当社は原則、現金での入金/出金を行っています。
現状としては、現金入金分で、当月分を支払っている状況
となり入金を数ヶ月先にされてしまうと、資金繰りがきつくなってしまいます。
しかし、どうしても相手先から120日先日付の手形でしか払えませんと言われてしまいました。
そこで、この手形金額に一般的に妥当と思われる率を上乗せした金額を相手先から支払ってもらい、当社のリスクを軽減しようと思ったのですが、この行為自体は認められているのでしょうか?
法的に問題ありませんか?
問題ない場合、一般的に妥当と思われる率という率の設定になるのですが、妥当な率というのは大体何%になるのでしょうか?
割引手形となると4%というものが多いようなのですが・・・

何か参考となるHP等がありましたら教えて下さい。
また、個人的な意見や実際に同じケースを扱っているなどがありましたら、教えて下さい。

A 回答 (5件)

 はっきり言って大変な事になりましたね?取引契約又覚書を交わしていると思うので、勝手に手形は違反です。

しかも120サイト=4ヶ月ですよ?

 法的と言う言葉は通用しませんよ、だって会社同士の事だからです。相手が違反をした事で訴えれば裁判ですからここで法が絡んできます。

 相手が困って、このような勝手な行動に出たのであるから、リスクだの割引だの言うことは相手に通用しないように思います。

 相手の不動産等の資産を抵当に入れる事をした方が無難だと思います。違反をしてくる相手はそれなりの行動をとる方がよいと思います。諸先生方がいろいろと回答アドバイスをしてくれましたが、私も同じような債権債務で苦労をしましたので参考にして下さい。
    • good
    • 0

まず手形での支払の場合代金を金利分割り増しにしてもらうことは


通用しないのが一般的です。
逆に通常は手形支払を現金払いにするため金利分を割り引かれて
支払われることはあります。

どちらにしても売買をする前に支払い条件を取り決めるのが
当たり前ですし、取り決めない場合支払う方が強いのはいうまでもありません。
仮に金利を上乗せさせてもらったとしても御社のリスクは軽減はされません。

資金繰りが厳しい場合、受取手形を割引をすることになりますが
銀行との取引がなければ割引は難しいですし、
ノンバンク系の金融機関の場合銘柄によって20%位の手数料が
かかる場合もあります。

金利分を差し引いてもかまわないので現金で払ってくれと
交渉するのが良いと思います。金利は3~4%でしょうね。
    • good
    • 0

相手先をA社とします。



>そこで、この手形金額に一般的に妥当と思われる率を上乗せした金額を相手先から支払ってもらい、当社のリスクを軽減しようと思ったのですが、この行為自体は認められているのでしょうか?法的に問題ありませんか?

法的には問題ありませんが、A社が金利分の上乗せを承知するかどうか、ですね。

>妥当な率というのは大体何%になるのでしょうか?

一般的に妥当と思われる・・というより、御社が銀行で割引した場合の率は何%かを考えられてはいかがでしょうか。御社の取引銀行に、「もし貴行でA社の手形を割引して頂くとすれば、割引率は年何%ですか」と問い合せてみて下さい。
    • good
    • 0

>この手形金額に一般的に妥当と思われる率を上乗せした金額を相手先から支払ってもらい…



年利 20% も 30% も取るのでなければ、法的問題はありません。
しかし、手形はすでに受け取っているのでしょう。

受け取ったあとで金利をくれなどと、後出しじゃんけんは商慣習になじみません。
しかも、そんな金利を素直に払ってくれる相手なら、最初から手形など発行しませんよ。
「絵に描いた餅」で終わりそうですね。

>また、個人的な意見や実際に同じケースを…

それでは遠慮なく言わせてもらいます。

>入金を数ヶ月先にされてしまうと、資金繰りがきつくなってしまいます…

個人事業主の方かと想像しますが、3月や半年入金がなくても商売を続けられるだけの「運転資金」が必要です。
法人ならなおさらです。

>現状としては、現金入金分で、当月分を支払っている状況…

そういうのを「自転車操業」と言います。
経営体質を根本から見直されることをおすすめします。

辛口意見を失礼しました。
    • good
    • 0

リスク回避目的の手数料収入といえますから、その額が公序良俗に反しているといえない限り、法的には問題ないものと思います。



どの程度が妥当なのかについては、裏書人や支払人の信用によりましょう。一般に、信用が高ければリスク料は低く、信用が低ければリスク料は高くなります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手形や期日指定支払の際の起算日について教えて下さい

みなさま、こんにちは。

支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120日、支払日16日というような条件があるのですが、あまり理解できないので
どうか助けて下さい。

普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?
20日に締めたら、その日を起算日にした方が楽なような気がするのですが。

またサイトが120日にもかかわらず、支払日が16日とあれば、支払日が優先
されるのでしょうか?
2月のように短い月を含む時は計算が大変そうですね・・・

どんなことでも結構ですので、教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120>日、支払日16日

例えば、3月10日に\100、同月15日に\200の取引があった場合、20日で締めます
ので翌月4月16日に\300の支払手形を振り出します。(支払手形で支払います)
また、サイトが120日なので8月16日に取引銀行の口座から\300引き落とされます。
それから「支払日16日」というのは「翌月16日起算」とイコールじゃないですか?

>普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?

起算日の意味をどうとらえていますか?
例えば、末締め翌月末現金振込、という支払条件なら実質30日サイトの期日支払
と同じですから、締め=起算日になるでしょう。
支払手形の場合だと振出日=起算日ですね。先ほどの例なら16日が振出日です。
(通常、手形による支払日=振出日になると思います。)

>またサイトが120日にもかかわらず、支払日が16日とあれば、支払日が優先
>されるのでしょうか?

これはおそらく何かの間違いでしょう。

>2月のように短い月を含む時は計算が大変そうですね・・・

通常、30日を1ヶ月とします。企業によっては実日数による計算を行うところも
あります。

>支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120>日、支払日16日

例えば、3月10日に\100、同月15日に\200の取引があった場合、20日で締めます
ので翌月4月16日に\300の支払手形を振り出します。(支払手形で支払います)
また、サイトが120日なので8月16日に取引銀行の口座から\300引き落とされます。
それから「支払日16日」というのは「翌月16日起算」とイコールじゃないですか?

>普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?

起算日の意味をどう...続きを読む

Q手形での支払いを拒否できますか?

「振込依頼書」を付けて、請求書を発行しています。
にもかかわらず、手形・小切手での支払い(事前連絡無しに送りつけられる)が年に数回あります。
処理が大変なので、銀行振込以外は受け付けたくないのですが、拒否してもかまわないでしょうか?
方法としては、手形・小切手で支払ってきた取引先には、初回のみ受付て、今後は振込みにするように書面で連絡をする、という形を考えています。
こんな対応では、非常識ととられますでしょうか?

Aベストアンサー

本来なら、取引開始時に、支払条件等を打ち合わせするものです。
御社の営業部員などが、口頭など(見積書や納品書等も含む)で了承しちゃっている可能性はありませんか?
そちらを確認してから、社内できちんと検討されるとよいと思います。
尚、「実は、弊社は手形は受け付けていないんですよ、振込みでお願いします」と言うことは別におかしくはありません。
しかし、相手によっては、支払条件が不利になるため、「金利分差し引け」とか「今よりも安価で納入可能だよね?」などの申し入れが予想されますね。

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q手形はなぜ120,150日など支払が長いのでしょうか。

検収月末締め翌月末120日手形

この決済条件だと、
1月に物を売った場合、回収できるのが、
2月末から120日後。
すると6月末の回収ですから、
お金を手にするまで半年かかるわけですよね。

このように決済条件が長くなった経緯はどういう理由からでしょうか。

本来であれば、
全ての会社が
検収月末締め翌月末現金とすれば、
全ての会社が公平にお金をやり取りができ便利だと思うのですが、

なぜお互い現金化するまで長い期間の決済条件をするようになったのでしょうか。


質問2
あと追加質問ですが、
手形は120日手形は、120日後の指定された日、一日を過ぎた場合は、無効となるのでしょうか。
もしそうであれば、手形は不便のように感じられますが・・・

有識者の方、ぜひともお答え下さる様よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

メーカーを経営するとわかりやすいですね。部品を買い、それを組み立てて、テストして、梱包して、在庫にして、売りに出す。お客様に買ってもらって即現金ならいいけど、これまた末締め翌月末払い。すぐに2~3ヶ月経ってしまいます。その間だって社員に給料払ったり家賃払ったり、水道光熱費だって払わなくてはなりません。カタログも作らにゃいかんしホームページに載せても、即売れるとも限らない。

はじめっから手元に大金があって、2~3ヶ月は売上なくても貯金だけで給料や家賃が払える会社ならいいのですが、世の中そんなに甘くはありません。必ずや「運転資金」なるものが必要なのです。そのために手形という便利なツケのシステムができたわけです。
その代わり手形が決済できないと、「不渡り2回→倒産」という諸刃の剣です。

業界によってはもっと長い手形もあるらしいですよ。建設なら半年、漁船は1年近い(遠洋漁業なら1年近く帰って来ないから)手形もあるらしいです。

Q受取手形の現金化について

初歩的な事で申し訳ないんですが、
受取った手形を手元で保管しておりまして
手形に表示されてます支払期日当日に
弊社口座がある銀行に手形を持って行けば
処理して頂けるんでしょうか。
後その際は取立手数料発生するんでしょうか。

現金化されるには支払場所により時間はかかるとは
思うんですが、とりあえず先方に迷惑を掛けず
処理できるか心配になりまして。

本当なら早めに銀行に預けて
取立依頼しておけば良いと思うんですが、
上司が支払期日当日に行けば処理してくれるからと
言い切っているので。

以上宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

右上の所に「東京」と書いてあれば、東京交換の手形になります。都内の銀行に、期日の1日前、当日、翌日の間に銀行に持ち込まないと、銀行で受取不可になります。期日を過ぎた場合、振出人に期日を訂正してもらわなければならないので、注意して下さい。
資金化は、通帳に入金後、3日後の1時になります。
これはあくまで、「東京交換」のものに限りますので、ご注意ください。この場合で持ち込むと手数料はかからないと思います。
期日がかなり先で、取立依頼した場合、銀行によって異なりますが、手数料が630円程度かかると思います。
取引銀行の当座係りで詳しく教えていただけますよ。

Q約束手形の領収書の書き方(源泉所得、送料)について

請求額21万円に対して、
源泉所得2万円、手形の郵送料580円が差し引かれ
189,420円の約束手形を受け取りました。
この場合、領収書の金額や但し書きは、
どのように書けばよいのでしょうか?

詳しい方、ご教授のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

領収証は、実際に受け取った金額を書けば良いだけで、余計なことを書く必要はありません。
ただし、手形の場合は、決済日と決済銀行名を付記しておきます。
不渡りになった場合はこの領収証も無効ですという意味です。

領収証
平成23年4月3日
領収金額 189,420円
△△県△△市△△町△-△-△
△山△郎
ただし、約束手形、期日平成23年8月3日、△△銀行△△支店

ところで、余計なお節介かも知れませんが、どんなお仕事でしょうか。
個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注意ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

領収証は、実際に受け取った金額を書けば良いだけで、余計なことを書く必要はありません。
ただし、手形の場合は、決済日と決済銀行名を付記しておきます。
不渡りになった場合はこの領収証も無効ですという意味です。

領収証
平成23年4月3日
領収金額 189,420円
△△県△△市△△町△-△-△
△山△郎
ただし、約束手形、期日平成23年8月3日、△△銀行△△支店

ところで、余計なお節介かも知れませんが、どんなお仕事でしょうか。
個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴...続きを読む

Q約束手形の受取日は、振出日?振出日以降?

顧客への売上金が約束手形で払われます。
私の感覚ですと、手形振出日の1~2日前ほどに郵送し、手形振出日には相手先に到着しているものと思っているのですが、現在(転職後)の顧客は、振出日に郵送しており、受取日が数日遅れ(土日を挟むと特に)です。

それでいて領収書も発行し、送付する必要があるので、領収書日付は手形振出日が一般であるため、どうもしっくりしません。

一般的には、手形振出日は、顧客が手形を振り出す日で、郵送などで受け取る日ではないのでしょうか?その場合、遠方の顧客であれば、受け取りまで数日かかりますが、それは普通なのでしょうか?

Aベストアンサー

一般的には、手形振出日は顧客が手形を振り出す日です。
手形振出日は予め注文書や契約書によって定められた日となっています。

ご指摘の通り郵送すれば受け取りまでのタイムラグが生じます。
じゃあどう捌くかってことになりますが
1)振出日に受け取った物とする
 領収証も入金処理も振出日で行うケースです。
2)入金日を手形受取日で処理する
 筋道からすれば、よりこちらが正確な処理です。
どっちの処理が多数かは統計でも取らない限りは解りませんが実体験では
1)のケースが圧倒的だと思います。

ただ振り出したものの何時までたっても送ってこない会社の場合は
受入日を入金日として会計処理を行うケースもあります。

手形に関する見解は下の方の書いてる通りでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報