ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

神との対話。 ニール・ドナルド・ウォルシュ氏の本を読んだ方で
読んだ後の変化について、教えてください。

・神からのメッセージを受け取ったと感じた時。
・神と対話をするコツ。どういう時にメッセージを受けやすいか。
・良いこと、悪いことを含めて、読後の変化。

など、が知りたいです。
宗教的な難しい話は、わからないので
無宗教の人でも、理解しやすい内容で、教えて頂けないでしょうか。

お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いいたします<(_ _)>

A 回答 (4件)

#1です。



そうそう、亡くなった男性の話ですが。
「僕は宗教はどれも、否定しない。
神というものがあり、宗教は通訳のようなものだと思っている。
通訳者により、いろいろな表現もあるし、どの通訳者が正しいかは、選ぶこともできる。
でも、通訳なしで、直接話す努力をすると、直接神様と話せるようになるんだ。僕は、下手なりに直接話をするようにするから、通訳は不要。
だから、宗教にのめりこむことはない。」
ということでした。
今思うと、神との対話を読んだ結果なのかもしれません。

それから、誰でも前世を知ることができる催眠術を紹介してくれましたが、私は見ることができませんでした。
「それは、見る必要がないから。
もし、前世がみえたら、これから先、困難なことをみんな前世のせいにしてしまうだろう? 前世のことなど考えず、しっかり自分で解決できるってことだからだよ。
同じように、神も、誰でも対話することができる。でも、気づく心がなければ、気づくことができない。」
と、話してました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な体験談を、ありがとうございました。

実際に、神の声が聞こえたら、人生観が変わりますし
人によっては、精神的ショックを受けると思います。

私は前世には、今はあまり興味ありません。
以前は、すごく知りたかったのですが。
理由は、今の生活に支障が無いし
知った所で
「あ、こういう行為は、前世の影響なのか!」
程度の事を、思うだけだと思うのです。

また、大量殺人鬼だったり、残虐な殺され方をされてたら
気が気で無くなると思います。

それと、いい意味で、自分を主体にして生きて行きたいのです。

私は、神との対話で、良い部分を取り入れて
生活を豊かにできればいい、と思っています。

理解し難いのが、「無条件に愛する」という事です。
これが出来たら、神だと思います。

悪い出来事に対して、怒ると、ストレス貯まります。
その出来事をも愛して、許してしまうのも
人間らしく無くなりそう・・と思います。

お礼日時:2008/02/22 19:34

#3です。


しつこくて、ごめんなさい。
お礼欄のお返事はなくてよいですよ。

その亡くなった男性は、交通事故でのむちうち症を苦に、命をたちました。
もともと、首を原因とする病気があり、さらに事故でたいへんな苦しみでした。
事故は、車で信号停止しているところに、後続の車がブレーキとアクセルを間違えて踏んで激突してきたというものです。

亡くなる前に、加害者に対し、
「君は、まだ若い。
今回の件で、一生を台無しにしないでくれ。」
と、言い残してます。
死ぬほどつらいおもいをしたのに。

このような考えになってしまったのですね。
    • good
    • 0

こんにちわ。


結構キワモノというか、トンデモ扱いされる本の一つですが。

私自身は読んで感動しました。
書いてあること全てを信じることはできません。
でも、何か、可能性というか希望というか、そういったものが私たちの側にあるのかな?
そのような感動を得ました。

神というものを信じても良いのかなと思いました。
日本の常識は世界の非常識、外国は殆ど何らかの神を信仰してますしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
書いてる事は、おもしろいのですが
生活が変わるとか、何か得するという
事があれば、いいのですが。

お礼日時:2008/02/21 19:18

とある男性が自ら命を絶ちました。



一人暮らしで、遺書めいたものから、原因ははっきりしていました。

その人の生前の思いをしろうと、友人や、本棚にのこされたものをみてみました。

前世の存在を信じており、退行催眠(催眠術をかけて、その人の前世にまで遡らせる心理療法)の技術も学んでいました。

「神との対話」も、本棚にありました。

夜、睡眠前のもうろうとしたひとときに、左手をうごかすと、神からのメッセージが伝わってくるというようなことを残していました。

わたしは、本は読みましたが、実感はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
私も実感がないんです^^;

お礼日時:2008/02/21 19:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「神との対話」の内容をどうすれば、信じられますか?なぜ信じられるのですか?

神との対話(宇宙を見つける、自分を見つける)
をP20ほど読みました。 神と筆談しはじめる所です。

信者の方に、叩かれても仕方ありませんが、正直言って
「こんな内容、私でも書ける」と思ってしまいました。

ニールさんは、本当に特別な能力を持っておられると
思いたいのですが

世界仰天ニュース
http://www.ntv.co.jp/gyoten/oa/080213/01.html
アメリカの番組が、オーストラリア中を騙した話です。

の影響で 人間不信になっています。

皆さんが、ニールさんの筆談を信じるに至る過程を
教えて頂けないでしょうか。

お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いいたします<(_ _)>

Aベストアンサー

んーー

動画で彼の演説を聞きましたが、確かによくある自己啓発の本に書かれている内容ばかりですね。

気になったのが、彼が幾度となく「money」という言葉を連発していること。
まるで振り払うかのように、自分に言い聞かせるかのように、何度も強く マネーという言葉を連発していた。

ということは、「お金などなんの価値も無い」という自分がいながら、「お金に実は執着しつづけている自分もいる」ということかな?って思いました。

世の中はお金だけじゃなく、愛に飢えている人もいれば、肩書きに飢えている人のいれば、才能に飢えている人もいる。
みながお金に執着しているとは限らない。
が、彼は皆がお金に執着していると思い込んでいるので、マネーマネーマネーと注意をひくために、その言葉を多用したのかもしれないが、~自身が金がこの世で一番大事だと身にしみたので、人の注意をひくために使ったのかもしれません。

彼の上に起こったエピソードをざっとですが、調べてきましたが、あれ? あれれれ?と思いました。

日本のある啓発本を出している人が言う体験と同じ。
その自己啓発本を出している人は、宗教の教祖でもある。
ホテルかと思えるような豪邸に住み、手が加えられた写真を一枚100万で売ってるあの教祖と同じ体験を、この人もしている。

ということは、エル・カ・・・神は筆談にて人間と会話するのか?

と考えるより、暗記するとき、書いて覚えたからその習慣から、考えるとき、紙に書く癖が出てしまったのではないかと分析します。

つまり神じゃなくて、その人の癖。

で、二人ともゾロアスターとかリグ・ベーダを研究していた。
だから二人ともその思想の上に成り立っている。
光とかそういうものが神の本体だとか言っている。

他にも共通することを言っているわけですが、本の出版の年代を調べてみたら、日本の啓発本を出している人の方が古いんですね。
しかも英語でも出版している。

ということは、日本公演になったとき、パクリってよく言われなかったなぁ と思いました。

で、神がいるかどうかは別として、神の場所は側頭葉にある という説を出している人がいます。

それが何か関係あるのか? まあ ちょっと聞いてください。

神の存在を実感する人はいます。
特にてんかん発作を起こす人の中に、神を見たとか会ったとか言い出す人が多いし、てんかんじゃなくても偏頭痛で光るものを見た 感じた ビジョンを見た 神からのメッセージを受診した という人が多い。

だからなに?
えっとですね。
人間の脳は微弱の電流が流れています。パソコンと一緒なんですね。
それが過剰放電されると、てんかん発作が起こるんです。
キラキラ チカチカ かどうかは知りませんが、とにかく過剰放電で脳に大きな電流が流れるため、発作が起こってしまうんです。

あとは偏頭痛の前触れの時も、まぶしい光を感じる人がいるのだとか。
聖女とされたヒルデガルド 神と交信したとされますが、彼女の残した絵を見た脳神経科医は、偏頭痛患者が偏頭痛が起こる前に見たというビジョンと同じだということに気づいたわけです。

つまり神の降臨じゃなく、偏頭痛が起こる前の過剰放電かなにかの刺激により、そういう映像になってしまい、本人にしてみれば納得するために、神に出会ったという解釈をするわけです。


それがてんかんだろうと偏頭痛だろうと、その人がそれで幸福感を持って生きやすくなれば、それはそれでいいと思うんですね。

ただ、、、、
大衆に自身を持って自分の体験は神との遭遇だったと言い切った場合、他人の人生を変えてしまう危険があり、その影響力を考えると、ちょっとまてよ とは言いたくなります。

てんかん発作で放電があった場合、エクスタシーを感じる人が多いのだそうです。
快楽とか幸福感に満ちるのだとか。
セックスしたのと一緒で、神とのセックスなのか、発作による幻のセックス体験なのか?
まあ とのかく 本人は病気というか、発作により幻なのかわかりませんがとにかく電流で快楽にひたれるわけです。

でも、発作を起こさない人は、その幻の体験ができないわけです。
何もしなくても、発作により体験できる人と、何かしないと体験できない人。

で、何かしないと体験できない人に、あなたもできます 信じなさい みな平等であると知りなさい といくらいっても てんかん発作 偏頭痛発作は起こりません。


人工的にヘッドギアをつけて、その神の場所とされる側頭葉のその部分を故意に刺激すれば、神と遭遇したという体験ができるそうです。
オウムがつけていたような あのヘッドギア。
電極を装着して、特定の箇所を電流で刺激すれば、神とであったという感覚になれることはわかっています。

で、神経学者はこれを神モジュールと呼ぶ。
神が人間と交信するために脳のその部分にモジュールをはめこんだ と解釈するのか、古代の人のなかにてんかん発作を起こす人がいて、その人がそういう体験をして、宗教を始めたのか?

私は後者だと思います。
日本の巫女とか神がかり的な職業だった人 今もその系統の職業についており信者を持っている人の中にも、恐らくこの発作を持っていた あるいは持っている人が多いんじゃないか と思います。


なーんだ つまらないーー がっかりーー と落胆させてしまうかもしれませんが、私が知る限りの情報だと、彼や日本の作家の体験の理由はこれで説明がつくんじゃないかと思います。


で、終わってしまうと、なんかさびしいので、、、、
この方も言ってますが、心の持ちようは大事だと思います。
ある現象が起こって、がっかりしたり恐怖を覚えたりする人もいれば、「この程度でよかった ラッキー」と捉える人もいる。
同じ現象が起こっても捉え方が違うことで、その後が変わってくる。

この作者は悪い体験を、いい体験に変化させることができた。
それはすばらしいことだと思います。

楽観的なことは大事。
どうしよう どうしよう と思うより、「あらまあ こまったわ 笑」と捉えたほうが、次のアクションに写り易い。

彼は騙しているわけじゃあないと思います。
自分の体験を話しているだけ。
ただ、彼の場合も日本の啓発本を出す人も、いろいろな宗教を研究しているので、その情報が頭の中に入っているわけです。
それの情報を整理して、自分なりの宗教の形を作った。
それが過去のいろいろな宗教の寄せ集めだとしても、組み立てて形にして別なものを作ったので、独自の宗教観になるわけです。

詳細になると、「それ ○○教ね。こっちは○○教からのパクリね どれもあなた独自のものなど一つも無いわねぇ」と指摘される。

ところが日本の啓発本を出す人は、その宗教の開祖は自分だと思い込んでいるのがすごいんです。
早い話が何億年も前から何度も転生を繰り返しており、宗教の神や神話の中の登場人物も自分だったと言ってます。
歴史上の人物も自分だと言ってます。

じゃあ ということで、大まかな本に載ってないその歴史上の人物のエピソードについてたづねたら、答えられるか?
実際やったこと無いので推測にしかすぎませんが、家族しか知らない内容であれば、恐らく本人じゃあないので、答えられまいと思いますし、第一 古代の言葉を知っているはずなのに、何故か日本語・・・・。

ここまで古代にも生きていたと記憶しているのなら、古代文字も是非 読みこなしていただきたいものですね。
考古学の人からすれば、ありがたいことなわけですが、何故か考古学の研究者は解読を彼に依頼しない。

言い張るのだからテレビに出てもらい 解読を是非やっていただきたいものです。
それから超能力もあると言い張るのですから、是非、横田めぐみさんが今どこにいるのかも、警察に報告して欲しいものです。


ホントに平和を望んでいるのなら、是非事件解決に貢献して欲しいものですよね?
ところが何故かその特殊能力はお金を稼ぐことにしか発揮しない。
何故でしょうねぇ。
現世のお金は意味が無いから浄化するためもってきなさいって。。。。
豪邸たてちゃってあちこち別荘たてちゃって、まあぁ・・・そういうのが浄化っていうんですねぇ。
税金対策と普通は言うんですけどねぇ。

ビジネスって大変 生きている限り、食べ物や着るものいるから、お金など何の価値も無いと口で言いながら、実際は本を出版して印税で生活費をかせがなければ、そういう気楽なこともいえないわけで。
お金のありがたさ十分身にしみているから、そうなるわけですよねぇ。

ということで、こういう話って、わくわく感なくてつまらないですねぇ。。。 
ああ またおもしろくない解剖しちゃいました。
すいません・・・・。

んーー

動画で彼の演説を聞きましたが、確かによくある自己啓発の本に書かれている内容ばかりですね。

気になったのが、彼が幾度となく「money」という言葉を連発していること。
まるで振り払うかのように、自分に言い聞かせるかのように、何度も強く マネーという言葉を連発していた。

ということは、「お金などなんの価値も無い」という自分がいながら、「お金に実は執着しつづけている自分もいる」ということかな?って思いました。

世の中はお金だけじゃなく、愛に飢えている人もいれば、肩書き...続きを読む


人気Q&Aランキング