【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

加盟しているFC本部からの提案で、
FC本部会社の営業社員1名を1ヶ月間「出向契約」で受け入れました。

目的は営業支援でしたが、実績が0に終わったので、
契約を更新せず、1ヶ月で終了しました。

その出向費ですが、
本人の「FC本部会社の給与+会社負担の社会保険料」より
約20万円上回っています。
すなわち、利益が乗せられています。
この出向費に問題は無いでしょうか?

なお、FC本部は派遣業は行っていません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

偽装出向が行われる理由としてはいろいろあるのですが


請負だと指揮命令権がないけど出向だと指揮命令権があること
派遣だと何年か後には社員にするしないの問題があるけど出向はないこと
営業許認可の有無
なんかがありますね。

会計的な問題より派遣法とか職安法とかそっちに引っかかってくることが多いのかなと思います。
経理サイドの話としては消費税課税取引じゃなくていいのとか売上にしなきゃいけないのとか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速回答いただきありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2008/02/22 17:59

契約により判断するものではなく実態によって判断されるものです。


契約が出向であっても実体が派遣であれば派遣法が適用されます。

通常出向は業として行われてはいけません。ですから利益獲得目的で出向が行われるとすればそれは出向ではなくなってきます。

問題はあります。しかし、偽装出向的なものは結構行われているのが実体です。

偽装出向なんかは最近も問題になってきてますけどなかなか難しい問題ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

偽装出向というのは、
「派遣業ではない会社が、実質的な労働者派遣を行う」
ということでしょうか?

その場合の問題点は、出向費の利益でしょうか?
それとも、業務の指揮系統の実態でしょうか?

よろしければ、回答をお願いいたします

お礼日時:2008/02/22 10:18

契約に違法性がなければ特に問題とされません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

お礼日時:2008/02/22 10:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング