【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

こんにちは。
現在ある私大の法学部の一回生です。

 入試の時、社会科目を政経で受けたため、日本史・世界史ともにほぼ受験勉強をせずに今まできました。
 
 しかし時事問題(とくに国外の事情)や大学で政治学などの勉強をしていくにあたって、やはり基本的な歴史的知識が不可欠だと痛感しました。
 また、知識不足からか歴史小説にも興味がもてません。友人が熱心に読んでいるとある意味羨ましいです。

 そこで「通史でわかる世界史(or日本史)」といった類の本をめくったりしましたが、教科書をそのまま読んでいるような気がして、いまいち興味がもてません。

 確かに春休みということで時間はたくさんあるのですが、どうしても歴史自体にあまり興味が湧かず、語学や経済学のほうに興味関心が移ってしまいます。

 歴史全体を面白く、かつ短期的に(ラクをしようという意味ではないのですが)学べる方法がありましたら、教えてください。

 いま考えているところでは、歴史の漫画を読む、NHKの「そのとき歴史が動いた」などを見る、というところが思いつきます。が、今から古墳時代や平安時代から順繰りにはじめるのもどうかな・・・と躊躇しています。かといって、近現代史だけ学んでも意味があるのか良くわかりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

歴史にご関心をもたれるのは結構なことですね。


学生さんで暇はおありでしょうし、図書館も利用できるでしょうから、定評ある歴史叢書「中央公論 日本の歴史」を第一巻から全巻読破されることをお勧めします。

下記は文庫版ですが、図書館には1980年代から90年代に刊行されたハードカバーの本が揃っているはずです。

日本の歴史 1
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31539953

中央公論社の「日本の歴史」叢書は、思想的に偏りがなく、各時代について最も適切な執筆者が選定されていると定評があります。読み方としては、古い時代はさーっと流して、戦国時代、江戸時代あたりから真剣に読んで下さい。現在の日本に直接つながっているのはその辺からですので。

この「日本の歴史」を読み終えたら、次のステップとして、同じく中央公論社が1990年代に刊行した「日本の近代」叢書を読まれると良いでしょう。こちらも図書館に全巻揃っているはずです。
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30969617

この2つの叢書を読めば、質問者様はもはや「日本史に詳しい人」になっているはずです。時間は掛かりますが、こういう読書は学生時代でないと出来ませんので頑張って下さい。

なお、なるべく短時間に日本史について基礎的な知識を網羅したいということでしたら、

詳説日本史研究
五味文彦/〔ほか〕編
出版社名 山川出版社
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30455112

なら、これ一冊で済みます。これは、東大のような難関大学を日本史で受けるような人を対象にした「一番高度な内容の高校日本史参考書」ですが、教科書と違って「面白く読めるように書いてある」ので、通読するのが苦痛でないと思います。この本を読破すれば、その後で「日本の近代」シリーズを読むも良し、「日本の歴史」シリーズの興味をもった巻を読むも良し、新書や選書で興味をもったテーマのものを読むも良し、どんどん応用が利くと思います。

上記の「詳細日本史研究」と「日本の歴史」は、いずれも私自身が高校の頃に読み耽った本です。自信を持ってお勧めします。
(どちらも、今売っているものとは違う古い版ですが)
    • good
    • 0

興味がないのに、いきなり通史学習をしようとしても、確かに続くものではないと思います。


あなたの場合、政治学・経済学・法学などには興味関心が強いようなので、そちらの勉強をする中で、どうしてこのような考え方が出てきたのか?という疑問が生じる事があると思います。
その疑問を解決するための部分の歴史を学べばよいのだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>どうしてこのような考え方が出てきたのか?
確かに、このような、前提となるような疑問があると、歴史に対する興味が沸いてくるかもしれませんね。ぜひ頭に入れておきたいと思います。
お返事ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/21 21:48

日本文芸社の歴史新聞をお奨めします。

日本史バージョンと、日本史を含みつつ世界史を主眼においたバージョンがあります。

新聞形式で、面白おかしく記事を書き連ねた本です。徳川綱吉がつかっていた犬型のゆたんぽの写真、平賀源内がエレキテルを開発したという「こいつはしびれるぜ」という記事など、馬鹿馬鹿しいジョークがちりばめられており、退屈することも無いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>日本文芸社の歴史新聞
確か、地元の図書館で一目見たような気がします。
たしかに興味をそそりそうですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/21 21:46

runaway3さん、こんにちは。



質問に対し非常に好感が持てます。

私は小学校2年生の時に
源頼朝の似絵を見て、ロマンを感じ
それ以来日本史、古代中国史、そして世界史と発展させ
歴史が好きでたまらない者です。。

学問に王道は無いと思っています。

>今から古墳時代や平安時代から順繰りにはじめるのもどうかな・・・
意味が無いでしょう。
合理的に勉強するのが良いと思います。
政治は各国の歴史と一体と思っています。
大学の講義で出た内容の裏を探る、また造詣を深めれば
良いと思います。
一から歴史を勉強したら切りが無く、
また本末転倒な気がします。

>どうしても歴史自体にあまり興味が湧かず
興味が無い物は無いのです。

歴史の面白さを伝えるには全角800文字ではとても足りません。

歴史はそんなに難しくはありません。
なぜならあなたの人生も歴史だからです。

提案として、
歴史上の人物一人掘り下げてみてはどうでしょう?
また、自分の名字の由来を調べてみてはどうでしょう?
自分の祖先を調べ、また出生を調べるのも立派な歴史学です。

自分の事ならどんな人間も興味があるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
上の方もおっしゃられているように、必要な部分だけ合理的に学んでいくことにします。
苗字の由来を調べるも、面白そうですね!

お礼日時:2008/02/21 21:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング