痔になりやすい生活習慣とは?

ともに質量mの物体A、Bが水平でなめらかな面の上に糸でつながれて
置かれている。 物体Aに一定の大きさの力Fを加えて引っ張るとき、
1、物体A(およびB)の加速度の大きさはいくらか
2、物体AとBをつないでいる糸の張力の大きさはいくらか

という問題で、受ける力の向きがどうしてこうなるのかわかりません。
 B    A
 □→←□ー→F
右方向に引っ張られるのであれば、Bも右に引っ張られる
はずではないのでしょうか。
AB間において、どうして矢印がちょうど半分の大きさで、
右と左に分かれるのでしょうか。

よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

三たび登場。



>>>
>Bにかかる(水平方向の)力は、糸の張力だけです。
>糸は、自分自身では張力を発生させることができない。
>糸の端を引っ張ってくれる人(物)がいるから、ぴんと張る、つまり、張力が発生する。
という部分です。
これって、「人物が物体を引っ張る力F」と「物体Bにかかる糸の張力」は
別物だから物体Bに着目した図が間違っているということなのでしょうか?


Fは糸の張力に間接的にかかわってはいますが、Bに触っているものは、なめらかな面のほかには糸しかないので、Bにかかる水平方向の力は糸の張力だけである、ということになります。
万有引力とか電気・磁気の力は、離れていても力を及ぼすことができますが、この問題は、そういうこととは無関係ですので、Bにかかる水平方向の力は糸の張力だけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もおつきあい下さり、ありがとうございます。
ずっとわだかまりとして残ってた部分がわかるように
なれました。物体Bに着目すればかかわってるのが糸の
張力のみというのはほんと単純なことですよね。
なんで気付かなかったんだろう。
こんな些細なことでもご丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2008/02/21 22:10

再び登場。



>>>
でも、張力を矢印を半分ずつで表示するのはどうしてなのでしょうか。

それは、Bにかかる張力の矢印とAにかかる張力の矢印とが、重なって見づらくならないように、矢印を描いた人が配慮しているからです。
ただし、張力の半分ではなく、「Fの半分」の長さというのであれば、この問題の場合は正解です。


>>>
物体Aに着目すると・・・
 B    A
 □--←□--→F
物体Bに着目すると・・・
 B    A
 □→--□--→F


物体Bのほうが間違っています。
正しくは、
 B    A
 □→--□--
です。
前回回答の
「Bにかかる(水平方向の)力は、糸の張力だけです。
 Bは、糸の張力によって右側に加速度を持った運動をします。」
は、そのことを言っています。


>>>
物体Bは引っ張られて右矢印になってるということですよね。
物体Aの左矢印は?というと、やっぱりわかりません。
なぜ左向きに働くのでしょうか。

そうですね。
それは、高校で物理を習うとき、一度はぶつかる壁だと思います。
私も、かつて、ぶつかりました。
こう考えてみてください。

糸は、自分自身では張力を発生させることができない。
糸の端を引っ張ってくれる人(物)がいるから、ぴんと張る、つまり、張力が発生する。
ただし、片側だけ引っ張っても、当然、ぴんと張ることができない。
両側から同じ大きさの力(ただし向きは逆)で引っ張られることによって、ぴんと張り、張力が発生する。

この回答への補足

何度もありがとうございます。
わからないポイントをうまく汲み取って下さったおかげで
物体Aの左矢印について理解することができました。

物体Bを着目する図が間違っているという指摘で、新たな発見もできたのですが、

>Bにかかる(水平方向の)力は、糸の張力だけです。

>糸は、自分自身では張力を発生させることができない。

>糸の端を引っ張ってくれる人(物)がいるから、ぴんと張る、つまり、張力が発生する。

という部分です。
これって、「人物が物体を引っ張る力F」と「物体Bにかかる糸の張力」は
別物だから物体Bに着目した図が間違っているということなのでしょうか?

補足日時:2008/02/21 13:56
    • good
    • 0

はじめまして




F=maを頭の片隅から離さず考えてください。

まず、外力Fは物体A,B両方で2mの物体を引っ張っています。
外力Fにとっては、間の糸は関係なく
BA
□□-→F
の状態と同じです。
F=2maになります

一方で、AB間の糸は物体Bだけを引っ張ればよいので、Fの半分の力になります。
B  A
□→f□-→F
f=ma
です。


----------------------------------------
物体Aに着目すると、働く力は
  A
f←□-→F
となります。
(1)F-f=ma

また、物体Bに着目するとと、働く力は

□→f
となります。
(2)f=ma

(1)と(2)の連立方程式を解けば、F=2f(f=1/2F)となります。

----------------------------------------
なぜ物体Aには左向きの力(f←)が働いているかというと、物体Aは物体Bを左向きに(→f)で引っ張っているからです。他の何かを引っ張ったらその分引っ張られる、他の何かを押したらその分押されます。
…作用・反作用の法則です。

----------------------------------------
>一本の糸にも生じるということなのでしょうか。
はい、一本の糸にも生じています。もっと言えば一本の糸における各点でも生じています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどです。
作用・反作用というのはずっと物体Aの上に物体Bが乗っている
ときだけと思っていました。
糸にも生じるとは思ってもみなかったので、ご回答がいただけて
安心できました。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/21 14:17

> 右方向に引っ張られるのであれば、Bも右に引っ張られる


> はずではないのでしょうか。

図を見るかぎり、右に引っ張られているように見えます。

>  B    A
>  □→←□ー→F

物体Bに働いている力は


□→

の右矢印だけです。
この矢印の大きさを1とすると、物体Bには右方向に1の力がかかっているということになります。
物体Aに働いている力は

 A
←□ー→F

の、左矢印と右矢印の二つです。
左矢印の大きさは1、右矢印の大きさは2です。
逆向きの力は互いに打ち消しあいます。
結局物体Aは右方向に1の力がかかることになります。

質量が同じ物体A、物体Bの両方に同じ向き・大きさの力がかかるので、
両方とも同じ加速度となります。

> AB間において、どうして矢印がちょうど半分の大きさで、
> 右と左に分かれるのでしょうか。

右・左に分かれるのは作用反作用の法則です。
AB間の矢印の大きさがFの半分になったのはたまたまです。
AとBの質量が等しければちょうど半分になりますが、
そうでなければFの半分になりません。

この回答への補足

なんとな~くわかってきました。
作用・反作用というのは、物体Aの上に物体Bが
あるときだけに生じるのではなく、一本の糸にも
生じるということなのでしょうか。

補足日時:2008/02/21 03:47
    • good
    • 0

こんばんは。



>>>AB間において、どうして矢印がちょうど半分の大きさで、
>>>右と左に分かれるのでしょうか。

それは、図の解釈を全く間違えています。

Bの右側にある → の絶対値は、糸の張力100%です。("半分"ではありません。)
Bにかかる(水平方向の)力は、糸の張力だけです。
Bは、糸の張力によって右側に加速度を持った運動をします。

また、Aの左側にある ← の絶対値も、糸の張力100%です。("半分"ではありません。)
Aは、右側の -→ と、左側の ← とのバランスが崩れているので、右側に加速度を持った運動をします。

この回答への補足

半分ではないというのはどうしてでしょうか?
図の矢印の大きさから半分の力でと考えてはならない
ということですよね?
でも、張力を矢印を半分ずつで表示するのはどうしてなのでしょうか。
物体Aに着目すると・・・
 B    A
 □--←□--→F
物体Bに着目すると・・・
 B    A
 □→--□--→F

物体Bは引っ張られて右矢印になってるということですよね。
物体Aの左矢印は?というと、やっぱりわかりません。
なぜ左向きに働くのでしょうか。

補足日時:2008/02/21 03:31
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q張力の向き

はじめまして
 A     B     C
 ■-----■-----■--------→P ------→x
 ここは 水平な床の上とします。

糸で結ばれた3個の質量の等しい物体mが水平な床の上に置かれ、
右方向にちからPを受けて、x方向に直線運動をしている。
糸はたるまず、伸縮しないものとする。
・物体A-B間に働く張力をT1、B-C間に働く張力をT2とする場合、
T1、T2の向きがよくわかりません。

 A        B        C
 ■←-----→■←-----→■←--------→P ------→x
このような張力の向きと考えたのですが、どうでしょうか??
初歩的な質問ですみません。

Aベストアンサー

これは高校の物理の問題でしょうか?
まずは何に働く力なのか前提をしっかりしましょう。

現在、物体A、物体B、物体Cと、AB間の糸、BC間の糸、Cの右側の糸がありますね。
すべての力を書いてみます。

   A             B             C
 ■■■■←T1  T1→■■■■←T2  T2→■■■■←P  P→
 ■■■■□□□□□■■■■□□□□□■■■■□□□□□
 ■■■■→T1  T1←■■■■→T2  T2←■■■■→P 

ひもに働く力は「上側」、物体に働く力は「下側」に書きました。
物体と糸に働く力は、それぞれ作用・反作用の法則から、逆向きに同じ大きさの力です。
糸の質量は無視できるため、実際には作図しません。
よって、問題を解く場合には、あなたと逆に下側に書いた矢印の向きでいいと思います。

Q溶液の温度変化による結晶の析出量の公式

x=析出量、b=溶液の量、S=温度変化まえの溶解度、S`=温度変化後の析出量
とすると、x/b=(S-S`)/(100+S)
となると書いてあったんですが、この公式がいまいち理解できません
また、同様に溶媒量をaとすると、
x/a=(S-S`)/100
となるのも理解に苦しんでいるので、ぜひ何故このようになるのか
教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

S'は温度変化後の溶解度、の誤りでしょう。
溶解度がSであるということは、「水100gに対して物質がSgだけ溶ける」ということです。
これを踏まえて、具体的な数字を用いて考えてみましょう。

例えば、80℃で溶解度が50、20℃で溶解度が30である溶質があったとしましょう。
これを、水100gを基準にして考えてみると、80℃では50gまで溶かせますよね。つまり、
80℃では溶液は150g(=100+50)ですよね。では、これを20℃まで冷やしてみましょう。
すると、20℃では溶質は30gまでしか溶かせないので、50-30=20gが析出します。
この現象は、
『溶液100+50=150gに対して、50-30=20gの溶質が析出する』
ということですよね。これを
『溶液bgに対して、xgの溶質が析出する』
という形に置き換えて考えてみましょう。すると、上と下の関係は同等です。
そこで、両者の比を取ってみましょう。
(100+50):(50-30)=b:x
左辺は溶液150gの場合、右辺は溶液bgの場合です。

さて、本題では50g=S、30g=S'でしたから、この比の式は
(100+S):(S-S')=b:x
と変形できるので、内項、外項をとって整頓すると、
x/b=(S-S')/(100+S)
が導出されます。

上の解法では、溶液を基準に考えました。しかし、これを溶媒(=水)を基準に考えても
計算できるのです。つまり、
『水100gに対して、50-30=20gが析出する』=『水agに対して、xgが析出する』
このように考えて、両者の比を取ってあげましょう。すると、
100:(50-30)=a:x
→100:(S-S')=a:x
→x/a=(S-S')/100
が導出されます。

S'は温度変化後の溶解度、の誤りでしょう。
溶解度がSであるということは、「水100gに対して物質がSgだけ溶ける」ということです。
これを踏まえて、具体的な数字を用いて考えてみましょう。

例えば、80℃で溶解度が50、20℃で溶解度が30である溶質があったとしましょう。
これを、水100gを基準にして考えてみると、80℃では50gまで溶かせますよね。つまり、
80℃では溶液は150g(=100+50)ですよね。では、これを20℃まで冷やしてみましょう。
すると、20℃では溶質は30gまでしか溶かせないので、50-30=20gが析出...続きを読む

Q蒸気圧ってなに?

高校化学IIの気体の分野で『蒸気圧』というのが出てきました。教科書を何度も読んだのですが漠然とした書き方でよく理解できませんでした。蒸気圧とはどんな圧力なのですか?具体的に教えてください。

Aベストアンサー

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できます。
また、油が蒸発しにくいのは油の蒸気圧が非常に低いためであると説明できます。

さきほど、常温での水の飽和蒸気圧が0.02気圧であると述べましたが、これはどういう意味かと言えば、大気圧の内の、2%が水蒸気によるものだということになります。
気体の分圧は気体中の分子の数に比例しますので、空気を構成する分子の内の2%が水の分子であることを意味します。残りの98%のうちの約5分の4が窒素で、約5分の1が酸素ということになります。

ただし、上で述べたのは湿度が100%の場合であり、仮に湿度が60%だとすれば、水の蒸気圧は0.2x0.6=0.012気圧ということになります。

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できま...続きを読む

Q高校物理 力の向きがよくわかりません。

よろしくお願い致します。今年から物理をはじめた初心者です。
力の向きについてよくわからないので、教えてください。
よろしくお願い致します。

問題
質量MのAに質量m、長さlのロープを取り付け、なめらかな床上をFの力で引っぱる。付け根からx離れた位置でのロープの張力Tを求めよ
です。

私の答えは、T=-(lM+mx)F/l(M+m)です。
しかし、答えは、T=(lM+mx)F/l(M+m)でした。
つまり、プラスマイナスが間違っていました。

解答と見合わせると、張力Tの取り方が間違っていました。

xの位置の張力なので、xの位置で、左右に張力がかかります。
右向きと左向きです。
私は、この左右の張力のうち、左向きが物体Aにかかり、
右向きが残りのロープにかかると考えました。

が、解答は反対で、左向きの張力が、残りのロープにかかり、
右向きの張力が、Aとロープにかかるとなっていました。

でも、どうしてそうなるのでしょう?
左向きの張力は、右半分のロープがAとロープを押している力、
右向きの張力は、Aとロープが右半分のロープを押す力だと思います。

ということは、Aにかかる力は、右半分のロープにおされた、左向きの張力で、
Bにかかる力は、力FとAから受けた力である右向きの張力だと思います。

この考え方間違っているでしょうか?
基本的なところだとは思いますが、アドバイスをいただけるとうれしいです。よろしくお願い致します。

よろしくお願い致します。今年から物理をはじめた初心者です。
力の向きについてよくわからないので、教えてください。
よろしくお願い致します。

問題
質量MのAに質量m、長さlのロープを取り付け、なめらかな床上をFの力で引っぱる。付け根からx離れた位置でのロープの張力Tを求めよ
です。

私の答えは、T=-(lM+mx)F/l(M+m)です。
しかし、答えは、T=(lM+mx)F/l(M+m)でした。
つまり、プラスマイナスが間違っていました。

解答と見合わせると、張力Tの取り方が間違っていました。

xの位置の...続きを読む

Aベストアンサー

力の矢印の書き方、張力という言葉の意味など、最初にしっかりつかみきってください

まず、張力 という言葉をしっかり考えてください。

引っ張る力 です。 押す力ではありません。

ロープのxのところの切り口には押す力ははたらいていません。引く力だけはたらいています

押す引くの見分け方

引く力:ためしにそこをカッターナイフで切ったとき、左右にはなれてしまう

押す力:カッターナイフで切ってもはなれない



力の矢印の書き方

例1 ○が●を押す力  ○●と並んでいるとき

○と●の間(接触点)が矢印の「始点・おしり」になります。矢印のおしりが力のはたらく点すなわち作用点です

矢印の向きは押す向きつまり→

○が●を「向こう向きに」押すのです

例2 ○が●を引く力  ○●と並んでいるとき

○と●の間(接触点)が矢印の「始点・おしり」になります。矢印の向きは引く向きつまり←

○が●を「手前に」引くのです

また力を文で書くときは

( )が( )を押す・引く力 と書く習慣をつけてください。


その際、まず押すか引くかを先に決める。()()に入る物体は矢印のおしりのところで接触している2つの物体。

なお地球の引力や磁石電気の力は例外ではなれた物体間にはたらきます。このときは物体の中心(重心)に矢印のおしりを持ってきます。

以上のことをふまえて、あなたのどこが間違っているのか 考えてみてください。

力の矢印の書き方、張力という言葉の意味など、最初にしっかりつかみきってください

まず、張力 という言葉をしっかり考えてください。

引っ張る力 です。 押す力ではありません。

ロープのxのところの切り口には押す力ははたらいていません。引く力だけはたらいています

押す引くの見分け方

引く力:ためしにそこをカッターナイフで切ったとき、左右にはなれてしまう

押す力:カッターナイフで切ってもはなれない



力の矢印の書き方

例1 ○が●を押す力  ○●と並んでいるとき

...続きを読む

Q滑車に掛かる張力(左右の張力は等しい/異なる?

滑車にかかる張力についてお伺いします。

添付の図面をご覧下さい。上段の図において、二つの物体(青)の加速度を求める、という典型的な物理の問題を想定下さい。この場合、「二つの張力Ta, Tbは同じ(Ta = Tb)」として考え、Ma = Ta ….(1)  ma = mg – Tb…(2) と二つの運動方程式を立てて加速度、さらに張力が求まります。

ここで疑問に思いました。

(Q1)これら二つの張力が同じである、ということの、前提条件というか根底は何なのでしょうか。よく、一本の糸だからそれに掛かる力の合力はゼロに
なるのでどこでも張力が等しい、ということを物理の時間に聞いたことがあるのですが、納得しがたくおもっています。と言いますのも、図にありますように、滑車の端部の
糸にもTa、Tbが掛かっているため、糸内では合力はゼロになります。また、他の物理の問題で、添付図の下段のように、滑車の両端の糸に掛かる張力が異なる、という前提条件の問題で、それらの張力を求める、という問題も多々ありますし、むしろ滑車に関わる問題ではそちらの方が主流ではないかと思います。こういった問題を目にして、「どういうことが理由で、滑車の両端の張力が等しい、等しくない、が決まるのか」、を知りたいと思いました(滑車と糸の間の摩擦がゼロ、とか、滑車の質量や慣性モーメントがゼロ、など)。どうかご教示頂ければと思います。

私は滑車と糸の間の摩擦がゼロだと両端の張力が等しい、というように考えているのですが、明確に物理的にしっかりと理由を述べることができずに悩んでおります。

また、ここから新たな疑問となりますが、「糸の間の摩擦がゼロだと両端の張力が等しい」というのは、つまり下段の図で申し上げますと、Tc – Td = f (friction) = 0
ということですが、摩擦がゼロでない場合、Tc = Td = fとして、ここから回転の運動方程式を立てるときに新たな疑問が生じました。

(Q2)
I: 滑車の慣性モーメント
α: 滑車の角加速度
r:滑車の半径
Mf:摩擦によるトルク

としますと、回転の運動方程式は、反時計回りを正とすると、
Iα = rTc – rTd – Mf

となるのでしょうか、

それとも、摩擦によるトルクだけが回転をもたらしていると考え、
Iα = -Mf

でしょうか。

この疑問が生じた理由は、ある滑車に関する問題で、解き方の中に摩擦によるトルクに関する記述はなく、単純に
Iα = rTc – rTd
とされていたからです。

TcとTdが同じでないならば、摩擦があるはずですが、この運動方程式に含まれていません。
なぜなのでしょうか。それとも、、「糸の間の摩擦がゼロだと両端の張力が等しい(摩擦があるからこそ、両端の張力は異なる)」というのは誤りなのでしょうか。

基本的なことと思いますが、物理の問題を解くときに、一体全体、どの問題では、張力はどこも同じと考えるのか、それぞれ異なると考えるのか、どう対処していたらいいのかわからず、困っております。図の上段のような問題は力学の問題でも比較的学び始めの頃に登場し
その際は滑車について触れていないのが、力学の後半になって滑車が登場し、突如張力が両端で異なると、解答で出始めたの
で混乱しております。混乱しているため、整理し切れていない、言葉がおかしい点などあるかと思いますが、もしそのようでしたら、
修正しますので、ご指摘下さいますと幸いです。

どうぞ宜しくお願い致します。

滑車にかかる張力についてお伺いします。

添付の図面をご覧下さい。上段の図において、二つの物体(青)の加速度を求める、という典型的な物理の問題を想定下さい。この場合、「二つの張力Ta, Tbは同じ(Ta = Tb)」として考え、Ma = Ta ….(1)  ma = mg – Tb…(2) と二つの運動方程式を立てて加速度、さらに張力が求まります。

ここで疑問に思いました。

(Q1)これら二つの張力が同じである、ということの、前提条件というか根底は何なのでしょうか。よく、一本の糸だからそれに掛かる力の合力はゼロに
なるの...続きを読む

Aベストアンサー

※ 話が面倒になるので、以下、糸の質量は無視し、糸と滑車は滑らないとします。

>つまり、物理の問題で、「滑車と糸との間には摩擦はないものとする」
>という文言があれば、滑車両端の張力は等しいとして問題を解く

どうもどこかズレているようですが、滑車を考える場合、滑車の機能からして回転しない滑車を考えると言うのはナンセンスです。したがって、滑車と糸との間に摩擦がなければ滑車は回転しないので、「滑車と糸との間には摩擦はないものとする」という文言が入っている出題というのは考えずらいです。(世の中広いので、存在するのかもしれませんが。)このため、普通の出題であれば、滑車の運動を無視するために「軽い滑車」とか「滑車の質量を無視する」などと書いてあるはずです。

さて問題はここからですが、以下ではつりあっている場合を除き、滑車と重りが運動している場合だけに話を限ります。

滑車と糸の間に静止摩擦が働いていると、この静止摩擦は滑車を回転させる仕事をして滑車の角速度をあげ、エネルギーを滑車に与えます。ところが、滑車の慣性モーメントが0であるとすると、いくら回転速度をあげても回転の運動エネルギーは0のままですから、結局は静止摩擦力は仕事をしない、つまりは、滑車と糸の間の静止摩擦力は0であるという結論になってしまいます。しかし摩擦力が0では滑車は回りません。これは妙ですね。

なので、この場合、慣性モーメントが厳密に0と考えてはいけないのです。慣性モーメントは非常に小さい値で、ごくわずかの摩擦力が滑車と糸の間に働いている。それでも慣性モーメントが非常に小さいために、ごくわずかの摩擦力でも有限の大きさの角速度が得られている、ということです。この場合、糸の張力も左右でごくわずか異なっています。

しかしながら、これらの量がごくごく小さい値のものであれば、0と近似しても大過ないでしょう。こう考えて解いているのが「軽い滑車」とか「滑車の質量を無視する」という問題で、結果として出てくる両側の糸の張力が等しいとか、左右の重りだけで力学的エネルギーが保存するとかいうのは、これらの微少量を除いた近似の結果です。

発端になったのはこのQAのようですが、

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7353908.html

ここでは質量を無視した滑車で重りだけでは力学的エネルギーが保存しないので摩擦だということになっています。しかし、滑車と糸の静止摩擦の場合、その仕事は滑車の回転の運動エネルギーに転換されるだけなので、慣性モーメントが無視されるこの場合は不適当です。この場合の考えうる摩擦は、糸が滑ることによって生じる動摩擦か、軸の回転に伴う摩擦です。

※ 話が面倒になるので、以下、糸の質量は無視し、糸と滑車は滑らないとします。

>つまり、物理の問題で、「滑車と糸との間には摩擦はないものとする」
>という文言があれば、滑車両端の張力は等しいとして問題を解く

どうもどこかズレているようですが、滑車を考える場合、滑車の機能からして回転しない滑車を考えると言うのはナンセンスです。したがって、滑車と糸との間に摩擦がなければ滑車は回転しないので、「滑車と糸との間には摩擦はないものとする」という文言が入っている出題というのは考えずらい...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング