ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

運送業者が過積載をした場合、荷主にもその責任が及ぶと聞いたことがあります。仮に荷主Aが大手運送業者Bに運送を依頼して、Bが下請運送業者Cにその荷物を運ばせてしかもCが過積載をした場合、Cの荷主はAorBどちらになり、その荷主としての責任は誰が負うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まず、荷主は当然にAです。


過積載に関しては道路交通法に以下の規定があります。

第五十八条の五 (過積載車両の運転の要求等の禁止) 第七十五条第一項に規定する使用者等以外の者は、次に掲げる行為をしてはならない。
一  車両の運転者に対し、過積載をして車両を運転することを要求すること。
二  車両の運転者に対し、当該車両への積載が過積載となるとの情を知りながら、...重量を超える積載物を当該車両に積載をさせるため売り渡し、又は当該積載物を引き渡すこと。

第七十五条 (自動車の使用者の義務等) 自動車...の使用者(安全運転管理者等その他自動車の運行を直接管理する地位にある者を含む。次項において「使用者等」という。)

本件ではAはCの運行を直接管理していないのであれば、第七十五条の使用者とはならず、第五十八条の五が適用されます。
第五十八条の五では、“過積載をして車両を運転”することを要求するか、“過積載となるとの情を知りながら”“売り渡し、又は当該積載物を引き渡すこと”が禁止されています。

よって“荷主としての責任”はAがCに“過積載をして車両を運転”することを要求するか、“C”が過積載をすることを知った上で荷物を引き渡しが場合にのみ問われます。

なおBはCに対して荷主とみなされる(下請事業者に対する元請事業者等利用運送事業者)ので、これも上記条件に該当すれば第五十八条の五違反に問われます。

また、第五十八条の五では“使用者等以外の者”なので、同条違反に問われるのは“荷主”だけには限りません。“過積載をして車両を運転”することを要求したのであれば、全く荷物に関係のない、“裏のじいさん”も罪に問われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2008/02/21 13:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過積載で罰金

はじめまして
違うカテゴリーに質問したらしくこちらにも質問します。
運送の仕事をしている人の話で、積んだ資材が過積載で警察に捕まり罰金になりました。会社とは契約社員の関係で罰金を会社に払ってもらうように言い出せないでいます。自分で負担したほうが今後の仕事がスムーズに行くのでしょうか。
もうひとつ、この会社は実父の死亡時にも特別休暇も無い会社で欠勤になったほどです。
労働基準法違反とかではないですか。

Aベストアンサー

過積載は、積んだ人(荷主)も本来捕まります。運転者もわかっているのですから、それはそれで罰金です。荷主に請求したりする性格のものでないです。また、事業免許を受けずに荷物を有償で輸送すると、白虎で、犯罪行為になります(ご存知でしょうけど)運転手も荷主も過積載の罰金を別々に受けるべき話です。また、罰金は経費で落ちませんので、純損害です。

実の父が死んだら、普通の会社は休暇を与えます。就業規則に書いてあるからです。書いてなければ、与える必要はないでしょうし、契約社員なら、その契約次第ですから、下手すると労働者とされずに、請負事業者とされているのかもしれません。労働基準法が適用されるかどうかをもう一度確認してみてください。どういう契約になっていますか?

請負事業者なら、何があっても契約は守るべしで、親が死んでも、代理を立ててでも仕事は行かせる体制をとるべきかもわかりません。入り込み運転手は立場の弱い人が多いので、緑ナンバーは早く簡単に取れるようにするべきだと思います。

Qダンプカーの過積載について

先日、知り合いが過積載で捕まってしまいました・・・(ダンプカーにバックホーを積んでいて後ろに?M出ていた為)

そこで質問なんですが、2t・3t・4tダンプにバックホーを積み込むとして
重量は何割り増しまでなら法律で許可されているか?
架台より後に出るのは何割り増しまでなら許可されているのか?
が知りたいです。
又、それらの内容が書いてあるホームページ等を知っていれば教えてください。

Aベストアンサー

道路交通法
(自動車の乗車又は積載の制限)  第二十二条 かな。

車両の保安基準に関する規定により定められる最大積載重量を超えてはならないものとする。

三  積載物の長さ、幅又は高さは、それぞれ次に掲げる長さ、幅又は高さを超えないこと。
イ 長さ 自動車の長さにその長さの十分の一の長さを加えたもの(大型自動二輪車及び普通自動二輪車にあつては、その乗車装置又は積載装置の長さに〇・三メートルを加えたもの)
ロ 幅 自動車の幅(大型自動二輪車及び普通自動二輪車にあつては、その乗車装置又は積載装置の幅に〇・三メートルを加えたもの)
ハ 高さ 三・八メートル(大型自動二輪車、普通自動二輪車及び小型特殊自動車にあつては二メートル、三輪の普通自動車並びにその他の普通自動車で車体及び原動機の大きさを基準として内閣府令で定めるものにあつては二・五メートル、その他の自動車で公安委員会が道路又は交通の状況により支障がないと認めて定めるものにあつては三・八メートル以上四・一メートルを超えない範囲内において公安委員会が定める高さ)からその自動車の積載をする場所の高さを減じたもの
四  積載物は、次に掲げる制限を超えることとなるような方法で積載しないこと。
イ 自動車の車体の前後から自動車の長さの十分の一の長さ(大型自動二輪車及び普通自動二輪車にあつては、その乗車装置又は積載装置の前後から〇・三メートル)を超えてはみ出さないこと。
ロ 自動車の車体の左右からはみ出さないこと(大型自動二輪車及び普通自動二輪車にあつては、その乗車装置又は積載装置の左右から〇・一五メートルを超えてはみ出さないこと。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S35/S35SE270.html

道路交通法
(自動車の乗車又は積載の制限)  第二十二条 かな。

車両の保安基準に関する規定により定められる最大積載重量を超えてはならないものとする。

三  積載物の長さ、幅又は高さは、それぞれ次に掲げる長さ、幅又は高さを超えないこと。
イ 長さ 自動車の長さにその長さの十分の一の長さを加えたもの(大型自動二輪車及び普通自動二輪車にあつては、その乗車装置又は積載装置の長さに〇・三メートルを加えたもの)
ロ 幅 自動車の幅(大型自動二輪車及び普通自動二輪車にあつては、その...続きを読む


人気Q&Aランキング