ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

3DCADを含めたCAD設備更新を指示されたのですが、少々困っており、質問しています。
2000年に前の担当者がMicroCADAMからの更新で、AutodeskのAutoCAD+Inventorを導入しました。そのときAutoCADの方は図面枠や表題欄、部品等整備したのですが、3DCADのInventorの方は全く手付かずで図面枠や表題欄の整備なく、単に客先プレゼンテーションのため3DCADモデルを作るだけのものでした。ほとんど使われないのに、ただ買って毎年の更新費用を払い続けていた状態でした。
今回当方に更新指示があり、単にサーバーとクライアント、ソフトの更新だけと思っていたのですが、3DCADとして導入作業が全くないのに気づきました。
そこで、販売会社に相談すると導入支援は何百万円からと言われたのですが、提示された内容が簡単なA4枚で、高いのか安いのか、自分でもできるのか、自分ではできないのか、良く理解できません。これでは予算申請しても審議は通らず、通さねば3DCADの真の導入はできないと感じているのです。パーツからアッセンブリへのプロパティの引継ぎや2D製作図面化など、きちんと計画しないと大変なんだなとだけ感じています。

そこで本やInternetを調べても、導入作業に対しては良い記事を見つけることができず、どなたか経験者のご意見や良書をご紹介頂けないでしょうか?よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はじめまして



47歳,男性,製造業(中小企業ですよ!)の技術部の管理職をしております。

当社でも1997年,プロジェクトチームを結成~検討~以下のツールを購入しました。
  ・PC×12台
  ・AutoCAD R14J(以下R14)×10式
  ・ラスター変換ソフト×2式
  ・MechanicalDesktop(以下MDT) Ver3.0(だったかな?)×2式
  ・SUN Micro のファイリングシステム×1式
  ・A1印刷プリンタ(赤字印刷および紙折り機能付)×1式
  (ただし,ラスター変換ソフト,MDTはR14と同時にインストール)

結果は,稼働率にすれば
  ・R14=100%
  ・ラスター変換ソフト=80%
  ・MDT=ほぼ0%

という結果でした。去年5月に AutoCAD LT2007に全て(PCも含め)入れ換えました。
ただし,3D作業もあるため,R14と搭載PCは2台残してあります。

3D CAD の導入を考える際に特に重要なのはその使用目的を明確にしないと
ANo.1様も書かれている通り,全く「宝の持ちぐされ」となります。

当時我社では,R14にある程度慣れてからMDTの講習を,と考えていましたが,
R14でもある程度3D作成が出来ると判ってからは,それ以上のレベルに到達することなく,
講習も見送られたまま,使うこともなく「システムの入れ換え」という結果に終わりました。

現在では3Dの使用目的としては,
  ・アイソメ図の作成
  ・ソリッドモデル作成による体積・質量の算出
  ・回転体の重心位置の算出

などに使用しております。

高度な解析などの必要性がなければ,その機能は確認してはいませんが,
(AutoCAD R14Jの後継機種であれば)AutoCAD 2007,2008でも十分ではないでしょうか。
現在お使いの,あるいは更新をお考えのAutoCADはこの機種かそれともLTか文面からは
判りませんが,いずれにせよ更新をお考えであれば,以上の事例を(悪い)参考例として頂き,
改めて3次元CADの必要性と使用目的を明確にした上でのご購入を検討しては如何でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
たぶん、貴社の事例とほぼ同じ構成と思います。LTも導入しています。貴方の意見そのものが当社でも起きてます。ただ3D設計でアッセンブリでの干渉チェック一つとってみても、構造解析機能にしても、自社の技術力を上げるための有効なツールと思っています。競合が数年前から導入し、非常に簡単にですが3DCADのユーザー会で発表しており、着実に製品品質が上がり、客先評価が上がっているのです。僕は最新鋭の装備を持つ米軍と第2次世界大戦時代の装備の軍隊が戦っているような気がしてるのですが、設計も取締役クラスもそういう認識になく、互角に技術は渡り合っていると勘違いしているのです。最近難しい引き合いが多いので、ゲリラ戦のようなものでハイテク製品が活かしにくいだけで、オーソドックスな製品では全く価格が太刀打ち出来ていないのに「負けている」と理解しようとしないだけなのでは?と思っている今日この頃なのです。

お礼日時:2008/02/24 22:09

Inventorは使ったことがないので分かりませんが、


設計ツールとして使わないなら3DCADは無駄です。

また、モデルを作ることが出来るということと、
設計に使えるということは別です。
講習のインストラクタのレベルでは、
設計が完了していないとモデルを作れないとか、
部品のモデルを組み合わせてASSYにするという
計画が抜け落ちた作成しか出来ません。

導入を本気で考えるなら、人を作るのに最低半年、
実用になるまでにもう半年ぐらい見る必要があるでしょう。

あとは、費用対効果の問題ですが、
本当に3Dである必要があるのかを、
設計部門で検討する必要があるかも。
(営業的には、見栄えと説得力という点で3Dは有効ですが…)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですよね。3D設計の必要性を真に検討しないと、単に3DCADメーカのカッコの良いプレゼンに誤魔化され導入するだけですよね・・・
と、思っていた自分が、意を決意して、3DCADを勉強し始め、実際の図面を3DCAD化して、だんだん、その良さと悪さ・大変さを体感しているところであります。この間、販売会社が主催したユーザー事例紹介を聞くと、その会社は2002年に導入して、4年かかって、やっと3DCADでの設計時間が、2DCAD時代の設計時間になった時間になったと言っていました。取締役が率先してガンガン厳しくチェックしたと言ってましたが、単に厳しい上司だけでなく、推進チームの5名が、3D基盤・ルール・標準化・設計レビュー・教育の5つの検討チームを作り、地道かつ熱意持って進めたからと理解しました。ただこういう大事なことが本になっていないというか、教えてくれないというか・・・。
たぶん、貴社も苦労されて、こういう回答と思いますが・・・、3DCADの推進は難しいですよね。

お礼日時:2008/02/24 21:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング