当社は原則、現金での入金/出金を行っています。
現状としては、現金入金分で、当月分を支払っている状況
となり入金を数ヶ月先にされてしまうと、資金繰りがきつくなってしまいます。
しかし、どうしても相手先から120日先日付の手形でしか払えませんと言われてしまいました。
そこで、この手形金額に一般的に妥当と思われる率を上乗せした金額を相手先から支払ってもらい、当社のリスクを軽減しようと思ったのですが、この行為自体は認められているのでしょうか?
法的に問題ありませんか?
問題ない場合、一般的に妥当と思われる率という率の設定になるのですが、妥当な率というのは大体何%になるのでしょうか?
割引手形となると4%というものが多いようなのですが・・・

何か参考となるHP等がありましたら教えて下さい。
また、個人的な意見や実際に同じケースを扱っているなどがありましたら、教えて下さい。

A 回答 (5件)

 はっきり言って大変な事になりましたね?取引契約又覚書を交わしていると思うので、勝手に手形は違反です。

しかも120サイト=4ヶ月ですよ?

 法的と言う言葉は通用しませんよ、だって会社同士の事だからです。相手が違反をした事で訴えれば裁判ですからここで法が絡んできます。

 相手が困って、このような勝手な行動に出たのであるから、リスクだの割引だの言うことは相手に通用しないように思います。

 相手の不動産等の資産を抵当に入れる事をした方が無難だと思います。違反をしてくる相手はそれなりの行動をとる方がよいと思います。諸先生方がいろいろと回答アドバイスをしてくれましたが、私も同じような債権債務で苦労をしましたので参考にして下さい。
    • good
    • 0

まず手形での支払の場合代金を金利分割り増しにしてもらうことは


通用しないのが一般的です。
逆に通常は手形支払を現金払いにするため金利分を割り引かれて
支払われることはあります。

どちらにしても売買をする前に支払い条件を取り決めるのが
当たり前ですし、取り決めない場合支払う方が強いのはいうまでもありません。
仮に金利を上乗せさせてもらったとしても御社のリスクは軽減はされません。

資金繰りが厳しい場合、受取手形を割引をすることになりますが
銀行との取引がなければ割引は難しいですし、
ノンバンク系の金融機関の場合銘柄によって20%位の手数料が
かかる場合もあります。

金利分を差し引いてもかまわないので現金で払ってくれと
交渉するのが良いと思います。金利は3~4%でしょうね。
    • good
    • 0

相手先をA社とします。



>そこで、この手形金額に一般的に妥当と思われる率を上乗せした金額を相手先から支払ってもらい、当社のリスクを軽減しようと思ったのですが、この行為自体は認められているのでしょうか?法的に問題ありませんか?

法的には問題ありませんが、A社が金利分の上乗せを承知するかどうか、ですね。

>妥当な率というのは大体何%になるのでしょうか?

一般的に妥当と思われる・・というより、御社が銀行で割引した場合の率は何%かを考えられてはいかがでしょうか。御社の取引銀行に、「もし貴行でA社の手形を割引して頂くとすれば、割引率は年何%ですか」と問い合せてみて下さい。
    • good
    • 0

>この手形金額に一般的に妥当と思われる率を上乗せした金額を相手先から支払ってもらい…



年利 20% も 30% も取るのでなければ、法的問題はありません。
しかし、手形はすでに受け取っているのでしょう。

受け取ったあとで金利をくれなどと、後出しじゃんけんは商慣習になじみません。
しかも、そんな金利を素直に払ってくれる相手なら、最初から手形など発行しませんよ。
「絵に描いた餅」で終わりそうですね。

>また、個人的な意見や実際に同じケースを…

それでは遠慮なく言わせてもらいます。

>入金を数ヶ月先にされてしまうと、資金繰りがきつくなってしまいます…

個人事業主の方かと想像しますが、3月や半年入金がなくても商売を続けられるだけの「運転資金」が必要です。
法人ならなおさらです。

>現状としては、現金入金分で、当月分を支払っている状況…

そういうのを「自転車操業」と言います。
経営体質を根本から見直されることをおすすめします。

辛口意見を失礼しました。
    • good
    • 0

リスク回避目的の手数料収入といえますから、その額が公序良俗に反しているといえない限り、法的には問題ないものと思います。



どの程度が妥当なのかについては、裏書人や支払人の信用によりましょう。一般に、信用が高ければリスク料は低く、信用が低ければリスク料は高くなります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手形入金の過入金について

経理暦2ケ月の初心者です。質問なんですが、

取引先から受取手形で入金になりました。
当社が請求していた金額が¥10,000,000
受取手形の金額が¥10,500,000
2ヶ月後決済の時、¥10,500,000.-で入金する予定

取引先が間違ってて、過払いでお支払いされた可能性が高いとのことです。
具体的な状況は確認中です。

こういう場合はどのように仕訳すれば良いでしょうか。
また決済の時の仕訳も教えてください。
どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

いくつか考えられますが、取引先とも相談して決めてください


〔手形が決済された後に過払いの50万円を返金することにした場合〕

・手形を受け取ったとき
受取手形 10,500,000  売掛金 10,000,000
                仮受金  500,000

・手形が決済されたとき
普通預金 10,500,000 受取手形 10,500,000

・過払い金を返金したとき
仮受金 500,000  普通預金 500,000


〔次回の売り上げに充当する場合〕

・手形を受け取ったとき
受取手形 10,500,000  売掛金 10,000,000
                前受金  500,000

・手形が決済されたとき
普通預金 10,500,000 受取手形 10,500,000

・次回の売り上げ代金に充当したとき
前受金 500,000  売上 500,000

Q手形条件の取引先から預金または小切手で入金があり、歩引きされた場合(現

手形条件の取引先から預金または小切手で入金があり、歩引きされた場合(現金歩引き)の正しい経理処理は? 売上歩引/売掛金で正しいと思われますが、雑支出/売掛金による処理を指示されていますが、どちらが正式な処理方法ですか?

Aベストアンサー

「売上歩引」は、営業外費用区分の勘定科目でしょうか。そうであれば、過去の同様の事例でその勘定科目を用いているときは、それに従うべきでしょう。

そうでなければ、「売上歩引」の処理は原則として正しくありません。この場合、「雑支出」が営業外費用区分の勘定科目であれば、これに計上するのがベターです。

というのも、現金歩引きは決済条件の変更による入金額の減額ですから、営業外費用区分に計上されるべきものです。そのため、営業外費用区分の勘定科目に計上するのがよい、といえます。

一般的には、既にご回答のあるとおり、営業外費用区分の「売上割引」勘定を用います。もっとも、「売上歩引」が営業外費用区分であれば、「歩引」が明示されていることから、より適切な勘定科目といえます。また、計上額の年間合計額は金額的重要性に乏しいでしょうから、営業外費用区分の「雑損失」などの科目に計上しても問題ありません。

加えて、今まで適切な勘定科目に計上しているときは、それを継続すべきです。今まで不適切な勘定科目に計上していたときは、原則として適切な勘定科目に変更すべきです。今回のケースでは、営業外費用区分の勘定科目に計上していないのであれば、不適切だといえます。もっとも、やはり計上額の年間合計額は金額的重要性に乏しいでしょうから、営業外費用区分以外の区分に計上しても問題ありません。

「売上歩引」は、営業外費用区分の勘定科目でしょうか。そうであれば、過去の同様の事例でその勘定科目を用いているときは、それに従うべきでしょう。

そうでなければ、「売上歩引」の処理は原則として正しくありません。この場合、「雑支出」が営業外費用区分の勘定科目であれば、これに計上するのがベターです。

というのも、現金歩引きは決済条件の変更による入金額の減額ですから、営業外費用区分に計上されるべきものです。そのため、営業外費用区分の勘定科目に計上するのがよい、といえます。

一...続きを読む

Q約束手形で手形金額欄に

「平成17年○月から同年○○月まで、毎月末日に各金50万円」と記載されている手形は、無効となるのでしょうか?それとも△△として取り扱われるなどと何か決まりがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

無効です

Q銀行で手形の割引をした場合、手形の振り出し先にはその情報は行きますか?

銀行で手形の割引をした場合、手形の振り出し先にはその情報は行きますか?
信用問題にもなりそうなので・・・・

Aベストアンサー

>銀行で手形の割引をした場合、手形の振り出し先にはその情報は行きますか

不渡になって償還されでされない限り、情報はいきません。

通常は、割り引こうが、裏書譲渡しようが、振り出し人の知るところではありません。



>信用問題にもなりそうなので・

潤沢な現金をもっている会社ばかりではありません。

また、銀行で手形を割り引けるのはある程度信用がないとできません。


手形を振り出した側は「現金でなくて手形で悪いね。割り引いたら手形売却損を負担させてすみません」という思いもあります。手形を受け取ったほうは振り出し先に対して卑屈になる必要はないでしょう。

Q支払い金額と買掛残高について 9月末で小売店が一店舗閉店したので、全仕入先に買掛残を全額支払うこと

支払い金額と買掛残高について

9月末で小売店が一店舗閉店したので、全仕入先に買掛残を全額支払うことになりました。
毎月社長が仕入先に対して何円支払うか決める為に、請求額(20日締)と月末残高を表にした紙を提出しています。
仕入先から届いた請求書とうちの会社の支払一覧表は全仕入先で金額が合っていました。しかし、月末残高を買掛残高一覧表で見ると、一つの仕入先で支払い一覧表の金額より千円少なくなっています。なので、支払いをしたら、支払一覧表は0円になりますが、買掛残高一覧表はマイナス千円になってしまいます。
仕入先とうちとでは請求額が同じだった為、うちの会社内だけでいつからか月末残高が千円ほど少なくなっているのだと思うのですが何をどう調べたらいいか分からなく困っています。
出来るならシステム管理会社の人に千円ほど月末残高を多くしてもらって、支払いが終わった後支払一覧表も買掛残高一覧表を綺麗さっぱり0円にしたいぐらいです...。

Aベストアンサー

雑損失で処理すれば済むと存じます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報