【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

5年前にペプシノーゲン検査(郵送)で中程度の萎縮ありと出て、内視鏡を受けたら慢性萎縮性胃炎と診断されました。半年後に別の大学病院でも内視鏡を受けると「胃炎はあるけど、たいしたことない。内視鏡は5年に1度でいい」と言われ、先月別の病院で内視鏡を受けると、ピロリ菌もいないし、胃もきれいと言われ、1週間後に検査結果を聞きに行くと、軽度の胃炎はあるけど、大人なら誰でもある程度、と言われました。萎縮性胃炎は治らないと聞くのに・・・?またペプシノーゲン法は萎縮発見は確実なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ペプシノーゲン法は、あくまでもスクリーニングでおこなうだけですから、確実ではありません。


それが異常値であったら、胃の内視鏡検査を受けましょう。
ただし、ペプシノーゲン法が異常であってもたいした胃炎でないこともありますし、ペプシノーゲン法が正常でも胃炎があることも、多々あります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。今回の内視鏡の結果に喜んでいたんですが、テレビで「萎縮が進むとピロリ菌が陰性になる」というのを見たため、怖くなってしまいました。でも内視鏡を受けた結果萎縮なしだったんだから大丈夫なのかなと思えるようになりました。今から思うとちょうど萎縮ありと診断された頃は、今まで飲めなかったコーヒーがなぜか飲めるようになった為よく飲んでいた唯一の時期でした。これも関係あるのかなぁ!?その後は飲むのをやめてLG21を毎日1つ食べ、ブロッコリースプラウトを時々食べるようにしたりしてたら「萎縮なし」と結果が。萎縮が治るとは思えない部分もあるんですが、治ったと思って今まで以上に健康に気をつけて楽しく生きていきたいと思います。

お礼日時:2008/02/27 10:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qペプシノゲン検査で陽性でした。教えてください。

40歳女性です。

初めてペプシノゲン検査をしました。

I61.9、II30.7で 比2.0 の陽性でした。

昔から胃は弱いと思います。10年くらい前に胃カメラをしたらすごくきれいと言われました。

胃カメラはしたくないですがとりあえず ピロリ菌の検査・・・ではだめですか?
この数値はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

>初めてペプシノゲン検査をしました。
PG値は基準値より低いので異常ではありません。
ただ、胃粘膜の萎縮度は陽性です。

胃粘膜内での産生減少か、胃粘膜量そのものの減少であり、萎縮
性胃炎、胃癌、切除胃、悪性貧血などが考えられます。

検査結果が 陽性の場合、必ず胃がんが存在するわけではなく、胃
がんになる危険性の高い人 (胃がんになりやすい体質)であると考
えられます。

陽性であっても必ずしも胃がんがあるわけではありません。

~~~~~
※[ペプシノゲン検査と陽性]
多くの場合、ペプシノゲンIが70μg/l以下、
I/II比3.0以下の値の組み合わせが基準値として、
胃検診の一次スクリーニングの基準値として使用されています。

※陰性・陽性の判定
特に、PG I は胃酸分泌能と相関し、PG I/II 比は胃粘膜萎縮の広
がりとその程度を反映することから、ペプシノゲン法ではPG I とPG
I/II 比を指標として、陰性、陽性(1+)~(3+)の4段階で胃粘膜
の萎縮度を判定します。

※ペプシノゲン法で陽性になった場合
精密検査として胃内視鏡を受けることになります。
その結果、異常無しであっても将来胃がんになりやすい状態に変
わりはありませんので、陽性の方は毎年胃内視鏡検査で精密検査、
経過観察が必要となります。
またペプシノゲン法の陽性判定は普通 5年ぐらいは変化しないと言
われています。
~~~~~

>胃カメラはしたくないですがとりあえず ピロリ菌の検査・・ではだ
>めですか
ピロリ菌の検査は内視鏡を使わないで検査できます。
この方法は、内視鏡検査を受けずに済むという大きなメリットがあり
ます。

胃の症状があって内視鏡や胃透視検査など胃の検査を受けた時必
要に応じてピロリ菌の検査を実施することもあります。
病気に伴うものでない、ピロリ菌の検査、除菌は 保険の対象外とな
り自費となることもあります。

[ピロリ菌の検査・費用]
参考URL:
http://allabout.co.jp/gm/gc/301885/

お大事に。

こんにちは。

>初めてペプシノゲン検査をしました。
PG値は基準値より低いので異常ではありません。
ただ、胃粘膜の萎縮度は陽性です。

胃粘膜内での産生減少か、胃粘膜量そのものの減少であり、萎縮
性胃炎、胃癌、切除胃、悪性貧血などが考えられます。

検査結果が 陽性の場合、必ず胃がんが存在するわけではなく、胃
がんになる危険性の高い人 (胃がんになりやすい体質)であると考
えられます。

陽性であっても必ずしも胃がんがあるわけではありません。

~~~~~
※[ペプシノゲン検査と陽性]
多...続きを読む

Qペプシノーゲンの値

健康診断の結果がきました。

ペプシノーゲン検査が「要経過観察」とのことでした。

ペプシノーゲンI 31.2
ペプシノーゲンII 8.4
I/II       3.7
判定値       ±

これはどういう意味なのでしょうか?
教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ANo.1で回答したものです。
「健康診断」ということだったので、
てっきり胃カメラか内視鏡検査をしているものだと思ってしまいました。
どちらも検査していないというのであれば、
この検査結果を持って、かかりつけの内科医に行って相談して、
内視鏡検査も受けて、今の自分の胃の状態を知り、
生活改善が必要であれば(医師に)指導してもらったほうが
よいのではないかと思います。

私の体験ですが、数年前、いつもは激痛なのに、
鈍痛が続いたので、かかりつけ医に行き
ペプシノーゲンを検査してもらったら、
殆ど数値が出ない状態で、判定「2+」の強陽性と結果がでました。

「即、内視鏡検査!」ということでカメラ検査をしたところ、
幸いなことに癌はできていなかったものの、
胃粘膜の萎縮が激しく、普通の人にはある「粘膜」部分がなく、
薄い透明な膜しかなくて、胃に張り巡らされている血管が
透け透けで見える「血管透見」が かなり進んだ状態ということが分かりました。
(いつ癌ができてもおかしくない状態)

「この歳でこの状態って…」と医師に絶句されました。
本来は加齢に伴って萎縮するものだそうです。
治癒するものだと思っていたのに、医師から
「これはもう治らないから、これ以上悪くならないよう
 維持していくしかないんだよ」と言われて愕然としました。

私の場合は、チョコレートやカフェイン、炭酸飲料等、
胃に負担をかけるものは摂取しないようにすることと、
胃が空になった時に痛むので、痛んだらガマンせずに薬を服用すること、
ストレスを避けるように…等と指導されています。
「胃痛なんて薬局で買った胃薬を飲めば治るんだから、
胃が痛むくらいで医者に行くのは気がひける」ということで、
医者に行かなかったのですが、今ではとても後悔しています。

私みたいに手遅れ(?)にならないうちに、
自分の胃の状態を知り、もし萎縮があるようなら、
胃をいたわる生活を心がけるようにしたほうがいいですよ。

ANo.1で回答したものです。
「健康診断」ということだったので、
てっきり胃カメラか内視鏡検査をしているものだと思ってしまいました。
どちらも検査していないというのであれば、
この検査結果を持って、かかりつけの内科医に行って相談して、
内視鏡検査も受けて、今の自分の胃の状態を知り、
生活改善が必要であれば(医師に)指導してもらったほうが
よいのではないかと思います。

私の体験ですが、数年前、いつもは激痛なのに、
鈍痛が続いたので、かかりつけ医に行き
ペプシノーゲンを検査してもらったら、
...続きを読む

Qピロリ菌以外の要因でも萎縮性胃炎はおこりますか。

36歳女性です。
胃カメラ検査で萎縮性胃炎と診断され、萎縮の程度は軽めとのことでしたが
念のためにピロリ菌の血液検査をしました。
結果は10未満が正常値であるところ、私の数値は3とのことで陰性の診断でした。
さらに呼気の検査もしまして、そちらも陰性だったのですが、
先生が「ほとんどの萎縮性胃炎がピロリ菌が原因です。」といわれ、
以前ネットで、萎縮がものすごく進行した場合、ピロリ菌は住めなくなり
どこかへいってしまう。と書いてあったのを思い出し、私の萎縮の程度は
先生は軽めといってくれたけど、「ほとんどの萎縮性胃炎はピロリ菌が原因」
イコール「わたしの胃にもピロリ菌がいた」イコール「私の胃はものすごく萎縮している??」
と考え心配しています。先生は軽いと言ってくれたから信じたいのですが。。。
そこで質問なのですが、ピロリ菌以外の原因でも萎縮性胃炎はおこりますか?
萎縮が軽くても、ピロリ菌がいなくなることもありますか?
私の萎縮性胃炎の程度が重くないとすこしでも思えたらなあと思って質問しました。

Aベストアンサー

そんな心配してるとますます胃が悪くなりますよ。心配や悩み事をかかえたり不安が押し寄せると食欲が落ちたり胃が痛くなったり重くなったり不快感を感じると思いますがどうでしょうか。胃がやられるのはは食べ過ぎか心因性のストレスが原因です。
ピロリ菌に感染していなくても胃炎にも罹りますし潰瘍にもなります。また除菌してもトラブルを繰り返すこともあります。これらはいわばありふれた常在菌であるピロリ菌が病気に二次的に関与することはあっても病気の直接の原因ではないことを物語っています。
委縮性胃炎も原因は同じです。ピロリ菌は二次的に関与するとしても、いてもいなくても罹ります。皮下の胃壁細胞が心因性のストレスによって粘膜の血流障害や顆粒球増多を招いて破壊される事が直接の原因です。この細胞が抗原となると委縮が始まったりビタミンB12の結合タンパクに対して自己抗体できて貧血になったりします。貧血の症状が強くでると委縮性胃炎ではなく悪性貧血といわれます。

もともと心配、不安、悩みなどが原因ですのでピロリ菌の心配をすると余計にストレスが増えます。ストレスが原因だと分かればいままでよりは余裕もうまれ多少なりとも安心できるのではないでしょうか。性格もあって難しいとは思いますが「なるようになるさ」ぐらいに思ってできるだけくよくよせずに過ごすことが治療となります。これはピロリ菌がいるとしてピロリ菌を暴れさせない、おとなしくさせておく方法でもあるのです。心や体のストレス、あるいは制酸剤の使い過ぎで胃の内部環境のバランスを悪くしなければピロリ菌を飼っていてもいつまでもおとなしくしています。

そんな心配してるとますます胃が悪くなりますよ。心配や悩み事をかかえたり不安が押し寄せると食欲が落ちたり胃が痛くなったり重くなったり不快感を感じると思いますがどうでしょうか。胃がやられるのはは食べ過ぎか心因性のストレスが原因です。
ピロリ菌に感染していなくても胃炎にも罹りますし潰瘍にもなります。また除菌してもトラブルを繰り返すこともあります。これらはいわばありふれた常在菌であるピロリ菌が病気に二次的に関与することはあっても病気の直接の原因ではないことを物語っています。
委縮性...続きを読む


人気Q&Aランキング