人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

材料を勉強しています。
SUS材の材料名の末尾に「L」がつくものは炭素量が少ないいわゆる
ローカーボン材と認識しているのですが、これは削りやすさを向上させる
ものと考えてよいですか?

あと、この「L」が末尾につくと鉛を含み、被削性は非常に良好となる。
などといった記述を見ます。
ローカーボンの「L」以外の意味もあるのでしょうか?それとも
ローカーボン材には鉛が必ず含まれるという意味なのでしょうか?
このあたりの事を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

SUSでの末尾の「L」は、仰るとおり「Low Carbon(低炭素)」の略だと思います。


http://www.mizumoto-mm.co.jp/chain_j/CH01-1_.html

一方、No.1の方も触れられている快削鋼(SUM)では、「Lead(鉛)」の略としての「L」が
末尾につけられているようです。
(つまり、SUMとSUSとではそれぞれ別の意味で、同じ「L」の略号が使われている、と)
http://www.coguchi.com/data_s/tokusyu/tokusyu1/
(ページ表示後、キーボードのCtrlキー+Fキーを押して、「SUM22L」で検索すると
 該当鋼の成分が見られます。SUM22LとSUM24Lの「その他」の列に、それぞれ
 「Pb0.10~0.35」の記述があります)


『「L」が末尾につくと鉛を含み、被削性は非常に良好となる』との記述がされていた
ものを、確認してみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>SUMとSUSとではそれぞれ別の意味で、同じ「L」の略号が使われている
なるほど、すっきりしました。
とある材料屋が提出してきたSUS材のミルシートで材料名末尾に「L」を
つけてきたもので、はて?焼きをいれてHRC55を出すものに、
「L」ローカーボン??と疑問だったんです。
その材料には鉛が含まれていましたので、その「L」だったんですね。
となると、SUS材なのに末尾に鉛を表す「L」をつけてきたのは材料屋のミスなのかな?とも思います。問い合わせしてみますね。
詳しく回答頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/02 00:41

詳しくないのですが、手元の資料から分かる範囲で・・・。



>「L」付きはローカーボン材か
SUS304L、316L、316J1L、317LにおいてCは0.03以下と他に比べてかなり低いので仰る通りかと。

>ローカーボン材は削り易いか
切削性についてはよくわかりませんでした。話はズレますが、粒界腐食を防止するために炭素量を減らすという手法がとられることもあるそうです。

>この「L」が末尾につくと鉛を含むか
上記ステンレスの化学成分表にはPbの項目はありませんでした。

>鉛を含む場合の被削性
所謂「快削鋼」はS、P、Pbを加えることで切削性を向上させたものだそうなので関係はあるのかもしれませんが、SUS材に当てはまるのかはわかりませんでした。

あまりお役に立てませんでしたm(__)m。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろと調べてくださってありがとうございました。
粒界腐食防止ですか、勉強になりました。

お礼日時:2008/03/02 00:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

QSUS310Sについて

ステンレス鋼にSUS310Sがありますが、最後の「S」の意味が知りたいのですが。SUS310との比較も合わせてご教授していただければ幸いです。

Aベストアンサー

SUS310Sですが、オーステナイト系ステンレスの仲間です。
クロムとニッケルの含有量を増やして耐熱性、耐酸化性を
向上させたステンレスです。25Cr-20Niと呼ばれます。
さて、最後についている「S」ですが、これは固溶化熱処理
のことです。
高い耐熱・耐酸化性を実現するためには、精密な熱処理
が必要ですので、特別に付けられています。
ただしJISにおいて必ず処理をしなさいと規定されているわけ
ではありません。

SUS310という鋼種は規定されていません。

SUS材には様々な添え字が使われています。たとえば「L」は
Low Carbonの「L」で炭素含有量をきわめて低く抑えられて
います。又「J」はJISの「J」で、外国の規格にはなかったものを
JISに規定したという意味です。

Qステンレスの単価を教えてください

ステンレスってキロ当たり幾らぐらいするのでしょうか?
工場卸の価格でいいので教えてもらえませんか?
加工とかで大きく違うのは判っているんですが、多分、鋼産業統計とかで使われるマクロな値段でも構わないので教えて頂けないでしょうか?あとそれに対して鉄の値段もわかると助かります.

Aベストアンサー

参考URLは鋼材ドットコムです。
下の方の〔市況・鉄鋼〕を見てください。
現在の卸相場が判ります。

一般に購入する時の価格は、鋼材は1kgで100円前後、ステンレスは400円
位だったと思います。

日経新聞にも相場が出ています。

検索キーワード:鋼板 SUS304 相場 で行っています。
ちなみにSUS304はJIS規格の呼称で、一般的には18・8ステンレスと
言われる物です。

他にも相場表があります。
http://www.japanmetal.com/
↓のほうが便利かも、過去相場もあるので・・
http://www.japanmetaldaily.com/

参考URL:http://www.kouzai.com/

Q比重の単位って?もうわけわからない・・・。

比重というのは、単位はなんなのでしょうか??
鉄の比重を7.85で計算すると考え、以下の疑問に答えてもらいたいのですが、
縦100mm・横100mm・厚さ6mmの鉄板の重さを計算したい場合、
100×100×6×7.85で計算すると、471000になります。
全部mに単位をそろえて計算すると、
0.1×0.1×0・006×7.85で、0.000471になります。

これで正確にkgの単位で答えを出したい場合、
0.1×0.1×6×7.85で、答えは0.471kgが正解ですよね?

・・・全く意味が解かりません。普通、単位は全部揃えて計算するものですよね??なぜ、この場合、厚さだけはmmの単位で、縦と横はmでの計算をするのでしょうか?

比重ってのは単位はどれに合わせてすればいいのでしょうか?

そして円筒の場合はどのように計算するのでしょうか?
まず、円の面積を求めて、それに長さを掛けるのですよね?
これは円の面積の単位はメートルにして、長さはミリで計算するのでしょうか??
わけわからない質問ですみません・・・。もうさっぱりわけがわからなくなってしまって・・。うんざりせずに、解かりやすく、教えてくださる方いましたらすみませんが教えて下さい・・。

比重というのは、単位はなんなのでしょうか??
鉄の比重を7.85で計算すると考え、以下の疑問に答えてもらいたいのですが、
縦100mm・横100mm・厚さ6mmの鉄板の重さを計算したい場合、
100×100×6×7.85で計算すると、471000になります。
全部mに単位をそろえて計算すると、
0.1×0.1×0・006×7.85で、0.000471になります。

これで正確にkgの単位で答えを出したい場合、
0.1×0.1×6×7.85で、答えは0.471kgが正解ですよね?

・・・全く意味が解かりません。普通、単位は全部揃えて計算するものですよね??...続きを読む

Aベストアンサー

#3番の方の説明が完璧なんですが、言葉の意味がわからないかもしれないので補足です

比重は「同じ体積の水と比べた場合の重量比」です
水の密度は1g/cm3なので、鉄の密度も7.85g/cm3になります
(密度=単位堆積あたりの重さ)
重さを求める時は「体積×密度(比重ではありません)」で求めます

おっしゃるとおり、計算をする時は単位をそろえる必要があります
100(mm)×100(mm)×6(mm)×7.85(g/cm3)ではmmとcmが混在しているので間違いです
長さの単位を全部cmに直して
10cm×10cm×0.6cm×7.85(g/cm3)=471g=0.471kg
と計算します(cmとgで計算しているのでCGS単位系と呼びます)

円筒の場合も同様に
体積×密度で求めます
円筒の体積=底面積(円の面積半径×半径×円周率)×高さ
です

比重=密度で計算するならば、水が1gになる体積1cm3を利用するために長さの単位をcmに直して計算してください
計算結果はgで出るのでこれをkgに直してください

最初からkgで出したい時は
水の密度=1000(kg/m3)
(水1m3の重さ=100cm×100cm×100cm×1g=1000000g=1000kg)
を利用して
目的の物質の密度=1000×比重(kg/m3)
でも計算できます
(このようにm kgを使って計算するのがSI単位系です)

0.1×0.1×6×7.85は#4の方がおっしゃるとおり
0.1×0.1×0.006×1000×7.85の0.006×1000だけ先に計算したのだと思います

#3番の方の説明が完璧なんですが、言葉の意味がわからないかもしれないので補足です

比重は「同じ体積の水と比べた場合の重量比」です
水の密度は1g/cm3なので、鉄の密度も7.85g/cm3になります
(密度=単位堆積あたりの重さ)
重さを求める時は「体積×密度(比重ではありません)」で求めます

おっしゃるとおり、計算をする時は単位をそろえる必要があります
100(mm)×100(mm)×6(mm)×7.85(g/cm3)ではmmとcmが混在しているので間違いです
長さの単位を全部cmに直して
10cm×10cm×0.6cm×7.85(g...続きを読む

QVA提案とVE提案の違いを教えて下さい。

こんにちわ。
VA提案とVE提案の意味の違いを教えて下さい。
宜しく、お願い致します。

Aベストアンサー

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
(適正な材料の選択、適正公差、最適工法の選択、仕上げ方法の見直しなど)
不必要に過剰品質にならない、設計が複雑では製造段階での努力には限界がある、それらを含めて設計段階への提案。

現在では、VEの方が重視されている、もちろん既存製品に対するVA提案を受けて、次製品へのVE活動につなげていきます。

個人サイトですが「VEをもっと知ろう」
http://www.geocities.jp/taka1yokota/mypage4-ve1.htm
(VEの考え方がおおよそ分かると思います)

社団法人日本VE協会「VE基本テキスト」
http://www.sjve.org/102_VE/images/302_basic.pdf
(PDFファイルです)

こんな感じです。

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
...続きを読む

Qステンレス鋼は炭素鋼の合金ですか?

合金鋼についてお伺いいたします。合金鋼は、炭素鋼にニッケルやクロム等を加えた合金だそうですが、合金鋼の1つであるステンレス鋼は、「炭素鋼にニッケルやクロム等を加えたもの」という記述のほかに「鉄にニッケルやクロム等を加えたもの」という記述の資料もあります。
炭素鋼の炭素含有量は、0.02%~2.14%、ステンレス鋼の炭素含有量は、1.2%以下となっています。
この場合、炭素含有量が0.02%未満のステンレス鋼が「鉄にニッケルやクロム等を加えたもの」となり、炭素含有量が0.02%以上のステンレス鋼が「炭素鋼にニッケルやクロム等を加えたもの」と表現しているのではないかと理解したのですが、いかがでしょうか?
金属材料に精通されている方のアドバイスをよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、鉄(Iron Fe)は金属元素ですが、鋼(steel)は鉄の合金のことです。
鉄に何が含まれていようが、鉄合金 、すなわち鋼です。
ステンレス鋼は、鉄とクロムなどの合金の一般名で、元々はstain-less 錆びないという意味ですが、正確には錆びにくい鉄の合金です。
 ステンレス鋼には様々な種類があって、クロム、ニッケル、モリブデンなどを含みますが、錆びない--酸化にくい鉄の合金と言う意味です。
 一方、炭素鋼とは鉄と炭素の合金のうち炭素が0.3%~2%のものを主にいいますが、それ以下の軟鉄、それ以上の鋳鉄も含めて鉄鋼と総称することもあります。

 言い換えれば、炭素鋼とステンレス鋼は別の分け方です。

 赤組の生徒と男子生徒という関係ですね。

>この場合、炭素含有量が0.02%未満のステンレス鋼が「鉄にニッケルやクロム等を加えたもの」となり、炭素含有量が0.02%以上のステンレス鋼が「炭素鋼にニッケルやクロム等を加えたもの」と表現しているのではないかと理解したのですが、いかがでしょうか?
 は、とってもおかしいです。だってまったく別の基準ですから。

 ステンレス鋼はクロムやニッケルを含んだ鉄の合金のことです。炭素鋼は炭素を0.3%~2%含んだ鉄の合金です。
 それぞれのステンレスが、なにをいくら含むかはそれぞれの規格によります。
良く使われる SUS304 は P S Ni Cr
C:~0.08%、Si:~1.00%、Mn:~2.00%、P:~0.045%、S:~0.030、Ni:8.00~10.50%、Ni:18.00~20.00%
ですし、403は
C:~0.15%、Si:~0.50%、Mn:~1.00%以下、P:~0.040%、S:~0.030%、Cr:11.50~13.00%
です。
 これを炭素含有量で炭素鋼に・・鉄に・・・と区別するのはおかしいですよ。

 それよりも大事なことは、オーステナイトなのかフェライトなのか、マルテンサイトなのかです。

まず、鉄(Iron Fe)は金属元素ですが、鋼(steel)は鉄の合金のことです。
鉄に何が含まれていようが、鉄合金 、すなわち鋼です。
ステンレス鋼は、鉄とクロムなどの合金の一般名で、元々はstain-less 錆びないという意味ですが、正確には錆びにくい鉄の合金です。
 ステンレス鋼には様々な種類があって、クロム、ニッケル、モリブデンなどを含みますが、錆びない--酸化にくい鉄の合金と言う意味です。
 一方、炭素鋼とは鉄と炭素の合金のうち炭素が0.3%~2%のものを主にいいますが、それ以下の軟鉄、それ以上の...続きを読む

QPTネジとPFネジの違い。

 PTネジ(管用テ-パネジ)とPFネジ(管用平行ネジ)の違いについて教えてください。それぞれどういう形状なのでしょう?又、どういう利点があるのですか?
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 管用ねじの使い方はおおむね2通りあります。

・平行=平行
 分解可能な構造用配管や、多少の漏れが気にならない流体用。

・平行=テーパ、テーパ=テーパ
 漏れがないように管を接続するためのねじ

になります。平行=テーパの場合、雌ねじが平行、雄ねじがテーパになります。また、テーパねじを接続するときは、ある程度長さが調整できます(2~3mmぐらいまで)。

Qsus316とsus316Lの違いについて

プラントの電極式レベルスイッチの電極棒の材質の選定に関する質問です。
sus316とsus316Lを選択できるのですが,どのような使い分けをすれば良いでしょうか?

Aベストアンサー

SUS316とSUS316Lでは、316Lの方が低炭素であり、ニッケルの割合が多いですから耐食性に優れています。レベルスイッチであれば、よほど大型の物で無い限り、機械的性質(引張強さや伸び等)は無視して良いでしょうから、耐食性を考えて選択した方が良いでしょう。ちなみに316Lは316と比べて耐力や引張強さにおいて、10%ほど低い性能なので耐震計算などが絡む場合は御注意を。

316Lは、材質自体の値段と機械加工のコスト(炭素量が低い=ねばりが大きい→切削しにくい)が316よりも割高になります。耐食性が高いからと安易に選択すると、請求書を見て驚く事になりますから、測る液体の性質をよくチェックして使い分けをしましょう。詳しくはそのレベルスイッチのメーカーに問い合わせをした方が無難です。メーカーは様々なトラブル事例を熟知していますから、この程度の濃度の液体なら316で十分と考えていても、他の要因(自分の専門外の事とか)でトラブルになったりしますから、御注意を。

使い分けについて、製品そのものの腐食とコストの事を書きましたが、それ以外でも考える事があるでしょう。未来永劫、レベルスイッチを取り替えしなくても問題なければ良いのですが、設置場所へのアクセスの問題や、装置を止められない等の問題がありましたら、最初にコストをかけて316Lを選択して後のメンテナンスにお金をかけないようにする事も考えておいた方がいいかもしれません。

これだけ書いておいてなんですが、メーカーへの問い合わせが一番です(^^;
使用する液体、設置場所の雰囲気、設置場所へのアクセス、全体の個数が解っていればちゃんと教えてくれます。必要に応じてちょっとした設置例なども教えてくれるでしょう。買う買わないは問題ではありません。対応が悪いメーカーは選択しない方がいいですよ。

SUS316とSUS316Lでは、316Lの方が低炭素であり、ニッケルの割合が多いですから耐食性に優れています。レベルスイッチであれば、よほど大型の物で無い限り、機械的性質(引張強さや伸び等)は無視して良いでしょうから、耐食性を考えて選択した方が良いでしょう。ちなみに316Lは316と比べて耐力や引張強さにおいて、10%ほど低い性能なので耐震計算などが絡む場合は御注意を。

316Lは、材質自体の値段と機械加工のコスト(炭素量が低い=ねばりが大きい→切削しにくい)が316よりも割高になります。耐食性が高いか...続きを読む

Q溶接仕上げC、G、M、Fの違いについて教えて。

溶接仕上げ、C(チッピング)、G(グラインダ仕上げ)、M(機械仕上げ)、F(指定せず)の違いについて教えて下さい。特にFについては、なぜ指定なしがFになるのか教えて下さい。

Aベストアンサー

チッピング:溶接後、フラックスの皮や浮いた溶けくずなどを叩いて剥がし、ワイヤーブラシで磨いてそれなりに美しくする仕上げです。
グラインダ仕上げ:粗いチッピングのあと主にディスクグラインダで溶接の波形状を取り、ならして形を滑らかにし、整えるまでします。
機械仕上げ:これもチッピングのあとで工作機械に取り付けて面取り用のエンドミル(フライス加工)やら旋盤加工を施すまでの加工です。一番丁寧な美しい加工になります。
指定せず:そこの職場の習慣にもよるのでしょうが、溶接したあと、何もせずそのままの状態で納品することになります。F ですが、多分フリー の頭文字なのではないでしょうか。

ご参考まで。

QSS400とSPCCの違い

SS400とSPCCって,何が違うんでしょうか?
色々インターネットで調べてますが,
いまいちしっくりとした答えにぶつかりません。
今のところの私なりの理解は,

「SS400は,素材の名称で,SPCCは,
 それを使った加工方法」
といったところです。

ちなみに,私はまったくの素人なんです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

SS400、SPCCも金属材料の種類を示すものです。
SS400とは
一般構造用圧延鋼材(引張り強度400N/mm^2)で、形状は、平板、H鋼、L鋼、など色々あり、一般的に良く用いられる値段の安い材料です。
SPCCとは
一般冷間圧延鋼板のことで、1mm以下~数mmのものが良く用いられます。
材料そのものを曲げたりして使う場合に用いられます。これも安い材料です。
一般的には(私の場合)、板厚3mm以下で曲げ加工をするものはSPCC材を使い、それ以上の厚さが必要なものはSS400を使います。(一般的にSS400材は曲げ加工はしません)
材料に硬さや耐磨耗性などが必要な場合は、上記のような安い材料は使いません。
以上参考にしてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング