ちょっとしたきっかけから、カビの形態に興味を持つように
なりました。しかし、カビを専門に扱った図鑑の類がなかなか
見つかりません。

できればカラーのカビの図版が見られるサイト、
標本が見られる施設、その他カビの色と形態について
有益なデータが得られるところを教えてやってください。

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以前、カビ・酵母の同定が必要な時に写真入りのサイトを探したのですが、国内にはあまり適当なものはないですよね。


下記は海外のものですが参考までに。

参考URL:http://www.botany.utoronto.ca/ResearchLabs/Mallo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

急がせておきながら、
急用が入ったとはいえ、私事にかまけみなさまへのお礼、すっかり遅く
なってしまい誠に申し訳ありませんでした。

国内での一通りの情報は私なりに集めておりました。他の方の情報も
ありがたく感じましたが、zarastro21さんの情報、当初希望したもの
とは若干異なっていましたが、かえって私の興味をそそってくれるもので、
たいへんありがたいものでした。

相変わらず多忙なので、未だ全文に目を通し終えてはいないのですが、
国内でもこのような情報・知識が積極的に公開解放されるといいなぁ、
と感じさせてくれるものですね。

ほんとうにありがとうございました。

どうか当方の不実、ご寛恕いただき、またの折には回答いただけますよう、
よろしくお願い致します。

お礼日時:2001/02/23 12:19

ちょっと古くてお役に立つかどうか判りませんが以下の図鑑はどうでしょうか。



・保育社の原色図鑑 75 原色日本新菌類図鑑I
・保育社の原色図鑑 76 原色日本新菌類図鑑 II
 著 者:今関 六也,本郷 次雄 編著
 出版社:保育社
 発行年:1987年

・保育社の原色図鑑 23 原色日本菌類図鑑
 著 者:今関 六也,本郷 次雄 編著
 出版社:保育社
 発行年:1976年

・原色日本菌類図鑑 第1巻~第8巻
 著 者:川村 清一
 出版社:風間書房
 発行年:1979年

・菌類図鑑(上),(下)
 著 者:宇田川俊一,椿 啓介,堀江義一,三浦宏一郎,箕浦久兵衛,山崎幹夫,横山竜夫,渡辺昌平
 出版社:講談社
 発行年:1978年


これらの図鑑などで対象を絞ったうえで,サイトの検索をされればヒットすると思います。
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトの本が良いと思います。


お近くの図書館で探してみて下さい。

更に内容未確認ですが・・・?
------------------------
環境微生物図鑑  小島貞男∥〔ほか〕編
出版地 :東京
出版者 :講談社
出版年月:1995.12
資料形態:758p  27cm  38000円
件名  : 微生物―図集/ 環境問題
内容  : 付:文献
ISBN:4061534068
NDLC: RA4   RA611   NA217
NDC : 465.038
------------------------------
図解微生物学ハンドブック  石川辰夫∥〔ほか〕編
出版地 :東京
出版者 :丸善
出版年月:1990.9
資料形態:711p  22cm  10300円
件名  : 微生物
内容  : 各章末:文献
ISBN:462103524X
NDLC: RA2   RA611
NDC : 465.036
---------------------------------
ご参考まで。

参考URL:http://www2.ube-c.ac.jp/groups/tosho/data/Script …明治製菓微生物写真集編集委員会&field=author
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトイレと室内カベ、風呂場天井のカビ取り

私は現在実家で父と二人暮ししています。
大分前に室内窓際とトイレのカビ取りをして、防カビ剤を塗布したのですが、またカビが生えてきてしまいました。
市販の浴室用のカビ取りの用途に「室内の壁」は入っていないのですが、使っても大丈夫でしょうか?
またトイレのカビなどは、かなり頑固な感じですんなり取れる気がしません。
天井のカビもスプレーでは届かないし、柄つきブラシで塗布しても、カビ取りがたれてきてしまいます。

もうすぐ学校が始まってしまうので、手早く片付けてしまいたいのですが、
なにか良いお知恵をお借りできないでしょうか?

Aベストアンサー

カビには困ったものですね。
市販のカビ取り剤で 一度試して頂きたい事があります。
塗布して そのまま放置しておきます。
必ず水洗いしなさいと 記載されていますが無視して・・・

私の家では お風呂のカビ取りは絶対後で水洗いしません。 結構効果ありますよ。 気になるのでしたら2,3日して水洗いすれば良いのでは。
室内などは試していませんが・・・。 臭いが残るので。

天井のカビ取りは たれるのが困りますが お風呂の跡で裸のままかけます。 後でシャワーすれば足元だけ 後日やります。 
ただ タイルの目地などはあまりこすらない方が目地の為には良いかと思います。

Q輸入品のピーナッツ類や穀類がカビるとアフラトキシンとゆうカビ毒が出てく

輸入品のピーナッツ類や穀類がカビるとアフラトキシンとゆうカビ毒が出てくるみたいですが、国産品のピーナッツ類や穀類でもそうなんでしょうか?

それと、
お風呂や台所まわりに出来るカビも毒性をもったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

アフラトキシンは、亜熱帯、熱帯地域に存在するカビによる毒素ですから、基本的に輸入されたナッツや乾物以外からは出てこないでしょうが、中国製の食品からは、地溝油の問題が発覚してからは、その候補に入れないとならなくなりましたね。
地溝油 - Google 検索 ( http://www.google.co.jp/search?q=%E5%9C%B0%E6%BA%9D%E6%B2%B9&oe=utf-8&hl=ja&client=firefox-a&rlz=1R1GGGL_ja___JP356&um=1&ie=UTF-8&tbo=u&tbs=nws:1&sa=N&tab=wn )

 また、アフラトキシンはカビ毒(マイコトキシン)の一種ですから、マイコトキシンまで広げると、マイコトキシンを産出するカビやキノコは日本でもたくさん知られています。また、カビ毒によるアレルギーも存在します。
マイコトキシン - Wikipedia ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%88%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%B3 )
 

アフラトキシンは、亜熱帯、熱帯地域に存在するカビによる毒素ですから、基本的に輸入されたナッツや乾物以外からは出てこないでしょうが、中国製の食品からは、地溝油の問題が発覚してからは、その候補に入れないとならなくなりましたね。
地溝油 - Google 検索 ( http://www.google.co.jp/search?q=%E5%9C%B0%E6%BA%9D%E6%B2%B9&oe=utf-8&hl=ja&client=firefox-a&rlz=1R1GGGL_ja___JP356&um=1&ie=UTF-8&tbo=u&tbs=nws:1&sa=N&tab=wn )

 また、アフラトキシンはカビ毒(マイコトキシン)の一種ですから、マイ...続きを読む

Q室内窓パッキンのカビ

室内の窓ガラスのところのパッキンに酷いカビがあるんですがお風呂場専用のカビキラーしか見つかりません。それを使うのはマズイですか?
どうすれば上手く掃除できるでしょうか?m(_ _)m

Aベストアンサー

ゴムパッキン用カビキラーというのがありますれど。

http://www.johnson.co.jp/products/kabikiller_gum.html

Qカビについて。カビの種類の中のカビ毒のマイコトキシン、アフラトキシンに

カビについて。カビの種類の中のカビ毒のマイコトキシン、アフラトキシンについて詳しく解る方お願いします。


自分なりにネットで調べては見たものの、自分の理解能力が低いためよくわからないので困ってます。

疑問になってることは、
1、マイコトキシンやアフラトキシンは一般家庭に存在してしまう可能性はあるのでしょうか?

2、アフラトキシンはピーナッツやタピオカなどのカビとゆう事ですが、マイコトキシンは何がカビたものなんでしょうか?

3、アフラトキシンやマイコトキシンを少量口にしてしまってもガンになってしまうのでしょうか?


どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1)マイコトキシンやアフラトキシンは一般家庭に存在してしまう可能性はあるのでしょうか?

マイコトキシンは一般家庭に存在する可能性はあります。
マイコトキシン産生菌にはアスペルギルス(コウジカビ類)、ペニシリウム(青カビ類)、フザリウムなどがあります。
これらは畑地土壌に生息していて、農作物に侵入して食卓にあがるまでの段階でマイコトキシンを産生します。
(ただ、アフラトキシン産生菌は日本にはあまり生息していないようなのでアフラトキシンに汚染されたピーナツは殆ど輸入品のようです。)
勿論マイコトキシンの規制は行われていますが、検査機器が検出できる量以下のマイコトキシンが含まれていることやサンプリングされたもの以外が汚染されてる場合なども考えられます。
食品のカビ汚染やマイコトキシン汚染を全くなくすることは難しいです。


2)アフラトキシンはピーナッツやタピオカなどのカビとゆう事ですが、マイコトキシンは何がカビたものなんでしょうか?

マイコトキシンは何がかびたもの、というよりかはマイコトキシンというのはmyco(菌の)toxin(毒)という意味で菌が産生する毒の総称のことです。
アフラトキシンもマイコトキシンの一種になります。
アフラトキシンを産生する菌の例としてはアスペルギルスフラバスがいますが、これが食品について生育しても必ずしも食品が汚染されるわけではありません。
カビの生長、増殖とアフラトキシンが産生される条件とがそろって、そこでアフラトキシンが量的に作られて食品が汚染されます。
マイコトキシンがつくられる条件は生育可能な条件よりも範囲が少し狭いのでカビの生育を抑えることが出来ればマイコトキシンの汚染は抑えられると考えられています。

3、アフラトキシンやマイコトキシンを少量口にしてしまってもガンになってしまうのでしょうか?

アフラトキシンをずっと摂取し続けるとガンになる可能性は高くなります。
少量を摂取したからと言って直ぐにガンになるわけではないです。

マウスの実験では1ppbを104週与えて肝がんを発生というデータが。(1ppbとは、50メートルプールに1g混ぜた程度の濃度に相当。)
ただ、この実験の詳しいデータが不明なので本当に正しいかどうかはちょっと分かりかねます。すみません。

参考URL:http://www.iph.pref.osaka.jp/news/vol39/news39_2.html

1)マイコトキシンやアフラトキシンは一般家庭に存在してしまう可能性はあるのでしょうか?

マイコトキシンは一般家庭に存在する可能性はあります。
マイコトキシン産生菌にはアスペルギルス(コウジカビ類)、ペニシリウム(青カビ類)、フザリウムなどがあります。
これらは畑地土壌に生息していて、農作物に侵入して食卓にあがるまでの段階でマイコトキシンを産生します。
(ただ、アフラトキシン産生菌は日本にはあまり生息していないようなのでアフラトキシンに汚染されたピーナツは殆ど輸入品のようです。...続きを読む

Q室内のカビについて

賃貸住宅一戸建てに住んでいます。住み始めて5ヶ月。
室内の壁が板張りなのですが、なんだか白っぽい、埃っぽいのです。ぞうきんで拭いてみたら、ぞうきんが緑黒っぽくなりました。これってカビ?!ってなわけでしてどうすればカビが発生しなくなるか教えてください。
和室では除湿器をまわしているので今のところカビの発生は発見していません。
毎日だいたい家にいますし、在宅中は窓を開けています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今年の梅雨が長かったからでしょう。
今年は今まで発生したことの無かった場所でも発生しています。

湿度が下がる工夫をすれば大体治まります。
下げられない箇所には防カビ剤が必要です。

濡らした雑巾では、菌が残り水分を与えることになります。消毒用エタノールでの殺菌をお勧めします。消毒用エタノールは水を含むので、しばらく放置した後乾燥させてください。次亜塩素は強力なため、染みになる恐れがあります。うまく使い分けましょう。

Qカモノハシは単孔類なら、その他の哺乳類は?

「単孔類(目)」「一穴目」の名前の由来が、
「尿管・卵管・肛門が1つにまとまっているから」と聞きました。

その他の哺乳類は3つと考えるべきですか?
それとも尿管と膣口は同一の器官に繋がっているので2つと考えるべきですか?

Aベストアンサー

鳥類の総排泄孔から考えると尿道と消化管の出口が別という意味で単孔ではないと考えるのはどうでしょうか。

Q室内のカビ対策

こんにちは
室内の窓際が少しカビています。写真は掃除した直後で少し濡れています。
表面は削りましたが、奥も黒くなっています^^;
漂白剤とかでカビを殺して、綺麗にして、カビ防止用の塗料を塗り、その上に板をしいて、カビによる健康被害を最小限にしたいです。素人考えですが、この方法ではダメでしょうか?
塗料は何にすればいいか教えて下さい。よろしくお願いします

Aベストアンサー

カビって思っているより厄介で、
一度生えたら100%完全には取りきれないものが多いです。
かなり奥まで根を張っている場合が多いので。

今できる事はとりあえず漂白剤などで掃除したあと、
乾いたら油性ウレタンニスなどで塗装してしまうといいと思います。
カビ防止用の塗料も良いと思いますが板はしかなくていいと思います。
密閉したらまたカビが生えちゃいそうなので。
通気性を良くすることを心がけましょう。

Q単子葉類と双子葉類の維管束

数日前に、導管の構造について質問させてもらい、新たな疑問が生じたのですが、双子葉類は、なぜ形成層に沿って維管束があり、単子葉類は茎全体に維管束が散らばっているのでしょうか。

Aベストアンサー

ヤシ科を持ち出すとは,生物に詳しい方だったのですね,大変失礼しました。

維管束の進化は,形成層がある裸子植物から被子植物が進化しましたので,被子植物では木が最初だったと考えられています。それから形成層をほとんど失った草が生まれました。

単子葉類は,ですから基本的に草です。生態的な隙間を埋めるべく,素早く成長します。じっくり成長型の形成層を持った双子葉類に対し,形成層を失い素早い成長で対抗しようとしたのでしょう。

その草の単子葉類から,さらに進化してタケやヤシのような再び木になるものが出現しました。竹は内部を空洞にし,ヤシは形成層を再び持つ変わり種の木になりました。これらはきわめてまれなケースです。

よいURLが見つかりませんでしたが,下記URLの〈木から草へ,更に木へ〉の部分を参考にしてください。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/14/1424.htm

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/14/1424.htm

Q室内のカビ

室内のカビについて相談させてください。
昨年より、築19年・鉄筋コンクリート三階建て・南向き1階に住んでいます。
休日は終日換気をしているのですが、この数週間の雨続きでカビが続発しています。
カビ以外では大変気に入っている住まいなので、とても悲しいです。
どうか下記についてご教授ください。
なにとぞ宜しくお願い致します。

(1)カビの発生を防ぐには、どんな方法がありますか?
(2)既に生えているカビは水拭き→から拭き→乾燥の対応で合ってますか?
(3)除湿するために冷房のドライ使用と除湿機では、電気代を合わせて比較するとどちらが効果的ですか?(除湿機の方が良い場合は、これから購入します)

【カビ発生の状況】
■うす緑色のカビ
 ・ベットの中側と外側(壁と窓側はビッシリ)
 ・靴箱に入っている靴
 ・ドアの下半分
   ドアはの材質はすべて化粧合板・茶色
    トイレのドア
    玄関と部屋を仕切るドア
    部屋と部屋を仕切る引き戸
■黒色のカビ
 ・ベットと窓の間にあるレースのカーテン

Aベストアンサー

(1)湿度を低く抑え、風を通す工夫をして下さい。
(2)既に生えているカビは水拭き→から拭き→乾燥の対応で合っていません。
素材により除去方法が異なります。
(3)現在あるエアコンで除湿が十分であればそれに越したことはないでしょう。しかし、除湿器の場合他の部屋や部位で使用することが可能です。



殺菌方法

・ベットの中側と外側(これはフレームのことでしょうか)
*ピューラックスを3倍くらいに薄め、刷毛で塗ってすぐに緩く絞った雑巾で拭き取って下さい。十分に拭き取ったら乾燥させて下さい。

・靴箱に入っている靴
*外で濡れていないブラシでカビを払い、シューズの素材に合った方法で洗浄・乾燥。

・ドアの下半分
ドアはの材質はすべて化粧合板・茶色
トイレのドア
部屋と部屋を仕切る引き戸
玄関と部屋を仕切るドア
*ベッドフレームと同じ。

・ベットと窓の間にあるレースのカーテン
浴槽に水を張り、漂白剤を規定の2~3倍濃度で漬けて下さい。脱色したら十分にすすいで下さい。

ここまで殺菌方法を記しましたが、殺菌しただけなのでカビは再発します。再発防止にはカビを止めることができる防カビが必要です。市販の防カビ剤程度ではカビは止まりません。
カビナイト、カビコロジは、殺菌剤なのでカビ防止はできません。

(1)湿度を低く抑え、風を通す工夫をして下さい。
(2)既に生えているカビは水拭き→から拭き→乾燥の対応で合っていません。
素材により除去方法が異なります。
(3)現在あるエアコンで除湿が十分であればそれに越したことはないでしょう。しかし、除湿器の場合他の部屋や部位で使用することが可能です。



殺菌方法

・ベットの中側と外側(これはフレームのことでしょうか)
*ピューラックスを3倍くらいに薄め、刷毛で塗ってすぐに緩く絞った雑巾で拭き取って下さい。十分に拭き取ったら乾燥させて下さ...続きを読む

Q切り花が枯れはじめて付く白いカビはなんの種類のカビですか?

切り花が枯れはじめて付く白いカビはなんの種類のカビですか?
解る方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 住まいのカビは以外と種類が少ないようです。
http://www.cic-net.co.jp/mold/mold.html
http://www4.ocn.ne.jp/~imoduru/back/imo/1999/6kabi.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報