ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

個人事業者です。家族構成は私、妻、子供一人です。
節税対策のためと思い、妻に専従者給与を年間150万円支払いました。妻はパート収入も年間120万円ほどあります。そのため、専従者給与の源泉所得税は72000円納付済みです。
一方、私の売上は年間900万円ほどで経費を差し引くと300万円ほどになりました。専従者給与150万円と青色申告特別控除65万円を差し引くと所得金額が100万円を切りました。

確定申告書を作成していて、所得控除を差し引くと所得金額より所得控除が上回りました。これって逆効果になっていませんか?

専従者給与額を100万円ほどにすれば、私の所得金額と所得控除額が同じくらいになります。
専従者給与の源泉所得税は納付済みで、法定調書も提出済みですが、修正申告はできますか?

他に良い案があれば教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>妻はパート収入も年間120万円ほどあります…



専従者の要件を外れてはいませんか。
6ヶ月以上もっぱら事業に専念していますか。
申告は受け取ってもらえても、後日になって指摘されることがあります。
提出前にご確認ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2075.htm

>専従者給与の源泉所得税は72000円納付済みです…

パートと併せて 270万の給与ですか。
171万の「所得」ですね。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
妻に「所得控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
がどれだけあるか分かりませんので、いちおう基礎控除以外はないものとすれば、あと 13,500円の納税が必用です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

>所得控除を差し引くと所得金額より所得控除が上回りました…

完全に進路を誤りましたね。

>専従者給与額を100万円ほどにすれば、私の所得金額と所得控除額が同じくらいに…

あなたの納税額がプラスマイナスゼロでちょうどよくなったとしても、妻が多額の税金を納めるのでは本末転倒です。
それでは本当に妻が 100万円の給与に値する仕事をしているのかどうかという疑問が残ります。

そもそも、専従者給与を払わなくてもあなたに 100万円の課税所得が残るだけですね。
100万円なら 5万円の納税で済みます。
妻は、基礎控除以外の所得控除はないものとしても、120万のパートから8,500円の納税だけです。
所帯全体で 6万足らずで済むものを、8万 5千円 (72,000 + 13,500) も払うわけです。

>専従者給与の源泉所得税は納付済みで、法定調書も提出済みですが…

勉強代と思ってあきらめましょう。
今年から気をつけることです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございました。年初からよく考えて支払う必要がありますね。
今回はとりあえず的にやってしまいましたので反省です。

お礼日時:2008/03/01 18:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング