当社は原則、現金での入金/出金を行っています。
現状としては、現金入金分で、当月分を支払っている状況
となり入金を数ヶ月先にされてしまうと、資金繰りがきつくなってしまいます。
しかし、どうしても相手先から120日先日付の手形でしか払えませんと言われてしまいました。
そこで、この手形金額に一般的に妥当と思われる率を上乗せした金額を相手先から支払ってもらい、当社のリスクを軽減しようと思ったのですが、この行為自体は認められているのでしょうか?
法的に問題ありませんか?
問題ない場合、一般的に妥当と思われる率という率の設定になるのですが、妥当な率というのは大体何%になるのでしょうか?
割引手形となると4%というものが多いようなのですが・・・

何か参考となるHP等がありましたら教えて下さい。
また、個人的な意見や実際に同じケースを扱っているなどがありましたら、教えて下さい。

A 回答 (5件)

 はっきり言って大変な事になりましたね?取引契約又覚書を交わしていると思うので、勝手に手形は違反です。

しかも120サイト=4ヶ月ですよ?

 法的と言う言葉は通用しませんよ、だって会社同士の事だからです。相手が違反をした事で訴えれば裁判ですからここで法が絡んできます。

 相手が困って、このような勝手な行動に出たのであるから、リスクだの割引だの言うことは相手に通用しないように思います。

 相手の不動産等の資産を抵当に入れる事をした方が無難だと思います。違反をしてくる相手はそれなりの行動をとる方がよいと思います。諸先生方がいろいろと回答アドバイスをしてくれましたが、私も同じような債権債務で苦労をしましたので参考にして下さい。
    • good
    • 0

まず手形での支払の場合代金を金利分割り増しにしてもらうことは


通用しないのが一般的です。
逆に通常は手形支払を現金払いにするため金利分を割り引かれて
支払われることはあります。

どちらにしても売買をする前に支払い条件を取り決めるのが
当たり前ですし、取り決めない場合支払う方が強いのはいうまでもありません。
仮に金利を上乗せさせてもらったとしても御社のリスクは軽減はされません。

資金繰りが厳しい場合、受取手形を割引をすることになりますが
銀行との取引がなければ割引は難しいですし、
ノンバンク系の金融機関の場合銘柄によって20%位の手数料が
かかる場合もあります。

金利分を差し引いてもかまわないので現金で払ってくれと
交渉するのが良いと思います。金利は3~4%でしょうね。
    • good
    • 0

相手先をA社とします。



>そこで、この手形金額に一般的に妥当と思われる率を上乗せした金額を相手先から支払ってもらい、当社のリスクを軽減しようと思ったのですが、この行為自体は認められているのでしょうか?法的に問題ありませんか?

法的には問題ありませんが、A社が金利分の上乗せを承知するかどうか、ですね。

>妥当な率というのは大体何%になるのでしょうか?

一般的に妥当と思われる・・というより、御社が銀行で割引した場合の率は何%かを考えられてはいかがでしょうか。御社の取引銀行に、「もし貴行でA社の手形を割引して頂くとすれば、割引率は年何%ですか」と問い合せてみて下さい。
    • good
    • 0

>この手形金額に一般的に妥当と思われる率を上乗せした金額を相手先から支払ってもらい…



年利 20% も 30% も取るのでなければ、法的問題はありません。
しかし、手形はすでに受け取っているのでしょう。

受け取ったあとで金利をくれなどと、後出しじゃんけんは商慣習になじみません。
しかも、そんな金利を素直に払ってくれる相手なら、最初から手形など発行しませんよ。
「絵に描いた餅」で終わりそうですね。

>また、個人的な意見や実際に同じケースを…

それでは遠慮なく言わせてもらいます。

>入金を数ヶ月先にされてしまうと、資金繰りがきつくなってしまいます…

個人事業主の方かと想像しますが、3月や半年入金がなくても商売を続けられるだけの「運転資金」が必要です。
法人ならなおさらです。

>現状としては、現金入金分で、当月分を支払っている状況…

そういうのを「自転車操業」と言います。
経営体質を根本から見直されることをおすすめします。

辛口意見を失礼しました。
    • good
    • 0

リスク回避目的の手数料収入といえますから、その額が公序良俗に反しているといえない限り、法的には問題ないものと思います。



どの程度が妥当なのかについては、裏書人や支払人の信用によりましょう。一般に、信用が高ければリスク料は低く、信用が低ければリスク料は高くなります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手形の郵送料について 

先方から手形を郵送して貰った場合の郵送料についての質問です。私の職場では「郵送料分の切手」でお支払するのが常なのですが、たまに支払額から郵送料を差し引いて手形を切ってくる会社さんもいます。その場合、手数料の領収書というのは発行すべきなのでしょうか?
今までは手形の領収書しか発行しておらず、先方からも何も言われたことはないのですが、実際どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

手形額面から郵送料金額を差引くか又は、手形額面は売掛(支払)債権通りとし別途郵送料を郵券等で受渡しを行うかは相手次第です。という事は事務処理の簡便な方法を採れば良いと思います。

支払額から郵送料を差引いた際の手形領収証は手形額面で発行します。郵送料が入って来る余地はありません。

郵送料を郵券で受渡しした場合ですが、その為に領収書を発行、回収する必要はないと思います。一般的に送付状にその旨を記載しておくのが普通で、もっと端的に言えば領収書をどうするか否かはその会社の責任において行えばよいと思われるからです。

Q売掛金回収時、差し引かれて入金された振込手数料を入金扱いとする理由

売掛金を請求し、実際口座に入り、入金処理の仕方で、
 例: (1)請求金額  ¥100,000 に対し、
    (2)口座入金額  ¥95,500
    (3)振込手数料   ¥500
  
 経理で処理する際、(2)は実際口座に入金になっているのでわかるのですが、
(3)は手数料として引かれているのに、入金扱いとする理由が分かりません。
 教えてください、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「入金」でなく。「決済」と考えると分かり易いのでは?


商品と代金の受け渡しを終了して売買取引を完成させることを「代金決済または決済」といいます。

代金決済または決済の方法は、一般には三種類あります。
(1)買い方が売り方に等価の通貨または有価証券(手形など)を渡すこと。
(2)買い方が売り方に等価の(別の)商品またはサービスを提供すること。
(3)買い方が売り方に債権がある場合は、債務(代金支払義務)と債権を相殺すること。

質問者の場合、「(取引先によって)差し引かれた振込手数料を入金扱いとする」と考えると分かり難いでしょうが、「質問者が支払うべき振込手数料を取引先が立替えて支払い、立替金が相殺された」と考えるとどうなのでしょうか。


代金請求金額  ¥100,000 に対して、

イ)口座入金額  ¥95,500
買い方が売り方に等価の通貨を渡して決済しました。

ロ)振込手数料   ¥500
売り方の買い方に対する売掛金(債権)と、買い方の売り方に対する立替金(債権。買い方から見れば債務)を相殺して決済しました。

合計で、¥100,000を決済しました。

「入金」でなく。「決済」と考えると分かり易いのでは?


商品と代金の受け渡しを終了して売買取引を完成させることを「代金決済または決済」といいます。

代金決済または決済の方法は、一般には三種類あります。
(1)買い方が売り方に等価の通貨または有価証券(手形など)を渡すこと。
(2)買い方が売り方に等価の(別の)商品またはサービスを提供すること。
(3)買い方が売り方に債権がある場合は、債務(代金支払義務)と債権を相殺すること。

質問者の場合、「(取引先によって)差し引かれた振込...続きを読む

Q郵送料の安いオークション

郵送料の安いオークションサイトを教えて下さい。

Aベストアンサー

ものすごく漠然としたご質問ですね。
送料は落札した品物や出品者から落札者までの距離によって決まるのではないでしょうか。
Yahoo!オークションは原則的には落札者が送料負担ですが、出品者が送料を負担すると申し出ている品物は送料無料です。

Q2年前の売掛金を現金回収した場合の処理について

個人事業主のもとで経理をしています。
21年度に請求した売掛金(総額約50万)を23年度に現金で回収しました。
事業用の口座には入れず、事業主がそのまま業務に使った(あるいは個人的に
使った)ようなので通帳への記載はありません。
回収時の領収書の複写は残っています。

会計ソフトには売上の入力がなく、貸倒の処理もありません。
(当時の経理担当者は退職し連絡がつきませんが、もしかしたら売上発生時点ではなく、
請求額が確実に振り込まれてから会計ソフトに入力するという方法をとっていたのかも
しれません。)

この場合、経理としてはどう処理すれば良いでしょうか?
ポンと湧いたようなお金、何もしないほうが良いのでしょうか?
請求書や領収書の写しが残っているため、なんとなくスッキリしません。
経理を始めて1年ほどですが、未だに不可解な(?)ことだらけで四苦八苦しています。
アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>会計ソフトには売上の入力がなく・・

かりに平成23年12月15日に50万円を現金で回収し、事業主がそのまま自分の財布に入れたとします。平成23年12月15日付で次の仕訳を起します。

平成23年12月15日
〔借方〕事業主貸500,000/〔貸方〕売上高500,000

このように、平成23年の売上にするほかありません。また現金50万円は、事業主に貸したことにします。

以上。

Qアマゾンで中古本を買うときの郵送料

アマゾンで中古本A,Bを買うとします。
A,Bは同じ出品者から同時に買うほうが
郵送料は安くなるのですか?
例えば、A,Bを違う出品者から買ったり、
同じ出品者から買っても時期がずれていたら
郵送料が2倍かかってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

参考URLに、

「商品1点ごとに配送料がかかる」と書いてありますので、例え同じ出品者から購入しても送料は2点分かかると思いますよ。
なので、違う出品者から買ったり、同じ出品者でも時期がずれて購入・・・なども当然2倍になります。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/1104814/ref=br_bx_1_c_2_0/250-4952037-6324212

Q売掛金の回収を手形でもらった場合の料証書は

 売掛金¥700000ほどの金額を手形で¥1500000でもらう予定なのですが
この場合領収書のはどのように書けばよいのでしょうか?
収入印紙は\700000ではなく¥1500000の分ではるのでしょうか?
(但しの欄はどのように書けばよいでしょうか)

また、振替伝票にはどのようにかけばよいのでしょうか?

Aベストアンサー

収証には 一例として

 受取金額 ¥1,500,000

 但し 手形分

と書いて収入印紙は150万円に対する400円を貼ります。


[仕訳例]

受取手形 1,500,000  売掛金 700,000
               前受金 800,000


・例として次に100万円の売上があったとき

売掛金 200,000  売上 1,000,000
前受金 800,000

Q検便の郵送料金について…

バイト先で検便を出すことになっているのですが、提出し忘れたため郵送する際の料金を自己負担することになりました。

その郵送料金というのが735円もするのです。これってちょっと高すぎじゃないですか?
広島~福岡への郵送です。
何かしらの手数料が含まれているのかと思いきや、「郵送料金735円を持って事務所まで…」と書いてありました。

先程検便袋の重さを量ったところ10gほどしかありません。

こんな軽い物をを郵送するのにここまでお金がかかるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。
 それは当然の疑問ですね。郵便料金の基本的なところはこちらです。
http://www.post.japanpost.jp/service/standard/one_price.html
 本件に付いて説明すると、
1.厚みが1cmを超えると定形外扱いになる。
2.念のために何かの箱に入れるなどの保護措置をするとしても、100g程度だろう。
3.更にこれを書留にすることも考えられるが、この場合には届くことが重要であって、内容の紛失補償にはそれほどの重点はない。よって簡易書留で十分。
 検査機関までは上記で完了です。
4.ところが、検査結果に付いてもまた送料が必要になるかもしれません。
 既に一括で送付した分への追加送付の措置が取れないため、後日の別送になる。そのための費用です。これがいくらになるかは判りません。検査結果が普通の用紙1枚だけならば80円でしょう。

 以上の推測を集計すると、定形外100g以内、簡易書留扱い、及び返信分80円で420.返信も簡易書留にするとかなり請求金額に近くなります。ただし実際のところは35円という明らかに消費税の端数と思われる金額が付いています。最初からその金額に設定されている何らかの方法を利用するのかもしれません(代行業者に依頼するなど)。
 とにかくはっきりさせたいなら事務所に行ってきいてみるべきでしょう。よくあることですが、皆がまとめてやる時にやってしまわないとあとからでは余計な費用が掛かる事例の一つかもしれません。

 検査機関に郵送したことがはっきりして、結果も確実に受け取れるのなら、会社が認めてくれるという場合には → 自分で簡易書留で送って、結果を持参するということで交渉してみるという手もあります。簡易書留の受付用紙には届け先と送り主の住所氏名を記載することになっています。
  こちらの検査機関でも追加分の扱いは送料依頼側負担等と書いてあります。
http://www.sbc-web.com/qa/
個人での依頼は受け付けないとも書いてあるので、やはり諦めるしかないかもしれませんね。

 こんにちは。
 それは当然の疑問ですね。郵便料金の基本的なところはこちらです。
http://www.post.japanpost.jp/service/standard/one_price.html
 本件に付いて説明すると、
1.厚みが1cmを超えると定形外扱いになる。
2.念のために何かの箱に入れるなどの保護措置をするとしても、100g程度だろう。
3.更にこれを書留にすることも考えられるが、この場合には届くことが重要であって、内容の紛失補償にはそれほどの重点はない。よって簡易書留で十分。
 検査機関までは上記で完了です。
4.ところが...続きを読む

Q送付遅れでカード会社からの入金もなく、カード売掛金が未回収となってしまいました。

こんにちは、個人自営業をしております。
銀行系クレジットカードでの売上があったのですが、
売上票を紛失してしまい、6ヵ月後に出てきました。その後カード会社に提出したのですが、カード会社から本人に確認してからでないと精算出来ないと言われ、カード会社から本人に電話しても留守で郵送で書面を送ったが本人からの連絡は無く売上票を精算出来ないとの事でした。カード会社からの入金もなく、カード売掛金が未回収となってしまいました。
この場合は回収するのにどうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

お客様に連絡ができるのであれば、直接連絡して経緯を説明し、前回の決済を無効にして再度カード処理をさせていただくか、現金でお支払いいただくことになるでしょう。

お客様の連絡先が不明なのであれば、カード会社に再度調査を頼むしかありません。

Q郵便局から郵送料とか請求されても払わなくてもいいのですか?

迷惑な郵便物を受け取り拒否したら、郵便局から郵送料とか請求されても払わなくてもいいのですか?

宅配便も、同じですかね?

Aベストアンサー

受け取り拒否で、郵便局から郵送料を請求されることはありません。
着払いで送られてきても、身に覚えが無ければ、受け取り拒否してください。
その場合、差出人に戻されて、差出人が料金を払うことになります。
でないと、勝手に着払いで荷物とか送り付けられたり、とんでもないことになるでしょう。

ただし、郵便料金が不足の場合、受取人が不足分を支払って受け取るか、払わずに受け取り拒否するか、選ぶことがあります。
その場合でも、受け取り拒否した場合は、差出人が不足料金を支払うことになります。

宅配便については、残念ながらわかりません。

Q現金回収した売掛金の処理

今まですべて振込で回収していたので、借方)普通預金と貸方)売掛金の
科目で処理ができていました。初めてですが、4日に現金回収し、7日に普通預金へ入金したのですが(その間は個人で現金を保管)、どう勘定処理したらいいでしょうか。いままで、小口の支払いも社員の立替で処理していて、現金勘定を持ったことがありません。保管していた期間のために現金勘定を立てておかないとつじつまが合わないですね。相手への領収は4日付で発行しています。
4日 現金 10000  売掛金 10000
7日 普通預金 10000  現金 10000
ということになりますか。
ということにすれば、現金初めてなので現金出納帳の作成も必要ですね。

Aベストアンサー

どの位厳密に仕訳を起こすかは気分の問題でしょう。
別に
7日 普通預金10000 売掛金10000 摘要 4日現金回収済
とかでも別に構わないと思いますが・・・・
事業規模と事務の煩雑さを考えて適宜判断してください。


人気Q&Aランキング