【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

「平成の大合併」と呼ばれる市町村合併ブームもそろそろ落ち着いた感があり、
2008年現在、もう一段落といった感じです。

さて、最近では道州制の議論が高まり、9道州・11道州・13道州という案が
代表的ですが、もしこの道州制が施行された場合、現行の都道府県の位置づけは
どうなるんでしょうか?

都道府県庁の上に新たに「州庁」に作ってしまえば、地方行政システムが
複雑化するだけであまり意味が無いように思えます。
ということは、道州制とは「州に属する県を廃止する」という、要するに
「都道府県合併」だという解釈でいいんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>もしこの道州制が施行された場合、現行の都道府県の位置づけは



それを決めるために様々な意見がとびかっているのです。

単純に広域化するだけの案と、一旦ばらして再配置する案と、アメリカのように国防と外交以外の権限を全て州に委譲するという方式などなど。
特に最後の主張は日本の法体制そのものが憲法レベルで根本から変わりますので、複雑化するどころではない大変換です。
    • good
    • 0

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC% …

上記サイトをご覧下さい。
都道府県を廃止する案、生かす案と複数の案があります。
それらを踏まえての道州制論議です。
これからです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング