相当額を保証債務費用という勘定科目を使わずに手形売却損に含める処理がされることが増えてきています。
1級では以下の仕訳が一般的です。2級でも今後同じ流れになってくると思われます。

NO.2さんへのお礼欄の数字を使わせていただきますと
手形割引時の仕訳
当座預金 940,000 / 受取手形 1,000,000
手形売却損 70,000 / 保証債務 10,000 
貸倒引当金 10,000 / 貸倒引当金戻入 10,000

NO.1です。
手形割引時に貸倒引当金を消去するのは、
手形の所有権が割引によって銀行に移ったためです。
貸倒引当金はあくまで自分が所有している債権に対して設定するものです。

(余計なことかも):
ご存知だとは思いますが、決算整理で行う貸倒引当金の設定方法は
日商簿記検定では本年度より、洗替法は削除されました。
問題文で設定方法の指定はされません。
設定方法は今までの差額補充法と全く同じ方法になりますが、
洗替法の削除によって、言葉としては差額補充法もなくなりました。

---...続きを読む

Q現在、会社経営をしていますがこれまで信用保証協会他いくつか融資を受け順

現在、会社経営をしていますがこれまで信用保証協会他いくつか融資を受け順調に返済しています。近々、会社代表を円満に退きたいと考えていますが過去の融資の代表者名の変更・書類の書き換え・責任について、次の代表者へ引き継がせることはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

 融資は会社にしているものですので、代表者が変わる事になんら関係は有りません。しかし、ほとんどの場合連帯保証を代表者がしているはずですので、その変更は必須です。その場合、出来れば事前にどの様な経緯で代表者が変わるのか、新たな代表者はどういう人物なのかを金融機関に相談してみてください。もし連帯保証能力が不十分な場合には、貴方の連帯保証は取れないかもしれません。

 解る範囲ですが・・・・。
 

Qプリン味の茶碗蒸しvs茶碗蒸し味のプリンだったら?

プリン味の茶碗蒸し・・・具は茶碗蒸しそのものですが、味はプリンです。
茶碗蒸し味のプリン・・・形はプリンでカラメルも乗っていますが、味は茶碗蒸し。

だったら、どちらがいいですか?

Aベストアンサー

「プリン味の茶碗蒸し」…、具は茶碗蒸しそのものだが、味はプリン…

ほほう、てことはつまり、トリのささ身か寒鰤か鰆、それにシイタケか松茸、筍に
人参にさやえんどう、それにユリ根と鳴門にぎんなん、こんなにまで豊富にして複
雑な風味の素材を使ってわざわざ、あのお子ちゃま好みのバニラ風味のプリン味…、
わたしは降ります。

その点、「茶碗蒸し味のプリン」…、これはひょっとしてイケるかもしれませんぞ。

もしお品書きにこのように書かれているのでしたら、まさかカラメルもただやたら
甘いだけのお子ちゃまプリンではないでしょう。

料理人が工夫を凝らして創り上げた「茶碗蒸し味のプリン」であればすべての具材
がプリン状に整えられていてその舌触りの滑らかさは絶品、しかもお味と風味はま
さに本格派の茶碗蒸しそのもの、しかも、最後にそれらを一気に引き立てるやや苦
みの強いカラメルが全体を引き締めている、美味しそうじゃありませんか。

Q信用保証保証協会の保証について

友人(以下Aといいます)の話です。
4年前Aは建築業を行っていて自身の事業は食べていける程度には利益があったのですが、Aは実父の借入金(信用保証協会の保証つき)の保証協会の連帯保証人となっており、実父は自己破産し連帯保証人であるAに信用保証協会から残債の請求をされあえなくAも自己破産することになりました。債務金額は3千万円です。
その後もゼロからAは再スタートし、同じ建築業ですが、なんとか食べていける程度にはなりました。今度はA自身が信用保証協会を通じた借入が可能なものでしょうか。建前は自己破産により4年前の3千万は消えていると思うのですが、いざ新たに借りるとなると以前の3千万円を返済しないと難しいような気がするのですが・・・何かいい方法はないでしょうか。借入の申し込み規模は1千万円くらいです。

Aベストアンサー

 自己破産者は官報に記載されます。ネットの発達した現在では、しかるべきお金を払えば、官報情報の検索が出来ます。今でも戦後であれば、昭和の官報でも検索できます。破産して4年では何をやってもお金は貸して貰えないでしょう。特に泣かした債権者に再度申し込むなんて、喧嘩売ってるのか!って感じです。

方法はありません。

Q日本ERIの適合証明書の取得にかかる期間(建売住宅の場合)

不動産屋から日本ERIに適合証明書の申し込みをしました。
2/1建物の完了検査・2/3完了検査済証取得し、その後すぐに適合証明書の申し込みを日本ERIにしたのですが、フラットで2月の実行を希望しているので来週15日までに適合証明書をもらう必要があり時間との勝負になりました。
適合証明書の取得期間は不動産屋も書面上3週間と書かれており鵜呑みにしていますが、実際は1週間や10日でもらえるとこの掲示板にもかかれております。
実際のところどの程度時間がかかるものでしょうか?
気になって眠れません。。

Aベストアンサー

戸建で中間検査をしていないことはないのですが…。
本当にしていなければ、適合証明書の取得は不可能ですよ。

また、これ終わってから言うのもなんですが、
建売の場合、売主の名前で申請するものですから、
竣工検査の前に適合証明書用の竣工検査(証明書発行)の依頼をすれば、既にでていたのでは?

参考URL:http://park1.wakwak.com/%7Ej-eri_08/gyo02a_1.pdf

Q信用保証協会付借入金の代位弁済について

初めて質問させて頂きます。

現在、地方の零細企業で経理事務に携わっている者です。

今勤めている会社は、2つの金融機関から合計10口の借入金があります。
2年前よりリスケを行い、現在は毎月利払いのみの返済となっています。

先月、リスケの期限に到達し、A銀行は引き続き利払いのみのリスケ継続という形で了承してもらいました。
ところが、B信用金庫はリスケの継続には応じられないということで、信用保証協会へ代位弁済の請求を行いたいと申し出がありました。

ここからが質問です。

借入金はA・B金融機関共に、信用保証協会付です。
A銀行    8口 約1億5千万円(リスケ継続)
B信用金庫 2口 約2千万円  (代位弁済へ)

このようなことになるのでしょうか?
同じ信用保証協会付の借入金なのですが、A銀行のリスケには影響しないのでしょうか?

ちなみに決算内容は3期連続赤字で、最新の決算書は債務超過です。

Aベストアンサー

No.1です。

補足拝見しました。

正直かなり厳しい局面ですね。
金融機関本来の「クレジットポリシー」からいえば、とっくに「市場からの退場」を宣告されていてもおかしくない会社ですね。
これもひとえに円滑化法という「悪法」の威力の賜物であり、国民すべてが亀井の爺さんに「感謝」しなければならないですね。

金融庁は、これまでの「何でもかんでも条件変更に応じろ」という姿勢から、「検査で隠れ不良債権を暴いていく」という姿勢に、大きく舵を切りました。
これは、きたるべき円滑化法終了時の金融市場の混乱を避けたいためです。従って現在は表面的には条件変更への応諾を促しながら、実は金融機関に対して早期処理や引当金の積み増しを厳しく求めています。

おそらく、B金庫はそういった背景の中で貴社をどうしようもない会社と見限って、どうせ保証協会付だから損もないと考え処理に動き出したのかもしれません。
他にも同地域で同様の通告を受けた会社がいくつもあるかもしれません。

金融機関には「貸すも親切、貸さぬも親切」という言葉があって、駄目な会社は出来るだけ早く手仕舞いさせて、少しでも手許にお金を残してやるよう指導するという文化がありましたが、残念ながら現在では死語になりつつあります。

質問者さんの会社も、お気の毒ですがすでに打つ手も残されておらず、万事休した状態のようにお見受けします。

No.1です。

補足拝見しました。

正直かなり厳しい局面ですね。
金融機関本来の「クレジットポリシー」からいえば、とっくに「市場からの退場」を宣告されていてもおかしくない会社ですね。
これもひとえに円滑化法という「悪法」の威力の賜物であり、国民すべてが亀井の爺さんに「感謝」しなければならないですね。

金融庁は、これまでの「何でもかんでも条件変更に応じろ」という姿勢から、「検査で隠れ不良債権を暴いていく」という姿勢に、大きく舵を切りました。
これは、きたるべき円滑化法終了時の金融...続きを読む

Q不動産以外の企業融資の担保って何?

不動産関係の会社の大型倒産がありましたが、これは銀行が不動産の将来性を不安視していて、それに担保価値を見てないという話を聞きました。企業に対しての資金融資の担保は不動産が多いと思うのですが、銀行が不動産に対して担保価値を見ていないならば、今後企業融資の担保あるいはそれにあたる価値のものを銀行は何と考えているのでしょうか?

Aベストアンサー

不動産開発や売買を本業とする会社(いわゆるデベロッパー)にとって、土地建物などの不動産は『商品』になります。
従って銀行がデベロッパーへ融資し、その不動産を担保とすることは『商品』を担保にすることになります。

同じ土地建物などの不動産でも、事業会社が『商品』として流通させるか、あるいは事務所や工場を建てて事業に活用するかで、評価の仕方が異なってきます。

今は商品としての不動産が、バブルがはじけた状態なので困った状況にあるのではないですか。

Q保証協会の保証付き融資について教えてください。

保証協会の保証付きで銀行から借入れを考えています。
これまでは、借入額が少額の場合は、保証協会が100%保証していましたが、昨年10月から少額でも80%しか保証してもらえなくなった、と聞きました。
本当でしょうか? 教えてください。

Aベストアンサー

すみません。しばらくログインをしていなかったため遅くなりました。

追加のご質問を頂いておりましたので。

広島県信用保証協会では以下のものが責任共有制度の対象外となっているようです。
 ・経営安定関連保険(セーフティネット)1号~6号にかかる保証
 ・創業関連保険、創業等関連保険にかかる保証
 ・特別小口保険にかかる保証
 ・小口零細企業保証
 ・事業再生保証
 ・その他

ご質問者様は保証が100%から80%になることで融資審査の違いを心配されているのではと思いますが、
建前では金融機関の対応は変わらないと思います。
但し、保証が20%減った部分は金融機関にとっては損失リスクが増えたこととなるので、
以前と比べれば厳しくなっているかも知れません。

私が知っている限りでは、実務面において取引の拡充を言われることがあるくらいです。
例えば、代金の振込先指定、公共料金の引き落とし、積立などです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報