ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

こんにちは。

友人夫婦についての質問です。
私とAは小学校時代からの親友です。Aは中学生の頃から付き合っていた彼氏と2年前、結婚しました。
私とAと彼は、家族か?というくらい仲が良いです(ほぼ一緒に暮らしています)
20歳での結婚ですが、授かり婚ではなく普通に結婚しました。
経済的にも全く問題ありません。むしろ上流階級といえる生活だと思います。

そのAなのですが、小さい頃から本当に痛みに弱い子でした。
特に注射が駄目で、学生時代は毎年学校中を逃げ回り、二十歳を過ぎた今でも注射の前は泣き叫びます。
もちろん、彼もそれを知っています(毎年彼と一緒にAをなだめたり、押さえつけたり、逃げ惑うのを捕まえて注射させてます)

結婚して2年、Aは彼の両親に「早く子どもをつくれ」と迫られるそうなんです。
ただ、彼女は子どもをつくれません。
病気というわけではなく、彼女の痛みに弱い体質からです。
「絶対無理」Aと彼と私の一致している意見です。出産なんてこと、できるわけありません。(その行為をするのに挑戦を始めてから3年、頑張って未だ無理。って位ですから)
彼も承知してAと結婚しています。
Aも彼もさらさら子どもをつくる気はなかったんです。

その話しは事前にしたはずなのですが、ご両親は「結婚すれば気が変わる」と思っていたたしい。
それに彼がキレ、パイプ手術(よく分かりませんが、精子を作らなくなる手術?)を受けるといっています。
さらに今のままではAが両親から責められるばかりなので「自分が病気で子どもができない」と両親に伝えるつもりだそうです。

それを知ったらAは悲しむだろうし(自分のせいで、と思うでしょう)人生を決めるのを今にするのも、どうかと思います。
だからと言って、両親を説得する手立てもなく・・・・・・。

何とかして「子どもつくりません宣言」をうまくしたいのですが、どういう方法がいいでしょうか?
親戚にも他の友人達にもいっぺんに発表してしまいたいみたいです。難しいでしょうか。

最近、両親にそれを言われたせいで、Aの食が細くなってしまって心配です。

なぜ私は人のことに、そこまで首を突っ込むか。というのは無しにして下さい。私達の関係って少し特殊なので。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

Aさんのご両親はこのことについて、どうお考えなのでしょう。


妊娠出産以外にも痛い思いをすることってありますよね。
だれかが24時間365日一緒にいるわけにはいかないし。
自分がどんなに気をつけてても不慮の事故にあう事だって
あるでしょう。
いつまでも誰かと一緒にいるわけにはいかないでしょう。
Aさんを守るだけではなく、自立させてあげる事を考えませんか?
このままでは日常生活もままならないと思います。
それには専門家の治療も必要になるでしょう。
でも、今後のことを考えてどちらがAさんの為ですか?
    • good
    • 0

パイプカットをする話を初めとして、周りの人間は彼女が恐怖になる事を避けさせる手助けばかりで、彼女の恐怖心を克服させる努力はしてないように思います。



精神科の医師の診察を受け克服させる事はこの先の人生絶対に必要だと思います。

痛みに弱い人もいますが、彼女はそれ以前の問題だと思います。
痛いから嫌だと言うのではなく、怖いから嫌だという気がします。

食が細くなってしまった先の事を考えてみましょう。
衰弱してしまって病院に入院すると点滴を行うと思います。
血管に注射針をさしっぱなしです。
食が細くなると体力も無くなります。
病気になったらどうします?

妊娠は避ける事は出来ても、人間どんな病気になるかわかりません。
治療をしないと亡くなる病気もあります。
避けては通れません。

子供作りよりもっと重大な事だと思います。
医者やカウンセラーなど専門家の手を借りる時期にきていると思います。

質問者さんも彼も彼女も、みんな幼稚な考えしか持ってないように感じられます。
    • good
    • 0

#3です。

たびたびすみません。
水を差すコメントをいれます。厳しい意見をいいますが、叱咤激励だと思って頂けると幸いです。

>当日には注射が嫌だからと窓から飛び降りようとする子なんです。
肉体的な体質というか本当に精神的に弱いですよね。そんなAさんを理解しているからの優しいコメントは分かります。ですが、友人ならAさんの体質だからとあきらめるのでなく改善させようするのも友情ではないしょうか。本当は旦那さんがAさんと一緒に考えないといけない事なんですが。。
これは、妊娠の事を言っているわけではないです。次に別の問題がAさんにぶつかると同じ事になりますよ。今の過保護な環境だとそんな繰り返しが延々と続きますよ。Aさんを大切に思うなら何をすべきかわかるでしょう。日本にも心療専門がたくさんあるんですから。その中で、yorunosoraさんと旦那さんがAさんを支えていけばよいのではないですか。
短絡的に決めようとするAさんの旦那さんの考えは、幼稚で家庭をもつものとして責任感がなさすぎです。
主題の問題から逸脱した回答で申し訳ありません。
Aさんの事が、うつ病で悩んでいた友人夫婦と少し重なったので、他人事とは思えず書いてしまいました。
    • good
    • 0

こういう話って結局正解は無いんだろうと思いますけど。



Aさんの旦那さんが自分のご両親にちゃんと話すべきだと思います。
簡単にキレてちゃダメですよ…。

Aさんの性格?体質?はここで見ているわたし達にもちょっと?ですから、
「いつか孫を抱きたい」と強く望んでいらっしゃる
旦那さんのご両親がそう簡単に納得なさるはずないでしょう。

折りを見ながら、懇々とお話(お願い)するしかないと思います。
きっと年月が経つにつれてご両親も納得できなくても
諦めてくれるかもしれないです。
でも折りに触れチクチク嫌味は言われそう…。
(すみません。一般的にそういう感じがするので)

何か一つの出来事でパッ!と変えられるほど
人間の気持ちは簡単じゃ無いと思います。
まして自分の願いが叶えられないんですから、
そうそう簡単ではないはずです。

それに子供が欲しい、孫が欲しいというのはワガママではないと思うんです。
だってそういう気持ちが自然に起きないと人類は絶滅しちゃいます。
きっと遺伝子に組み込まれているんじゃないかとわたしは思ってます。
だから一度や二度お話した程度じゃ、ご両親は頭では理解できても
気持ちが追い付かない、ということもあるかと思います。

長い時間が掛かるでしょうから、その間Aさんのことは
旦那さんと質問者さんとAさんのご実家のご家族さんで
守ってあげるしかないでしょうね。

また親戚に同時にお話しするのはお勧めできないです。
たぶん…ですけど、旦那さんのご両親は
「みんなの前で恥をかかされた!」と思うのではないでしょうか。
そうしたら尚更ややこしいことになりそうな気がします。

「両親は特別だからまず最初に分かって欲しい」と言うべきだと思います。
自分のことを大事に思われて嫌な気持ちになる親はいないはずです。

Aさんご夫婦の気持ちを一方的にご両親に押し付けるのではなく
ご両親の気持ちも分かるけど、この点だけは折れて欲しいとお願いする感じでしょうか。

回答になっていない気もしますが、
無駄に長くなるのでこれでやめておきます。
    • good
    • 0

友達想いですね。


パイプカット手術に走るのは、先走りのような気がします。
まずは、親御さんに『Aさんが体質に悩んでおり、今のままでは、彼女が妊娠に耐えられない』ということを伝えるのが先だと思います。
常識ある親御さんならある程度理解が得られると思います。

ちなみに、Aさんは、病院に相談したことはあるのでしょうか。
Aさん達の主張は、『痛がり体質』ということですよね。一度、病院に相談しないと体質も治療法も分かりませんよ。
何もしないままでは、誰でもAさんはわがままなのかなと思ってしまう気がします。。
特に親御さんを説得させるために、病院での診断を準備して、お話したほうが良いと思います。
『痛がり体質』の治療があれば、Aさん夫妻、両親とって円満な解決方法だと思います。

パイプカット手術は、手術後、再生しようと思っても再生不可能の危険度が高いと聞いております。私が彼の友人なら止めさせますね。

一度『痛がり体質』で検索してみてはどうですか?彼女と同じ経験された方、出産経験談などありますよ。
    • good
    • 0

すいません 私の理解力がうすくて良く わからないのですが


彼女はまだ処女なのでしょうかぁ??

処女でなくて産むのがいたくて無理なのでしたら全無痛が今では
日本でも出来ますので 産めると思いますよ。 全無痛は
日にちを決めて麻酔をしてから 薬で妊娠させますので 全く
痛みなどなく産むことが出来ます。

私も痛みがとても恐怖なので 結婚する予定ですが全無痛でないと
産まないと宣言しています 私の友達の近所にお住まいの主婦も
全無痛で出産されましたが 全く痛みがなくて驚くほどだったと
言っています。あなた達がどこに住んでるのかが分かりませんが
私は大阪人ですので 大阪では全無痛してる病院有りますし
東京でも もちろん有ると思います。

なんだか質問の回答と違いすいませんが 痛みだけの問題なら
全無痛で産めば問題などないと思うのですが・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
Aはまだヴァージンです。
子どもとか関係なく「愛しあう行為だから」と3年ほど前から週1くらいで挑戦してはいますが(流石にこのあたりは「らしい」という伝聞になりますが)痛みがあるため上手くいかないみたいです。
でも、そろそろ実りそう。っていうのは最近聞きました。

無痛分娩についても、調べていたのですが・・・・・・。
まず、検診で採血が結構頻繁に、さらに中を触る?検査がありますよね。
それが無理なので、まず妊娠は無理そうです。
年に1回の健康診断でも1週間前くらいからご飯を食べる量が減り、3日前に家から逃亡を図り、当日には注射が嫌だからと窓から飛び降りようとする子なんです。
その行動が妊婦だと思うと、ゾッとしますよね。恐ろしい。
多分、99パーセントは無理です。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/21 02:32

なんだか特殊なケースのようなのでうまく理解できませんが、


成人して結婚した夫婦が子供をつくるか作らないかは夫婦の自由なので、両親の言葉は放っておけばいいだけの話だと思います。
パイプ手術とか「宣言」とか全然必要ない事だと思います。
夫婦の同意があるんですから、ご両親には「わかりました」と言ってはぐらかしておけばいいと思います。
そんな事言われたくらいで食が細くなってしまったりするAさんも理解できないしパイプ手術するなんて、本気で言ってるとしたらご主人も理解できない。
親に子供をせがまれる夫婦は世の中に五万といますよ。
痛みに弱いとか何とか関係ないと思います。それ事態はちょっと異常だと思うけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
本当なら放っておいたほうが良いのだと、確かに思います。
流石に30代後半くらいになればご両親にも諦めてもらえるでしょうから。
ただ、Aの体が弱く(文章でお分かりかもしれませんが、精神的にも弱いというより、もろい子です)それまで待っていたら、Aの心が壊れてしまうかもしれません。甘えだから放っておくのがベスト、ということは絶対にありません。一番苦しんでいるのは彼女です。
なので、誰もがAに「子どもについては触れない」環境を、できるだけ早く、速やかにつくってあげたいのです。
なので、宣言が一番早いかと思ったわけですが、彼女の「痛みに弱い」体質を理由に宣言すれば彼女が責められるのは必至。Aには絶えられません。
なので、何か他の理由を探しています。

明確な文章にすることができず、申し訳ありません。

お礼日時:2008/02/21 02:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング