アクティブフィルタとよばれる装置について質問なんですが,インバータ
を用いて系統-負荷間へ電流を供給したとします。そうすると,一般的に電
流ってインピーダンスの低い方に流れるんで,インバータからの電流ってい
うのは負荷側ではなく系統に流れてしまうのではないでしょうか?
 いくら考えても,何故負荷側に電流が流れるのかわからないです。どなた
か教えて頂けないでしょうか。お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

下の補足です。


文章だけでは判りにくいと思い、回路図を使ったページを作りました。
一度見てください。

参考URL:http://www.interq.or.jp/boy/murakami/kairo.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 結構駄目もとで質問させてもらったのですが、まさか回答してもらえる
とは思いませんでした。さらに専用のページまで作ってもらえるとは。。。
本当に感謝しています。なんとか卒論も完成できそうです。
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/03/08 15:26

自分は、太陽光発電のインバータの開発をちょこっとやっています。


系統は、確かにインピーダンスは低いのですが、それは電圧源の内部インピーダンスなので、系統に流れ込む電流は(インバータの電圧-系統の電圧)÷インピーダンスです。
私の扱っているインバータは、電流源ですので特殊かもしれませんが、流したい電流にあわせて出力電圧が変化します。実際には 系統の電圧±1V程度で出力電流を制御できます。
つまり、負荷の両端にはほとんど系統の電圧が印加される事になります。負荷に流れる電流は、負荷のインピーダンスによって決まりますから、あとはキルヒホッフの法則で、インバータの電流より負荷に流れる電流が多ければ系統から不足分が流れ、逆なら余った分が系統に流れていきます。
以上は、電気がわかっている人に対する回答です。私が、よくわからない人に説明していたときは、インバータはマイナスの負荷だと説明していました。つまり、「インバータが1kWの出力を出しているのは、1kWのエアコンを止めたのと同じで系統は勝手に送り込む電力を1kW減らしているでしょ。」と説明していました。
この程度の説明でいかがでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電圧形インバータについて 電圧源電流制御形インバータ?

電圧形インバータで分からないことがあります。
交流駆動システムでは、電圧形インバータの交流出力電流をフィードバック制御することが多く、このシステムでは交流電動機の負荷が変動しても制御により交流電流が維持される。このようなインバータは、”電圧形インバータ”ではなく”電圧源電流制御形インバータ”という方が明確である。
とされてますがなぜ、このようなことが言えるのですか?

電圧源は、希望の電流を得るために、電圧を調整して電流を制御するってことですか?

Aベストアンサー

「電圧源電流制御形インバータ」という呼び方は余りしないような、、。
(電圧型はあくまでも回路形式で、電流制御をするかどうかは、その回路をどう制御する(どう使う)か、ですので)
モノとしては、電圧型PWMインバータの出力電流をセンサーで検出して、目標の電流(瞬時値)と一致するようにPWM制御を行なうタイプでしょう。
(ヒステリシスコンパレータ型瞬時電流制御方式あたりが代表的なタイプかな)

どんなものかをイメージするには、非常にキャリア周波数の高い電圧型PWMインバータを考えまてみるのが良いかと思います。
PWM電圧型インバータに、出力電流瞬時値を目標電流瞬時値に一致するよう、PWMの基準信号に高速のフィードバックをかけると、元のインバータ回路が電圧型インバータ(電圧源)なのにも拘らず、(フィードバックが有効に動作している周波数範囲では)等価的に電流源として動作します。

もちろん、上記のフィードバックが有効に作用する周波数範囲は、PWMのキャリア周波数より充分低い、という制約条件が有りますし、キャリア周波数付近ではインバータは電圧源として作用しています。

「電圧源電流制御形インバータ」という呼び方は余りしないような、、。
(電圧型はあくまでも回路形式で、電流制御をするかどうかは、その回路をどう制御する(どう使う)か、ですので)
モノとしては、電圧型PWMインバータの出力電流をセンサーで検出して、目標の電流(瞬時値)と一致するようにPWM制御を行なうタイプでしょう。
(ヒステリシスコンパレータ型瞬時電流制御方式あたりが代表的なタイプかな)

どんなものかをイメージするには、非常にキャリア周波数の高い電圧型PWMインバータを考えまてみるのが良...続きを読む

Q電流系インバータについて

初歩的な質問かもしれませんが、電流形インバータの交流側には、コンデンサが挿入されてますよね?そのコンデンサの役割は何ですか?さらに重ねて質問ですが、電圧形よりも電流形のほうが滑らかでより正弦波に近づけるとありましたがこれはなぜですか?
色々探して考えましたけど分かりませんでした!!
それと、オンオフ信号の制約で電圧形は、1相の上下同時にオン不可、電流形は全相の上(または下)同時にオフ不可と言われてますがこれの理由もよく分かりません!!

Aベストアンサー

1. ACコンデンサ
電流型インバータの交流側には、矩形波状の電流が流れます。で、負荷にリアクトル成分が有る場合、このような矩形波電流を直接流すことができません(電流の変化するところでサージ電圧が発生する)そこで、(負荷電流とインバータ電流の差を吸収し、)電流の急変を抑え、サージ電圧を抑制するためにコンデンサが入ります。(矩形波電流をそのまま流してよい場合(例えば純抵抗負荷とか電圧源に電力を戻す場合)には、コンデンサを入れないことも可能です。

2.電圧波形
電圧型インバータの出力電圧は、矩形波状になっています。これに対して、電流型インバータでは、上記ACコンデンサがあるために、電圧は台形波状になり、より正弦波に近づいています。(要は、ACコンデンサが入る分、電圧型よりLPFの次数が一次多くなると)

3.素子のON・OFF
電圧型で同じアームの上下を同時にONすると、電圧源を短絡(アーム短絡)してしまいます。逆に、電流型で上もしくは下の素子を全部OFFにすると、直流側電流の流れる経路が無くなり、直流部に過大な電圧(サージ電圧)が発生します。

1. ACコンデンサ
電流型インバータの交流側には、矩形波状の電流が流れます。で、負荷にリアクトル成分が有る場合、このような矩形波電流を直接流すことができません(電流の変化するところでサージ電圧が発生する)そこで、(負荷電流とインバータ電流の差を吸収し、)電流の急変を抑え、サージ電圧を抑制するためにコンデンサが入ります。(矩形波電流をそのまま流してよい場合(例えば純抵抗負荷とか電圧源に電力を戻す場合)には、コンデンサを入れないことも可能です。

2.電圧波形
電圧型インバータの出...続きを読む

Q変圧器の2次側開放時の1次側電流について

電気関係の部署に配属になったのですが、ふと疑問に思ったことがありまして質問させていただきます。

単相変圧器で、1次側に電圧をかけると励磁電流(トランス定格容量の1%程度)が発生し、2次側に電圧が誘起されるということを勉強しました。
しかし、そもそも2次側を開放しているということは1次側にコイルが負荷としてぶら下がっているだけのように思え、だとすると、1次側に電圧をかければI=V/R
  R=JωL  で、2次側無負荷でも1次側に相当大きな電流が流れる気がしてきました。実際流れないのはわかるのですが・・・
Lが大きくてほとんど流れないということなんでしょうか? バカですみません。わかる方教えて頂きたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

記号に関して
Rは抵抗を表すときに使い、
リアクタンス(ωL)を表す場合にはXを
インピーダンス(r+jωL)を表す場合にはZを
使うことが多いかと。

二次側開放の変圧器
二次側巻線が開放→二次側巻線の電流が0→二次側巻線が無いのと等価→一次巻線だけのコイルを電源に繋いだときと同じ
というので良いかと。

励磁電流
励磁電流は、その名のとおり鉄心に磁束を誘起する電流成分ですね。
二次開放の時の一次に流れる電流は、一次側の自己インダクタンス(L1)と電源の電圧、周波数で決まります。

二次巻線の自己インダクタンスL2
通常の変圧器だと、ニ次と一次巻線の巻数比(ほぼ電圧比に相当)をαとすると
概略 L2=α^2L1 になります。巻数比の大小でL2の大小はかわります。
(1:1の変圧器だと、L1とL2はほぼ同じ)


(自己インダクタンスと相互インダクタンスつかって表す方法以外に、洩れインダクタンスと相互インダクタンス使って表す方法もありますが、表記がちょっと面倒になるので、割愛)

Qインバータの出力電流の設定について

DC電源からインバータを通して3相LR負荷を通電する(インバータの評価です)場合に3相LRのインピーダンスとDC電源電圧、あと変調率にて
3相LR負荷に流れる出力電流の設定をするのですが、この変調率と
出力電流との関係がわかりません。
例えばL=1mH、R=1Ω、正弦波出力周波数100Hz、DC電源電圧300V、
変調率0.8、PWMキャリア周波数は適宜の
場合LR負荷に流れる出力電流は何Armsになるのでしょうか?
所要の出力電流が得られる計算方法を教えていただけないでしょうか?   

Aベストアンサー

三相インバータの制御信号(変調信号)の生成方法に依存する部分があります。(以下、相電圧はY結線の相電圧です)

通常の正弦波変調だと、
相電圧の(基本波)ピーク値がm*Vdc/2ですので、相電圧の実行値がm*Vdc/(2√2)になります。
これと負荷の相インピーダンスから、相電流(線電流)が計算できます。

上記方法だと直流電圧の利用率が悪い(出力電圧が低い)ので、零相電圧を重畳することがあります。
この場合、出力電圧の線間電圧ピーク値がmVdcになり、線間電圧の実行値がm*Vdc/√2、相電圧実効値がm*Vdc/√6になりますので、これと相インピーダンスから電流を計算できます。

Q電圧形と電流形インバータについて

電圧形インバータと電流形インバータについて勉強してるのですが、
電流形と比べて、電圧形の方が電流の変化を速くできるのはなぜでしょうか?
これは電圧形の平滑コンデンサ、電流形の平滑リアクタンスの性質で影響がでて速度が変わってしまうのでしょうか?

大雑把な質問になってしまいましたが、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「サーボモータに流れる電流の変化がトルク応答を決める。」
この記述は正確といって良いでしょう。
問題は、
「電流の変化をできるだけ速く」
というのが、どういう条件での電流の変化か、というところでしょう。

例えば、ある回転数で回しているときに負荷が急変し、その負荷変動に応じたトルク変動がどうなるか、という場合には、電流が負荷条件で決まる電圧型インバータのほうがトルク応答は良い(負荷変動に応じて素早くトルクが変化する)でしょう。
電流型だと変換器の制御を行う必要があるので、応答はどうしてもおくれるかと思います。

これに対して、モータのトルクをインバータから制御するような場合には電圧型だと電流制御のループが必要になって、その応答が問題になってきます。
これに対して、電流型だとオープンループで電流を制御可能で変換器の制御特性だけで電流の変化速度が決まります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報